展示会にコンパニオンは必要?導入の目的と効果を最大化する方法

※この記事にはプロモーションが含まれています。

BtoB関連
BtoB関連

展示会やイベントに参加すると、どの会場でも見かけるコンパニオン。展示会出展者のなかには、ブースを華やかにするコンパニオンの必要性を検討する方もいるのではないでしょうか。

今回は、展示会でコンパニオンを導入する目的や役割について、効果を最大化する方法とともに解説します。コンパニオンの依頼を検討している方や、なんらかの方法で展示会ブースを盛り上げたいと考える方は、参考にしてください。

230608-ec-importantpoint_page-0001
230608-ec-importantpoint_page-0002
230608-ec-importantpoint_page-0003
230608-ec-importantpoint_page-0004
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
230608-ec-importantpoint_page-0001
230608-ec-importantpoint_page-0002
230608-ec-importantpoint_page-0003
230608-ec-importantpoint_page-0004
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

展示会コンパニオン導入の3つの目的と重要性

展示会コンパニオン導入の3つの目的と重要性

展示会や交流会にコンパニオンがいると、ブース運営や来場者対応において大きな役割を果たします。以下は、コンパニオンを導入する目的の一例です。

  1. ブースの魅力を引き立てるため
  2. 企業のイメージを確立させるため
  3. 来場者とのコミュニケーションを円滑にするため

コンパニオンの重要性を把握するためにも、確認しておきましょう。

ブースの魅力を引き立てるため

展示会コンパニオンは、企業の出展ブースの魅力を引き立てる役割を果たします。なかでも華やかな装いのコンパニオンは訪れる人の目に留まりやすく、来場者がブースへ立ち寄るきっかけにもなります。

このようなアイキャッチ効果の高いコンパニオンを導入できると、賑やかな展示会でもブースが埋もれず、目立たせることが可能です。コンパニオンがいないブースと比べると、来場者の印象にも残りやすくなるでしょう。

企業のイメージを確立させるため

展示会のコンパニオンは、企業のイメージ戦略において重要な役割を担っています。たとえば、企業ブランドに高級な印象をもたせたい場合は、コンパニオンに凛とした振る舞いを求めると効果を得やすくなります。一方、親しみやすさを演出したい場合は、来場者へ積極的に話しかけるような、明るい振る舞いのコンパニオンがよいでしょう。

このように、企業のブランドイメージを理解して振る舞うコンパニオンがいれば、来場者に対するイメージの構築につながります。場合によっては高感度が上がり、信頼や評判の獲得も期待できるでしょう。

来場者とのコミュニケーションを円滑にするため

展示会コンパニオンは、来場者とのコミュニケーションを円滑に行う役割も担っています。以下は、コンパニオンが行う業務の一例です。

  • カタログ・ノベルティ・リーフレットの配布
  • 展示コーナーでの商品説明
  • 来場者の名刺の受け取り
  • アンケートの回収 など

これらの業務では、商品やサービスに関する質問に回答したり、来場者からのニーズをヒアリングしたりする機会もあるでしょう。展示会にコンパニオンがいれば、忙しい担当者に代わって来場者の対応を行ってくれます。そのためコンパニオン不在のブースに比べると、より多くの人へ企業の商品・サービスの情報を伝えられるでしょう。

展示会コンパニオンの活用効果とは?

展示会コンパニオンの活用効果とは?

展示会コンパニオンを導入するには費用を伴うため、「依頼するなら納得の効果を得たい」と考える企業は多いでしょう。以下は、展示会でコンパニオンを雇った場合の活用効果が期待できるものです。

  • 来場者の増加
  • ブランドイメージの向上
  • 展示会・イベント目標の達成

コンパニオンの導入検討に向けて、詳細をチェックしておきましょう。

来場者の増加

展示会ブースにコンパニオンが存在すると、ブース来場者数に明らかな違いが生じます。たとえば男性顧客を呼び込みたい場合は華やかなコンパニオンを導入し、子連れ層向けならキャラクターものを配置するとブースの注目度が上がるため効果を得やすくなります。

コンパニオンの存在により来場者が増えれば、賑わうブースを見た顧客の「立ち寄りたい」という気持ちも高まり、相乗効果を発揮するでしょう。企業がビジネスチャンスを獲得できる可能性も高まります。

ブランドイメージの向上

展示会コンパニオンのプロフェッショナルな対応は来場者に良い印象を与え、企業のブランドイメージの向上につながります。あまり認知度の高くない企業でも、コンパニオンの存在によって周知されれば、企業価値が高まるかもしれません。

来場者からの良好なイメージを獲得できれば、今後の取引で期待以上の結果につながる可能性も出てくるでしょう。

展示会・イベント目標の達成

展示会やイベントでは、企業内で出展に際して営業目標が組まれるケースがほとんどです。そのような状況では、コンパニオンの導入が目標達成に近づく鍵となります。

たとえば展示会当日、予想を上回る数の来場者がブースを訪れても、コンパニオンがいると中継ぎや受付応対などを任せられるため、商談の機会を逃さなくて済みます。結果的にブースの勢いを弱めることなく、目標達成につながる可能性も高まるでしょう。

展示会コンパニオンの適切な選び方

展示会コンパニオンの適切な選び方

展示会コンパニオンを効果的に活用するためには、適切なスタッフの選定が欠かせません。では、どのような点に留意して選べばよいのでしょうか。以下は、コンパニオン選定の際にポイントとなる項目の一例です。

  • 企業とのマッチング度をチェックする
  • 派遣会社の教育・バックアップ体制が問題ないか確認する
  • 予算内で依頼できるか確かめる

イメージどおりのコンパニオンを手配するためにも、詳細を把握しておきましょう。

企業とのマッチング度をチェックする

展示会コンパニオンを選ぶ際は、それぞれがどのような個性をもっているのか、また企業やブースイメージに合致しているのかをチェックする必要があります。

たとえばテクニカルな商品を展示する場合は、技術的な知識をもつコンパニオンが求められる一方、ファッション関連の展示会では、スタイリッシュで外見が華やかなコンパニオンが適しています。その他、展示会での経験値も確認しておきたいところです。

コンパニオンと企業の性質がマッチしていると、来場者とのコミュニケーションを円滑にするために役立ちます。イメージどおりの接客をしてもらえれば、来場者はより快適に感じ、ブースに長居してもらいやすくなるでしょう。企業のブランディングを高める効果も期待できます。

派遣会社の教育・バックアップ体制が問題ないか確認する

展示会コンパニオンには、展示商品やサービスに関する知識以外に、プロフェッショナルな立ち振る舞いが求められます。そのため、派遣会社で行われる事前トレーニングに問題がないか確認するのも大切です。

たとえば、コンパニオンの役割や業務遂行に必要なスキルが教育されているかどうかは、派遣会社によって異なります。きちんと訓練されたコンパニオンへ依頼し、そのうえで展示会当日に企業の情報を提供できれば、安心して来場者への対応を任せられるでしょう。結果的にブースの成功にもつながります。

予算内で依頼できるか確かめる

コンパニオンを選ぶ際は、コストも重要な要素です。初めから料金表を提示している派遣会社は問題ありませんが、都度見積もりを取得する場合は価格交渉によるコスト調整が必要かもしれません。

また単価が安すぎるとコンパニオンの質に影響するおそれがあるため、慎重に判断するのが大切です。前述した他条件と合わせて総合的に判断できると、より納得のいく価格で魅力的なコンパニオンに依頼できるでしょう。

まとめ

展示会コンパニオンは単なるブースの飾りではなく、ビジネスチャンスをつかむための重要な要素です。適切に選定して展示会に臨むことで、効果的な運営が実現できます。そのためには、コンパニオンの役割や重要性を正しく理解したうえで、どのような効果をもたらしてくれるのかという活用方法を把握しておかなければいけません。展示会コンパニオンの活用でブースの魅力を最大限に引き出し、来場者とのコミュニケーションを強化しましょう。

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

マーケメディアでは、BtoB関連に関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました