【企業向け】ホワイトペーパーのダウンロードサイト|1,000社以上の資料を無料で閲覧可能

※この記事にはプロモーションが含まれています。

ホワイトペーパーのダウンロードサイトを運営!SNSの集客事例やノウハウをまとめたホワイトペーパー

本ブログ(ホワイトペーパー|マーケMEMO)は、企業に勤めるマーケティング担当者に向けた記事です。弊社が運営するホワイトペーパーのダウンロードサイトを利用することで、ニーズにあったホワイトペーパー)をダウンロードをすることができます。

ホワイトペーパーとは、複雑な論題について詳細かつ公平な方法で読者に情報提供するために使用される権威ある文書です。その分野の専門家が執筆し、読者が複雑な問題をよりよく理解できるような内容で記載されています。

新規顧客獲得施策(リード獲得)

【期間限定】
件数保障のリード獲得をします!

  1. 資料(ホワイトペーパー)を掲載
  2. ユーザーが資料をダウンロード ※全て法人
  3. 見込み顧客(リード)の提供

マーケメディアは、1,000社を超える企業がノウハウや成功事例などのマーケティングに関係する資料(ホワイトペーパー)を掲載しています。

弊社が抱える会員に対して、メルマガを定期的に送信したり、ブログ記事の一部で紹介を行う事にとって、見込み顧客(リード)1件あたり5,000円で100件の保証を行います。

弊社が提供するリードは、全て企業にお勤めの決裁権をお持ちの方やマーケティングの担当者であり、個人としてのリードを提供する事はありません。 (…続き)

リオンくん
リオンくん

今日、2024年2月22日(木)のおすすめホワイトペーパーだよ!

事業拡大のためのアポイント取得
新規アポイントの獲得の仕方|フォーム営業、BtoBマーケティング、リード獲得

株式会社アイドマ・ホールディングスは、2021年6月23日に東京証券取引所マザーズ市場(現グロース市場)に上場し、営業支援では、多くの実績を抱えています。

株式会社アイドマ・ホールディングスの売上高と営業利益(IR)
参考:株式会社アイドマ・ホールディングスの業績ハイライト|売上高と営業利益
マーケリー
マーケリー

事業拡大するためには、人は必要。採用したいけど、リスクもある…
そう考える経営者の方も多いのではないでしょうか?

リオンくん
リオンくん

そんな悩みをお抱えの方を対象に、簡単に読める資料を3つご用意しました!


ChatGPTによってSEOはどうかわる?
ホワイトペーパーのダウンロード|ChatGPTによってSEOはどうかわる?

OpenAI社が提供するChatGPTは、AIチャットボットです。検索エンジンの代わりになる可能性もあります。発展するAI市場に伴い、SGEによってGoogleに生成AIの回答が表示されるようになるようです。最新動向と対策について、ホワイトペーパーを掲載しているので、ぜひご覧ください。


SNS施策(運営ノウハウ・入門書まとめ)
ホワイトペーパー|SNS
ホワイトペーパーのダウンロード|SNS施策・SNSマーケティング

SNSマーケティングを成功させるには、Z世代を知る必要があります。売りにつながるSNS施策についてご紹介します!なんとなく…のSNS運用から、売上に繋がるSNS施策を実施しましょう。


広告・マーケティング施策のヒントを掴もう!調査データ&レポートまとめ
ホワイトペーパー|広告・マーケティング施策の調査データとレポート
ホワイトペーパーのダウンロード|シニア・年配層にアプローチするための通販利用率と平均購入単価

日本では、通販においてシニア層が増加しています。効果的なアプローチ方法を知るためにも、調査レポートが必須です。このホワイトペーパーから、次のような情報を得る事ができます。

  • 年代別で【通販利用率】が高い年代は?
  • 年代別で通販を【利用する理由】で多いのは?
  • 年代別・性別でECの【年間平均利用額】が最も多いのは?
  • 年代別・性別でECの【年間平均購入単価】が最も多いのは?

Web担当者のためのGA4初期設定マニュアルや活用集
ホワイトペーパー|GA4初期設定ガイドと活用方法
ホワイトペーパーのダウンロード|GA4移行手順・GA4初期設定マニュアルと活用

GA4移行手順を解説しています。GA4のデータ計測方法やGTM(Google Tag Manager)の導入手順がわかります。他のホワイトペーパーでも、GA4を使った売上向上やCV率向上のための事例を解説しています。


概要ホワイトペーパー|ダウンロードサイト(記事)ホワイトペーパーのダウンロード
人気資料まとめのホワイトペーパー人気資料まとめ(全カテゴリー)|ダウンロード1位
(ダウンロードサイト)
新着ホワイトペーパー最新・新着ホワイトペーパー|ダウンロード2位
(ダウンロードサイト)
SNS運用代行企業のホワイトペーパーSNS運用代行企業&支援サービスの13選|ダウンロード3位
(ダウンロードサイト)
TikTokマーケティングのホワイトペーパーTikTokマーケティングのノウハウ・事例集|ダウンロード4位
(ダウンロードサイト)

ダウンロードサイトから、ホワイトペーパーをダウンロードするには、無料会員登録が必要です。

ホワイトペーパーの掲載数4,000以上!1,000社以上が掲載

ホワイトペーパーダウンロードすることで、読者に貴重な洞察や情報を提供することができるので、マーケティング業界では重要な役割を担っています。ホワイトペーパーとは何か、ホワイトペーパーをダウンロードするメリット、そしてダウンロードサイトを紹介します。

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/


  1. ホワイトペーパーとは?
  2. ホワイトペーパーをダウンロードするメリット
    1. ホワイトペーパーの活用事例
    2. 知識・ノウハウを活用した事例(SanSan株式会社)
    3. 業界の分析やアンケート結果を活用した事例(クラウドサーカス株式会社)
    4. 自社の商品導入エピソードを活用した事例(freee株式会社)
  3. ホワイトペーパーをダウンロードする方法
    1. ホワイトペーパーのダウンロードサイトを探す
    2. ホワイトペーパーのダウンロードサイトで無料会員登録をする
  4. ホワイトペーパーのダウンロードサイト
    1. 人気資料まとめ(全カテゴリー)|ホワイトペーパーのダウンロード
    2. 最新・新着ホワイトペーパー|ホワイトペーパーのダウンロード
    3. SNS運用代行企業&支援サービス
    4. TikTokマーケティングのノウハウ・事例集
  5. ダウンロード数が増加するホワイトペーパーとは?5つの特徴を解説
    1. ホワイトペーパーはマーケティング手法の一つ
  6. ホワイトペーパー作成(制作)の目的
    1. リード情報の獲得
    2. 顧客の育成
    3. 顧客の購入ハードルの引き下げ
    4. リード情報の管理はMAツールがおすすめ
    5. ホワイトペーパーの課題
  7. ホワイトペーパーの構成要素
  8. 表紙はホワイトペーパーの顔
    1. ホワイトペーパーのタイトル
    2. 企業のロゴ
    3. 画像
  9. ホワイトペーパー作成時のデザインポイント3つ
    1. 1.レイアウトを工夫する
    2. 2.視覚情報を活用する
    3. 3.テキストに効果を入れる
  10. ホワイトペーパーのデザイン事例
    1. 課題解決型ホワイトペーパーのデザイン
    2. 事例紹介型ホワイトペーパーのデザイン
    3. サービス紹介型ホワイトペーパーのデザイン
  11. ホワイトペーパー作成におすすめのデザインツール
    1. Adobe Illustrator
    2. CANVA
  12. ホワイトペーパーのスムーズな作り方
    1. ホワイトペーパーの目的を明確にする
    2. 顧客の課題を設定する
    3. ホワイトペーパーのターゲットを決める
    4. ホワイトペーパーのテーマを挙げる
    5. ホワイトペーパー全体のストーリーをイメージする
    6. ホワイトペーパーのボリュームを把握する
    7. ホワイトペーパーを作成する
  13. ホワイトペーパー作成のコツ
    1. 大きなニーズから作成する
    2. 有益な情報を発信する
    3. 目をひくタイトルをつける
    4. 結論を最初にもってくる
    5. 視覚的なメリハリをつける
    6. 最新の情報を盛り込む
  14. ホワイトペーパーの作り方の注意点
    1. 自社商品・サービスの売り込みをしない
    2. 情報源の信頼性を担保する
    3. モバイル端末に対応させる
    4. 専門用語を使いすぎない
    5. ホワイトペーパーの作成にAIツールを使う
  15. ホワイトペーパーのダウンロード数を増やすポイント(アフィリエイト編)
    1. ホワイトペーパーのダウンロード入力フォームを最適化する
    2. ホワイトペーパーのターゲットを明確にする
    3. 目をひくタイトルやキャッチコピーを付ける
    4. ダウンロードページでホワイトペーパーの内容をアピールする
    5. 複数のメディアでホワイトペーパーを紹介する
    6. ホワイトペーパーによるリード情報獲得の仕組み
  16. まとめ|ホワイトペーパーのダウンロードサイト活用で売上を伸ばそう
    1. 新着記事

ホワイトペーパーとは?

ホワイトペーパーとは?

ホワイトペーパーとは、複雑な論題について詳細かつ公平な方法で読者に情報提供するために使用される権威ある文書です。その分野の専門家が執筆し、読者が複雑な問題をよりよく理解できるような内容で記載されています。ホワイトペーパーは、製品やサービスの特徴や利点を説明するためによく使用されます。文章だけのホワイトペーパーは少なく、図や表などのイラストで専門的な知識が記載されています。ホワイトペーパーは特定の読者を対象としており、一般的に金融業界やIT業界で使用されます。

ホワイトペーパーをダウンロードするメリット

ホワイトペーパーをダウンロードするメリットとは?|ダウンロードサイト

ホワイトペーパーをダウンロードすることには、多くの利点があります。最も重要なメリットは、提供される情報です。ホワイトペーパーは、論題に関する詳細な説明を提供し、他では得られない貴重な洞察を読者に提供します。重要な意思決定の材料として、また製品やサービスの理解に役立ちます。

ホワイトペーパーはその分野の専門家によって書かれることが多く、図や表、イラストなどを使って複雑な論題を分かりやすく説明しています。さらに、ホワイトペーパーをダウンロードすることで、情報が整理され、見つけやすくなるため、時間の節約になります。

資料マーケティングは、ホワイトペーパーを活用することによって、掲載側もユーザー側も双方にメリットがあるマーケティング手法です。

ホワイトペーパーの活用事例

ホワイトペーパーを顧客にダウンロードしてもらい成果を出している企業をご存じでしょうか。ここでは、実際にホワイトペーパーを活用している企業の事例を以下の3つの観点から紹介します。ぜひ参考にしてください。

  • 知識・ノウハウを活用した事例
  • 業界の分析やアンケート結果を活用した事例
  • 自社の商品導入エピソードを活用した事例

知識・ノウハウを活用した事例(SanSan株式会社)

特定のテーマを軸に、知識やノウハウをまとめて提供するタイプのホワイトペーパーで顧客を集めた成功事例です。自社の商品やサービスを利用する顧客に対して、関連の分野や業界についての情報を提供して集客を狙うことが可能です。

企業への営業DX支援サービスを提供しているSansan株式会社では、自社サービスの内容の他に、サービスの営業での役立て方やノウハウ系のコンテンツなどを紹介した各種ホワイトペーパーを自社サイトに設置しています。

業界の分析やアンケート結果を活用した事例(クラウドサーカス株式会社)

業界についての分析レポートやアンケート結果をまとめたデータも、ホワイトペーパーのコンテンツに活用できます。分析やアンケートはその企業独自のデータとなり、他社と差別化を図れる内容です。それらをダウンロードできるのは顧客にとって価値が高いと言えるでしょう。調査やアンケートは時間がかかりますが、調査会社に外注することもできます。コストはかかるものの、その分工数を軽くして信頼性のあるデータを得ることが可能です。

クラウドサーカス株式会社は、BowNowというMA(マーケティングオートメーション)ツールを提供している会社です。MAツールに関する意識調査データをホワイトペーパーとして顧客に提供しています。サービスを検討する際のニーズに幅広く対応した調査資料をサイトからダウンロードできます。

自社の商品導入エピソードを活用した事例(freee株式会社)

自社の商品やサービスを既に導入している企業のエピソード紹介もホワイトペーパーのコンテンツにできます。導入済み企業への掲載の許可取り、インタビューなどの点でホワイトペーパー作成の手間は生じますが、商品の購入・サービスの導入を検討している顧客にとって役立つ情報は多く、情報の有益性が高いでしょう。

freee株式会社は、クラウド会計ソフトを運営している企業です。自社サイトからは、freeeの紹介資料、活用術、バックオフィスなどテーマごとの様々な資料をダウンロードでき、その中に自社サービスの導入事例集もあります。導入のエピソードや成功事例とともによくある質問もまとめてあり、導入のイメージが具体的につかめるよう工夫されています。

ホワイトペーパーをダウンロードする方法

ホワイトペーパーをダウンロードする方法|ホワイトペーパーのダウンロードサイト

ホワイトペーパーダウンロードするのは簡単です。ホワイトペーパーが公開されている信頼できるダウンロードサイトを利用して、ダウンロードをしましょう。

弊社が運営する「マーケメディア」では、企業のマーケティング担当者が集客に関するホワイトペーパーを無料で公開しており、企業ドメインであれば、無料会員登録後にダウンロードをすることができます。

本ブログでは、主に集客に関するホワイトペーパーをダウンロードすることができますが、集客以外のホワイトペーパーを探すには、ご自身が調べたいキーワードを検索し、然るべきサイトから、ホワイトペーパーをダウンロードしましょう。

ホワイトペーパーのダウンロードサイトを探す

ホワイトペーパーをダウンロードするためには、ダウンロードサイトを探す必要があります。特に、マーケティングに関する専門的な知識を得るには、多くのホワイトペーパーが掲載されている弊社の「マーケメディア(ホワイトペーパーのダウンロードサイト)」からダウンロードすると良いでしょう。

ホワイトペーパーのダウンロードサイトで無料会員登録をする

ホワイトペーパーをダウンロードするためには、「ダウンロードサイト」で無料会員登録をする必要があります。弊社以外にも資料をダウンロードできるサイトは複数ありますが、弊社のようにマーケティングに関するホワイトペーパーを多数掲載しているダウンロードサイトは少ないのが現状です。会員登録の項目数は多いですが、きっとあなたに役立つ情報を得ることができます。

ホワイトペーパーのダウンロードサイト

ホワイトペーパーをダウンロードできるサイトは複数あります。今回は、その中でも掲載されているホワイトペーパーが多いダウンロードサイトをご紹介します。

マーケティング(集客)に関するホワイトペーパーをダウンロードする場合には、弊社が運営するホワイトペーパーのダウンロードサイトを使って、集客に関する知見を得るのが最善の方法です。

人気資料まとめ(全カテゴリー)|ホワイトペーパーのダウンロード

ホワイトペーパーのダウンロードサイト
ホワイトペーパーをダウンロードできる「マーケメディア(ダウンロードサイト)」

ホワイトペーパーダウンロードサイトの人気資料まとめでは、「Web集客」「通販・ECマーケティング」「B2Bマーケティング」など多くのジャンル別でニーズにあったホワイトペーパーをダウンロードする事ができます。

最新・新着ホワイトペーパー|ホワイトペーパーのダウンロード

最新・新着ホワイトペーパー|ホワイトペーパーのダウンロードサイト

ホワイトペーパーダウンロードサイトから、「新着ホワイトペーパー」をダウンロードすることができます。新着ホワイトペーパーでは、企業のマーケティング担当者が事例やノウハウを綴ったホワイトペーパーをダウンロードする事ができます。

SNS運用代行企業&支援サービス

SNS運用代行企業&支援サービス|ホワイトペーパーのダウンロードサイト

ホワイトペーパーダウンロードサイトから、「SNS運用代行企業&支援サービス」をダウンロードすることができます。SNS運用代行企業&支援サービスでは、企業のマーケティング担当者がSNSの事例やノウハウを綴ったホワイトペーパーをダウンロードする事ができます。

TikTokマーケティングのノウハウ・事例集

ホワイトペーパーダウンロードサイトから、「TikTokマーケティング」をダウンロードすることができます。TikTokマーケティングでは、企業のマーケティング担当者がTikTokの成功事例や最近のノウハウをまとめたホワイトペーパーをダウンロードする事ができます。

あわせて読みたい

ホワイトペーパーは専門的な知識をまとめた資料であり、webマーケティングの手法として、「ダウンロードサイト」からダウンロードされたホワイトペーパーは、マーケティング担当者に広く活用されています。今回はホワイトペーパーの目的や活用事例、ホワイトペーパーのダウンロード数を増やす工夫などについて詳しく解説します。

ダウンロード数が増加するホワイトペーパーとは?5つの特徴を解説

売上を伸ばすために顧客情報の獲得は必須ですが、実際には簡単なことではありません。個人情報を提供することに慎重な顧客が多いのが現状です。しかし、ホワイトペーパーを活用すれば顧客の情報をスムーズに入手し、マーケティングに役立てることができます。

この記事では、ホワイトペーパーの目的、活用事例、ホワイトペーパーを多くの人にダウンロードしてもらうポイントなどについて解説していきます。効果的なマーケティングをしたいとお考えの企業のご担当者は是非参考にしてください!

ホワイトペーパーはマーケティング手法の一つ

ホワイトペーパーとは、企業が顧客の個人情報の獲得や育成を目的として用意した資料を指します。本来は、政府や公的機関が発行する調査・報告の文書(いわゆる白書)を意味する用語でした。しかし近年では、BtoB企業によるwebマーケティング手法の一環として使われています。

マーケティング手法には、Webサイトの検索順位を向上させるSEO対策や広告やSNS運用マーケティングセミナーによる集客などが挙げられますが、初期費用を抑えれるホワイトペーパーマーケティングは、特におすすめです。ホワイトペーパーマーケティングをするためにも、webマーケティング用語について理解することは大切です。

ホワイトペーパーには、下記のような情報が掲載されています。

  • 商品やサービスに関する情報
  • スキルやノウハウ
  • 業界の動向や市場のデータ分析
  • アンケート調査結果

ユーザーは自分の個人情報と引き換えに、こうした役立つ情報をダウンロードすることができます。

コロナの影響やネットビジネスの拡大などにより、最近では訪問営業だけで成果を出すのは難しくなっているため、webマーケティングは欠かせません。ホワイトペーパーは企業の営業活動の柱の一つといっても過言ではないのです。

ホワイトペーパー作成(制作)の目的

ユーザーはホワイトペーパー無料でダウンロードすることが可能ですが、他社が作成(制作)したホワイトペーパーを参考にせずに、ホワイトペーパーを作成(制作)する場合のメリットについて解説します。その中でも、企業がホワイトペーパーを作成(制作)する場合のメリットはなにがあるのでしょうか。ここでは、3つのポイントについてご紹介します。

  • リード情報の獲得
  • 顧客の育成
  • 顧客購入のハードルの引き下げ

リード情報の獲得

ホワイトペーパーはリードと呼ばれる見込み顧客の集客や、個人情報の獲得を目的として作成されます。顧客がホワイトペーパーをダウンロードするには、多くの場合、次のような情報の入力が必須とされます。

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 所属企業名

これらの項目を記入すると顧客はホワイトペーパーをダウンロードできる一方、企業側はリードの情報を取得することができます。このリード情報をもとに企業は営業アプローチをかけるため、売上を伸ばすには非常に価値の高い情報となります。

顧客の育成

ホワイトペーパーを使えば潜在顧客や既存顧客の育成(ナーチャリング)が可能です。

潜在顧客は自社の商品をまだよく知らない段階にいます。しかし、ホワイトペーパーのダウンロードを促し、コンテンツを提供することで、顧客が潜在的に持っているニーズを顕在化できるチャンスとなります。

また、ホワイトペーパーは既存顧客への育成にも効果的です。既存顧客とはいえ、まだ関係性を十分に築けていない場合、他では手に入らないデータやお役立ち情報をダウンロードしてもらうことで、自社商品へのファン化促進に繋げることができます。

顧客の購入ハードルの引き下げ

商品・サービス購入を検討中の顧客に対して、購入につながる前段階の行動を起こさせることもホワイトペーパーの目的です。

商品やサービスの単価が特に高額である場合、いきなりの購入はハードルが高くなります。しかし、ホワイトペーパーのダウンロードだけなら購入よりもはるかに意思決定しやすく、顧客は軽い気持ちで行動できるでしょう。

ホワイトペーパーがダウンロードされれば、リード情報を獲得し、潜在層との接点を得ることができます。そこから購入へのハードルを下げるようアプローチもできます。このような購入という最終的なコンバージョンの前に設置されたコンバージョンは中間CVと呼ばれ、顧客が購入に至るまでのプロセスとして重要です。

リード情報の管理はMAツールがおすすめ

ホワイトペーパーでせっかくリード情報を獲得しても、その情報を活用しきれないケースも多数あります。理由は、入手した情報を一元化できず、管理が煩雑になるためです。

そこで有効な手段がMA(マーケティングオートメーション)ツールです。MAツールを使えば、顧客の様々な情報の一元管理が可能です。

MAツールでは以下のような情報を管理することができます。

  • リードの個人情報
  • 行動履歴
  • 関心レベル
  • 最も多くダウンロードされたホワイトペーパーの種類
  • ホワイトペーパーのダウンロード前後に閲覧したページ・サイトの計測

MAツールではこういった幅広い情報をスコアリングし、受注確度の優先順位を付けることも容易にできます。

情報管理の手間を省き、ホワイトペーパーダウンロード後のフォローアップや顧客の育成に注力して業績を上げるためにも、MAツールは有効です

ホワイトペーパーの課題

ホワイトペーパーにはリード情報の獲得、顧客の購買行動の促進といったメリットはあるものの、デメリットも存在します。それは、ホワイトペーパーの作成には大きな人的コストがかかるという点です。

ホワイトペーパーの内容を考える際、例えば以下のようなポイントを深く掘り下げる必要があります。

  • 顧客が知りたい情報は何か?
  • 顧客にとって価値のある情報とは何か?

こうした内容をまとめあげ、質の高いホワイトペーパーを作成しなければ顧客にとっては魅力のある情報になりません。顧客がダウンロードしたいと思えるホワイトペーパーを作成するのは、とても労力がかかるのです。

企業によっては、ホワイトペーパー作成に時間をさけなかったり、そもそもどんなホワイトペーパーを作れば良いかがまとまらず、作成プロセスが難航することもあります。

このような負担がかかるのはホワイトペーパーの課題と言えるでしょう。

しかし、次に述べるホワイトペーパーのダウンロード数を増やすポイントを実践することで、こうした課題を大きく上回るメリットを享受できます。

▼ホワイトペーパー作成の負担を軽減したいならこちらの記事が参考になります!

ホワイトペーパーの構成要素

ホワイトペーパーは主に下記の要素で構成されています。

  • 表紙
  • 目次
  • 内面
  • お問い合わせ先

ユーザーが引き込まれるホワイトペーパーは、必ず上記の要素で構成・デザインを工夫しています。

ユーザーの動きとしては、まず表紙をみてホワイトペーパーのダウンロードを決めるため、表紙では読者の関心を惹きつけるタイトルやデザインにします。

それに続く目次では、端的にホワイトペーパーの趣旨が伝わるよう、分かりやすい書き方が大切です。

ホワイトペーパーの内面では、読者の課題に寄り添い、解決につながる情報の提供を目的とします。

下記の5要素を使った構成がホワイトペーパーの内面の基本です。

  • 導入
  • 問題提起
  • 解決方法の提示
  • 自社サービスの説明
  • まとめ

これら5つをベースに内面を組み立てると、見やすく流れのよいホワイトペーパーとなります。

表紙はホワイトペーパーの顔

表紙は、ホワイトペーパーの最も重要な要素の一つといえます。ユーザーはダウンロードするまでホワイトペーパーの中身が分からず、表紙を見てホワイトペーパーを読むか判断するためです。

つまり、ユーザーの関心を獲得するために表紙のデザインを工夫することは、ホワイトペーパーでは非常に重要といえるのです。ホワイトペーパーで伝えたい趣旨を主眼に置きながらも、効果的なデザインでホワイトペーパーを作りましょう。

ホワイトペーパーの表紙のデザインを構成する項目は下記の通りです。

  • ホワイトペーパーのタイトル(メイン・サブ)
  • 企業のロゴ
  • 画像(イラストや写真など)
  • コピーライト表記

このうち、タイトル、企業のロゴ、画像について解説します。

ホワイトペーパーのタイトル

メインのタイトルは、ユーザーの目に留まる表現を用いつつ、ホワイトペーパー本来の内容がしっかりと伝わるものにします。

一方、ホワイトペーパーのサブタイトルの役割は、メインのタイトルをより分かりやすく、より魅力的にすることです。

「〇〇にお困りの方は必見」

このように、ユーザーが自分事化できるコピーにしたり、数字を使ってアピールするなど、ホワイトペーパーの表紙にはひきの強い文言を入れましょう。

企業のロゴ

すでにブランドが確立されて世間的な認知度が高い企業の場合、企業のロゴをホワイトペーパーの表紙に入れるとユーザーからの認知が高まります。既知の企業によるホワイトペーパーだと信頼感が一層強まり、ホワイトペーパーのダウンロード率アップにもつながりやすいです。

一方、世間的な認知度が低い企業であっても、ホワイトペーパーの表紙に企業ロゴを掲載することにより認知度を向上できる可能性があります。ユーザーに印象を残すのであれば、ホワイトペーパーの表紙には企業ロゴの挿入をおすすめします。

画像

画像の使用により、ホワイトペーパーのイメージを視覚的に読者に伝えられます。次に示す画像を背景に使用すると、ホワイトペーパーの表紙がユーザーの記憶に残りやすいでしょう。

  • 伝えたい内容を端的に表す画像
  • 企業イメージにつながる画像

画像の上手な活用により、ホワイトペーパーのイメージをユーザーに焼き付けられます。

ホワイトペーパー作成時のデザインポイント3つ

しっかり組み立てられた構成はホワイトペーパーに必須です。とはいえ、ホワイトペーパーのページすべてがテキストで埋め尽くされていたら、ユーザーの途中離脱の可能性が増えてしまいます。

読者が夢中になるホワイトペーパーを目指すため、ホワイトペーパー作成におけるデザインのポイントを3つご紹介します。

  1. レイアウトを工夫する
  2. 視覚情報を活用する
  3. テキストに効果を入れる

1.レイアウトを工夫する

ホワイトペーパーのデザインでは、情報の伝わりやすさを優先するために下記を基本原則とします。

  • 近接・・・類似の要素は近くに、それ以外は離して設置し、違いを際立たせる
  • 反復・・・一つのスタイルを繰り返し使用し、統一感を保つ
  • 整列・・・デザインの各要素を整列させ、スッキリと配置する
  • コントラスト・・・重要箇所の強調を狙ってデザインに強弱をつける

これらの原則を用いた制作により、視覚的に整理され、ホワイトペーパーのコンテンツが読者の頭にスッと入りやすくなるでしょう。

2.視覚情報を活用する

視覚情報には、主に以下が挙げられます。

  • 画像(イラストや写真)
  • グラフ(図や表)
  • データ

例えば、数字を使った記述と比較すると、グラフを提示したホワイトペーパーの方がユーザーはすぐに理解できます。ホワイトペーパーに視覚情報を盛り込むことにより、ユーザーはとっつきやすさを感じられるでしょう。また、ストレスが減り、ホワイトペーパーを読むスピードも向上します。

3.テキストに効果を入れる

ホワイトペーパーのテキストを分かりやすくするには、以下が有効です。

  • 文字の強弱(太字、フォントサイズ、下線、文字色など)
  • 箇条書きの使用
  • 背景色や枠による装飾

例えば、並列の言葉は積極的に箇条書きで表現すると見やすくなります。

上記に加えて、目をひく見出しを付ける、専門的な用語や難解な用語を避けるというのもホワイトペーパーの大切なポイントなのでおさえておいてください。

ホワイトペーパーのデザイン事例

ホワイトペーパーのデザインポイントを理解したところで、実際のデザイン事例に移りましょう。特に、ホワイトペーパーの中面で伝えたい内容によって最適なデザインは変わります。

下記の事例をもとに、ホワイトペーパーのデザイン上の工夫をお伝えします。

  • 課題解決型
  • 事例紹介型
  • サービス紹介型

課題解決型ホワイトペーパーのデザイン

ユーザーの課題を最初に言語化し、その課題の解決方法を提示するタイプのホワイトペーパーです。

こういったホワイトペーパーの場合、ページの上半分に課題を、下半分に解決方法を記載するような、2つのブロックに分けるデザインがおすすめです。分割方法は左右でもかまいません。

ポイントは、課題や解決策が記載されたブロックの上部に、各内容を表す小見出しを掲げることです。読者は小見出しを読むだけでホワイトペーパーの内容を理解できるため、読みやすさを感じられます。

事例紹介型ホワイトペーパーのデザイン

自社の商品・サービスを既に導入している顧客の導入検討からのエピソードを紹介したホワイトペーパーです。顧客が商品・サービスを導入した決め手や、実際に使用した感想なども記載されています。

このタイプの内面では、ホワイトペーパーのページを4分割するイメージで作りましょう。

  • 顧客の情報
  • 導入前の課題
  • 導入のエピソード
  • 導入後の効果

上記の4つを各ブロックに当てはめます。

このタイプのホワイトペーパーでは、各ブロックに見出しを付けて端的に分かるようにしましょう。また、文字に強弱を与えてどこが重要なのか目立つようにすることもポイントです。

サービス紹介型ホワイトペーパーのデザイン

自社の商品・サービスの利点や特徴を伝えるホワイトペーパーです。

このタイプのホワイトペーパーでは、ページを2つのブロックに分割したデザインがおすすめです。

  • 自社の特徴・強み
  • 商品・サービスの概要

下記を各ブロックに当てはめましょう。

注意点は、商品・サービスのブロックをより大きく目立たせることです。あくまでも商品やサービスの紹介がホワイトペーパーのメインです。フォントサイズや文字装飾を使用して、商品・サービスのメリットが伝わるホワイトペーパーになるよう意識しましょう。

ホワイトペーパー作成におすすめのデザインツール

ホワイトペーパーの構成要素やデザインのポイントをお伝えしてきましたが、より完成度の高いホワイトペーパーの作成にはデザインツールが欠かせません。

Word・Excelなどでもホワイトペーパーは作成できますが、より自由にデザインするには機能の充実したツールの使用を推奨します。

下記におすすめのデザインツールを2つご紹介するので、ぜひホワイトペーパー作成時の参考にしてください。

Adobe Illustrator

Adobe社が提供するデザイン専用のソフトです。

クリエイターやデザイナーなど多くのデザインのプロが使用することで有名です。また、ホワイトペーパーを制作する業者も使用します。

画像はもちろん、グラフを自動で作れるなどホワイトペーパー作成には重宝します。

注意点は、ホワイトペーパーのページ数が多いと重くなりやすいことです。また、操作がやや難しいため、ある程度の知識が必要です。

CANVA

CANVAはオーストラリアにある会社が発祥のデザインツールです。有料と無料のプランがあり、無料のプランでも基本的な機能は揃っています。

使用できる画像も多く、フォントも多彩なため、自由度の高いデザインでホワイトペーパーを作れます。

使い方は初心者にも簡単で、テンプレートを選んだあとに希望するイラスト・画像・フォントを挿入するだけで見栄えのよいホワイトペーパーの作成が可能です。

ホワイトペーパーのスムーズな作り方

ここでは、ホワイトペーパーのスムーズな作り方をご紹介します。ホワイトペーパーの作成は以下の手順で進めていきましょう。

  1. ホワイトペーパーのターゲットを決める
  2. ホワイトペーパーのテーマを挙げる
  3. ホワイトペーパー全体のストーリーをイメージする
  4. ホワイトペーパーのボリュームを把握する
  5. ホワイトペーパーを作成する

ホワイトペーパーの目的を明確にする

ホワイトペーパーの効果的な作り方として、まずは目的を設定しましょう。目的がはっきりすると下記のようにどんなホワイトペーパーを作成すればよいかが分かります。

  • 自社商品やサービスの認知度を上げたい場合は、よりたくさんのユーザーに見てもらえるようレポート型にする
  • 成約率を上げたい場合は、商品やサービスの事例エピソードを伝える事例紹介型にする

このように、ホワイトペーパー作成の目的を明確にすると、ホワイトペーパーの種類が決まります。

顧客の課題を設定する

ホワイトペーパー作成にあたって、顧客が抱える課題の認識は非常に重要です。なぜなら、自社の商品やサービスで顧客の課題を解決できなければ、顧客から問合せがくることはないからです。

まずは自社の商品やサービスは顧客のどんな課題を解決できるのかを整理します。そうすれば、ホワイトペーパーに何を記載すれば良いかが明確になるでしょう。

ホワイトペーパーのターゲットを決める

ホワイトペーパーを作成するためにはターゲットの設定が不可欠です。ターゲットをどこに置くかは、ホワイトペーパーの内容や方向性、表現方法などに大きく影響します。ターゲットが具体化するとより適切な表現を選択でき、ダウンロードや問合せの件数増加にも繋がります。

また、ターゲットにどのようなアクションを起こして欲しいのかがイメージしやすくなり、ホワイトペーパーの内容がより深く良質なものになるでしょう。

ホワイトペーパーのテーマを挙げる

次の作成手順は、ホワイトペーパーで解決したい顧客の課題に基づいたテーマ選定です。テーマの選定は幅広く網羅的に検討しましょう。最初に広くテーマを洗い出すことで、ターゲットに最適なテーマの発見が容易になるからです。

テーマは様々な角度から考えましょう。業界の動向、マーケットのデータを含めた情報を幅広く視野に入れ、明確かつ具体的なテーマを選ぶとユーザーに届きやすくなります。

ホワイトペーパー全体のストーリーをイメージする

次に、ホワイトペーパー全体の流れを固めます。ここでいう「流れ」とは、ホワイトペーパーを読み進める中でどのような内容を全体として伝えていくかということです。

ターゲットの背景や、商品・サービスの導入によって得られる効果などポジティブな内容を盛り込み、読み手が疑似体験できるような流れを作るのがポイントとなります。どのページで何を伝えるといった各ページの流れを大まかに考えておくとホワイトペーパーの作成がスムーズになるのでぜひ行いましょう。

ホワイトペーパーのボリュームを把握する

全体のストーリーが決まったら、必要なボリュームを検討しましょう。長すぎると読み手が途中で離脱してしまう可能性があり、短すぎると内容が浅くなってしまうためです。

目安は4~20ページ程度ですが、内容やターゲットに応じて分量を調整することが大切です。読者がストレスなく読めるには何ページが最適かを意識してホワイトペーパーを作成しましょう。

ホワイトペーパーを作成する

ここまでの作り方を踏まえて実際の作成に移りましょう。各ページのキャッチコピー、テキスト、画像、デザインなどの作業に取り掛かります。

特に、ライティングとデザインは質の高いホワイトペーパーを作成する上で必須の要素です。ライティングでは、ユーザーの興味をひくコピーや、情報の伝え方が重要となります。デザインでは、読者が読みやすいように図表や画像、グラフなどを積極的に取り入れましょう。

ホワイトペーパー作成のコツ

ホワイトペーパーの作り方にはコツがあります。下記のポイントをおさえて、見込み顧客を獲得する質の高いホワイトペーパーの作成を目指しましょう。

  • 大きなニーズから作成する
  • 有益な情報を発信する
  • 目をひくタイトルをつける
  • 結論を最初にもってくる
  • 視覚的なメリハリをつける
  • 最新の情報を盛り込む

大きなニーズから作成する

ターゲットのニーズのうち、大きなものから作成を始めましょう。自分が求めている情報とズレがあるとユーザーは簡単に離脱するからです。多くのターゲットに共通のニーズであれば、リードを幅広く獲得できます。

また、最初に知りたい情報があると読み手をホワイトペーパーに引き込むことが可能になります。ユーザーにとって優先度の高いニーズの解決策や情報を先に提示するという順番が大切です。

有益な情報を発信する

ホワイトペーパーを読んでもらうには、有益な情報を盛り込みましょう。仮にダウンロードされてもユーザーにとって価値がない内容であれば途中で読まれなくなります。

特にセールス色が強いホワイトペーパーは要注意です。

役立つ情報をメインにし、徹底的にユーザーの立場に沿った内容を提供します。セールスは最後に付け加える程度が望ましいでしょう。

目をひくタイトルをつける

魅力的なタイトルとは、ユーザーが読みたくなるタイトルのことです。ホワイトペーパーを読むかどうか、ユーザーはタイトルで判断しています。

ユーザーの関心を得るタイトルをつけるためには、以下のことを実践してみましょう。

  • 数字のインパクトを活用する
  • 「~だけで解決」「~の方法」のような解決を示すキャッチ―な文言を入れる
  • ユーザーが目指す状態をイメージさせる

結論を最初にもってくる

ホワイトペーパーを作成する際には、結論を先に持ってきましょう。ユーザーのほとんどは課題を解決したくて読んでいるため、結論がなかなか出てこないと離脱の可能性が高まります。

文章構成でおすすめなのがPREP法です。

  • 要点(Point)
  • 理由(Reason)
  • 事例(Example)
  • 再度要点(Point)

この順番で伝えるだけで、ホワイトペーパーの内容が分かりやすくスムーズな流れになるためおすすめです。

視覚的なメリハリをつける

数値やデータを伝える際には、図表やグラフ、箇条書きを使いましょう。視覚的に訴えるとユーザーの直感的な理解に繋がります。また、フォントの強弱、メインカラーの統一、余白の使い方などはユーザーの読みやすさに直結します。

ホワイトペーパーに視覚的なメリハリをつけるとパッと見の印象が変わるため、是非試してしてみてください。

最新の情報を盛り込む

ホワイトペーパーは一度作ったらそのままにせず、常に情報のアップデートをしましょう。掲載されているデータが古いことが原因でトラブルになるリスクもあります。

また、商品やサービスの価格が変更になった際も、忘れずにホワイトペーパーを修正してください。不正確な情報でクレームにならないよう注意しましょう。

商品やサービス、ひいては自社の信頼性を落とす結果になりかねません。

ホワイトペーパーの作り方の注意点

質の高いホワイトペーパーを作成するコツがある一方で、逆効果となる作り方もあります。ホワイトペーパーの作り方では、下記の点に注意してください。

  • 自社商品・サービスの売り込みをしない
  • 情報源の信頼性を担保する
  • モバイル端末に対応させる
  • 専門用語を使いすぎない

自社商品・サービスの売り込みをしない

ホワイトペーパーを作成するポイントは、あくまでもユーザーの課題を解決することです。そのため、不自然な商品やサービスの提案は、自社の信頼を損ねる可能性があります。

特に課題解決と関連性が低いセールスの場合は、ホワイトペーパーがダウンロードされたとしてもユーザーが問合せをする確率は低く、逆効果となります。効果的なマーケティングのためにも、まずユーザーファーストとなる有益なコンテンツを作成しましょう。

情報源の信頼性を担保する

ホワイトペーパーに掲載する数値には、信頼性の高いデータを使用しましょう。不確かなデータを使用すると、ユーザーに不信感を与えてしまう場合があります。

根拠となる数字があれば説得力が高まります。外部サイトから引用したり資料を借りる際は引用元の信頼性を確認しましょう。ホワイトペーパーに使う予定のデータが最新のものであるかをチェックすることも重要です。

モバイル端末に対応させる

ユーザーが使用する端末は、パソコン、スマホ、タブレットなど様々です。特にスマホからの閲覧は増えています。

そのため、ホワイトペーパーのダウンロードページはレスポンシブデザインが好ましいでしょう。レスポンシブデザインとは、画面を端末に応じたサイズに変換して表示させる機能です。スマホからの閲覧が可能だとホワイトペーパーのダウンロード率向上が期待できます。

専門用語を使いすぎない

ホワイトペーパーの読者はその業界に詳しくないケースがほとんどです。つまり、有益な情報が掲載されていても専門用語で解説されるとその価値を受け取れません。

ホワイトペーパーをダウンロードする目的は、あくまでも課題解決のためです。専門用語が多いと内容が伝わりづらく、離脱されてしまう可能性があります。

ホワイトペーパーではなるべく平易で一般的な言葉の使用を心がけましょう。

ホワイトペーパーの作成にAIツールを使う

ホワイトペーパーをどう作れば良いのか、作り方について悩んでいる人も多いでしょう。そんな時は、AIツールを使ってホワイトペーパーを作成するのもおすすめです。有名なAIツールとして、OpenAIChatGPTがありますが、台本を考えてもらったり、テキストからプレゼン資料を作成できる最新のAIなども登場しています。

ホワイトペーパーのダウンロード数を増やすポイント(アフィリエイト編)

ホワイトペーパーはただ自社サイトに掲載すればダウンロードされるものではありません。顧客が知りたいと思える情報であるとともに、ダウンロードの負担軽減やホワイトペーパーの存在の周知が必要です。

ホワイトペーパーのダウンロード数を増やしたいのであれば、以下のポイントに気を付けましょう。

  • ホワイトペーパーのダウンロード入力フォームを最適化する
  • ホワイトペーパーのターゲットを明確にする
  • 目をひくタイトルやキャッチコピーを付ける
  • ダウンロードページでホワイトペーパーの内容をアピールする
  • 複数のメディアでホワイトペーパーを紹介する

これらのポイントをおろそかにすると、ダウンロード数が伸びない原因になりますので念入りに取り組んでください。

ホワイトペーパーのダウンロード入力フォームを最適化する

ホワイトペーパーをダウンロードしてもらうためには、ホワイトペーパーのダウンロード入力フォームが使いやすいものでなければいけません。入力しやすいダウンロード入力フォームにすることで、顧客の負担軽減となり、結果的にホワイトペーパーのダウンロード増加に繋がります。

  • 入力項目を減らす
  • チェックボックスなどを設ける
  • 住所の自動入力など入力補助機能を活用する
  • 「必須」「任意」の項目を明確化する
  • 入力のエラーはその場で表示する
  • 入力例を提示する
  • スマホにも対応し、ダウンロードを促す
  • 自社のプライバシーポリシーを明記する
  • メールマガジン配布を可・不可で選択できるようにする
  • ホワイトペーパーをダウンロードしても営業メールや電話は来ないことを明記する

上記のような項目を可能な限り網羅しましょう。これらの方法でダウンロード入力フォームを最適化できれば、ホワイトペーパーのダウンロードをする際の途中離脱をおさえられるでしょう。

ホワイトペーパーのターゲットを明確にする

ホワイトペーパーを作成するためには、まずターゲットを明確にする必要があります。ターゲットを明確にすれば、ターゲット特有のニーズや悩みを解決するために必要な情報が分かります。顧客にとってより有益な情報をホワイトペーパーに載せることができるため、結果としてホワイトペーパーのダウンロード数を伸ばすことができるでしょう。

ホワイトペーパーのターゲットを明確にするためには、以下のような項目の検討が必要です。

  • 自社商品やサービスはどんな人の課題解決に繋がるか
  • どのターゲット層にホワイトペーパーをダウンロードしてほしいか

この際に大切なのは、自社商品・サービスのターゲットではなく、ホワイトペーパーのターゲットを想定することです。それによりコンセプトを決めやすくなり、ホワイトペーパーをターゲットにより深く刺さる内容にしていけるでしょう。

目をひくタイトルやキャッチコピーを付ける

顧客はホワイトペーパーのタイトルやキャッチコピーを見てダウンロードするかどうかを決めます。ホワイトペーパーのコンテンツの有益性はタイトル・キャッチコピーにあらわれるためです。

どんなに素晴らしいホワイトペーパーでもダウンロードされなければ意味がありません。顧客が一目で「自分にとって必要な情報だ」と分かるような一文で興味を惹きつけましょう。

ダウンロードページでホワイトペーパーの内容をアピールする

ダウンロードページでは、ホワイトペーパーの中身が端的に分かるようにしておきましょう。顧客にどんな情報が載っているかを伝えるとともに、資料の質の高さをアピールすることが重要です。

  • 概要
  • 目次
  • コンテンツ内容の抜粋
  • コンテンツのスクリーンショット

こういった情報を提示して、ホワイトペーパーの魅力・特徴を最大限に伝えられるようなダウンロードページを設置しましょう。

複数のメディアでホワイトペーパーを紹介する

ホワイトペーパーのダウンロード数を増やすには、顧客への認知促進が必須です。告知には様々な方法があります。

  • 自社サイトにホワイトペーパーを掲載する
  • SNSでホワイトペーパーについて発信する
  • 外部媒体(他社ポータルサイトや広告)などでホワイトペーパーを紹介する
  • メールマガジンでホワイトペーパーを告知する
  • ホワイトペーパー紹介サイトを利用する

無料でできる方法からコストがかかる方法までありますが、予算やターゲット属性を考慮した上で効果を最大化できる方法を選びましょう。

もしホワイトペーパーのダウンロード数が伸びないのであれば、ここで挙げたポイントが不十分な可能性があります。上記のポイントに当てはまっていないか、再度確認してみましょう。

ホワイトペーパーによるリード情報獲得の仕組み

ここでは、ホワイトペーパーのダウンロードによってリード情報を得られる仕組みをもう少し詳しく解説します。

ホワイトペーパーで顧客情報を得るためには、主に以下の仕組みが活用されます。

  • 自社サイトへの掲載
  • 外部メディアへの配信

自社サイトへの掲載

自社サイトの訪問者のうち、実際に問合せや資料請求フォームからアクションを取る人は多くありません。というのも、そういったアクションは商品やサービスにかなり強い興味をもち、購入検討の段階にある顧客がとるためです。

しかし、自社サイトにホワイトペーパーのダウンロードフォームを設置すれば、まず業界のトレンドやノウハウに関する情報を提供することもできます。まだ情報収集の段階にある顧客であれば、ホワイトペーパーに価値を感じてダウンロードする可能性が高いでしょう。

外部メディアへの配信

ホワイトペーパーを外部メディアに掲載することでダウンロードに繋げる方法です。

外部にホワイトペーパーの掲載を依頼する場合、リードの獲得件数に応じて広告料が加算されていくシステムが一般的となっています。

もしくは、事前に決められた広告料金内でリード件数を保証しているメディアも存在します。ホワイトペーパーのダウンロードを促進したい場合は、是非外部メディアの活用をご検討ください。

まとめ|ホワイトペーパーのダウンロードサイト活用で売上を伸ばそう

ホワイトペーパーはリード情報の獲得、顧客のナーチャリングに役立てることができ、マーケティング現場で広く活用されています。ホワイトペーパーは、特定の論題に関する詳細な情報を得るために必要であり、多くの場合は専門家によって執筆されているため、その論題について偏りのない情報を得る事ができます。

ホワイトペーパーをダウンロードすることによって、専門的な知識を得ることができます。もし、あなたが専門的な知識が必要である場合には、弊社が運営するメディアから、ホワイトペーパーのダウンロードを検討してみてください。

無料の情報を提供することで顧客に喜ばれる一方、自社の商品やサービス購入への段階的な促進が可能であり、非常に有効なマーケティング手法です。是非、戦略的にホワイトペーパーを作成し、業績アップにお役立て下さい!

弊社では様々なマーケティング支援を行なっています。BIZMAPSでは、会員登録をするだけで170万以上もの豊富な企業情報を無料で取得できます。5,000以上の検索項目を用意しており、必要なデータの抽出も簡単です。質の良い営業リストを作成したいのであればご検討ください。加えて、SNSマーケティングやSEO対策に関する有益な情報を公開しているのがマーケメディアです。企業の広告担当の方に向けたノウハウを多数ご紹介しております。こちらも是非お役立てください!

AIツールの例として、「文章生成AI」「画像生成AI」「動画生成AI」「調査・検索AI」「業務効率化AI」などがあります。

ホワイトペーパーとは、白書とも呼ばれ、複雑な問題や論題に対しての考え方を提示した報告書や手引き書のことです。

ホワイトペーパーは、「マーケメディア」から無料でダウンロードする事ができます。

新着記事

YouTubeマーケティングの種類やメリットを徹底解説!成功のポイントも
DM(ダイレクトメール)とは?目的やメリット、種類、注意点を解説
エコシステムとは?意味や目的やビジネス用語での言い換えをわかりやすく解説
Twitter(X)の公式マーク(認証バッジ)をわかりやすく解説!金色マークと青色マークの意味や違い
ChatGPTのプラグインとは?導入方法とおすすめ10選を紹介!
サンクコスト効果とは?コンコルド効果との違いや具体例
雑誌広告とは?メリットや種類、料金相場から効果測定方法まで解説
Webマーケティングとは?担当者がチェックすべきメディア6選を紹介
ホテルで広告する場合の費用!客室テレビでCMを配信する方法とは?
タイトルとURLをコピーしました