マーケティング戦略とは?今さら聞けない基本や役立つフレームワークを紹介

※この記事にはプロモーションが含まれています。

SNSマーケティング
SNSマーケティング 営業支援

マーケティング戦略は、企業が他社との競争優位性を確立するのに欠かせないものです。しかし効果的な戦略を立案するにはマーケティング戦略について正しい理解が必要になります。本記事では今さら聞けない基本知識と、役立つフレームワークを紹介します。

マーケティング戦略とは?今さら聞けない基本や役立つフレームワークを紹介

マーケティング戦略は、企業やブランドが目標を達成し、競争力を高めるために採用する戦術的アプローチです。しかし、その概念や実践に関して理解を深めることは容易ではありません。

本記事では、マーケティング戦略の基本的な要素や、役立つフレームワークについて解説します。マーケティングの世界における戦略的思考を磨き、競争力のあるマーケティング戦略を構築する手助けとなるでしょう。企業でマーケティング戦略の立案に関わる方は、ぜひ参考にしてください。

  • マーケティング戦略の定義と重要性
  • マーケティング戦略の要素
  • マーケティング戦略の立案プロセス
  • マーケティング戦略に役立つフレームワーク
  • マーケティング戦略の成功事例を紹介
  • まとめ

mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
m-01
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0016
wp_BIZMAPS_page-0003
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0005
wp_BIZMAPS_page-0006
wp_BIZMAPS_page-0004
wp_BIZMAPS_page-0007
wp_BIZMAPS_page-0008
wp_BIZMAPS_page-0009
wp_BIZMAPS_page-0010
wp_BIZMAPS_page-0011
wp_BIZMAPS_page-0012
wp_BIZMAPS_page-0013
wp_BIZMAPS_page-0014
wp_BIZMAPS_page-0015
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
m-01
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0016
wp_BIZMAPS_page-0003
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0005
wp_BIZMAPS_page-0006
wp_BIZMAPS_page-0004
wp_BIZMAPS_page-0007
wp_BIZMAPS_page-0008
wp_BIZMAPS_page-0009
wp_BIZMAPS_page-0010
wp_BIZMAPS_page-0011
wp_BIZMAPS_page-0012
wp_BIZMAPS_page-0013
wp_BIZMAPS_page-0014
wp_BIZMAPS_page-0015
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

マーケティング戦略の定義と重要性

マーケティング戦略とは、企業や組織が特定の市場で競争力を持つために計画的に策定する戦術的なアプローチです。これは製品やサービスの販売促進、顧客の獲得と維持、競合他社との差別化など、企業のビジネス目標を達成するためのアクションプランを指します。

マーケティング戦略が担っている重要な役割は以下の通り、主に5つあります。具体例を交えて解説します。

マーケティング戦略の役割① 目標設定と方向性

マーケティング戦略は、企業のビジネス目標に基づいて具体的な目標を設定し、組織の方向性を決定します。市場の理解と顧客ニーズの把握に基づいて、自社の強みを活かしつつ競争上の優位性を確立できるのです。

マーケティング戦略の役割② 顧客の理解

マーケティング戦略では顧客のニーズや要求を理解し、それに合わせた製品やサービスの提供方法を策定します。顧客を中心に据えたアプローチは、顧客満足度の向上とロイヤルティの構築につながるでしょう。

マーケティング戦略の役割③ 競争力の獲得

企業が競合他社との差別化を図るための手段を提供するのも、マーケティング戦略の重要な役割です。市場調査や競合分析を通じて、自社の強みを把握し、他社との差別化要因を見出すことができます。

マーケティング戦略の役割④ マーケティングリソースの最適化

マーケティング戦略は、限られたリソースを最適化するためのフレームワークを提供します。予算、人材、時間などのリソースを効果的に活用し、最大の効果を出すための計画を立てることができるのです。

マーケティング戦略の役割⑤ ビジネス成果の最大化

マーケティング戦略には、企業のビジネス成果を最大化するための手段を提供するという重要な役割もあります。効果的なマーケティング戦略に基づいて製品やサービスの需要を喚起できれば、売上アップが見込めるでしょう。

マーケティング戦略は、企業が市場で成功するための道筋を示すものです。市場の変化や競争環境の変化に柔軟に対応しながら、企業のビジネス目標を達成するために重要な役割を果たしているといえるでしょう。

マーケティング戦略の要素

マーケティング戦略の要素

マーケティング戦略には、次の4つの要素が含まれます。

マーケティング戦略の要素① 目標設定とターゲット市場の選定

マーケティング戦略の第一の要素は、明確な目標設定とターゲット市場の選定です。企業は、何を達成したいのか、どのような顧客層に焦点を当てるのかを定義する必要があります。

マーケティング戦略の要素② ポジショニングと差別化戦略

ポジショニングは、製品やブランドを競合他社との比較で明確に差別化するための戦略です。差別化は、顧客に対して独自の価値提案を行い、競合他社との競争上の優位性を確保するために重要になります。

マーケティング戦略の要素③ 4P(製品、価格、販売促進、場所)の戦略

4Pは、マーケティングの要素である「製品(Product)」「価格(Price)」「販売促進(Promotion)」「場所(Place)」の頭文字です。これらの要素を統合的に考えることによって、マーケティング戦略を構築します。この4Pには製品の特徴やブランド価値、価格設定、販売促進活動、流通チャネルの選択などが含まれます。

マーケティング戦略の要素④ マーケティングミックスの統合と調整

マーケティングミックスは、4P要素を統合して調整するプロセスです。マーケティングミックスの各要素は相互に関連し、一貫性を持たせる必要があります。例えば、製品の特徴や価格は、ターゲット市場やブランドのポジショニングと一致しなければなりません。

マーケティング戦略の立案プロセス

マーケティング戦略を立案する際は、大きく分けて次の3つのプロセスが必要です。

マーケティング戦略の立案プロセス① 環境分析と市場調査

マーケティング戦略の立案には、環境分析と市場調査が欠かせません。競合他社や顧客の動向、市場の傾向やニーズ、法律や規制などの外部環境要因を評価することが重要です。

マーケティング戦略の立案プロセス② 目標設定と戦略立案

環境分析の結果を基に、具体的な目標を設定し、それに向けたマーケティング戦略を立案します。目標は企業のビジョンやミッションに合致し、SMART(Specific, Measurable, Achievable, Relevant, Time-bound)な特性を持たなければなりません。

マーケティング戦略の立案プロセス③ 戦略の実施と評価

マーケティング戦略を実行するための行動計画を策定し、それを実施します。そしてマーケティング戦略の効果を評価し、必要に応じて修正や改善をしていきましょう。マーケティング戦略は、常に変化する市場に合わせて適応させなければなりません。

マーケティング戦略に役立つフレームワーク

マーケティング戦略に役立つフレームワーク

効果的なマーケティング戦略を立案するには、フレームワークの活用が欠かせません。ここでは、マーケティング戦略に役立つフレームワークを紹介します。

マーケティング戦略に役立つフレームワーク① SWOT分析

SWOT分析は「企業の強み(Strengths)」「弱み(Weaknesses)」「機会(Opportunities)」「脅威(Threats)」を評価するためのフレームワークです。自社の内部要因(強みと弱み)と外部要因(機会と脅威)を分析することで、戦略策定における競争上の優位性や課題を明確にすることができます。

マーケティング戦略に役立つフレームワーク② ポーターの競争戦略

マイケル・ポーターによる競争戦略フレームワークでは、企業が競争上の優位性を構築するために3つの一般的な戦略を提案しています。それは、全体市場をカバーする広範囲な低価格戦略(低コストリーダーシップ戦略)、特定のニーズやセグメントに焦点を絞った差別化戦略、および特定のニッチ市場をターゲットにした専門化戦略です。

企業は自身の状況と市場の要件に応じて、適切な競争戦略を選択することが重要になります。

マーケティング戦略に役立つフレームワーク③ 顧客セグメンテーション

顧客セグメンテーションは、顧客を異なるグループに分類し、それぞれのセグメントに合わせたマーケティング戦略を展開する手法です。

顧客のニーズ、行動、特性などを考慮してセグメントを定義し、各セグメントに対してターゲティングとポジショニングを行います。これにより、顧客に合わせたカスタマイズされたメッセージや提案を提供できるでしょう。

マーケティング戦略に役立つフレームワーク④ AIDAモデル

AIDAモデルは、広告や販促活動の効果を最大化するためのフレームワークです。「Attention(注意)」「Interest(関心)」「Desire(欲求)」「Action(行動)」の4つの段階からなります。

このモデルでは、まず注意を引き、関心を喚起し、顧客の欲求を刺激して最終的に行動に移行させることが目標です。マーケティングコミュニケーションの計画やメッセージング戦略において、AIDAモデルを考慮することで、顧客の購買意欲を高めることができます。

マーケティング戦略に役立つフレームワーク⑤ 7Pマーケティングミックス

マーケティングミックスにさらに3つの要素(People、Process、Physical Evidence)を追加したものです。商品やサービスの提供だけでなく、人々(顧客や従業員)、プロセス(業務手順や顧客対応など)、物的証拠(店舗や製品の外観など)にも焦点を当てて戦略を立案します。

マーケティング戦略に役立つフレームワーク⑥ PDCAサイクル

PDCA(Plan-Do-Check-Act)サイクルは、戦略の実行と改善を継続的に行うためのサイクルです。計画(Plan)を立て、実行(Do)し、結果を評価(Check)し、必要に応じて改善策を講じる(Act)という手順を繰り返します。PDCAサイクルを通じて、戦略の効果をモニタリングし、必要な修正や最適化を行うことができます。

マーケティング戦略に役立つフレームワーク⑦ カスタマージャーニーマップ

カスタマージャーニーマップは、顧客が商品やサービスを利用する過程を可視化するためのフレームワークです。顧客の視点から、購買前の認識、購入決定、購入後の体験などのステップをマッピングし、顧客のニーズや接点を理解します。これに基づいて、顧客の体験を最適化するための戦略や施策を立案していく手法です。

マーケティング戦略に役立つフレームワーク⑧ Blue Ocean Strategy

Blue Ocean Strategyは、競合他社との差別化を図るためのフレームワークです。競合の激しい既存の市場(Red Ocean)ではなく、未開拓の市場やニッチ市場(Blue Ocean)を見つけ出し、革新的な価値を提供することで競争上の優位性を確立します。競合のない領域で新たな市場を創造することが目標です。

マーケティング戦略に役立つフレームワーク

これらは一部のマーケティングフレームワークの例ですが、他にもさまざまなツールやアプローチがあります。マーケティング戦略の目標や課題に合わせて適切なフレームワークを選択し、戦略の策定や実行に役立ててください。

マーケティング戦略の成功事例を紹介

最後に紹介するのは、マーケティング戦略における成功事例です。どの企業も斬新なアプローチやユニークなメッセージングを通じて消費者の関心を引きつけ、ブランドの認知度やビジネス成果を向上させることに成功しています。

マーケティング戦略の立案や実施において、これらの成功事例を学ぶのは非常に有益です。ぜひ参考にしてください。

マーケティング戦略の成功事例① Appleの「iPod」

AppleはiPodを発売することで、音楽愛好者にとって革新的なデジタル音楽プレーヤーを提供しました。独自のデザインと使いやすさで注目を集めたiPodですが、iTunesとの連携により音楽の購入と同期が容易になったことも、多くの人に受け入れられた要因です。

このマーケティング戦略により、Appleは音楽産業を変え、大きな成功をおさめたのです。

マーケティング戦略の成功事例② コカ・コーラの「シェア・ア・コーラ」キャンペーン

コカ・コーラは「シェア・ア・コーラ」キャンペーンを展開し、人々がコーラを楽しみながら共有することを促しました。このキャンペーンでは、人々がコーラを飲む様子を撮影してSNSで共有することで、広告効果を最大限に引き出すことに成功しました。コカ・コーラというブランドの認知度を高めました。

商品やサービスを早期に購買する層であるアーリーアダプターにキャンペーンを知ってもらい、拡散されることで、より効果を得られるでしょう。

マーケティング戦略の成功事例③ Nikeの「Just Do It」キャンペーン

Nikeは「Just Do It」というシンプルなスローガンを採用し、スポーツに情熱を持つ人々を鼓舞しました。

このキャンペーンは、さまざまなスポーツアスリートや一般の人々をフィーチャーし、挑戦や成果を追求する姿勢を象徴しています。このマーケティング戦略により、Nikeは世界的なスポーツブランドとしての地位を確立したといえるでしょう。

マーケティング戦略の成功事例④ Red Bullのエクストリームスポーツスポンサーシップ

Red Bullはエネルギードリンクのメーカーですが、彼らのマーケティング戦略は単に製品の販促にとどまりません。彼らはエクストリームスポーツやアクションイベントのスポンサーとして積極的に参加し、Red Bullブランドのエネルギーや冒険のイメージを強調しています。

例えば、Red Bull Stratosプロジェクトでは、フェリックス・バウムガートナーが宇宙から地球に降下するという記録的なイベントを成功させました。これにより、Red Bullはブランドのエクストリームなイメージを一層高め、世界中で注目を集めました。

マーケティング戦略の成功事例⑤ LEGOのユーザー参加型コミュニティ

LEGOは子供向けのブロック製品で知られていますが、彼らはユーザー参加型のオンラインコミュニティを通じて消費者との関係を築きました。

LEGO Ideasと呼ばれるプラットフォームでは、ファンが自分のアイデアやデザインを提案し、コミュニティのメンバーから支持を受けると製品化される可能性があります。消費者はブランドの一部として参加し、LEGOの製品に対する忠誠心や関与が高まりました。

マーケティング戦略の成功事例⑥ スターバックスのパーソナライズドマーケティング

スターバックスは顧客の嗜好や購買履歴に基づいてパーソナライズされたマーケティングを展開しています。

彼らのモバイルアプリは、顧客の好みに合わせた特別なオファーや割引を提供するだけでなく、誕生日に無料のドリンクをプレゼントするなど、さまざまな顧客体験をカスタマイズしています。この戦略が成功して、スターバックスは顧客忠誠度を高め、継続的なビジネス成果を上げているのです。

マーケティング戦略の成功事例⑦ Amazonの顧客レビューと個別推薦

Amazonは顧客のレビューや評価を重視し、商品ページに多数のレビューを掲載しています。さらに、過去の購買履歴や閲覧履歴に基づいて、顧客に個別の商品推薦を提供しているのです。

これにより、顧客は信頼できる情報に基づいて購買意思決定を行うだけでなく、個別の関心に合わせた商品を容易に見つけることができます。Amazonの顧客中心のアプローチは、大きな成功をおさめたマーケティング戦略の一例といえるでしょう。

マーケティング戦略|まとめ

マーケティング戦略|まとめ

マーケティング戦略は、企業の成功に欠かせない要素です。本記事では、マーケティング戦略の基本要素と役立つフレームワークを紹介しました。これらの理解と適用により、競争力のある戦略を構築し、市場での地位を確立することができるでしょう。

継続的な環境分析と戦略の評価を通じて、マーケティング戦略を進化させることも重要です。未来の成功を目指して、マーケティング戦略の力を最大限に活用しましょう。

マーケティング戦略は、企業が市場内で成功するために不可欠な要素です。戦略の立案から実行に至るまで、目的の明確化、機能の最大化、そして顧客のニーズに応える解決策の提供が重要です。

マーケティング戦略の目的と実現方法

マーケティング戦略の目的を決めることは、企業が市場で得たい成果を定義する上で重要です。具体的な目標設定は、戦略的な機能を最適に利用し、顧客からの信頼をもらう基礎を築きます。また、顧客とのコミュニケーションを強化し、メールマーケティングやソーシャルメディアを用いることで、販売促進やブランド認知度の向上が可能になります。

マーケティング戦略における問題解決とサポート

顧客の課題や問題を解決することは、マーケティング戦略を通じて価値を提供する基本です。サポート体制の整備と顧客からのフィードバックを活かすことで、サービスの質を高め、顧客満足度を向上させることが得られます。

マーケティング戦略の具体的な適用と細分化

市場を細分化し、対象顧客群を明確に定めることで、マーケティング戦略はより効果的になります。具体的な顧客のニーズに応え、競合との差別化を図ることが、長期的な成功への鍵です。PEST分析やSWOT分析を行って、外部環境と内部環境の影響を整理し、戦略に反映させることが重要です。

STP戦略については、「マーケティングミックスの戦略とは?4Pをマーケティングに取り入れた活用方法」や「広告戦略の立て方と企業事例をわかりやすく解説」や「マーケティング4Pの意味や略とは?「Product」「 Price」「 Promotion」「 Place」」が参考になります。

マーケティング戦略を立案するときには、より具体的な企画を行い、日本のみならず、海外の英語サイトや最新のマーケティング論文などから情報収集することも大切です。


▼マーケティング戦略に役立つ資料のダウンロードはこちら!

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

BtoB関連の資料ダウンロード
営業支援関連の資料ダウンロード
マーケメディアでは、SNSマーケティングに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました