ダイレクトマーケティングとD2C|成功事例や向いている業界を解説

※この記事にはプロモーションが含まれています。

ダイレクトマーケティング|D2CEC
EC

D2C(Direct-to-Consumer)とダイレクトマーケティングの成功事例を知ることは、事業を成功させるために重要です。本記事では、実際にあった成功事例をもとに、ダイレクトマーケティング手法の魅力と効果をわかりやすくご紹介します。是非、最新のマーケティング戦略を学ぶ参考にしてください。

マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

ダイレクトマーケティングの成功事例

ダイレクトマーケティングの成功事例は、下記のとおりです。

ディネット株式会社
SNSを通じた情報の共有とインフルエンサーの活用が成功の要因です。ただの商品宣伝よりも、顧客が楽しむコンテンツを提供することが大きく寄与しました。

ベースフード株式会社
顧客からのインタビューやフィードバックを基盤として、商品改良などのマーケティング活動を行いました。顧客の意見を取り入れる事で、成功を収めました。

Amazon.com, Inc.
自社が持つビッグデータを利用したダイレクトマーケティングで成果を上げています。定期的なメール提案、会員特典のセールやイベント、購入履歴に基づくオファーなどを行っています。

株式会社ファンケル
「初回無料体験」の宣伝を利用して、初回利用の障壁を低くし、その後の定期的な購入を促進しています。

株式会社ディーエイチシー
無料の試供品を配布し、それを基に定期購入を促しています。さらに、購入金額に応じて別のサプリメントのサンプルをプレゼントしています。

ダイレクトマーケティングとは?

ダイレクトマーケティングとは?

ダイレクトマーケティングは、マスメディアなどの第三者を介さず、個々の消費者への直接的なコミュニケーションを行うマーケティング手法です。

混合しやすいD2Cマーケティングとの違い

D2Cマーケティングとは、生産者が消費者に製品やサービスを直接販売するマーケティング手法です。

ダイレクトマーケティングは、個々の消費者への直接的なコミュニケーションを行うマーケティング手法です。

ダイレクトマーケティングの手法

ダイレクトマーケティングには、下記のような種類があります。

  • テレマーケティング
  • SNSマーケティング
  • パンフレット
  • カタログ
  • チラシ
  • ニュースレター
  • ポストカード
  • クーポン
  • Eメール、メールマガジン
  • ディスプレイ広告
  • テキストメッセージ、チャット

なぜダイレクトマーケティングやD2Cが必要なのか

ダイレクトマーケティングやD2Cが必要な理由として、仲介を挟まずに消費者に直接販売でき、LTVを大幅に向上させる事ができることが理由です。

LTVとは、Life Time Valueの略であり、顧客生涯価値を指します。顧客が自社と取引を始めてから利用を終了するまでに得られる利益のことです。

例えば、女性が3,000円の化粧品を購入したときに、自分の肌に合っているものを見つけたときに継続して購入する可能性が高いでしょう。

もし、直接購入した場合には、次回購入時にも直接購入を行うため、第三者を挟むマーケティング手法と比較した場合の利益率が大きく異なります。

ダイレクトマーケティングが向いている業界とは?

ダイレクトマーケティングが特に向いている業界は化粧品業界です。

ダイレクトマーケティングが特に向いている業界は、化粧品業界です。

化粧品業界がダイレクトマーケティングに適している理由を具体的に解説します。

手法説明具体例
個人ごとに最適な情報を提供顧客の肌のタイプ、好み、関心や過去の購入履歴に基づいて製品や情報を提供。特定の肌の悩みやニーズに合わせて、オススメのスキンケア商品やメイクアップを提案。
サンプル提供化粧品を実際に試すことが重要で、サンプルや試供品を顧客に提供して購入を促進。新製品のサンプルを既存の顧客に郵送する。
ロイヤルティプログラム顧客のリピート購入やブランドへのロイヤルティを高めるための特典やポイント制度を提供。購入金額や回数に応じてポイントを付与し、特定のポイントが貯まったら特典を提供。
ペルソナに合わせたキャンペーン年齢、性別、地域などの顧客のセグメントに応じたキャンペーンで的確なマーケティングを実施。特定の年齢層や生活環境の顧客に、アンチエイジング製品や季節に合わせたスキンケア商品の宣伝。
フィードバックを収集顧客からのフィードバックを収集し、製品改良や新製品の開発に役立てる。新製品の使用後のアンケートを実施し、評価や意見を収集する。

もっと詳しく知りたい場合には、下記の資料をご覧ください。(事業者向け)

資料では、化粧品業界や健康食品を扱うD2C企業が、高騰する広告費や景品表示法が改正されるなかで、競合他社に勝つ方法をまとめています。

化粧品・健康食品を扱うEC事業者向け
資料:化粧品/健康食品D2C企業が状況を打破するためのアイデア45選

他にも、ダイレクトマーケティング向いている業界はいくつかあるので、下記に列挙します。

  1. 小売業: 新商品の発売、店舗のリニューアル、記念日セールなど、特別なイベントやプロモーションを事前に通知し、顧客の来店を促進する。
  2. 金融業: クレジットカードやローン、保険の申し込みを促すためのダイレクトメールやEメールマーケティングの活用。
  3. 旅行・ホスピタリティ業: 顧客の過去の予約履歴や興味に基づいて、特別オファーや新しいプランの情報を提供する。
  4. 出版業: 定期購読の勧誘や、特定の興味に合わせたコンテンツの提供。
  5. 教育業: オンラインコースやセミナー、学校の入学を促すための情報提供。
  6. 不動産業: 新しい物件の情報や特別なプロモーションの提供。

まとめ

ダイレクトマーケティングは、第三者を挟まないことにより、LTVが大幅に向上するため、消費者と継続的な取引が生じる事業であれば取り組みたいマーケティング手法です。

特に化粧品や健康食品業界は、継続してユーザーが同じ商品を購入する事が多く、ダイレクトマーケティングに向いています。経験豊富な専門家に話を聞くことで、より具体的な施策を練ることができるでしょう。

山口 尚大|クリームチームマーケティング合同会社
山口 尚大|クリームチームマーケティング合同会社

私は、十年年以上化粧品・健康食品のメーカー様に特化してマーケティング支援をしてまいりました。

本当のパートナーになるためには広告・マーケティングの知識だけではなく、ビジネス構造を知っていることも大きな強みになります。

気になる事業者の方は、一度話を聞いてみてはいかがでしょうか。

資料では、化粧品業界や健康食品を扱うD2C企業が、高騰する広告費や景品表示法が改正されるなかで、競合他社に勝つ方法をまとめています。

通販化粧品・健康食品のダイレクトマーケティングに詳しい山口さんの資料
化粧品・健康食品D2C企業が売上を向上させるためのアイデアホワイトペーパー
資料:化粧品/健康食品D2C企業が状況を打破するためのアイデア45選

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

マーケメディアでは、ECに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました