漫画広告を依頼したときの料金相場やマーケティング事例とは?

※この記事にはプロモーションが含まれています。

漫画広告を依頼したときの費用は?BtoB関連
BtoB関連

現代マーケティングでは漫画広告が新たなトレンドになっています。この記事では、漫画広告の料金相場と実際のマーケティング事例を紹介します。

制作会社への依頼費用、効果的な制作流れ、費用対効果、そして配信・宣伝手法に焦点を当て、自社サービスの魅力を伝えるための漫画広告の活用法を解説を通じて消費者の心に残る印象を生み出す漫画広告の可能性を探ります。

230608-ec-importantpoint_page-0001
230608-ec-importantpoint_page-0002
230608-ec-importantpoint_page-0003
230608-ec-importantpoint_page-0004
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
230608-ec-importantpoint_page-0001
230608-ec-importantpoint_page-0002
230608-ec-importantpoint_page-0003
230608-ec-importantpoint_page-0004
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

漫画広告を制作会社に依頼した場合の費用相場

今後漫画広告を依頼しようとした場合、費用はいくらかかるのか気になると思います。
三つの企業を参考にして費用の相場を紹介します。

いくつもの制作会社があるので特色や費用を比較しながら宣伝する商材に合った会社を選びましょう。

株式会社まんがたり

株式会社まんがたりはBtoB・スタートアップの漫画制作が強みの制作会社です。
他にも漫画のみ、声のみといった個別での依頼も対応してもらえます。

出典:まんがたり https://media.mangatari.co.jp/

まんがたりの料金プランは以下の通りです。

お試しプラン(4ページ)38万 内訳:取材費6万 ページ単価8万
通常プラン(8ページ)62万 内訳:取材費6万 ページ単価7万
ガッツリプラン(16ページ)102万 内訳:取材費6万 ページ単価6万

参考:料金・サービス紹介|メディアマンガ

Lavan7

Lavan7は幅広い絵柄から選ぶことができたり、基本的な構成やストーリーが決まっていれば他社よりも安くカラー1ページ2万3千円で依頼することができます。

費用を抑えたい方やすでに制作したい広告の内容が決まった方向けの制作会社です。

出典 株式会社Lavan7(ラバンセブン) https://www.lavan7.co.jp/

Lavan7の料金プランは以下の通りです。(1ページ単位)

基本コース(簡単なストーリーが決まっている人):20,000円~
丸投げコース(シナリオもすべて任せたい人):要相談

マンガ製作所では「基本コース」と「丸投げコース」の2つのコースをご用意させていただいております。「基本コース」では、内容をご用意いただくことによって低価格で漫画の制作が可能です。「丸投げコース」では、漫画のストーリーから構成まで弊社で担当させていただきます。

マンガ制作(料金一覧)|Laven7

有限会社CRIE

CRIEは動画制作会社で広告動画を作成してもらえます。YouTubeなどで流すための動画広告を依頼したい場合おすすめです。オプションでチラシやパンフレット、バナー広告も作成してもらえます。

出典:コミック堂|有限会社 CRIE

有限会社CRIEが運営するコミック堂の料金プランは以下の通りです。

マンガ制作基本料金説明単価
シナリオ・ネームA4サイズ1p毎20,000円~
漫画フルカラーA4サイズ1p毎40,000円~
漫画モノクロA4サイズ1p毎30,000円~
著作権財産権譲渡お問い合わせ下さい
オプション料金説明単価
チラシ・DM制作A4サイズ1p毎30,000円~
パンフレット制作A4サイズ1p毎30,000円~
ランディングページ制作A4サイズ約2p分100,000円~
バナー制作1点3,000円~

参考:マンガ・イラストを使った広告のご案内|コミック堂

漫画広告のマーケティング事例

実際に、漫画広告を依頼した場合どんないいことがあるのでしょうか。漫画広告を頼むメリットや
費用対効果はどんなものなのでしょうか。

企業が漫画広告に頼むメリットとは?

漫画広告を企業に頼むメリットはストーリーになっているので見る人の興味を引き付け最後まで広告を見てくれる人が増えます。

漫画はイラストと吹き出しで描かれているので、視覚的にわかりやすく文章よりも多くの情報を伝えることができます。人は1分あたり文章だと1,000文字程度しか理解できませんが漫画だと2000文字の情報を頭にいれることができます。このことからもテキストで広告をだすよりも漫画が効果的だとわかります。

漫画広告の効果的な制作の流れ

漫画広告を依頼してからかんせいするまでの流れを簡単に説明します。
一つの例なので細かい部分は制作会社で変わったりするかもしれませんのでご注意ください。

1 制作会社にお問い合わせ後、ヒアリングを行います。内容や予算、漫画家の希望などの基本的なことに加えて顧客に何を伝えたいかターゲットはどの層なのかを聞き取り依頼人の要望を明確にします。

2 ヒアリングをもとに動画の構成や内容を決めていき漫画家さんに下書きを描いてもらいます。
  下書きを確認してもらい修正を行ったのち次の工程に進みます。

3 下書きが終わったら、ペン入れや色を入れる作業になります。色の指定もできるのであれば伝えましょう。ペン入れや色を入れ終われば漫画が完成に近づきます。

4 順調に仕上がりセリフを入れて作業が終われば最終確認をして完成です。できた漫画広告が納品され製作は完了になります。

5 納品された漫画広告は載せたいWebサイトにアップロードしたり自分の使い方で有効活用しましょう。

漫画広告の費用対効果

製作コストも高くなく、テキストの広告よりも顧客の記憶に残りやすく、拡散力も大きいため、漫画広告の費用対効果はほかの広告と比べて高いです。

多くの人の目に留まり、具体的な内容を短い時間で知ってもらえるという点で漫画広告は広告として優れています。

漫画広告による費用対効果が増えてきたことで注目されていき、多くの企業や人が依頼するようになってきています。

漫画広告の具体的な制作方法

漫画広告を作る際には内容や構成にどんなポイントがあるのでしょうか。また、どんなことに注意して制作されているのかを具体的に紹介します。

漫画広告のストーリー構成のポイント

ストーリー構成で重要なのが広告が始まる最初の5秒です。

5秒立つと消されてしまう広告も多いのでいかに伝えたい内容を短い時間で見せれるか、興味をもってもらい最後まで広告を見てもらえるつかみになるかが大切です。

けれど内容が広告全体で詰まりすぎててもいけません。確かに漫画は文章と比べて多くの情報を伝えられますが内容がごちゃごちゃしすぎてわかりにくくなってしまいます。

ユーザーが読みやすく印象に残りやすい構成にすることで興味を持ってもらい記憶に残る漫画広告を作成できます。

漫画広告の表現方法と注意点

表現での注意点は法律に違反していたり過激な内容は控えましょう。広告としてネットに載せられなくなってしまったりイメージが悪くなってしまいます。

表現方法として有効なのはユーザーから好まれる恋愛要素やギャグシーンを入れることで読みたくなる内容にすることができます。商品やサービスの存在は薄れてしまいますが最後まで読んでもらえたり興味をもってもらうきっかけとしてよい表現方法です。

漫画広告におけるキャラクター設定の重要性

漫画広告に出てくるキャラクターは見ている人が感情移入できる設定にしましょう。

そうすることでそのキャラが困っていたことが商品やサービスで解決したときの気持ちを疑似体験することができます。そこから興味を持ってもらうことで漫画広告としての効果が発揮されます。

漫画広告の配信と宣伝手法

漫画広告をどこに載せるかどのように宣伝するかを考えなくてはなりません。効果的な宣伝方法やSNSの活用法を紹介します

広告運用代行におすすめのトップ7企業!成功を導く選ばれたパートナーとは?1

漫画広告の最適な配信形式とチャネル選び

漫画広告の配信形式はWebサイト、SNS、動画サイト、バナーなどがあります。

SNSですとfacebook、Twitter、Instagram、動画サイトはYouTubeが主流です。

漫画広告を使用する目的によってHP、Webサイトに載せるのかSNSで宣伝するのがいいのかは変わります。

同じSNSでも顧客の層でどのSNSが効果的かを選び宣伝しましょう。

漫画広告のSNSを活用した宣伝方法

近年ではSNSが幅広い年代に広がり気軽に利用する人が増えました。SNSに漫画広告を載せれば多くの人の目に入り漫画を読む要領で広告感が少なく最後まで楽しく読んでもらえます。

主なSNSで人気なのはTwitterとInstagramです。画像を1回に複数枚投稿できたり、いいね・RT・
シェアのような機能で拡散されやすくなっています。

漫画広告の効果を最大化するPR施策

漫画広告の効果をより最大化するにはどんな方法があるでしょうか。漫画広告を出している企業を参考にして考えていきましょう。

人気のある漫画家やイラストレーターの人に依頼したり漫画家やインフルエンサーの人に商品やサービス使ってもらいレポート漫画として載せて㏚してもらう企業が増えています。

レポート漫画のは見た人にリアルな声や具体的な内容を伝えることができます。フォロワーやファンが多ければ注目度も高くなり絶大な効果が期待されます。

まとめ

漫画広告が気になっている、これから依頼したい方に向け漫画広告の制作会社別相場費用やメリットや効果、宣伝方法を紹介しました。

沢山の人に宣伝するにはユーザーの興味を引き商品やサービスを使いたいと思わせる広告が大切です。視覚的に情報を伝えやすく共感を得やすい漫画広告は宣伝方法として効果的です。

気になった方はこの記事を参考にして自分に合った制作会社を選び漫画広告を依頼してみてください

もっと詳しい内容を知りたい方は漫画広告の資料を取り寄せ自分のイメージする漫画広告を目指し宣伝しましょう。

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

マーケメディアでは、BtoB関連に関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました