ChatGPTはSNS運用に活用できる?ChatGPT活用方法を徹底解説!

※この記事にはプロモーションが含まれています。

m060SNSマーケティング
SNSマーケティング 営業支援 マーケティングニュース

ChatGPTをSNS運用に活用する方法をご紹介!ChatGPTをSNS運用に活用するメリット・デメリットや便利なSNS運用支援ツールもご紹介しています。SNS運用担当者の方におすすめの記事です。

「ChatGPTをSNS運用に活用したい」と考えていませんか?

ChatGPTはSNS運用に活用できます。ChatGPTをSNS運用に活用するメリット・デメリットや、具体的な活用方法、便利なツールを解説しています。

SNS運用にChatGPTを取り入れれば、コミュニケーションの負担が減ったり、コンテンツのアイディアを提案してもらえるなどのメリットがあります。

この記事を読めば、SNS運用にChatGPTを活用するヒントが得られます。


mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
previous arrow
next arrow
mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
previous arrow
next arrow
20231027092804_l_1
20230917080339_l_1
20231006131707_l_1
previous arrow
next arrow
20231027092804_l_1
20230917080339_l_1
20231006131707_l_1
previous arrow
next arrow
m-01
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0016
wp_BIZMAPS_page-0003
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0005
wp_BIZMAPS_page-0006
wp_BIZMAPS_page-0004
wp_BIZMAPS_page-0007
wp_BIZMAPS_page-0008
wp_BIZMAPS_page-0009
wp_BIZMAPS_page-0010
wp_BIZMAPS_page-0011
wp_BIZMAPS_page-0012
wp_BIZMAPS_page-0013
wp_BIZMAPS_page-0014
wp_BIZMAPS_page-0015
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
m-01
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0016
wp_BIZMAPS_page-0003
wp_BIZMAPS_page-0002
wp_BIZMAPS_page-0005
wp_BIZMAPS_page-0006
wp_BIZMAPS_page-0004
wp_BIZMAPS_page-0007
wp_BIZMAPS_page-0008
wp_BIZMAPS_page-0009
wp_BIZMAPS_page-0010
wp_BIZMAPS_page-0011
wp_BIZMAPS_page-0012
wp_BIZMAPS_page-0013
wp_BIZMAPS_page-0014
wp_BIZMAPS_page-0015
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

ChatGPTとは?

ChatGPT(チャットGPT)とは、チャットに入力された質問にAIが答えてくれるチャットサービスです。まるで人間と話しているような自然な対話形式でAIが質問に答えてくれます。ChatGPTは、有名実業家達の支援を受ける人工知能の研究開発機関である「OpenAI」によって開発されました。

ChatGPTとは?

  • AIがユーザーの質問に答えてくれるチャットサービス
  • 人間と話しているような対話形式で回答してくれる
  • 人工知能研究開発機関OpenAIによって開発された
  • 多くの実業家が注目している

ChatGPTをSNS運用に活用するメリット

SNS運用にChatGPTを活用するメリットを2つご紹介します。

ChatGPTをSNS運用に活用するメリット

  • コミュニケーションを自動化できる
  • 新しい切り口で投稿コンテンツのアイディアをもらえる

ひとつずつ解説します。

コミュニケーションを自動化できる

ChatGPTを活用すれば、ユーザーからのDMやコメントに対して、内容に合った返答を自動的に行うことができます。ChatGPTは多言語対応しているので、グローバルな対応も可能です。

対話によってユーザーの要望に沿ったおすすめのコンテンツへの誘導もできますので、顧客満足度の向上も期待できます。また、ChatGPTを活用してユーザーとのコミュニケーションを自動化できれば、カスタマーサポートに必要な人件費の削除もできそうです。

新しい切り口で投稿コンテンツのアイディアをもらえる

SNS運用にChatGPTを活用すれば、投稿コンテンツのアイディアを提案してもらえるでしょう。

SNS運用では、投稿内容、スケジュール、デザイン、タイトル、キャッチコピー、文章など、多くのアイディアが必要とされます。多くのSNS運用担当者は「ネタが無い」などといった悩みを抱えているのではないでしょうか。

ChatGPTは、ユーザーの質問に対して膨大なデータから最適な答えを提示してくれます。もし、アイディアに限界を感じた時は、ChatGPTを活用してみてはいかがでしょうか。新しい切り口からSNS運用のアイディアを提案してもらえるでしょう。SNSマーケティングに関する内容は、下記の記事で説明しています。

ChatGPTをSNS運用に活用するデメリット

ChatGPTをSNS運用に活用すれば、SNS投稿のアイディアを提案してもらったり、コメントの返信を自動化することができるという魅力的なメリットがあります。

しかし、ChatGPTをSNS運用に活用する場合はデメリットもあるので注意してください。

ChatGPTをSNS運用に活用するデメリット

  • ChatGPTの情報が正しいとは限らない
  • 倫理・道徳観が時代にあっていない可能性がある

ChatGPTの情報が正しいとは限らない

ChatGPTをSNS運用に活用すれば、投稿内容やデザイン、文章などのアイディアを提案してもらえます。しかし、ChatGPTから得られる情報が正しいとは限らないので注意が必要です。

ChatGPTは膨大なデータを蓄積していますが、その情報が古いものであったり、誤っているケースがあります。重要な情報は、必ず正誤の確認をしましょう。誤った情報をSNSに投稿することは、会社にとって大きな損失となり得ます。

倫理・道徳観が時代にあっていない可能性がある

ChatGPTはSNS運用に役立つ多くのアイディアを提供してくれますが、ChatGPTから得られる情報が倫理的・道徳的に問題がないか注意が必要です。特に昨今ではジェンダーに関わる投稿はとてもデリケートです。

企業にとって、倫理的・道徳的に問題がある情報をSNSで投稿することは、信頼を失い業績が傾きかねない重要な問題です。

ChatGPTをSNS運用に活用するメリット・デメリット

SNS運用のためのChatGPT活用方法

ChatGPTをSNS運用に活用するにはどうすればよいのでしょうか?

ChatGPTは膨大なデータを蓄積しており、我々の質問に対して最適な答えを提示してくれます。

SNS運用を行う場面では、スケジュールや投稿内容、タイトルなど多くのアイディアが必要とされます。しかし、そのアイディアに限界を感じる方も多いのではないでしょうか? ChatGPTを活用すれば、スケジュールや投稿内容、タイトルなど、SNS運用に関わるアイディアを提示してもらうことができます。

ここでは具体的なChatGPTの活用方法をご紹介します。

SNS運用のスケジュールを作ってもらう

ChatGPTを活用すれば、SNSに、いつ、どのような投稿をするのかアイディアを出してもらうことができます。

例えば、夏休みやクリスマス、お正月、母の日など、季節や日にちに関するイベントに紐づけたSNS運用スケジュールを提案してくれます。

ChatGPTへの入力例

「○○の商品を紹介するためのSNSで、5月に投稿する内容を提案してほしい」

投稿内容のアイディアを出してもらう

SNS運用担当者にありがちな悩み、「投稿ネタが無い」。

ChatGPTはこの悩みを解決する手助けをしてくれます。例えば、ChatGPTに「○○の商品を宣伝するためのInstagramのアイディアを出してほしい」と入力すれば、ChatGPTがアイディアを提案してくれるはずです。

もし回答がイメージと異なる場合は、条件を加えたり切り口を変えたりして、もう一度質問しましょう。

ChatGPTとCanvaを使ってSNS投稿を自動化する方法

ハッシュタグを提案してもらう

SNSのひとつInstagramは、ハッシュタグ(#)によって流入数が大きく変わるため、ハッシュタグは大変重要な要素です。ChatGPTを活用して、ハッシュタグのアイディアを提案してもらいましょう。

イメージと異なる場合は、条件や情報を足せば、より精度の高い提案をしてもらえるでしょう。

ChatGPTへの入力例

「○○を紹介するために、Instagramに投稿するハッシュタグを提案して。」

タイトルやキャッチコピーを提案してもらう

SNSではどんなにすばらしい投稿をしても、タイトルやキャッチコピーが魅力的でなければユーザーに見てはもらえません。しかし、優れたタイトルやキャッチコピーを考えるのは簡単ではありません。そんな時ChatGPTを活用すれば、タイトルやキャッチコピーのアイディアを提案してもらえます。

例「○○を紹介する内容のタイトルを提案してほしい」

DMの返信用テンプレを作成してもらう

SNS運用ではユーザーとのコミュニケーションも重要な仕事です。SNSはユーザーとの距離が近いため、DMやコメントが多く寄せられます。これに対応するには多くの時間を要します。

ChatGPTを活用すれば、DMの返信用テンプレを作成することができます。問い合わせや予約受付、サービス完了後のお礼など、自社に必要なテンプレートをChatGPTで作成しておくとよいでしょう。

DM返信をテンプレ化することで、ユーザーを待たせることなく対応できるようになるため、顧客満足度の向上にもつながるでしょう。

SNS運用でChatGPTを活用するときの注意点・気を付けること

SNS運用でChatGPTを活用する際には注意点があります。必ずチェックしてください。ChatGPTで得た情報をそのままSNS運用に活用することは、会社にとってリスクとなります。

正しい情報とは限らない

ChatGPTの情報がいつも正しいとは限りません。出してくれた答えが正しいかどうか確認しましょう。ChatGPTの情報は古かったり間違いがあることがありますので、重要な情報は必ず自分で確認するようにしましょう。

倫理的・道徳的に問題がないか確認する

ChatGPTの情報が、倫理的・道徳的に問題がないか確認する必要があります。昨今は特にジェンダーや人種に関して注意しなければなりません。もしSNS運用で倫理的・道徳的に問題がある投稿をした場合、企業は顧客からの信頼を失い大きな損失となるでしょう。

ChatGPTが連携した便利なSNS運用ツール

ChatGPTをSNS運用で活用するにあたって、便利なツールを取り入れるのもおすすめです。

株式会社toが提供する「GENba」というSNS運用支援ツールでは、ChatGPTが連携しています。ChatGPTを連携することで、SNS投稿の企画や本文作成の補助が可能になっています。

SNS運用に苦戦している企業は、こういったChatGPTを連携したSNS運用ツールを取り入れることを検討してはいかがでしょうか。


▼この記事を読んだ方にはこちらの記事もおすすめです

マーケメディアではSNS運用に役立つ資料を無料でダウンロードできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました