データ分析に欠かせないマーケティングレポートとは?メリットや書き方を解説!

※この記事にはプロモーションが含まれています。

SNSマーケティング
SNSマーケティング 営業支援

競争が激化している現代のビジネス環境において、企業が成功するためには効果的なマーケティング戦略が必要不可欠です。効果的な戦略を立てるためには、データをもとにマーケティング分析を行うことが欠かせません。

今回は、マーケティング分析に役立つマーケティングレポートの概要やそのメリット、作成方法についてご紹介していきます。ぜひ参考にして、自社のマーケティングに役立ててください。

mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
m-01
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0016
wp_BIZMAPS_page-0003
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0005
wp_BIZMAPS_page-0006
wp_BIZMAPS_page-0004
wp_BIZMAPS_page-0007
wp_BIZMAPS_page-0008
wp_BIZMAPS_page-0009
wp_BIZMAPS_page-0010
wp_BIZMAPS_page-0011
wp_BIZMAPS_page-0012
wp_BIZMAPS_page-0013
wp_BIZMAPS_page-0014
wp_BIZMAPS_page-0015
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
m-01
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0016
wp_BIZMAPS_page-0003
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0005
wp_BIZMAPS_page-0006
wp_BIZMAPS_page-0004
wp_BIZMAPS_page-0007
wp_BIZMAPS_page-0008
wp_BIZMAPS_page-0009
wp_BIZMAPS_page-0010
wp_BIZMAPS_page-0011
wp_BIZMAPS_page-0012
wp_BIZMAPS_page-0013
wp_BIZMAPS_page-0014
wp_BIZMAPS_page-0015
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

マーケティングレポートとは

「マーケティングレポート」とは、企業や組織が行ったマーケティング活動の成果や評価をまとめた報告書です。企業に関する情報以外にも、トレンドや今後の動向予測なども含まれる場合もあり、広い意味では業界紙などもマーケティングレポートと言えるでしょう。

マーケティングレポートの内容をもとに改善点や今後の戦略を考えていくため、マーケティングにおいて重要なツールとなります。四半期や1年などの期間を決めて定期的に作成する企業が多い傾向にあります。

マーケティングレポート作成の目的

マーケティングレポートを作成する際は目的を理解しておくことが大切になります。目的が曖昧なままマーケティングレポートを作成していては、効果的なマーケティング戦略が立てられない可能性があるのです。

ここでは、マーケティングレポートを作成する主な目的についてご紹介していきます。マーケティングレポート作成の目的を理解して、効果的なマーケティング戦略の立案ができるようにしましょう。

  • マーケティング目標の評価
    企業で設定されたマーケティング目標が達成されているかどうかを評価する際に、マーケティングレポートを活用します。具体的には、売り上げ目標の達成、新規顧客獲得数の増加、ブランドの認知度の向上などが含まれることが多いです。
    マーケティングレポート作成によって、目標が達成できているかどうかを可視化できるため現状が把握しやすくなります。
  • マーケットの分析
    マーケティングレポートでは企業の成果のほか、市場全体のトレンドや競合他社の動向、消費者のニーズや行動パターンなどを含める場合もあります。これらの情報を盛り込むことで、マーケットにおける自社の位置を把握したり、新規参入市場の発見につなげたりできるようになるでしょう。
    新たな戦略を考えていく際にも、マーケティングレポートは役に立ちます。
  • マーケティング戦略の評価
    マーケティングレポートでは、実際に行ったマーケティング戦略の効果について評価を行います。広告やプロモーション活動、デジタルマーケティングなどの成果や費用対効果の評価などが含まれます。
    マーケティング戦略の評価をすることにより、今後の改善点が見えてくるでしょう。
  • データ分析と結果の可視化
    マーケティングレポートでは、収集されたデータの分析も行います。その際、グラフやチャートを用いてデータの可視化をするとより結果がわかりやすくなります。
    これにより、データの洞察力を高めたり、報告内容をわかりやすく伝えたりすることが可能になるのです。
  • 反省と改善策
    マーケティングレポートでは、データをもとにこれまでのマーケティング活動に対する反省点や今後の改善点の提案も行います。成功した施策の要素や今後の課題点などを明確にし、次のマーケティング戦略に活かすための計画を立てるのに役立ちます。
    レポートの形にすることで、社員ひとりひとりが課題を理解しやすくなるでしょう。

マーケティングレポート|作成のメリット

マーケティングレポート|作成のメリット

マーケティングレポートを作成することにはさまざまなメリットがあります。マーケティングレポートを作成し、データを分析することは企業にとって多様な情報を得るチャンスとなりえるのです。

では、具体的にはどのような点がメリットとなるのでしょうか。以下、詳しく解説していきます。

  • 企業の競争力向上が期待できる
    マーケティングレポートをもとにデータを分析することによって、企業は自社の競争力を高めるための情報を得られます。市場動向や競合他社の戦略を分析すれば、自社の強みや弱点を把握でき、さらに効果的にマーケティングを行っていくための方向性がつかめるようになるでしょう。
    自社の強みがどこかを理解することは、営業においても活用できる可能性が高いです。
  • 消費者ニーズを理解できる
    消費者のニーズを理解することは、成功するマーケティングやキャンペーンにおいて非常に重要な要素になります。マーケティングレポートをもとに分析を行えば、消費者の行動パターンや好みを把握しやすくなるでしょう。
    それにより、需要の変化や新たなトレンドをキャッチして、ターゲットに合わせた商品やサービスを提供していくことが可能になるのです。
  • 費用対効果の最大化を期待できる
    マーケティング活動を行っていく際には、多額の費用がかかります。売り上げを最大化するためにも、予算の効果的な配分は重要になります。マーケティングレポートによる分析は、費用対効果を最大化するための情報を得るのにも有効です。
    具体的なデータに基づいて戦略を立てることで、予算を適切に配分でき、限られたリソースを最大限に活用できるようになるでしょう。

マーケティングレポート作成時の注意点

ここまで、マーケティングレポート作成の目的やメリットについてご紹介してきました。実際にマーケティングレポートを作成するにあたっては、注意しておきたいポイントがいくつかあります。

ここからは、マーケティングレポート作成時の注意点についてご紹介していきます。以下のポイントをおさえて、役立つマーケティングレポートを作成しましょう。

目的と読者の明確化

マーケティングレポートを作成する際には、事前にレポートを作成する目的と対象となる読者を明確にしておきましょう。レポート作成の目的によって、必要な情報や分析手法が異なってくる可能性があります。

また、読者となる相手が明確になっていると、必要に応じて用語の解説を入れたり、構成を工夫したりできます。

データの信頼性と品質を意識する

マーケティングレポートを作成する際のデータの信頼性と品質は最も意識したいことのひとつです。正確で信頼性のあるデータを使用していないと、間違った方向の戦略を立ててしまったり、本当にこのデータを信頼していいのか自信が持てなかったりしてしまいます。

データの収集方法や信頼性を確認して、適切に利用できるよう品質管理を行いましょう。

客観的にデータ分析する

マーケティングレポート内のデータは、事実に基づいて客観的に分析して評価する必要があります。客観的な視点が不足していると、結果の解釈が正しくできない可能性も生まれます。

また、データの分析方法を選択する際には、データの特性や目的に応じて適切な手法を選ぶようにしましょう。

簡潔な表現でまとめる

マーケティングレポートは情報を明確で簡潔に伝えることが求められます。冗長な表現や複雑な専門用語を避けるようにし、読みやすく理解しやすい内容となるよう心掛けましょう。

また、グラフやチャートを活用して、データを視覚的にわかりやすく示すのも効果的でおすすめです。

課題と改善策を提案する

マーケティングレポートでは、課題や改善策を明確にして、今後のマーケティング戦略を提案することが重要です。ただデータを集めて分析しただけのレポートでは、今後どうしていけば良いのかというのが見えてきづらいでしょう。

ただし、提案する改善策は、データを客観的に分析した結果もとに、具体的で実現可能なものであることを考慮する必要があります。

タイムリーな提出を意識する

マーケティングレポートは、特定の期間やイベントに合わせて提出する必要がある場合もあります。タイムリーに情報共有ができれば、社員同士でモチベーションが高い状態で今後の改善策を考えていけるでしょう。

また、レポート作成に時間をかけすぎてしまうと情報の価値が下がってしまう場合もあるため、スケジュール管理には注意しましょう。

レポート自体の評価を行う

マーケティングレポートを作成した後は、マーケティング戦略の内容だけでなくレポートそのものの評価も行うようにしましょう。情報量は適切だったか、わかりづらい部分はなかったかなどの点で第三者や上司にフィードバックを求めるのがおすすめです。

もらったフィードバックを参考に、次回のレポートを作成するようにすれば、より高品質でわかりやすいマーケティングレポートが作成できるようになります。

マーケティングレポートに入れたい項目

マーケティングレポートに入れたい7つの項目

マーケティングレポートは、企業の関係者や上司、投資家などに提出されることが一般的です。レポートの内容は目的などによっても異なりますが、入れておくべき項目というものが存在します。

マーケティングレポートに入れたい項目は以下の通りです。

  • マーケティングレポートの概要
    マーケティングレポートを作成するに至った背景や目的、範囲について冒頭で説明します。
  • マーケット分析
    市場の現状やトレンド、競合他社の分析、消費者のニーズと行動の評価などについて掲載します。
  • マーケティング目標と戦略
    自社で設定したマーケティング目標と、採用された戦略、キャンペーンの詳細などについて概要を示します。
  • マーケティング成果の評価
    収集されたデータを用いて、実際に行ったマーケティング活動の成果を評価します。具体的に売上、収益、顧客獲得数、ブランド認知度などの指標を分析するようにしましょう。
  • データ分析と結果の可視化
    収集されたデータをもとにグラフやチャートを作成し、結果を視覚的に示します。
  • 反省と改善
    過去のマーケティング活動の反省点や課題を明確にして、改善策や戦略について提案します。
  • 結論と推奨事項
    マーケティングの現状と成果を総括して、今後の方向性や具体的に行っていきたい事項についてまとめます。

マーケティングレポートの書き方

マーケティングレポートの書き方

ここからは具体的なマーケティングレポートの書き方について解説していきます。これらのステップに沿ってマーケティングレポートを作成すれば、明確で有益なレポートにすることができるでしょう。

マーケティング活動の評価や今後の戦略の改善に役立てることもできるので、ぜひ参考にしてみてください。

目的を明確化する

作成を始める前に、マーケティングレポートを作成する目的を明確にしておきましょう。具体的な目標や、企業の課題などを明らかにした上で作成すれば、レポートの焦点を絞ることができます。

このときに、レポートの読者となるのがどんな相手なのかも想定しておくと、盛り込むべき内容がイメージしやすくなります。

レポートの構成を考える

マーケティングレポートの目的が明確になったら、論理的な順序で構成を考えましょう。一般的には、概要、マーケット分析、マーケティング戦略の評価、データ分析、結論と推奨事項などが入ります。

ただし、目的や読者に応じて適宜必要な内容を追加したり順番を変更したりという工夫をする必要があります。

データの収集と分析をする

マーケティングレポートで活用するデータを収集して、適切な分析手法を選びましょう。市場データ、競合分析、消費者調査など、信頼性のある情報源から得たデータをもとに評価を行います。

分析結果を客観的にまとめて、グラフやチャートを活用して可視化することでデータの理解がしやすくなります。

簡潔な文章でまとめる

マーケティングレポート内の文章は、明確で簡潔に書くように心掛けましょう。読みやすさを意識して、専門用語や業界固有の言葉を使用する際には説明を付け加える必要があります。

また、段落を使った情報の整理、適切な見出しや箇条書きの活用などをして読みやすさを追求する工夫をしましょう。

結論を記載する

マーケティングレポートの結論部分では、データの要約と主な結果についてまとめましょう。また、ここで改善点や今後の戦略についても情報を提供するのがおすすめです。

今後の戦略は、実現可能で具体的な行動計画が示せるものにすると、レポートを踏まえて次のアクションを起こしやすくなります。

参考文献・引用を記載

マーケティングレポート内で使用した情報源やデータには、参考文献や引用を明記しておくようにしましょう。これらを明記しておくことで、信頼性のある情報をもとにデータ分析を行っているというのをアピールできます。

また、必要時に引用元の情報を追跡するのも容易になります。

フォーマットとスタイルを統一する

マーケティングレポートのフォーマットとスタイルを統一させましょう。項目によって違うフォーマットを使用していたり、スタイルが異なっていたりすると読みづらさの原因となってしまいます。

見出しやフォント、表やグラフのスタイルなどを統一するようにして、レポート全体が一貫性を持った印象になるように心掛けましょう。

校正

マーケティングレポートの内容ができたら、完成させる前に表現や精度を確認するための校正を行いましょう。全体を俯瞰して見て、レポート内容に一貫性があるかどうかも確認しておくと良いです。

社内の関係者や上司からのフィードバックがもらえると、第三者の視点が入るのでミスや修正点があった場合にも気付きやすくなります。

プレゼンテーションの準備

マーケティングレポートの内容について、プレゼンテーションで発表する場合はその準備もする必要があります。プレゼンテーション用にスライドを作成する際は、重要なポイントやグラフなどの視覚的な要素を強調するよう意識することが大切です。

これらを意識することで、レポートの内容を効果的に伝えられる資料が作成できます。

良いマーケティングレポートのポイント

良いマーケティングレポートのポイント

ここまで、マーケティングレポートの書き方をご紹介してきました。せっかく作成するのであれば、なるべく良いマーケティングレポートになるようにしたいと考えるでしょう。

ここからは、マーケティングレポートをより良いものにするためにおさえておきたいポイントについてご紹介していきます。

  • データの収集と品質管理
    良いマーケティングレポートを作成するためには、正確で信頼性のあるデータを収集する必要があります。根拠の弱いデータをもとに戦略を練った場合、間違った戦略になってしまうリスクもあります。
    データの収集や分析方法の選択は慎重に行うようにしましょう。
    また、収集したデータは定期的に更新を行い、最新情報に基づいてマーケティング戦略を練っていくことが重要です。
  • チームの協力と専門知識の活用
    マーケティング分析は複雑な作業のため、担当者一人で行うのは難しいでしょう。マーケティングレポートをより良いものにするためには、チームで協力して情報を提供しあうことが重要になります。
    マーケティング担当者やデータ分析担当者が連携して、各々が持つ専門知識を活かして分析を進めていくようにしましょう。
    また、必要に応じて外部の専門家やコンサルタントを活用する方法もあります。
  • 継続的なモニタリングと改善
    マーケティング分析は継続的なプロセスであり、定期的にモニタリングと改善を行う必要があります。一度収集した情報だけを頼りにレポートを作成していると、情報が古くなって現状に即していないものになっている可能性もあります。
    マーケット環境や消費者のニーズは常に変化しているため、分析結果を基に戦略を評価し、必要に応じて修正や最適化をしていくようにしましょう。
  • 競合他社の分析
    マーケティングレポートでは、競合他社のマーケティング戦略や動向を把握することも重要な要素です。競合他社の分析を通じて、市場トレンドや成功事例を把握できれば、自社の戦略に反映させることも可能です。
    また、競合他社の強みや弱みを理解し差別化できる戦略を考えることで、自社の市場での競争力向上につなげられます。

マーケティングレポート作成を効率化する

マーケティングレポートは、企業のマーケティングをより効果的なものにするために重要です。しかし、マーケティングレポート作成ばかりに時間が割かれてしまっていては、肝心のマーケティングを行うリソースが足りないという事態になりかねません。

ここでは、マーケティングレポートの作成を効率化するための方法についてご紹介していきます。

  • テンプレートを作成する
    マーケティングレポートに記載する内容がある程度決まってきたら、テンプレートを作成しておくのがおすすめです。基本的な構造やフォーマットを事前に準備しておくことで、毎回ゼロから作成する手間を省けます。
    テンプレートを埋めるのに必要な情報が不足しているのに気付ければ、今後のデータ収集の改善にもつながるでしょう。
  • ツールを活用する
    マーケティングレポート作成に活用できるツールには、さまざまなものがあります。たとえば、プロジェクト管理ツールやタスク管理ツールを活用すれば、作業の組織化と時間管理を効率化できるようになります。
    また、情報収集でリサーチツールを使用すれば、信頼性のある情報へのアクセスをスムーズに行うことができるでしょう。
  • 既存データを再利用する
    過去のマーケティングレポートや分析結果を有効に活用することで、レポート作成にかかる労力を節約できます。類似している調査や分析であれば、過去のデータやテンプレートが参考になる場合もあるのです。
    ただし、古い情報のままでは効果的なマーケティング戦略を立てられない可能性がある点には配慮しましょう。
  • スケジュールの計画と優先順位付け
    マーケティングレポート作成のプロセスを効率化するために、スケジュールの計画と優先順位付けを行いましょう。レポート作成に必要なタスクと、それぞれの期限を設定します。
    タスクを全体的に把握することで、ひとつのタスクに時間を割きすぎるのを防げたり、必要時優先度の低いタスクを先延ばしにして時間を確保したりという対応が可能になります。
  • スキルの向上と教育
    マーケティングレポートを効率的に作成するためには、ある程度のスキルや知識が必要となります。マーケティングレポート作成に関連するスキルや知識を向上させるために、定期的に学習や教育を行うようにしましょう。
    新しいツールやテクニックの習得、効果的なデータ分析方法の学習によって、レポート作成のスキルと効率の両方を向上させることができるようになるのです。
  • 専門の業者に外注する
    マーケティングレポートの作成を専門の業者に外注すれば、簡単に高品質なマーケティングレポートを作成することができます。慣れていないなかマーケティングレポートを作成しようとすると時間と労力がかかりますが、外注することによってレポート作成ばかりにリソースが割かれる心配もなくなります。
    自社で作成するのにくらべて、コストがかかってしまうため予算を事前に確認しておく必要があります。

マーケティングレポートを活用したデータ分析は、企業の成功には重要な要素となります。マーケティング分析を通じて、企業は成功への道しるべを見つけ、持続的な成長が可能となるのです。

正確なデータと適切な手法を選択して、今後のマーケティング戦略に活かしていくようにしましょう。

「マーケティング」の関連資料はこちら

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

BtoB関連の資料ダウンロード
営業支援関連の資料ダウンロード
マーケメディアでは、SNSマーケティングに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました