潜在顧客にアプローチする方法!潜在層の掘り起こし

※この記事にはプロモーションが含まれています。

BtoB関連
BtoB関連

潜在顧客へのアプローチは、企業が成功するために、戦略的に実施するのが不可欠です。本記事では、潜在顧客のそもそもの意味から、潜在顧客の見つけ方、アプローチの戦術、潜在顧客へのアプローチに役立つおすすめのサービスなどをお話します。営業のチャンスを広げたい方は、参考にしてみてください。

本記事では、以下のような内容を解説します。

  1. 潜在顧客とは
  2. 潜在顧客・顕在顧客・見込み客の違い
  3. 潜在顧客へのアプローチが大切な理由
  4. 潜在顧客へのアプローチに活用できる分析法
  5. 潜在顧客掘り起こし手順
  6. 潜在顧客にアプローチする方法
  7. 潜在顧客へのアプローチにおすすめのサービス
  8. 潜在顧客へのアプローチで成果へつなげる
マーケリー
マーケリー

潜在顧客へのアプローチを行いたいと考えている人は、「潜在顧客へのアプローチにおすすめのサービス」をご覧ください。

230608-ec-importantpoint_page-0001
230608-ec-importantpoint_page-0002
230608-ec-importantpoint_page-0003
230608-ec-importantpoint_page-0004
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
230608-ec-importantpoint_page-0001
230608-ec-importantpoint_page-0002
230608-ec-importantpoint_page-0003
230608-ec-importantpoint_page-0004
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

潜在顧客とは

潜在顧客とは

潜在顧客とは、まだ商品やサービスを購入していないが、関心や興味を持っている人々のことです。これらの個人や企業は、将来的に商品やサービスを購入する可能性があり、マーケティング戦略では彼らのニーズや悩みを理解し、的確なアプローチを行うことが重要です。潜在顧客へのアプローチは、売上につながる可能性が高いため、企業ではさまざまな方法で潜在顧客にアプローチし、購入の意欲を高める努力が行われます。

潜在顧客・顕在顧客・見込み客の違い

潜在顧客・顕在顧客・見込み客の違い

潜在顧客と混同されやすい用語に、「顕在顧客」と「見込み客」があります。マーケティングや営業を担当していると、どれも耳にしたことのある用語かと思います。これらの用語は、潜在顧客とはまったく意味が異なります。

ここでは、潜在顧客と顕在顧客、見込み客の違いをそれぞれ解説します。潜在顧客へのアプローチの前に、まずはそれぞれの混同しやすい用語の定義を確認してみてください。

潜在顧客と顕在顧客の違い

潜在顧客は、すでにお話した通り、まだ商品やサービスを購入していないが興味を持っている可能性のある顧客のことを指します。

顕在顧客は既に購入経験があり、企業との取引履歴がある顧客のことです。つまり、取引履歴の有無が、潜在顧客と顕在顧客の大きな違いです。潜在顧客は未開拓の市場であり、顕在顧客は既存の関係を深めることが必要です。

潜在顧客と見込み客の違い

潜在顧客と見込み客の大きな違いは、購入に至る段階です。潜在顧客はまだ商品・サービスを購入していないが、興味がある顧客です。

一方で、見込み客は既に興味はあるものの、購入を検討している段階にいます。

興味を持っているという点で、潜在顧客は未開拓市場でのポテンシャルを示していますが、見込み客は具体的な検討が進んでいる分、購入する可能性がより高いと言えます。

潜在顧客へのアプローチが大切な理由

潜在顧客へのアプローチが大切な理由

潜在顧客へのアプローチが大切な理由についてお話します。

潜在顧客へアプローチする理由には、以下のようなものが挙げられます。

  • 新規顧客の獲得
  • 競合対策と先手
  • マーケットリサーチ

それぞれの理由について解説します。

新規顧客の獲得

潜在顧客へアプローチする理由として、新規顧客の獲得があります。

新規獲得は、未開拓の潜在市場から新たな顧客を引きつけるため、企業の事業拡大と成長を促進します。

潜在顧客へのアプローチは競合他社がまだ手をつけていない市場に先駆けて進出し、新たな需要を創造するためにも重要な手段です。

競合対策と先手

潜在顧客へアプローチするのが大切な理由として、競合対策や競合に対して先手を打つことができるというものがあります。市場で勝ち残っていくためには、競合他社が未開拓の潜在市場に先手を打つことが重要です。潜在顧客へアプローチする際、市場リサーチを通じて競合の弱点や悩みを把握し、それに対応する戦略を構築します。これにより、新規獲得と市場拡大に向けた競争優位性を確立します。

マーケットリサーチ

潜在顧客へアプローチする理由として、マーケットリサーチのしやすさがあります。マーケットリサーチは、潜在顧客とのアプローチを通じて市場動向や悩みに関する情報を収集できます。これにより、製品やサービスのニーズを的確に把握し、効果的なマーケティング戦略に反映させることが可能です。これにより企業は、市場認識を高め、効果的な展開を図ることができます。

潜在顧客へのアプローチに活用できる分析法

潜在顧客へのアプローチに活用できる分析法

潜在顧客へアプローチを適切に進める際、必ず分析が必要です。ここでは、潜在顧客にアプローチすることを考えたときに活用できる分析法を3つご紹介します。

今回解説する分析法は、以下の3つです。

  • 市場セグメンテーション
  • 購買履歴データ
  • SNSモニタリング

それぞれの分析法を組み合わせるなどして、潜在顧客へのアプローチの際に参考にしてみてください。

市場セグメンテーション

市場セグメンテーションは、顧客を潜在的な特性や行動パターンに基づいて細かく分類し、各セグメントの独自のニーズや要求を理解する手法です。この方法により、ターゲットとなる具体的なセグメントを特定し、効果的なコンテンツや営業戦略を展開できます。特定のセグメントに焦点を当て、オウンドメディアやSNSを活用して興味を引き、成約に繋げることが可能となります。市場セグメンテーションは、ビジネスにおいて効果的なマーケティング戦略を展開するための重要なステップであり、競争優位性を構築する鍵です。

購買履歴データ

購買履歴データ分析は、顧客が過去に購入した商品やサービスに基づいて、その嗜好や需要を深く洞察する手法です。企業はこれらのデータを活用して、各顧客に合わせた個別のアプローチを展開し、獲得を促進します。マーケティングや広告の効果を向上させるためには、分析ツールやCRMシステムの導入が欠かせず、購買履歴から導き出された情報は、ターゲティングやコンテンツ制作に大きな影響を与えます。この手法は、顧客の個別ニーズに焦点を当て、オウンドメディアやSNSを通じてリレーションシップを築き、成約率を高めるための重要な施策となります。

SNSモニタリング

SNSモニタリングは、ソーシャルメディア上での顧客の反応を把握し、その情報を活用して効果的なマーケティング戦略を展開する手法です。企業は顧客の興味や好みを正確に捉え、コンテンツを戦略的に配信して関与を促進します。これにより、オウンドメディアやSNSを通じてリーチを広げ、マーケティング活動の効果を向上させます。分析ツールを使用してデータを収集・解析し、ターゲット層の特定やリアルタイムなトレンドに対応することが重要です。SNSモニタリングは、顧客との対話を通じて信頼性を構築し、企業の知名度向上や潜在顧客の発掘に貢献します。

潜在顧客掘り起こし手順

潜在顧客掘り起こし手順

効率的に潜在顧客へアプローチするには、まず潜在顧客の見つけ方を確認する必要があります。ここでは、潜在顧客を掘り起こす際の3つの手順をご紹介します。

潜在顧客の掘り起こしは、潜在顧客へ効率的にアプローチするために欠かせない業務のひとつです。

潜在顧客の掘り起こしのステップをしっかり踏んで、効果的なアプローチへとつなげましょう。

潜在顧客を理解する

効率的に潜在顧客の掘り起こしをするために、潜在顧客をしっかり理解しましょう。ウェブ分析とCRMツールは、潜在顧客を理解する上で重要な手段です。サイト訪問データや購買情報の詳細な分析により、彼らの動向や嗜好が明らかになります。これを元に、個別の顧客に合わせたアプローチポイントを見つけ、効果的な戦略を展開できます。このアプローチにより、企業は効果的に潜在顧客を獲得し、自社のサービスを顕在化させることが期待できます。

ペルソナを設定する

潜在顧客の掘り起こしをするために、ペルソナの設定も重要です。デモグラフィック情報や購買動機をもとに、具体的なペルソナを設定します。これは潜在顧客をキャラクターとして捉え、彼らのニーズや関心に合わせたコミュニケーション戦略を展開するための重要な手法です。ペルソナ設定により、顧客の興味や課題を理解し、それに対応したサービス提供やコンテンツ制作が可能となります。ペルソナ設定は、マーケティング施策を具体的かつ効果的に展開し、自社のサービスが顕在化する一翼を担っています。

カスタマージャーニーを作成する

潜在顧客の掘り起こしをするために、カスタマージャーニーを作成します。顧客がサービスや製品に初めて出会い、購入までの経路を理解できるよう、計画を緻密に進めます。ウェブサイト、SNS、セミナーなどを駆使して、適切で的確なアプローチを実施し、購買意欲を効果的に促進する戦略を展開します。顧客が情報を得る過程で、各ステップでの興味や関心を考慮し、オウンドメディアや資料提供などを通じて必要な情報を提供します。このアプローチにより、顧客はスムーズに購入に至り、企業は獲得とリード育成(リードナーチャリング)に貢献する効果的なカスタマージャーニーを構築します。

潜在顧客にアプローチする方法

潜在顧客にアプローチする方法

潜在顧客への掘り起こしを行ったら、次は実際に潜在顧客にアプローチします。この章では、実際に潜在顧客にアプローチする際の方法を7つご紹介します。

潜在顧客へのアプローチ方法として考えられるのは、以下のようなものです。

  • コンテンツマーケティング
  • ソーシャルメディア活用
  • ウェブ広告キャンペーン
  • イベントやセミナー開催
  • SEO対策
  • ダイレクトメールキャンペーン
  • リードの育成とCRMの導入

それぞれのアプローチ方法を簡単に解説します。

コンテンツマーケティング

潜在顧客へのアプローチ方法として、コンテンツマーケティングがあります。コンテンツマーケティングでは、ウェブサイトやブログ、SNSなどで質の高い情報を発信し、潜在顧客の興味を引きつけ、信頼を築く手法が考えられます。企業のサービスや製品に関連した魅力的なコンテンツを提供し、ターゲット層にアプローチできるのです。これにより、顧客のニーズに応え、マーケティング目標の達成に貢献します。

ソーシャルメディア活用

潜在顧客へのアプローチ方法として、ソーシャルメディア活用があります。ソーシャルメディアを活用し、SNSプラットフォーム上で潜在顧客と対話します。コミュニケーションを通じて彼らのニーズを把握し、自社のサービスや製品に関する情報を提供します。顧客との有意義な交流を通して、マーケティングのアプローチを強化し、信頼関係を築く手法を活かします。

ウェブ広告キャンペーン

潜在顧客へのアプローチ方法として、ウェブ広告キャンペーンがあります。ウェブ広告キャンペーンでは、Google広告ソーシャルメディア広告を駆使し、ターゲットとなる潜在顧客に直接アプローチします。特定のキーワードに基づいて広告を巧妙に表示し、サービスや製品に関する情報を的確に伝え、興味を引きつけます。これにより、効果的なマーケティングの手法を活かし、潜在的な顧客の獲得を促進します。

イベントやセミナー開催

潜在顧客へのアプローチ方法として、イベントやセミナー開催があります。イベントやセミナー、展示会などの開催は、潜在顧客と直接対話できる効果的なアプローチです。インダストリーや製品に焦点を当て、専門的な情報を提供することで、顧客の興味を引きつけます。サービスや製品の詳細な説明を通じて、顧客のニーズや悩みに対する解決策を提供し、マーケティングの成功につなげます。セミナー主催を通じて企業の専門知識をアピールし、信頼を築くことが可能です。

SEO対策

潜在顧客へのアプローチ方法として、SEO対策があります。SEO対策では、検索エンジン最適化を実施し、関連するキーワードで上位表示を目指します。それにより、潜在顧客が検索した際に企業やサービスが目に留まりやすくなります。検索エンジン上での良好なランキングを維持することで、自社のウェブサイトやコンテンツが顧客のニーズに合致し、効果的なアプローチが可能となります。SEO対策はマーケティング戦略の一環として、オンラインでの認知拡大や企業価値の向上に寄与します。

ダイレクトメールキャンペーン

潜在顧客へのアプローチ方法として、ダイレクトメールキャンペーンがあります。ダイレクトメールキャンペーンでは、特定の潜在顧客に向けて直接郵送物を送ります。これにより、個別のニーズに合わせた情報提供が可能で、ターゲット層に直接アプローチできます。このアプローチは、郵送物を通じて製品やサービスのメリットやポイントを詳細に伝え、興味を引き、成約につなげる手法です。ダイレクトメールは効果的なマーケティング手法の一つであり、潜在的な顧客獲得や既存顧客のリード育成に貢献します。

リードの育成とCRMの導入

潜在顧客へのアプローチ方法として、リードの育成とCRMの導入があります。リードの育成とCRMの導入は、潜在顧客へのアプローチ方法として効果的です。リードの育成は、潜在顧客がサービスや製品に関心を持ち始めた段階から始まります。それを追跡し、関心を深めるための情報を提供し、興味を持続させます。CRMの導入は、このプロセスを効果的に管理し、顧客との関係を強化します。CRMシステムは顧客の情報を一元管理し、顧客のニーズや行動を分析し、適切なタイミングで適切なコンテンツやサービスを提供します。

これらの手法を総合的に活用し、潜在顧客へのアプローチを戦略的に進めます。

潜在顧客へのアプローチにおすすめのサービス

潜在顧客へのアプローチに活用できる、おすすめのサービスやツールをご紹介します。潜在顧客へのアプローチ方法は、さまざな方法があるため、どのようにアプローチすれば良いか悩む場合も多いはずです。そんなときは、管理や分析、潜在顧客とのコミュニケーションなどにツールを活用してみてください。

今回ご紹介するのは、以下のツールです。

  • マーケメディア
  • Hotjar
  • eセールスマネージャーRemix Cloud

それぞれのツールについて、簡単に解説します。

マーケメディア

マーケリー
マーケリー

マーケメディアでは、多くの企業が資料を掲載しています!自社の資料を掲載して、潜在顧客へアプローチする方法としておすすめです!

マーケメディアも、潜在顧客へのアプローチに有用なサービスのひとつです。マーケメディアは、株式会社マーケメディアが運営する、資料ダウンロードサイトです。主にBtoBマーケティングを想定した、マーケティング、広告、営業の担当者の業務に役立つ3600以上の資料を掲載しています。資料のダウンロードだけでも潜在顧客へのアプローチに十分に活用できます。しかし、マーケメディアの最大の特徴は、資料をマーケメディア内に掲載すると、ダウンロードされた際に、ダウンロードした企業の情報を確認できる点です。潜在顧客の分析や営業のチャンスを増やすのにも一役買います。※掲載側、利用者側ともに法人限定

詳しくはこちら

Hotjar

潜在顧客へのアプローチに有用なサービスとして、Hotjarがあります。Hotjarは企業や自社のウェブサイトを分析し、潜在的な顧客の行動やニーズを理解するためのサービスを提供しています。ウェブサイト上のページを訪れたユーザーがどのようにサイトを利用しているか、どのエリアでクリックやスクロールが行われているか、リンクやフォームの利用状況などをリアルタイムに可視化します。これにより、企業は潜在的な顧客のアクションを詳細に把握し、サイトの改善点を見つけ出すことが可能です。無料で利用できる範囲も多いので、まずは無料登録で使用感を確認してみるのもおすすめです。

詳しくはこちら

eセールスマネージャーRemix Cloud

潜在顧客へのアプローチに有用なサービスとして、eセールスマネージャーRemix Cloudもあります。セールスマネージャーRemix Cloudは、企業の営業を効果的に支援するクラウドベースのツールです。主な機能として、CRM機能があり、顧客情報の一元管理やデータ分析を通じてターゲットに合わせたアプローチが可能です。また、導入後の運用について課題が生じた際にも、万全なサポート体制を整えているのも特徴です。これにより、企業は効果的な営業戦略を展開し、リードの獲得から成約に至るまでのプロセスを円滑に進めることができます。

詳しくはこちら

ここでご紹介した以外にも、さまざまな種類のツールやサービスがあるので、比較て検討して、自社に合ったものを探してみてください。

潜在顧客へのアプローチで成果へつなげる

潜在顧客へのアプローチで成果へつなげる

潜在顧客へのアプローチについてお話しました。潜在顧客の見つけ方に始まり、効率的なアプローチ方法やおすすめなツールなどもご紹介しました。

潜在顧客へのアプローチはさまざなメリットがあり、業界で勝ち残っていくためにも重要な経営戦略とも言えます。

潜在顧客へのアプローチを適切に進めることで、企業は市場認識や競合環境を理解し、ビジネス戦略を構築して成功に向けて進むでしょう。


株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

マーケメディアでは、BtoB関連に関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました