マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数3401ファイル
  • 掲載企業数997
  • 今週の公開資料数32ファイル

マーケティング TOP > マーケティングリサーチ・ネットリサーチ > 市場調査・マーケティングリサーチ > 「2016 ギフト市場白書」のご案内

「2016 ギフト市場白書」のご案内

企業名:株式会社矢野経済研究所

近年、生活者の趣味・嗜好は多様化し、ギフトの「定番」がなくなりつつある。贈られた人が喜ぶものであれば、全てギフトになる今、小売業は全て、「ギフト好適品」を取り扱う業種であるともいえ、ギフト市場においては、もはや競合は「同業他社」ではなく、小売市場全体となった。
フォーマルギフトのカジュアル化やプチギフトの活況などギフトオケージョンの多様化、モノだけでなくコト/体験までといったギフトアイテムの多様化、そしてSNS上で贈りあうソーシャルギフトの急成長といったギフトチャネルの多様化など、ギフト市場を取り巻く環境は大きく変化している。最近では、「自分へのギフト」といったご褒美需要も看過できなくなってきた。「長寿祝い」や「敬老の日」のクローズアップなど、シニア向けの施策も目立つようになっている。
本調査レポートでは、ギフトの市場規模、チャネル別、アイテム別、オケージョン別市場を算出した。

資料詳細説明

■本資料の概要

Ⅰ.ギフト総市場の市場規模推移と予測
  1.ギフト市場規模推移
  2.ギフトの定義
  3.分類別市場規模推移
    (1)オケージョン別市場動向
    (2)チャネル別市場動向
    (3)アイテム別市場動向
  4.注目トピック、トレンド
    (1)ソーシャルギフトの浸透
    (2)シニア層向けギフトの強化
    (3)自分へのご褒美ギフトの定着
    (4)こだわりギフト、オリジナルギフトの増加
Ⅱ.オケージョン別市場動向
  1.パーソナルギフト(フォーマル)
  2.パーソナルギフト(カジュアル)
  3.法人ギフト
  4.中元・歳暮
Ⅲ.チャネル別市場動向
  1.百貨店
  2.GMS
  3.スーパーマーケット(SM)
  4.専門店
    (1)ギフト専門店
    (2)雑貨専門店
    (3)花専門店
    (4)家電量販店
    (5)ボディケア用品専門店
    (6)書籍・文具専門店
    (7)靴専門店
    (8)家具専門店
  5.通販・インターネット
  6.ソーシャル
  7.その他
Ⅳ.アイテム別市場動向
  1.食品
  2.花
  3.雑貨
  4.商品券・ギフト券・ギフトカード
  5.カタログギフト
  6.体験型ギフト
Ⅴ.主要企業の事例研究

発刊日:2016年09月30日  資料体裁:A4 / 381頁
販売価格:
書籍:定価 120,000円 (税別)
PDFレギュラー(事業所内利用限定版):定価 120,000円 (税別)
セット(書籍とPDFレギュラー):定価 150,000円 (税別)
PDFコーポレート(法人内共同利用版):定価 240,000円 (税別)
セット(書籍とPDFコーポレート) :定価 270,000円 (税別)
※セット価格は同一購入者の方が書籍とPDFをご購入される場合に適用される特別価格です。
※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

【株式会社矢野経済研究所のその他の資料】

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードできるほか様々な特別な機能をご利用いただけます。

最新のマーケティング資料を
メールで配信中!

マーケメールとは?

※gmail、hotmail、携帯メールアドレスなど、法人メールアドレス以外のアドレスはご使用出来ませんのでご了承下さい。

厳選ホワイトペーパー

資料別ダウンロードランキング

マーケティングFacebook

マーケメディアを運営する事で発生するCO2はカーボンオフセットされています

「2016 ギフト市場白書」のご案内|資料・事例【マーケメディア】注目の広告媒体資料・マーケティング資料・事例集・新規顧客獲得ソリューション、各種ダイレクトマーケティング・販促の企画書などが一括無料ダウンロードできるWEBサイトです。情報収集や企画・提案業務にお役立て下さい。ターゲットメディア運営。

マーケメディアは、マーケティングに役立つホワイトペーパーや資料を
無料でダウンロードできるサイトです。

閉じる