マーケティングPartners | マーケティング会社・サービスの比較・お問合せ・資料請求

無料相談03-5312-6833

誹謗中傷対策

いまや必須!
自社のブランドを守るための誹謗中傷対策サービス

企業名やサービス名、商品名の検索結果の情報は、ユーザーの購買行動に大きな影響を与えます。もしもネガティブな情報がのっていた場合、悪い印象を与えブランド低下につながります。
企業ブランドを守りながらWebでの情報発信をしていく必要があり、誹謗中傷対策をおこなうことは欠かせません。
そこで誹謗中傷対策に役立つサービスや資料をご紹介します。

誹謗中傷対策
の比較表・資料請求

誹謗中傷対策を支援する会社やサービス選定をご検討中の方は、比較一覧表をご覧ください。誹謗中傷対策を支援する企業やサービス2点の特長比較や提供会社へのお問合せ、サービス詳細資料を無料で入手できます。

サービス比較表はこちら

掲載中のサービス2

目次

  1. 誹謗中傷対策の必要性

    1. 誹謗中傷がもたらす被害とは

  2. 誹謗中傷対策にうってつけのサービス

  3. <逆SEO対策>

    1. 企業の正しい情報発信とブランド認知を行う「ブランドSEO」

  4. <検索結果最適化>

    1. 現状の調査・分析から課題解決後の監視業務まで対応可能!「検索結果最適化サービス」

  5. <ネット風評監視サービス>

    1. ネガティブキャンペーンパトロール「Webパト」

    2. 風評リスク・マーケティング対策サービス「WatchBee」

    3. ソーシャルメディアWEBリスク監視ツール「レジリエンスメーカー」

  6. <Webリスクマネジメント>

    1. ソーシャルメディア口コミを活かしたリスクマネジメント「ブームリサーチ」

  7. 誹謗中傷対策に困った時に読みたい資料集

    1. ネット上にネガティブ情報が!こんな時どうすべき?ちょっと困ったときに見るQ&A集

    2. 【保存版】ネット風評被害対策ガイドブック

誹謗中傷対策の必要性

スマートフォンの普及により、誰でも時間と場所を問わずにWebから情報収集をすることが可能となりました。
ユーザーがあるサービスや商品に興味を持った時、まずは「検索」をすることが一般的です。その検索結果にもしもネガティブな情報が書かれていたら、その興味や購買意欲は消えてしまうでしょう。それだけでなく、その企業に対するイメージが悪くなってしまいます。

また、Webでの誹謗中傷、風評被害はすぐに情報が拡散されるため、被害が拡大します。その情報の正誤は問わずとも、情報が独り歩きし、企業のブランド低下につながってしまうため、誹謗中傷対策は欠かすことができません。

誹謗中傷がもたらす被害とは

「ネガティブな情報がネットに載っている」だけでは終わりません。誹謗中傷が及ぼす影響は多岐にわたります。

<誹謗中傷がもたらす被害>
・売上低下
・顧客離れ
・企業、商品のブランドの低下
・採用エントリー者の減少
・社員の退職の増加
・風評被害の加速

誹謗中傷対策にうってつけのサービス

では、誹謗中傷を対策するためにはどうすればいいのでしょうか。
チェックしておきたいおすすめのサービスをご紹介します。

<逆SEO対策>

企業の正しい情報発信とブランド認知を行う「ブランドSEO」

企業名・サービス名・商品名などの検索結果で上位化している悪質なサイトを押し下げ、検索結果をクリーン化し、ブランドイメージを守ります。風評や誹謗中傷による企業のイメージダウンを防げることで、採用の応募増やコンバージョンの改善につながります。
(提供:株式会社エルプランニング)

<検索結果最適化>

現状の調査・分析から課題解決後の監視業務まで対応可能!「検索結果最適化サービス」

風評拡散の仕組みや変化する検索エンジンのアルゴリズムを独自に研究し、検索結果の状態を最適化します。現状の調査・分析から課題解決、解決後の監視業務まで一括して対応可能です。
(提供:ネクストリンク株式会社)

<ネット風評監視サービス>

ネガティブキャンペーンパトロール「Webパト」

ネット上を監視対策し、お客様にとってネガティブな情報が掲載されたサイトや書き込みの早期発見をおこないます。他にもSNS対策やサジェスト対策、逆SEO対策といったサービスを活用し、風評被害のダメージを軽減します。
(提供:株式会社StarPlanGroup)

風評リスク・マーケティング対策サービス「WatchBee」

Twitterやブログ、掲示板等のソーシャルメディアから企業名や商品名等のキーワードを元に情報収集・解析し結果を迅速に提供する「ソーシャルリスニングサービス」です。集まった書き込みを様々な角度から解析、収集データの活用も可能です。
(提供:NTTテクノクロス株式会社)

ソーシャルメディアWEBリスク監視ツール「レジリエンスメーカー」

Twitterや大手掲示板の投稿を24時間自動監視し、企業名×ネガティブワード、サービス名×ネガティブワード等の投稿をいち早く発見し、メール等でお知らせします。 早期発見で炎上前に対策、対応することが可能となります。
(提供:貴凛庁株式会社)

<Webリスクマネジメント>

ソーシャルメディア口コミを活かしたリスクマネジメント「ブームリサーチ」

Twitterやブログなどのソーシャルメディア上の口コミデータを収集・分析・共有します。国内最大の口コミDB保有、80種類以上の分析メニュー、直接的なインターフェースといった特徴があり、リスクマネジメントに効果的です。
(提供:株式会社トライバルメディアハウス)

誹謗中傷対策に困った時に読みたい資料集

ネット上にネガティブ情報が!こんな時どうすべき?ちょっと困ったときに見るQ&A集

「自社名を検索したらTOPページのサイトに誹謗中傷が…」「関連キーワードにネガティブワードが表示されている」このようなネガティブ情報がネット上に広がったときにどうするべきか、Q&Aでお答えしています。
(提供:株式会社ジールコミュニケーションズ)
・資料ダウンロードはこちら

【保存版】ネット風評被害対策ガイドブック

ネット風評被害と、その対策手法をノウハウを交えながら解説しています。自社で今日から使える対策も載っており、ボリューム満点のガイドブックです。
(提供:株式会社エルプランニング)
・資料ダウンロードはこちら

誹謗中傷対策
の比較表・資料請求

誹謗中傷対策を支援する会社やサービス選定をご検討中の方は、比較一覧表をご覧ください。誹謗中傷対策の強化を支援する企業やサービス2点の特長比較や提供会社へのお問合せ、サービス詳細資料を無料で入手できます。

サービス比較表はこちら

掲載中のサービス2

お問合せ・資料請求ができます!

  • 検索結果最適化

    誹謗中傷対策・風評被害解決

    風評拡散の仕組みや変化する検索エンジンのアルゴリズムを独自に研究し、検索結果の状態を最適化。

    (ネクストリンク株式会社)

  • ブランドSEO

    企業の正しい情報発信とブランド認知を行う検索結果クリーン化

    お客様を支援する味方サイトを作成し、風評サイトを押し下げ!企業の正しい情報発信で検索エンジンのクリーン化を行い、ブランドを守ります。

    (株式会社エルプランニング)

誹謗中傷対策サービス比較表

誹謗中傷対策サービス2件の比較表がご覧になれます。

各サービスの特長比較や提供会社へのお問合せ、サービス詳細資料を無料で入手できます。