ホワイトペーパーとは?制作事例やホワイトペーパーマーケティングの包括ガイド

※この記事にはプロモーションが含まれています。

ホワイトペーパーとは? 制作事例やホワイトペーパーマーケティングについての包括ガイドホワイトペーパー
ホワイトペーパー

ホワイトペーパーとは、特定の論題に関する説得力と権威のある白書です。元々、公的機関や政府が特定の問題を提示し、解決策を提供するために用いられていましたが、現在では、企業が製品やサービスの情報を提供したり、顧客の課題解決や興味関心を惹くためにホワイトペーパーが公開されています。

弊社でも、実際に企業のホワイトペーパーを制作し、公開しています。この記事では、ホワイトペーパーに関する包括的な内容をわかりやすく解説します。

1
2
3
4
5
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
4
5
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

ホワイトペーパーに関する包括的な内容は、別記事の「ホワイトペーパーとは?」に関する記事でわかりやすく解説しています。

ホワイトペーパーとは?

ホワイトペーパーとは、特定の論題に関する説得力と権威のある白書です。元々、公的機関や政府が特定の問題を提示し、解決策を提供するために用いられていましたが、現在では、企業が製品やサービスの情報を提供したり、顧客の課題解決や興味関心を惹くためにホワイトペーパーが公開されています。

ホワイトペーパーの語源と由来や、ホワイトペーパーの目的、ホワイトペーパーの英語表記については、次をご確認下さい。

ホワイトペーパーの語源と由来について、「政治的文脈」と「商業的文脈」に分けてそれぞれ説明します。

政治的文脈

「ホワイトペーパー」の用語は、もともとイギリス政府が使用していたもので、政策や提案に関する詳細な報告書を指すために使われていました。この名称は、公式文書の表紙が白色であることに由来します。ホワイトペーパーは、政府が政策方針を説明し、公開討議を促すための手段として利用されることが多いです。例えば、1922年にイギリス政府が発行した「チャーチル白書」は、中東におけるイギリスの政策を説明したもので、その後の地域政策に大きな影響を与えました。

そのほか、ホワイトペーパーという言葉が中英語期(1150年から1500年)にさかのぼることが示されています。特に、Oxford English Dictionary(OED)が1446年の使用例を最も早い証拠として挙げていることから、この用語が古くから存在していました。

商業的文脈

商業界では、ホワイトペーパーは商品やサービス、技術などに関する専門的な情報や研究成果を提供する文書として使用されます。こちらの目的は、製品やサービスの理解を深めることや、潜在顧客に対してその有効性を詳しく説明し、信頼を築くことにあります。商業ホワイトペーパーは、マーケティングの手段としても非常に効果的で、特にB2B(企業間取引)の分野で広く利用されています。

参考文献(英語サイト)
White paper – Stanford Law School
Wikipedia|White paper
Oxford English Dictionary|white paper, n. meanings, etymology and more

ホワイトペーパーは、政治的あるいは商業的のどちらで利用されるのかで、目的が異なります。それぞれわかりやすく解説します。

政治的文脈でのホワイトペーパーの目的

政治的文脈でのホワイトペーパーは、政府や政策立案者が特定の政策や提案についての詳細な情報を公表するために使用されます。これらの文書は、次のような目的で作成されることが多いです。

  • 政策の透明性の向上:政府が政策の背後にある理由や目的を公開することで、市民との信頼関係を築き、政策に対する理解と支持を深める。
  • 公開討議の促進:具体的な政策についての詳細を提供することで、専門家や一般市民からのフィードバックを受け入れ、より広い視野での討議を促進する。
  • 方針の説明:複雑な問題に対して政府がどのように対応しているかを明確にする。

商業的文脈でのホワイトペーパーの目的

商業的文脈でのホワイトペーパーは、主にマーケティングや教育ツールとして利用され、次のような目的があります。

  • 製品やサービスの詳細な説明:新しい製品や技術の機能、利点、使用方法を詳しく説明し、潜在顧客にその価値を理解してもらう。
  • 業界のリーダーシップの確立:特定の分野における専門知識や研究を共有することで、業界内での認知度と信頼性を高める。
  • 教育と啓蒙:複雑な業界のトレンドや問題についての教育を行い、顧客や業界関係者の知識を深める。

ホワイトペーパーは、その包括的な内容と専門的なアプローチによって、情報の信頼性を高め、読者に対して深い洞察を提供する重要なツールです。

ホワイトペーパーの英語表記は “white paper” です。

営業資料は自社の商品・サービスの特徴や魅力をアピールし、商談相手に購入してもらうことが目的です。購買意欲が高いときは効果的ですが、相手の意欲がまだ十分でないときには押し売りされている印象が強くなり、かえって敬遠されてしまいます。

一方、ホワイトペーパーはあくまでもユーザーが今求めている情報は何かに焦点をあてて作成します。いきなり自社の商品・サービスの購入につなげるのではなく、まずは見込み顧客(リード)獲得、そして見込み顧客との信頼関係の構築と、営業の前段階をしっかりと固めていくのが目的です。

ホワイトペーパーと営業資料の違いは、「Webマーケティングに必須のホワイトペーパーとは?意識するべきポイントも解説」が参考になります。

ホワイトペーパーと営業資料の違い

ホワイトペーパーの事例

ホワイトペーパーの制作事例|ホワイトペーパーの包括ガイド

ホワイトペーパーの事例として、サンプルと参考デザインをご紹介します。

ホワイトペーパーのサンプル

ホワイトペーパーのサンプルについてご紹介します。下記は、弊社が作成したホワイトペーパーのサンプルです。

1
2
3
4
5
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
4
5
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow

ホワイトーペーパーを活用したマーケティングについて、解説を行うホワイトペーパーですので、企業の製品に関して、「このような悩みがないか?」その課題をどのように解決できるか簡単に記載してみるのが良いでしょう。

ホワイトペーパーを作りたい!おすすめネタとサンプル事例の紹介」が参考になります。

ホワイトペーパーの参考デザイン

ホワイトペーパーの参考になるデザインは、上記でご紹介したホワイトペーパーをご覧下さい。あるいは、マーケメディアに会員登録して、興味のあるホワイトペーパーを実際に確認してみることで、参考となるデザインを見つけることができるでしょう。

ただし、マーケメディアから、デザインの参考にするためだけに、興味のないホワイトペーパーをダウンロードすることは、掲載企業に迷惑になってしまいますので、絶対にお辞めください。

ホワイトペーパーはデザインと構成が重要!ポイントと使えるツールを解説」が参考になります。

ホワイトペーパーの制作

ホワイトペーパーの制作についてわかりやすく解説します。

まず、ホワイトペーパーを制作する場合、「自社で作成する」か、「他社に依頼して制作を代行してもらう」の2つの方法があります。

それぞれ順に解説します。

ホワイトペーパーの作り方

ホワイトペーパーの制作手順

ホワイトペーパーの作り方は、一般的に次の6つの手順です。

  1. 課題と目的を明確にする
  2. ターゲットを選定する
  3. ストーリーを決定する
  4. 構成を決める
  5. タイトルを考える
  6. 制作する(ライティング&デザイン)

ここで注意したいのは、例えば、ホワイトペーパーをダウンロードする顧客と、商品やサービスの購入を検討している顧客がいると仮定します。商品やサービスの購入を検討している顧客は、おそらくあなたのWebサイトから直接問い合わせをします。

マーケメディアのようなホワイトペーパーの掲載サイトに、自社で作成したホワイトペーパーを掲載する場合には、商品やサービスに関する説明よりは、その商品がなぜ必要であるのかホワイトペーパーで説明すると、より多くの人に興味を持ってもらえるでしょう。

ホワイトペーパーの基本的な作り方とは?成果を上げるコツや注意点も解説」や「ホワイトペーパーとは?作り方のコツと、注意点を解説」が参考になります。

ホワイトペーパーの基本構成

ホワイトペーパーの一般的な基本構成は、次のとおりです。

  1. 表紙
  2. 目的
  3. 目次
  4. 内容
  5. 商品・サービス紹介、問い合わせ先
  6. 会社概要

ホワイトペーパーはリード獲得やリードナーチャリングにおいて、重要な役割を担っており、実際にホワイトペーパーを読んだ顧客が興味を持っている状態から、商談を始めることが可能です。

ホワイトペーパーはどうやって作る?事例と基本の構成を紹介」や「【マーケティング担当者必見】ホワイトペーパーの基本構成と作る際のポイント」や「ホワイトペーパーの基本構成と型とは?テンプレートがある作成ツールも紹介」が参考になります。

ホワイトペーパーの制作事例

ホワイトペーパーの制作事例は、記事内の「ホワイトペーパーのサンプル」が参考になります。よりもっと知りたい方は、弊社のマーケメディアに会員登録して、興味のあるホワイトペーパーを閲覧してみてください。

会員登録をしなくても、1番重要となるホワイトペーパーのサムネイルやタイトル、そして導入文などを確認することができます。

ホワイトペーパーの種類と事例一覧!作る際の注意点も解説」や「ホワイトペーパーはどうやって作る?事例と基本の構成を紹介」や「ホワイトペーパーの事例まとめ!作成するメリットも紹介」や「ホワイトペーパーを作りたい!おすすめネタとサンプル事例の紹介」や「ホワイトペーパーのノウハウまとめ!基本知識から実際の事例までわかりやすく解説」が参考になります。

ホワイトペーパーの制作代行

ホワイトペーパーの制作代行(マーケメディア
ホワイトペーパーの制作代行(マーケメディア)

ホワイトペーパーの制作代行は、弊社の運営するマーケメディアに掲載することで、ホワイトペーパーの制作代行を依頼することができます。

例えば、弊社にホワイトペーパーの制作代行を依頼した場合、一般的に次のような手順で進めます。

  1. 弊社営業担当と打ち合わせ
  2. 掲載プランの決定
  3. どのようなホワイトペーパーを作成したいかヒアリング
  4. ヒアリング結果をもとに、弊社が骨子案を作成・共有
  5. 完成した骨子案をもとにホワイトペーパーのデザインを作成・共有
  6. 修正点がなければ弊社が運営するマーケメディアにホワイトペーパーを掲載

自社でホワイトペーパーを制作すると、工数や費用が発生しますが、ノウハウを持った弊社に依頼することで、欲しい見込み顧客を獲得することができます。

ホワイトペーパーを作成代行に依頼するメリットは?注意点も解説」が参考になります。

ホワイトペーパーの制作代行相場と外注費用

ホワイトペーパーの制作代行を外注した場合、一般的には、5ページ~10ページで、10万円~30万円程度の費用が相場です。ただし、制作するホワイトペーパーの企画構成や、表紙や中面、ページ数によって異なります。

弊社では、格安でホワイトペーパーを制作し、マーケメディアに掲載することでリードを獲得できる仕組みを作っています。

ホワイトペーパーは外注するべき?できることや費用相場を紹介」や「ホワイトペーパーを外注したら費用はいくら?選び方や事前準備も解説」が参考になります。

ホワイトペーパーの制作代行の外注先

ホワイトペーパーの制作代行の外注先ですが、マーケメディアがおすすめです。ランサーズやクラウドワークスなど、業務委託で個人に依頼するのも良いでしょう。

ホワイトペーパーマーケティング

ホワイトペーパーマーケティングは、マーケメディアのようなホワイトペーパーを掲載できるWebサイトにホワイトペーパー掲載し、リードを獲得する手法です。

ホワイトペーパーマーケティングで期待できる効果
ホワイトペーパーに期待できる3つの効果

自社でホワイトペーパーを作成し、記事内に設置することも可能ですが、自社サイトだけではなく、マーケメディアのようなホワイトペーパーの掲載サイトから、ホワイトペーパーを閲覧したユーザーに対してアプローチするリード獲得手法も存在します。

資料マーケティングで成功するためのホワイトペーパー」 や「ホワイトペーパーマーケティングに必須!バナーの簡単な作り方とポイント」が参考になります。

ホワイトペーパー広告・掲載先

ホワイトペーパーの掲載はマーケメディアはおすすめです。
ホワイトペーパーの広告掲載先におすすめの「マーケメディア」

ホワイトペーパーを広告に使って、自社のリードを獲得するための掲載先として代表的なサイトは、次の3つです。

  1. マーケメディア
  2. ホワイトペーパーダウンロードセンター
  3. メディアレーダー

自社でホワイトペーパーを作成して、お問い合わせ前にダウンロードできるような仕組みを作っている企業は沢山ありますが、そのホワイトペーパーを弊社が運営するマーケメディアに掲載することも可能です。

ホワイトペーパーの掲載先まとめ!メディア掲載以外の方法も紹介」や「ホワイトペーパー×Web広告で効率的にリード獲得」が参考になります。

ホワイトペーパーの種類

ホワイトペーパーの種類|ホワイトペーパーの包括ガイド
ホワイトペーパーの種類

ホワイトペーパーには、代表的な6つの種類があります。代表的なホワイトペーパーは、次の6つ種類です。

  1. ノウハウ型
  2. 課題解決型
  3. 調査レポート型
  4. セミナー資料/イベントレポート型
  5. 事例集型
  6. 営業資料/サービス資料型

このほかにも、下記のようなホワイトペーパーがあります。

  1. トレンド考察型
  2. マップ型
  3. テンプレート型
  4. ガイド・教科書型
  5. 事例紹介型
  6. 製品紹介型

それぞれのホワイトペーパーの種類には特徴がありますが、基本的に。ホワイトペーパーを読みたい人は、「潜在層」「準顕在層」「顕在層」の3つに分類されます。そして、消費者の購買行動は、基本的に「認知」→「興味」→「行動」→「比較」→「購買」→「利用」→「愛情」の順に進みます。

どのようなホワイトペーパーを作成すべきかは、目的に応じて異なりますので、自社にあったホワイトペーパーの種類を決定して、作成することがおすすめです。

ホワイトペーパーの掲載先まとめ!メディア掲載以外の方法も紹介」や「ホワイトペーパーとは?種類やメリットをわかりやすく解説」や「ホワイトペーパーの種類と事例一覧!作る際の注意点も解説」が参考になります。

ホワイトペーパーのダウンロード

ホワイトペーパーをダウンロードできる代表的サイトは、次の3つのWebサイトです。

  1. マーケメディア
  2. ホワイトペーパーダウンロードセンター
  3. メディアレーダー

上記のWebサイトにホワイトペーパーに掲載しても、ダウンロードされなければ意味がありません。ダウンロード率を向上させるために、最も重要なものは、サムネイルとタイトルです。

以下は、実際によく閲覧されているホワイトペーパーです。

ダウンロードを向上させるためのホワイトペーパー
マーケメディアのPVランキング

上記のほかに、よくダウンロードされているホワイトペーパーの特徴として、トレンドを含めたホワイトペーパーにすることも重要です。2023年以降、OpenAI社のChatGPTなどの生成AIが著しい成長を遂げています。そのため、AIをどのようにマーケティングに活かすか、もっと言うと、タイトル部分に、AIを活用してCVRが2倍になった等の文言を含めた事例があれば、読者は興味を持つことでしょう。

下記のように、前編・後編、あるいは「1部」「2部」「3部」のようにホワイトペーパーを作成することで、ユーザーの興味度合いは遥かに向上し、悩みを解決することができます。ユーザーの悩みをある程度解決させ、満足度を向上させることによって、「もっと知りたい」という期待と信頼が生まれます。

よくダウンロードされるホワイトペーパーの特徴

また、ホワイトペーパーに、統計データやサービスの導入事例などを含めて、CVがどの程度改善されたか等の情報を含めるのも面白いかもしれません。例えば、サービスによっては、フォームからの問い合わせ数やメールの開封率を向上させるような内容もあるでしょう。

導入企業の企業担当者にインタビューした話やウェビナーでのアンケート結果、市場の動向などを含めるのも良いかもしれません。ただし、どのようなホワイトペーパーを作成してダウンロードしてもらいたいのかは、企業によって異なると思いますので、自社にあったホワイトペーパーの制作を検討してみましょう。

ホワイトペーパーのダウンロードに関しては、詳細に説明している記事があるので、ぜひそちらもご覧ください。

【企業向け】ホワイトペーパーのダウンロードサイト|1,000社以上の資料を無料で閲覧可能」や「ホワイトペーパーのダウンロード率をアップさせる!表紙作りのポイントを解説」や「ホワイトペーパーのダウンロード率アップに欠かせない!ランディングページとは?」や「【ホワイトペーパー】タイトルに手を抜くな!ダウンロードが倍増するタイトルとは?」が参考になります。

ホワイトペーパーのまとめ

ホワイトペーパーは、特定の論題に関する説得力と権威のある白書です。今回は、ホワイトペーパーに関する事例やサンプル、参考デザインや制作に関する手順費用ホワイトペーパーを活用したマーケティング掲載サイトについて解説しました。

弊社(株式会社マーケメディア)が公開しているホワイトペーパーに関する記事をまとめています。もっとホワイトペーパーについて知りたい企業のマーケティング担当者は、下記からご確認下さい。

ホワイトペーパーに関する記事の一覧をまとめています。気になる記事をご覧ください。

資料マーケティングで成功するためのホワイトペーパー

【企業向け】ホワイトペーパーのダウンロードサイト|1,000社以上の資料を無料で閲覧可能

ホワイトペーパーを外注したら費用はいくら?選び方や事前準備も解説

ホワイトペーパー最新人気ランキング!作り方のコツも紹介

ホワイトペーパーのダウンロード率アップに欠かせない!ランディングページとは?

メタヒーローの特徴や将来性は?ホワイトペーパーの記載内容も解説

ホワイトペーパーのノウハウまとめ!基本知識から実際の事例までわかりやすく解説

Wordのテンプレートでホワイトペーパーを簡単作成!押さえておきたい5つのポイント

ホワイトペーパーと提案書は何が違う?作る際に意識するべきポイント7つ

ホワイトペーパーとカタログの違いは?基礎知識や事例を解説

ホワイトペーパーとeBookの違いとは?共通するメリットや大切なポイントも解説

ホワイトペーパーのテーマ設定はどうする?ユーザー別おすすめテーマを紹介

簡単に作れる!ホワイトペーパーの無料テンプレートがあるサイト

アクティビストの世界におけるホワイトペーパーの意味とは?事例も紹介

ホワイトペーパーの作成を助けるツール5選!デザインのポイントも解説

ホワイトペーパーとは?作り方のコツと、注意点を解説

ホワイトペーパーの掲載先まとめ!メディア掲載以外の方法も紹介

ホワイトペーパーを代行に依頼する流れとは?選び方のポイントも解説

ホワイトペーパーのメリットとデメリットは?成果を出す3つのポイントも紹介

ジャスミー(Jasmy)は怪しい?ホワイトペーパーはある?特徴や将来性を解説

ホワイトペーパーは外注するべき?できることや費用相場を紹介

【ホワイトペーパー】タイトルに手を抜くな!ダウンロードが倍増するタイトルとは?

ホワイトペーパー×Web広告で効率的にリードを獲得しよう

ホワイトペーパーの種類と事例一覧!作る際の注意点も解説

ホワイトペーパーを制作代行に依頼する流れとは?費用相場や依頼時の注意点も解説

ホワイトペーパー10種類をわかりやすく解説!迷った時の選び方も紹介

見込み顧客が喜ぶホワイトペーパーの書き方!ポイントをわかりやすく解説

ホワイトペーパーマーケティングに必須!バナーの簡単な作り方とポイント

【マーケティング担当者必見】ホワイトペーパーの基本構成と作る際のポイント

ホワイトペーパーはどうやって作る?事例と基本の構成を紹介

ホワイトペーパーを作成代行に依頼するメリットは?注意点も解説

ホワイトペーパーのダウンロード率をアップさせる!表紙作りのポイントを解説

ホワイトペーパーの事例まとめ!作成するメリットも紹介

ホワイトペーパーを自社で作成したい!方法を丁寧に解説

Webマーケティングに必須のホワイトペーパーとは?意識するべきポイントも解説

【初心者向け】仮想通貨におけるホワイトペーパーの役割とは?注意点も解説

ホワイトペーパーを作りたい!おすすめネタとサンプル事例の紹介

ホワイトペーパーの基本的な作り方とは?成果を上げるコツや注意点も解説

ホワイトペーパーはデザインと構成が重要!ポイントと使えるツールを解説

ホワイトペーパーのダウンロード数を3倍に増やす方法とは?

ホワイトペーパーとは?種類やメリットをわかりやすく解説

ホワイトペーパーの意味とは?期待できる効果と作成時のポイントを紹介

上記は、弊社が公開しているホワイトペーパーに関する関連記事です。

国や政府機関が公開しているホワイトペーパーは、下記Webサイトからご確認下さい。

以上が、ホワイトペーパーに関する包括的な解説でした。

ホワイトペーパーについて総合的な内容をまとめた「ホワイトペーパーとは?制作事例やホワイトペーパーマーケティング」に関して相談や不明点があれば、株式会社マーケメディアまでお問い合わせ下さい。

ホワイトペーパーに関する情報は、1つのサイトだけではなく、複数の情報サイトを比較し、客観的な視点から情報を得ることが大切です。

ホワイトペーパーに関する情報は随時更新していますが、参考までに、他社サイト様のホワイトペーパーに関する記事もご確認下さい。下記は、他サイトでのホワイトペーパーに関する記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました