マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数4224ファイル
  • 掲載企業数 1179
  • 今週の公開資料数18ファイル

マーケティング TOP > 事業戦略をドライブさせるデータ分析・活用法

企画部門・マーケティング部門の方必見!

「本当に意味のある分析」で新たな価値を創出 事業戦略をドライブさせるデータ分析・活用法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

詳細を知りたい方は資料をダウンロードしてご覧ください!

事業戦略をドライブする為の秘策

「事業戦略をドライブさせる」とは、「事業運営の中で立てる戦略を、着実に遂行させていく」ことであり、PDCAサイクルを確実に実行することです。しかし、それらを実行するときに多くの企業様が問題を抱えております。

昨今、PDCAサイクルを確実に実行する方法の一つとして、ビックデータというキーワードをはじめ、データ分析・活用の重要性が高まっています。

本書では、事業戦略をドライブさせるために必要な取り組みとそこで起きる様々な問題を提起し、その上で、どのようにデータ活用をすることが解決の糸口となるのか、具体的な解決策と併せてご紹介します。

データ活用を業務で行っている企画部門・マーケティング部門のご担当者様で、以下のような問題を抱えておりましたら、ぜひ、ご一読ください。

「戦略・施策の立案根拠が乏しい(データの裏付けをとっていない)」
「戦略や施策を現場に浸透できていないため、現場で施策が活かされない」
「データ取得に時間がかかり、適切なタイミングで施策を評価できない」

詳細を知りたい方は資料をダウンロードしてご覧ください!

当資料でご覧いただける内容

第1章 事業戦略をドライブさせる方法

  • 事業戦略をドライブさせる方法
  • 事業戦略のドライブを阻害する問題点

第2章 PDCAサイクルの問題点を解決する“秘策”

  • PDCAサイクルの各工程毎の問題点とその解決方法
  • PDCAサイクルを確実に実行するためのデータ活用・データ分析

第3章 事業戦略をドライブさせる為のデータ分析ソリューション

  • データ分析のノウハウを共有する「分析レポーティング」
  • 社内の分析文化定着を促進する「セルフBI」
  • データ活用のプロセスを80%削減する「FAST-BI」
  • NTCが提供するデータ分析ソリューション「DRIVE-BI」

詳細を知りたい方は資料をダウンロードしてご覧ください!

<資料提供企業>

社名
株式会社NTC
住所
〒163-0918  東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス18階
設立
1960年9月22日