割賦販売法改正。クレジットカード事業取り扱い会社の1)義務範囲2)内部管理体制構築方法とは? | マーケティング セミナー
  • 総資料数3800ファイル
  • 掲載企業数 1113
  • 今週の公開資料数22ファイル

マーケメディア TOP > セミナー > 割賦販売法改正。クレジットカード事業取り扱い会社の1)義務範囲2)内部管理体制構築方法とは?

割賦販売法改正。
クレジットカード事業取り扱い会社の
1)義務範囲2)内部管理体制構築方法とは?

2016年12月の割賦販売法改正にともない、アクワイヤラ―、決済代行、加盟店、インシュアーの義務が大きく変化しています。勉強会では、①割賦販売法改正内容②クレジットカード発行会社の義務③法律順守のための具体的な方法について説明します。

 セミナー内容

割賦販売法改正
業務範囲 内部管理体制構築方法とは?

【勉強会の骨子】
1.割賦販売法改正に伴う義務範囲とは?
*割賦販売法の法令順守事業会社様を対象に開催します。
2.解説内容
1)割賦販売法改正に伴う義務範囲と罰則
2)内部管理体制構築方法とは?

1部では、割賦販売法の改正内容とそれにともなう義務範囲を説明します。
2部では、クレジット発行会社における実際の取り組み事例を説明します。
事例を通じて、内部管理体制構築方法のヒントにつなげてください。

ウェビナー(オンラインセミナー)配信は満席となりました。会場来場のみ承っております。

2017年11月30日(木)15:00~16:30(受付14:30~)
【1部】15:00~15:30
2016年割賦販売法改正。順守する義務範囲とは?
1)登録制の導入
~加盟店契約締結事業者~
2)カード番号等の適正管理義務
~IC対応・PCIDSS対応等のセキュリティ対応~
3)加盟店調査義務
~適切に履行されているか否なかの調査対応~
【講師】
株式会社HFMコンサルティング
代表 本田 伸孝 氏
都市銀行、一般社団法人金融財政事情研究会を経て現職。金融機関に対する経営戦略の立案や情報化システム構築の支援を多数実施。事業性評価を重視した融資業務運営の見直しを提唱、金融機関関係者向け研修の講師を務めるかたわら、岡山大学地域総合研究センターのアドバイザーとして地方創生にも取組んでいる。著書に「実践金融マーケティング」他多数。
【2部】15:40~16:20
割賦販売法を順守する内部管理体制構築方法とは?
~加盟店の登録義務と調査業務を行ううえで重要なポイントとは?~
1)加盟店情報の正確性を判断する方法
~加盟した当時と現在の変更有無の把握方法とは?~
2)国が管理する「法人番号」を活用した加盟店情報の正確性の保持
~法人番号のメリットと具体的な活用方法~
3)クレジット発行会社と当社の取り組み。
~具体的な事例を解説します。~
【講師】
株式会社ランドスケイプ
執行役員 長竹 克仁
約15年間に渡って、DBマーケティングやCRMの 企画、構築、 運営コンサルティングに従事する。金融機関ではBtoC、BtoBともに複数のプロジェクトを実行しており、幅広くソリューション を提供している。 「データは粘土のようなものであり、想像力によっていかようにも加工・活用できる」を口癖としており、 独創性あふれる企画でクライアントの活動をサポートしている。

セミナー概要

開催日時

2017年11月30日(木)時間:15:00~16:30

会場

東京オペラシティ 15階会議室 『Magic Lamp Theater マジックランプシアター』
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティ15F

定員

48

費用

無料

主催

ランドスケイプ

備考

下記のような企業様向けのセミナーです。

クレジットカード事業取扱い会社様
都市銀行、地方銀行 事業統括部ご担当者様

資料請求リストを見る

セミナー情報を
掲載希望の方へ

「確実に定員数を集めたい」「数名でもいいので集客したい」という企業様をサポートいたします。

■特長

・WEB申込みベースの成果報酬型の料金体系
・複数のビジネスメディアにも同時掲載

掲載に関するお問い合わせはこちら