マーケティングにおける競合分析とは?具体的な手法とフレームワークを紹介!

※この記事にはプロモーションが含まれています。

SNSマーケティング
SNSマーケティング 営業支援

マーケティングにおいて、競合分析は欠かせません。厳しい競争社会で生き残るためにも、適切な競合分析で他社との差別化を図りましょう。本記事では競合分析の概要やメリット・デメリット、具体的なプロセスの他、役立つフレームワークを紹介します。

マーケティングにおける競合分析は、企業が自社の競争環境を理解し、競合他社との差別化ポイントを見つけるための重要なプロセスです。競合分析を通じて、企業は市場のトレンドや顧客のニーズを把握し、競争力を維持・向上させるための戦略を策定します。

そこで本記事では、競合分析の概要と具体的なプロセスの他、競合分析に役立つフレームワークを紹介します。マーケティングに携わる方は、ぜひご覧ください。

  • マーケティングにおける競合分析とは
  • マーケティングで競合分析を実施する狙い
  • マーケティングにおける競合分析のメリット・デメリット
  • マーケティングにおける競合分析の実施プロセス
  • 競合分析で使えるマーケティングフレームワーク
  • まとめ

mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
m-01
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0016
wp_BIZMAPS_page-0003
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0005
wp_BIZMAPS_page-0006
wp_BIZMAPS_page-0004
wp_BIZMAPS_page-0007
wp_BIZMAPS_page-0008
wp_BIZMAPS_page-0009
wp_BIZMAPS_page-0010
wp_BIZMAPS_page-0011
wp_BIZMAPS_page-0012
wp_BIZMAPS_page-0013
wp_BIZMAPS_page-0014
wp_BIZMAPS_page-0015
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
m-01
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0016
wp_BIZMAPS_page-0003
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0005
wp_BIZMAPS_page-0006
wp_BIZMAPS_page-0004
wp_BIZMAPS_page-0007
wp_BIZMAPS_page-0008
wp_BIZMAPS_page-0009
wp_BIZMAPS_page-0010
wp_BIZMAPS_page-0011
wp_BIZMAPS_page-0012
wp_BIZMAPS_page-0013
wp_BIZMAPS_page-0014
wp_BIZMAPS_page-0015
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

マーケティングにおける競合分析とは

競合分析とは、自社の類似商品やサービスを提供している企業を洗い出して、その強みや弱み、戦略、マーケティング活動などを分析することを指します。

競合分析はマーケティング戦略の重要な要素で、同じ市場における複数の競合他社を分析すれば、市場全体の構造が把握できます。そのうえで自社の商品・サービスの市場での位置づけを明確にし、他社との差別化を図る事業戦略に活かすことが、競合分析の役割です。

マーケティングで競合分析を実施する狙い

マーケティングで競合分析を実施する目的は、おもに次の5つです。

①競争力の評価

競合分析は自社と競合他社を比較し、自社の競争力を評価するための重要な手段です。競合他社の製品、価格、マーケティング戦略などを分析すれば、自社の強みと競争上の優位性が特定できるでしょう。

②差別化の特定

競合分析によって、競合他社との比較から自社の差別化ポイントが特定できます。自社の製品やサービスが他社とどう異なっているのか、そして顧客へどのような魅力的な要素を提供できるのかが明確になるでしょう。

③マーケティング戦略の改善

競合他社のマーケティング活動を調査し、成功している戦略や施策を学ぶことで、自社の戦略への組み込みが可能となります。また競合の課題や弱点を特定すれば、それに対応する戦略の立案も可能です。

④顧客洞察の獲得

競合分析は、競合の顧客の意見やフィードバックを収集する機会でもあります。競合の顧客の嗜好や不満点の把握により、自社の製品やサービスの改善につなげることができるでしょう。顧客の視点を理解し、より良い顧客体験を提供するための材料となるのです。

⑤新たなビジネスチャンスの発見

競合分析によって、市場の傾向や競合の動向が把握できます。競合が進出していない領域やニーズを見つけることで、新たなビジネスチャンスが発見できるでしょう。

これらの目的達成のためにも、競合分析は定期的に実施されるべきです。市場や競合の状況は日々変化しています。常に最新の情報を収集し、マーケティング戦略の最適化へと活用していきましょう。

マーケティングにおける競合分析のメリット

競合分析はマーケティングにおいて重要な手法ですが、メリットとデメリットの両方が存在します。

まず、おもなメリットは次の4つです。

マーケティングにおける競合分析のメリット①市場の理解と予測

競合分析は市場全体の洞察ができるため、自社の位置を把握し、市場のトレンドや将来の方向性を予測できます。競合の市場シェア、製品やサービスの特徴、価格戦略、販売チャネルなどの情報を収集すれば、市場の競争状況を理解し、戦略的な意思決定が実現できるでしょう。

マーケティングにおける競合分析のメリット②競合優位性の特定

競合分析により、競合の強みと弱みを明確に把握できます。自社の製品やサービスにおける競争上の優位性を見つけるための洞察が得られるのです。競合他社の戦略、製品特性、顧客満足度などを評価し、自社が提供する付加価値や差別化要素を見つけ出せれば、自社の強みを最大限に活かした戦略の立案や市場での競争力の向上が可能となるでしょう。

マーケティングにおける競合分析のメリット③新たな機会の発見

競合分析は、市場の空白や未開拓のニーズを特定するのに役立ちます。競合他社がまだ満たしていない顧客の要求や要望を把握できれば、それに対応する新しい製品やサービスの開発が可能となるのです。競合他社の戦略や提供する製品に目を向けると、市場の新たな機会や成長ポテンシャルの発見につながるでしょう。

マーケティングにおける競合分析のメリット④リスクの軽減

競合分析は、競合他社の動向や戦略変更を監視することで、市場のリスクを軽減するのに役立ちます。競合他社の新製品やプロモーション戦略に早く気付き、自社の対策を講じることができます。また、競合他社の弱点や失敗事例を分析することで、自社のリスクを回避するための教訓を得ることも可能です。

マーケティングにおける競合分析のデメリット

続いて、マーケティングにおける競合分析の4つのデメリットを紹介します。

マーケティングにおける競合分析のデメリット①情報の入手困難さ

競合分析には、競合他社の情報を入手するための困難さがあります。競合他社が非公開の情報を保持している場合や、情報収集が法的に制限されているケースも考えられるのです。情報の入手に際しては、倫理的な観点や法的な制約を尊重しなければなりません。

マーケティングにおける競合分析のデメリット②誤った情報や分析のリスク

競合分析では、情報の収集や分析の過程で誤った情報や誤った解釈が含まれる可能性があります。誤った情報や分析に基づいて戦略を立てると誤った方向に進む可能性があるため、情報源の信頼性や分析手法の妥当性を確認することが重要です。

マーケティングにおける競合分析のデメリット③結果の利用によるマーケットの反応

競合分析の結果を活用することで、競合他社に対する攻撃的な戦略を展開してしまう危険性があります。これにより競合他社との価格競争やマーケットの緊張状態が生じると、市場が過度に競争的になり、双方にとって利益の損失や価格下落が発生してしまうかもしれません。

マーケティングにおける競合分析のデメリット④競合に対する過度の焦点

競合分析に過度に依存すると、競合他社の動向や戦略に過剰に反応し、自社の独自性や顧客のニーズを見失う可能性があります。競合に対する適切なバランスを保ちながら、自社の強みと顧客価値を強化することが重要です。

マーケティングにおける競合分析の実施プロセス

マーケティングにおける競合分析の実施プロセスは、次の通りです。

競合分析のプロセス①目的と範囲の設定

  1. 競合分析の目的を明確に定義します。具体的な目標や得たい情報、解決したい課題を明確にしましょう。
  2. 競合他社の範囲を設定します。直接の競合他社だけでなく、潜在的な競合相手や代替品も考慮に入れます。

競合分析のプロセス②情報収集

  1. インターネットや社内データ、業界レポート、ニュース記事、市場調査、顧客インタビューなど、さまざまな情報源から情報を収集します。
  2. 競合他社のウェブサイトやソーシャルメディアプロフィール、広告、製品カタログ、プレスリリースなどの公開情報を確認します。
  3. 3.査対象となる競合他社の製品やサービスを実際に試用したり、顧客のフィードバックを収集する方法も検討したりします。

競合分析のプロセス③情報の整理と分析

1.収集した情報を整理し、要点を抽出します。SWOT分析などのフレームワークを活用することで、情報を体系化します。

2.競合他社の強み、弱点、製品特徴、価格戦略、マーケティング活動、販売チャネル、顧客セグメントなど、分析する要素を明確にします。

3.数値データや定量的情報(市場シェア、成長率など)だけでなく、質的な情報(顧客のフィードバック、口コミ、ブランドイメージなど)も分析に組み込みます。

競合分析のプロセス④自社との比較

1.分析結果を自社の状況と比較し、競争力や差別化要素を評価します。

2.自社の製品やサービスの特徴や利点を明確にし、競合他社との比較によって自社の強みや改善点を特定します。

3.顧客の視点から自社と競合他社の違いを検討し、顧客ニーズに対応する戦略を立案します。

競合分析のプロセス⑤洞察と戦略の立案

1.競合分析から得られた洞察を活用して、戦略や施策を立案します。

2.競合他社の成功要因やベストプラクティスを抽出し、自社に適用するための施策を検討します。

3.新たなビジネスチャンスや成長領域を特定し、自社の差別化戦略を立てます。

競合分析のプロセス⑥定期的な更新とフォローアップ

1.競合環境は変化するため、競合分析は定期的に更新する必要があります。

2.市場動向や競合他社の動向を追跡して、分析結果を最新の状況に合わせて修正します。

3.策定した戦略や施策の実施状況を確認して、結果を評価して必要な修正や改善を行います。

以上が一般的な競合分析の実施プロセスです。プロセスの各ステップは柔軟に適用されることがありますが、継続的な情報収集と分析、自社との比較、戦略の立案、そして定期的な更新とフォローアップが重要な要素となります。

競合分析で使えるマーケティングフレームワーク

ここからは、競合分析で使えるマーケティングフレームワークを4つ紹介します。

競合分析で使えるマーケティングフレームワーク①3C分析

3C分析は、競合分析や戦略策定において使用されるマーケティングフレームワークです。3Cとは「顧客(Customer)」「自社(Company)」「競合(Competitor)」の3つの要素を指します。それぞれの詳細は、次の通りです。

・顧客(Customer)

顧客とは、商品やサービスを購入する消費者や顧客層のことです。顧客分析は、顧客のニーズや要求、行動パターン、購買意欲などを理解するために行われます。顧客の特性や嗜好、購買力、購買頻度などを分析し、商品やサービスを効果的に提供するための戦略に役立てるのです。顧客の要望やニーズに対応することで、市場での競争力を維持・向上させられるでしょう。

・自社(Company)

自社の分析では、自社の強みや弱み、資源、能力、ブランド価値、市場ポジションなどを評価します。自社の現状を正確に把握することで、自社の強みを活かし、競争力を向上させるための戦略を立案できるでしょう。自社の強みを最大限に活用し、競合他社に対して差別化を図ることが重要です。

・競合(Competitor)

競合は、同じ市場や顧客層を対象として競合する他社や競合商品・サービスのことです。競合分析では、競合他社の戦略、製品、価格設定、販売促進活動などを評価します。競合分析を通じて市場における競争状況や競合他社の強み・弱みが把握でき、自社の戦略やマーケティングアプローチを調整し、競合他社との差別化や競争上の優位性が確立できるでしょう。

3C分析は、これらの要素を総合的に評価し、企業の現状を把握することで戦略的な意思決定を支援します。これにより、企業は競争環境の変化に柔軟に対応し、市場での競争優位性を維持または向上するためのマーケティング戦略の立案が可能となるのです。

競合分析で使えるマーケティングフレームワーク②SWOT分析

SWOT分析は、組織やプロジェクトの内外の要因を評価するためのマーケティングフレームワークです。SWOTは「Strengths(強み)」「Weaknesses(弱み)」「Opportunities(機会)」「Threats(脅威)」の頭文字を取ったものであり、それぞれ組織やプロジェクトの内部要素や外部要素を分析します。

・強み(Strengths)

組織やプロジェクトの内部のポジティブな要素や優位性を特定します。これには、優れた製品やサービス、優れた従業員、強力なブランドイメージ、独自の技術やノウハウ、市場での競争力などが含まれます。強みを特定することで、組織の強みを最大限に活用し、競争力を高める戦略が策定できるでしょう。

・弱み(Weaknesses)

組織やプロジェクトの内部のネガティブな要素や不利な側面を特定します。具体的には、不十分なリソース、組織の内部プロセスの欠陥、競合他社に比べて劣る点、品質の問題、従業員のスキル不足などです。弱みを特定することで、問題点を解決するための改善策が見つけられます。

・機会(Opportunities)

組織やプロジェクトの外部環境の中で利用できるポジティブな要素や成長の機会を特定します。例えば新しい市場の開拓、顧客ニーズの変化、技術の進歩、法的な規制の変更、競合他社の弱みなどです。これらが特定できれば、新たなビジネス戦略を立案したり、市場シェアを拡大するための戦略を構築できたりするでしょう。

・脅威(Threats)

組織やプロジェクトの外部環境の中で起こりうる、ネガティブな要素やリスクを特定します。脅威に含まれるのは競合他社の台頭、経済的な不安定要素、新たな規制や法律の導入、技術の進歩による業界の変化などです。これにより、リスク管理のための対策や競争力強化の戦略が立案できます。

SWOT分析は、組織やプロジェクトの現状を客観的に評価し、戦略的な意思決定を支援するための有用なツールです。マーケティングにおいては、結果として得られる洞察を活用して、組織の長所を最大限に活かし、課題を解決し、機会を追求し、脅威に対処するための戦略を策定することが重要になります。

競合分析で使えるマーケティングフレームワーク③4C分析

4C分析は、マーケティング戦略の視点から顧客を理解するためのフレームワークです。この分析では、4つの要素である「Customer Value(顧客価値)」「Cost(顧客のコスト)」「Convenience(顧客の利便性)」「Communication(コミュニケーション)」を考慮します。

・顧客価値(Customer Value)

顧客価値とは、顧客が商品やサービスを購入する際に得ることができる利益や満足度のことです。顧客は自身のニーズや欲求を満たすことができ、期待以上の価値を提供してくれる商品やサービスに価値を見出します。企業は顧客価値を高めるために、商品やサービスの特徴や品質、ブランドイメージ、顧客サポートなどを強化することが重要です。

・顧客のコスト(Cost)

顧客のコストとは、商品やサービスを購入するために顧客が支払う必要がある努力や費用のことです。顧客は価格や時間、手間、情報の入手にかかるコストを考慮して購買意欲を判断します。企業は顧客のコストを最小化するために、競争力のある価格設定、スムーズな購入プロセスなどの情報提供が求められるでしょう。

・顧客の利便性(Convenience)

顧客の利便性は、商品やサービスを利用する際の便利さや簡便さのことです。顧客は手軽に購入できたり利用方法がわかりやすかったりする場合に、より好意的に評価します。顧客の利便性を高めるために、販売チャネルの多様化、オンラインサービスの提供、商品の利便性向上などを考慮しなければなりません。

・コミュニケーション(Communication)

コミュニケーションは、企業と顧客との間で情報を共有し、相互に理解を深めるプロセスのことです。顧客は企業からの適切な情報提供や意思疎通があることで信頼感を持ち、商品やサービスに対する関与を高めます。効果的なコミュニケーション手段を活用して顧客との関係を築き、ニーズやフィードバックを収集することが重要です。

4C分析は顧客中心のアプローチを提供し、顧客の視点を重視したマーケティング戦略の立案や実施のサポートとなるでしょう。

競合分析で使えるマーケティングフレームワーク④4P分析

4P分析は、製品やサービスのマーケティングを「製品・サービス(Product)」「価格(Price)」「流通(Place)」「販売促進(Promotion)」の4つに分類し、各要素を詳細に検討することで、競合他社との比較や市場での位置づけを把握することを目的としています。

・製品・サービス(Product)

製品やサービスの特徴や機能、ブランド価値、顧客ニーズへの適合性などを考慮します。競合他社と比較して、自社の製品やサービスの強みや差別化ポイントを特定することが重要です。

・価格(Price)

価格戦略は、製品やサービスの価格設定に関する要素を考慮します。競合他社との価格比較や市場の価格傾向を分析し、自社の価格設定を検討します。価格の高さや安さによる競争力、利益率、顧客の購買意欲などを考慮することが大切です。

・流通(Place)

流通戦略は、製品やサービスを顧客に提供するための販売チャネルや流通経路に焦点を当てます。競合他社の販売チャネルや流通戦略と比較して、自社の流通戦略を評価します。販売地域や販売パートナー、物流、在庫管理などを考慮しましょう。

・販売促進(Promotion)

販促戦略は、製品やサービスのマーケティングコミュニケーションを含む要素を検討します。広告、セールスプロモーション、パブリックリレーション、デジタルマーケティングなどの手法を適切に使用し、競合他社との差別化や顧客への情報伝達を図りましょう。

4P分析を実施する際には、競合他社の各要素に関する情報を収集し、自社との比較を行います。この分析を通じて、自社の競争力や市場での位置づけを把握し、戦略的な意思決定が可能となるでしょう。

ただし、4P分析はマーケティング戦略の一部であり、他の要素やフレームワークと組み合わせて総合的な分析を行うことが重要です。

まとめ:競合を分析してより良いマーケティング活動を!

マーケティングにおける競合分析の概要やメリット・デメリット、具体的なプロセスの他、役立つフレームワークを紹介しました。

競合分析はマーケティング戦略の成功に欠かせない要素であり、企業が市場で競争優位性を確立するための重要な手段です。競合他社の強みと弱みを明確に把握し、自社の戦略立案に活かすことで、より効果的なマーケティングプランが構築できるでしょう。

競争激化する現代のビジネス環境においては、競合分析の重要性を理解し、適切な手法を活用し、マーケティングプランを最適化し続けることが成功への鍵となります。今回の内容を、ぜひ参考にしてください。

▼マーケティング戦略に役立つ資料のダウンロードはこちら!

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

BtoB関連の資料ダウンロード
営業支援関連の資料ダウンロード
マーケメディアでは、SNSマーケティングに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました