マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数3489ファイル
  • 掲載企業数1013
  • 今週の公開資料数46ファイル

マーケティング TOP > リリース > PC・モバイル・スマートフォン広告 > 株式会社ランドスケイプ

株式会社ランドスケイプ

ランドスケイプの「エリア別富裕層データ」とDACが提供する「AudienceOne®」との連携を発表 ~富裕層エリアに特化したインターネット広告配信を実現~

公開日:2016/11/07

 このたび、データベースマーケティングを支援する株式会社ランドスケイプ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:福富 七海、以下 ランドスケイプ)と、 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長COO:島田雅也、以下 DAC)は、 DACが提供するDMP(データマネジメントプラットフォーム)「AudienceOne®」(※1)と、 ランドスケイプが構築した「エリア別富裕層データ」を連携し、 郵便番号別に富裕層エリアを特定したインターネット広告の提供を開始いたしました。

■背景
 従来、富裕層をターゲットとした広告配信を行う場合は、富裕層が見ている確率の高い専門メディアへの出稿や、推定年収や高級商材関連の閲覧履歴などのオンラインデータを基にしたターゲティング広告を実施するのが一般的でした。
今回新たに、ランドスケイプとDACは、一億円以上の金融資産を保有している富裕層のオフラインデータを活用し、オンライン閲覧履歴ではなくエリア別の富裕度を判定しターゲティングするという新しい手法を開発し、サービス提供を開始しました。

■サービス概要
 ランドスケイプは、約9,500万件の消費者データから「職業属性」・「居住属性」・「富裕属性」などを基に、推定資産1億円以上の「富裕層データベース」として約210万件を構築しており、ラグジュアリーブランドや不動産、銀行、証券会社などのマーケティングに活用してきました。 このデータベースを、郵便番号別に富裕度を判定できる「エリア別富裕層データ」として再構築し、DACが独自開発した「AudienceOne®」の「インターネットユーザーの居住地・郵便番号推定」技術と組み合わせることで、富裕層世帯率の高い郵便番号エリアのユーザーへのオンライン広告出稿を可能にしています。
 第一弾商品として、DACのDSP「MarketOne®」において富裕層ターゲティング広告を開始しており、今後は「AudienceOne®」と既に連携しているYahoo! JapanやGoogleなどの広告商品(DSPやアドネットワーク)への対応を予定しています。 なお、資生堂ジャパン様にて実施した検証結果では、広告へのクリック率が従来よりも2~3倍高い数値を実現しました。

 ランドスケイプとDACはそれぞれ強みをもつ領域の知見を交換し、両社でより統合的なマーケティングの実現を目指して取り組んでまいります。

(※1)DACが開発し提供している「AudienceOne®」は、広告配信結果、ソーシャルメディア、提携企業の3rd Partyデータなどを収集・解析し、見込顧客の発見や既存顧客のロイヤルカスタマー化などの様々なマーケティング施策に活用できるDMPです。 DMPとして国内最大級のデータ量を扱い、ユニークブラウザ数4.5億を超えるオーディエンスデータやアプリデータを保有し、格納するデータ量は1兆レコードを超えます。

<ランドスケイプについて>
 ランドスケイプは独自構築した日本最大級のデータベース(個人情報9,500万件・法人情報820万件)を中核とし、「情報が企業を自由にする」というビジョンのもと、データドリブンマーケティングやCRMの戦略立案など、お客様に最適なソリューションを提供しています。

株式会社ランドスケイプ
所在地 :〒163-1415 東京都新宿区西新宿3丁目20-2 東京オペラシティ15階
代表者 :代表取締役社長 福富 七海
設立   :1990年9月10日
資本金 :4億66百万円
事業内容:データベースマーケティングの支援事業
http://www.landscape.co.jp/

<DACについて>
 DACは1996年12月の創業以来、20年間にわたり、インターネット広告取引およびその基盤となる広告技術のエキスパートとして、事業領域を拡大してまいりました。 「Empowering the digital future デジタルの未来に、もっと力を。」というビジョンのもと、グループ全体でデジタルマーケティングに関わる全てのサービスをフルラインで提供し、 テクノロジー、クリエイティブなどの力を用いて、媒体社の広告収益・メディア価値の向上や、広告会社・広告主のROI(Return on Investment)を最大化するさまざまなサービスを提供しています。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
所在地 :〒150-6033 東京都渋谷区恵比寿4丁目20-3 YGPタワー33階
代表者 :代表取締役社長COO 島田 雅也
設立   :1996年12月2日
資本金 :4,031百万円
事業内容:メディアサービス事業、DAS事業、オペレーションサービス事業
https://www.dac.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ランドスケイプ
担当:経営戦略チーム 谷口由季  TEL :03-5388-5300  e-mail:ir@landscape.co.jp

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
担当:戦略統括本部広報担当  TEL :03-5449-6320 e-mail:ir_inf@dac.co.jp

その他の株式会社ランドスケイプのニュース&セミナー情報

【2016/12/21】
【導入事例】ミツイワ、アカウントベースドマーケティングの基盤構築を目的に データ統合ツール「uSonar」と名刺管理アプリ「u名刺」を導入
【2016/11/18】
【導入事例】パワー・インタラクティブ、ランドスケイプの企業データを活用したアカウントベースドマーケティング(ABM)を実現するデータ統合サービスを導入
【2016/11/09】
ランドスケイプ、SFA・マーケティングオートメーションを強化する5つのポイントについてまとめたホワイトペーパーを発表
【2016/10/19】
ソフトバンク・ペイメント・サービス、セールスフォース・ドットコムのSales Cloudと連携できるデータ統合ツール「uSonar」を導入
【2016/05/26】
法人マスターデータ「LBC」のロゴ変更について
【2016/05/25】
日本の富裕層消費者の感性を知る! 「富裕層ライフスタイルインタビューレポート」を販売開始
【2016/04/22】
ランドスケイプ、日本最大の企業データベースを「Dynamics CRM」で利用可能に~かんたん操作で企業情報登録、更新を実現、営業やマーケティング効率を改善~
【2016/04/08】
OBC社に、データ統合ツール「uSonar」を活用して企業版マイナンバー(法人番号)の提供を開始
【2015/06/02】
通信販売事業者向け;休眠顧客を取り戻す。~休眠期間 10年。『3.0%』の顧客を取り戻した方法論とは?~
【2013/08/26】
【BtoB】ビッグデータを活用し、潜在顧客を発掘する!「市場と顧客動向の仕組み化セミナー」
【2012/04/03】
顧客はそこにいる! 売上拡大のためのカスタマーエクスペリエンスとCRM戦略とは
【2011/07/06】
【B2B】顧客情報統合による営業改革プロジェクトセミナー~顧客名寄せと市場の可視化が企業を救った~<2011年7月13日(水)開催>-ご好評により再度開催いたします-

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードできるほか様々な特別な機能をご利用いただけます。

最新のマーケティング資料を
メールで配信中!

マーケメールとは?

※gmail、hotmail、携帯メールアドレスなど、法人メールアドレス以外のアドレスはご使用出来ませんのでご了承下さい。

厳選ホワイトペーパー

資料別ダウンロードランキング

マーケティングFacebook

マーケメディアを運営する事で発生するCO2はカーボンオフセットされています

マーケメディアは、マーケティングに役立つホワイトペーパーや資料を
無料でダウンロードできるサイトです。

閉じる