リードジェネレーションとは

リードジェネレーション
とは

サービスの”見込み客”をPULL型で増やす、リードジェネレーション。
その「基本」をご紹介します。

リードジェネレーションを成功させるには

リードジェネレーションを成功させるために抑えておくべき3つのポイントをご紹介します。

ポイント①:ターゲットを明確にする

リードジェネレーションを始める上で、ターゲット設定が重要です。ターゲットが曖昧のままでは、最適な集客場所の選定やコンテンツの打ち出しができず、求めるリードが獲得できないという結果になります。

まずは、自社のサービスを販売したいターゲットの属性とそのターゲットが抱える課題を明確に定義しておきましょう。

ポイント②:受注目標の手前にKPIを設ける

リードジェネレーションで獲得できるのは、「見込み客」です。見込み客を顧客化させるには一定のステップを要します。受注のみを指標とすると、施策途中で改善ポイントが見つからず、結果として施策失敗となることが非常に多いです。

目標設定時には、受注目標の手前で必ず指標を設けて起きましょう。例えば、リード数、ターゲットリード出現率、アポイント数、案件化率などです。

ポイント③:見込み客目線のコンテンツを用意する

見込み客は、具体的にサービス導入を考えている人たちである可能性は極めて低いです。ゆえに、自社が伝えたいことのみを訴求しても、興味を惹き付けることは難しく、見込み客の獲得につながらないという結果になります。

ポイントは、顧客となり得る担当者の「課題」です。担当者が知りたい情報(課題解決法やノウハウ・事例等)を提供し、自社サービス・製品の紹介につながるコンテンツを用意しましょう。