スポーツマーケティングとは?具体的な目的や成功事例、秘訣を紹介

※この記事にはプロモーションが含まれています。

ホワイトペーパー
ホワイトペーパー

スポーツマーケティングは、スポーツを活用したマーケティング手法の一種です。

単なる広告やプロモーションを超えて、ファンとの強い絆やブランドの構築においても重要な役割を果たしています。

この記事では、スポーツマーケティングの基本から最新のトレンド、スポーツマーケティングの成功事例、スポーツマーケティングで成功するための秘訣などを紹介します。スポーツとビジネスの融合が進む中、どのようにマーケティングが変わりつつあるのか参考にしてみてください。

本記事では、以下のような内容を解説します。

  1. スポーツマーケティングとは
  2. 2種類のスポーツマーケティング
  3. スポーツマーケティングの成功事例
  4. スポーツマーケティング最新トレンド
  5. スポーツマーケティングで成功するための秘訣
  6. スポーツマーケティングまとめ

1
2
3
4
5
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
4
5
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

スポーツマーケティングとは

スポーツマーケティングとは

スポーツマーケティングは、スポーツとビジネスを組み合わせたマーケティングの手法です。

製品やサービスのブランディング、広告、販売促進などの仕事を通じて、スポーツファンや関連するターゲット層との結びつきを強化し、企業のビジネス目標を達成していきます。

スポーツには広範で熱心なファンとの深いかかわりがあります。そして、スポーツイベントやスポーツスターは、多くの人々に感動や興奮を与えます。スポーツマーケティングでは、それらを利用し、プロダクトやブランドを広く知らせることが目的です。

具体的には、以下のような仕組みでスポーツマーケティングの目的を達成していきます。

  • アスリートやチームとの提携
  • 感情と結びつき
  • ファンエンゲージメント
  • 競技以外の要素への拡大

それぞれ、簡単に解説します。

・アスリートやチームとの提携
有名なアスリートや成功したチームとの提携は、ブランドに信頼性や魅力を与えます。アスリートがブランドのイメージを支持することで、商品やサービスはそのアスリートを好きな人やスポーツのファン層にアピールします。

・感情と結びつき
スポーツは感動や共感を生む力があります。スポーツマーケティングでは、この感情を利用してブランドとファンとの強い結びつきを築きます。例えば、特定のスポーツイベントとブランドが結びつくことで、そのイベントに興味を持つ人や楽しみにしているファンがそのブランドにポジティブな感情を抱く効果が期待できます。

・ファンエンゲージメント
ファンエンゲージメントはスポーツマーケティングにおいて鍵となります。SNSやイベントでの対話、コンテストや投票など、ファンを積極的に巻き込むことで、ブランドへの愛着が向上します。

・競技以外の要素への拡大
スポーツマーケティングは従来の競技だけでなく、スポーツライフスタイルや健康・フィットネスなど、広範な領域にも拡大しています。これにより、より多くの人々にアプローチできます。

スポーツマーケティングは、スポーツ業界ではない企業にとっても、ブランド構築や市場拡大の手段として重要です。スポーツの持つ感動や興奮をビジネスに取り入れ、ファンとの結びつきを強化することで、企業は競争の激しい市場で差別化を図り、成功を収めることができます。

2種類のスポーツマーケティング

2種類のスポーツマーケティング

スポーツマーケティングには、実は2つの種類があります。

  1. チーム・スポーツマーケティング
  2. イベント・スポンサーシップ

それぞれのスポーツマーケティングについて、解説します。

1. チーム・スポーツマーケティング

チーム・スポーツマーケティングは、特定のスポーツチームに焦点を当てた戦略的なアプローチです。

これにはプロバスケットボール・サッカー・野球などが含まれます。企業はこれらのチームとの提携を通じて、スポーツイベントでの広告やスポンサーシップを行います。
この種のスポーツマーケティングでは、特定の地域や国に根ざしたファン層との深い結びつきを築くことが重要になり、チームの成功とともに企業のブランドが成長できるように目指します。
また、選手との個別の提携も重要で、彼らがブランドのイメージを高め、商品やサービスへの信頼性を向上させます。

2. イベント・スポンサーシップ

イベント・スポンサーシップは特定のスポーツイベントや大会に焦点を当てたマーケティング戦略です。

企業はスポーツイベントにスポンサーとして参加し、広告、プロモーション、商品の展示などを通じて視聴者に直接アプローチします。
これにより、企業は広範な視聴者層にブランドをアピールし、イベントの成功とともにブランドの認知度を高めます。スポーツイベントの特定の要素に焦点を当て、ファンや視聴者との感情的な結びつきを構築することが重要です。

スポーツマーケティングの成功事例

スポーツマーケティングの成功事例

スポーツマーケティングの目的や種類など、スポーツマーケティングの概要についてお話しました。

しかし、実際にスポーツマーケティングを実施する予定の方は、その成功事例を見るとさらにイメージを膨らませやすいでしょう。

ここでは、スポーツマーケティングで成功した具体的な事業を3つご紹介します。有名な企業は、スポーツマーケティングを取り入れ、どのように成功したのか、参考にご覧ください。

Nikeの“Just Do It” キャンペーン

Nikeのスポーツマーケティング、“Just Do It” キャンペーンは、スポーツマーケティングの金字塔として広く認知されています。

このキャンペーンは1988年に始まり、アメリカのランナーであるウォルター・ディッセンに焦点を当て、彼のストーリーを通じて「たとえ逆境に立たされても、挑戦し続けろ」というメッセージを発信しました。これにより、消費者は商品だけでなく、スポーツの精神に共感しました。

キャンペーンはその後も有名アスリートと提携し、スポーツの力強さと個々の挑戦に共感するメッセージを継続的に発信し、Nikeを世界的なスポーツブランドに押し上げました。

参考:ナイキが JUST DO IT キャンペーンを開始

Red Bullのストラトスフィアス・ジャンプ

Red Bullの代表商品はエナジードリンクですが、これだけでなく、スポーツマーケティングへの挑戦でも成功を収めました。

2012年、Red Bullはオーストリアのスカイダイバー、フェリックス・バウムガルトナーによるストラトスフィアス・ジャンプを主催しました。彼は高度39,045メートルからのジャンプで音速を突破しました。この挑戦はリアルタイムで世界中に生中継され、視聴者に強烈な興奮と感動を与えました。

Red Bullのブランドはこの挑戦によって、商品のエナジードリンクのイメージだけでなく、ブランド全体の認知を高めました。

参考:人類の歴史に新たな一歩が刻まれる『Red Bull Stratos』が成功!

AdidasとのUEFAチャンピオンズリーグ提携

AdidasUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)との提携を通じてスポーツマーケティングで成功を収めています。 UEFAチャンピオンズリーグとは、欧州サッカー連盟の主催で行われる、クラブチームによる大会です。

AdidasはUCLのオフィシャル・スポンサーとして、トーナメント全体で使用されるボールを提供しています。この提携により、Adidasのブランドは世界中のサッカーファンに広く知られ、UCLの高い視聴率とファンの熱狂的な参加者層にアプローチできています。

さらに、提携に基づく限定商品やキャンペーンなどを展開することで、Adidasはサッカーマーケットでのリーダーシップを確立しました。

このようなスポーツマーケティングの成功事例の背景には、目立つ広告だけでなく、ブランドと価値観を共有するアスリートとの提携があるのです。

スポーツマーケティング最新トレンド

スポーツマーケティング最新トレンド

スポーツマーケティングの最新のトレンドについてお話します。

マーケティングはそのときの世の中の流れを読むことも重要であり、スポーツマーケティングもまた同様です。

スポーツマーケティングの最近の傾向をつかんで、ぜひ自社のスポーツマーケティングに役立ててください。

  • 仮想現実(VR)や拡張現実(AR)
  • データに基づいたマーケティング
  • 新たなスポーツ
  • 持続可能性と倫理的なマーケティング
  • グローバルな影響とローカルなアプローチ


それぞれの内容を解説します。

仮想現実(VR)や拡張現実(AR)

スポーツマーケティングは、デジタル技術の発展とともに新しいトレンドを迎えています。

スポーツファンに対して、リアルなスタジアム体験やトレーニングシミュレーションを提供するVRやARが注目されています。実際にスタジアムで試合を観戦していなくても、仮想現実(VR)拡張現実(AR)を活用したファンエクスペリエンスの向上は、オンラインでの視聴者を会場にいるかのような感覚に引き込むものとなっています。

また、ソーシャルメディアを活用したキャンペーンやユーザー生成コンテンツは、ファンとの対話を促進し、ブランドの認知度を高める手段として注目されています。これらの最新のトレンドを取り入れることで、企業は競争の激しいマーケットで差別化を図ることができます。

データに基づいたマーケティング

5Gの普及により、リアルタイムで転送可能なデータの容量が増加し、高品質なライブストリーミングや視聴者との対話が容易になります。2023年3月末の全国の5G人口カバー率は96.6%となっており、さらなる活用が期待されます。

また、デジタル時代の到来に伴い、データの重要性が増しています。スポーツマーケティングにおいても、データ分析を駆使して効果的なキャンペーンを展開することが求められます。

消費者の行動データを分析し、それに基づいてターゲティングを行うことで、より効果的な広告展開が可能です。データに基づくアプローチは、リアルタイムでの意思決定やキャンペーンの最適化につながります。

参考:5Gの整備状況(令和4年度末)の公表|総務省

新たなスポーツ

新たなスポーツやエクストリームスポーツが注目を集めています。新興スポーツやエクストリームスポーツは伝統的なスポーツよりも若年層に響きやすいです。

企業はこれらの分野にスポンサーシップを提供し、新しい世代のファンを獲得することに焦点を当てています。

また、新興スポーツはデジタルプラットフォーム上で急速に普及しており、YouTubeやTwitchなどでのライブストリーミングや動画共有が、これらのスポーツの知名度向上に寄与しています。

企業はこれらの新興スポーツに積極的に参画し、従来のスポーツと同様に広告やスポンサーシップを通じて新しい市場での認知を高めることが重要です。

持続可能性と倫理的なマーケティング

近年、持続可能性がますます重要視され、企業はその取り組みを強化しています。スポーツマーケティングも例外ではありません。スポーツイベントやブランドは環境に配慮した取り組みを強化しており、再利用可能な素材の使用やカーボンフットプリントの削減などが注目されています。

また、スポーツイベントやアスリートが社会的な問題に声を上げ、会社が社会的責任を果たす姿勢が重要視されています。ファンはこれらの活動に共感し、ブランドにポジティブな評価を与える傾向があります。

企業が持続可能性を強調し、環境に配慮した取り組みを積極的に発信することで、環境意識の高いファン層を引き寄せることができます。同時に、倫理的なマーケティング施策が求められ、透明性や社会的な責任がブランド価値に影響を与えています。

グローバルな影響とローカルなアプローチ

スポーツマーケティングがますますグローバル化する中で、ローカルな要素も見逃せません。

異なる文化や地域において、ファンの期待や価値観は異なります。企業が成功を収めるためには、グローバルな展望を持ちながらも、各地域における特有の要素に敏感に対応することが求められます。

例えば、2023年のバスケットボール男子日本代表に2人が選出された「千葉ジェッツ」では、地域企業と積極的につながり、SNSでの発信や会場での商品販売などの機会を設けています。また、同チームは県内の小学生を無料招待するなどの施策で、継続的なファンづくりにも成功しています。

スポーツマーケティングで成功するために

スポーツマーケティングで成功するために

スポーツマーケティングで成功するためには、以下のような秘訣があります。

  • 感動的なストーリー
  • アスリートやチームとの提携
  • データ分析と戦略的アプローチ

・感動的なストーリー
強力なストーリーは視聴者に感動や共感を与え、ブランドとの結びつきを深めます。良いストーリーは視聴者に印象を残し、ブランドの記憶に留めることができます。

・アスリートやチームとの提携
有名なアスリートや成功したチームとの提携は、ブランドに信頼性や魅力を与えます。アスリートは彼らの影響力を通じて、ファン層に広くアピールします。

・データ分析と戦略的アプローチ
視聴者データの分析や市場調査を通じて、効果的なターゲティングを行います。データ駆動の戦略により、視聴者の嗜好や行動を理解し、より効果的なマーケティングキャンペーンを企画していきましょう。

これらの成功のためのポイントを組み合わせ、ブランドの独自性と視聴者との深い結びつきを築くことが、スポーツマーケティングでの成功への近道です。

スポーツマーケティングまとめ

スポーツマーケティングまとめ

スポーツマーケティングは、変化し続ける環境において、柔軟性と革新性が求められています。

成功の鍵は、グローバルな展望とローカルな理解、持続可能性への取り組み、データを活用した戦略的なアプローチなど、多岐にわたります。

スポーツマーケティングがビジネスとエンターテインメントをつなぐ要素として、ますます重要性が高まる中で、企業は変化に対応し、ファンとの深い結びつきを築くことで、成功への道を切り拓いていくことでしょう。


株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

新着ホワイトペーパーの資料ダウンロード
マーケメディアでは、ホワイトペーパーに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました