ChatGPTの改行方法|誤送信と正常作動しない場合の対処法を解説

※この記事にはプロモーションが含まれています。

マーケティングニュース
マーケティングニュース

ChatGPTで改行しようと「Enter」キーを押すと、書いている途中のメッセージが送信されてしまいます。この場合、思ってもいないタイミングで文章生成がスタートするため、操作ミスを無くしたいと考える方も多いでしょう。

この記事では、ChatGPTの適切な改行方法を紹介すると共に、誤操作の防ぎ方や正常作動しない場合の理由と対処法を解説します。ChatGPTを快適に使いこなすためにも、参考にしてください。

マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

ChatGPTで改行する方法とは?

ChatGPTで改行する方法とは?

ChatGPTで改行する方法は、ツールの利用環境によって異なります。以下は、おもな環境と改行するための操作方法です。

  • PC・ブラウザ版|「Shift + Enter」で可能
  • スマートフォン|「改行」で可能

状況に応じて適切に操作するためにも、詳細を確認しておきましょう。

PC・ブラウザ版|「Shift + Enter」で可能

パソコンのブラウザ版でChatGPTを利用する場合、「Shift」キーと「Enter」キーの同時押しでチャットボックス内の改行が可能です。この操作を活用すれば、AI生成前の文章を段落で分けたり、箇条書きでリストも作成できるようになります。

なお「Shift+Enter」の操作は、パソコンであればOSやブラウザを問わず改行が可能です。Windows・Macでも変わらないため、ChatGPTを初めて利用する方でも簡単に実践できるでしょう。

スマートフォン|「改行」で可能

スマートフォンでChatGPTを利用する場合、特別な操作は必要ありません。普段メールや文章の打ち込み時におこなうように「改行」キーを使えば改行できます。

この改行操作は、スマートフォンに限らずiPadやタブレット端末を利用する際も同様です。パソコン以外の環境でChatGPTを利用する場合は、通常操作によって改行を含んだプロンプトを作成できるでしょう。

ChatGPTで誤送信を回避する方法

ChatGPTで誤送信を回避する方法

ChatGPTの改行方法を頭では理解していても、操作ミスを連発してしまう方は多くいます。しかし、ChatGPTを開発したOpenAIでは、誤操作を回避できる設定変更は提供されていません。そのため操作ミスを防ぐためには、自身で対策する必要があります。

以下は、自分でできる誤送信の回避方法です。

  • テキストエディタを活用する
  • Chromeの拡張機能を活用する

ミスなくスムーズに文章を生成するためにも、操作方法を確認しておきましょう。

テキストエディタを活用する

ChatGPTで改行ミスを防ぐためには、チャットボックスに直接文章を打ち込むのではなく、事前にテキストエディタでメッセージを作成してからChatGPTへコピーするのがおすすめです。

テキストエディタでは「Enter」キーで自由に改行できるため、操作ミスが発生することなく自由に文章を作成できます。後ほど「コピー&ペースト」で文章を移動させる必要がありますが、Enterキーによる意図しないタイミングでの送信トラブルを回避できます。

Chromeの拡張機能を活用する

ChatGPTでの誤操作防止には、Chrome拡張機能「ChatGPT Ctrl+Enter Sender」の活用も有効です。この機能により、メッセージ送信を「Ctrl+Enter」改行を「Enter」キー単体での操作に変更できます。

ChatGPTに直接文章を打ち込みたい、ストレスなく操作したいと考える方には、前述したテキストエディタの利用よりも拡張機能の活用がおすすめかもしれません。

ChatGPTで改行できない場合の理由と対処法

ChatGPTで改行できない場合の理由と対処法

ChatGPTで正しく操作していても、改行できないケースが生じることもあります。以下は、ChatGPTが正常動作しない場合に考えられる理由です。

  • ブラウザやアプリが改行操作に対応していない
  • キーボードが正しく動作していない
  • ソフトウェアにバグが生じている

詳細を確認しておきましょう。

ブラウザやアプリが改行操作に対応していない

ChatGPTでうまく改行されない場合、利用中のブラウザやアプリケーションが、テキストの改行操作に対応していないケースが考えられます。このような状況では、別のブラウザでChatGPTを開くと正常に動作する可能性があります。

キーボードが正しく動作していない

ChatGPTが正常動作しないのは、キーボードショートカットが正しく動いていないのが原因かもしれません。この場合、別のキーボードに切り替えて入力したり、充電量を確認してみたりするなどの対処を試みましょう。

ソフトウェアにバグが生じている

ChatGPTで改行できない場合、ソフトウェアにバグが発生している可能性があります。このような状況では一度ChatGPTの利用を止め、時間をおいてから再度アクセスしてみるのがよいでしょう。

まとめ

今回は、ChatGPTでミスする方の多い「改行方法」を解説しました。パソコンの場合は「Shift+Enter」、スマートフォンやタブレット端末では「改行キー」の活用によって、改行操作をおこなえます。

もし上記操作でもミスしてしまう・うまく作動しない場合は、今回紹介した誤送信・操作不良のケースにおける対処法を試してみてください。ChatGPTをうまく活用し、スムーズな文章生成をおこないましょう。

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

ChatGPT関連の資料ダウンロード
マーケメディアでは、マーケティングニュースに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました