株式会社PRECS

お問合せ先

03-6284-2811

住所

東京都台東区上野1-11-9 イマスサニービル5F

資本金

2,000万円

設立年月日

2013年4月

CRM

上記サービスの関連資料がダウンロードできます

【継続率50%の商品は生き残れるか?】顧客コミュニケーションの施策と最適な開始タイミング

EC事業を行う上で、LTVの向上施策は避けて通れない施策です。

LTVを向上させることで得られるメリットは売上・利益の拡大だけではありません。
顧客の獲得単価の上限額(CPAまたはCPO)はLTVによって決まるので
獲得単価が高騰している昨今においては、
LTVが高い商品は競合に比べて圧倒的に多くの広告枠を占めることになります。

そのため市場で一定以上のシェアを獲得するためには
CRMに代表される顧客との関係構築を軸にしたLTV施策が必須になります。

では、顧客との関係構築はいつ始めればよいでしょうか?

多くの場合、CRMにはコストがかかります。
また、その効果は絶対値ではなくパーセンテージとして現れてくるため
CRMを行うことでかえって利益が圧迫されるタイミングが存在します。

本ホワイトペーパーでは、単品通販におけるCRMの役割とコスト、
取り組むべき体制が整っているかのチェック、
取り組み始めるべき時期を解説します。

本資料の内容

EC事業の拡大にぜひお役立てください。

<目次>
1.顧客コミュニケーションの目的
 ・何のためにLTVを上げるのか
 ・シェア拡大が必要な理由
 ・広告費のカギを握るLTV
 ・CRMとは
 ・単品通販におけるCRMの目的

2.CRMの実施コストと準備
 ・CRM実施に向けた現状チェックリスト
 ・CRMのコスト 
 ・CRMの効果と測定可能になるまでの期間

3.CRM開始時期とスタートアップ時の施策
 ・効果から見るCRM開始時期の目安
 ・スタートアップで効果的な施策

下記ホワイトペーパーも同時にダウンロードできます。