【SNS運用担当者必見】企業のSNS運用を成功させるコツ10選!

※この記事にはプロモーションが含まれています。

m032SNSマーケティング
SNSマーケティング

インターネットやスマートフォンが普及した現代では、SNSを情報入手ツールの一つとして活用するケースが増えています。そのため、今や多くの企業でSNSを用いたマーケティング手法が当たり前となっています。そのような現状を踏まえ、SNS運用を始める方も多いのではないでしょうか。

しかし、SNS運用について調べても、インターネット上ではマーケティングに関するさまざまな考え方や知識が出回っているため、どの情報を信じるべきか判断しにくいのが事実です。実際に運用を開始したところで、思うような結果がついてこないケースも珍しくありません。

そこで今回は、マーケティング担当者に向けて、SNS運用を成功させるコツを10つご紹介します!

記事を読んでわかること

  • SNS運用の基本(全体像・効果)
  • SNS運用のコツ・注意点
  • SNSの選び方・特性

企業のSNS運用で生じやすい悩みや解決策を知りたい方は、参考にしてください。

mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

「SNS運用」とは?

「SNS運用」とは?

企業における「SNS運用」とは、SNSの公式アカウントを開設し、自社の商品・サービスに関するコンテンツを定期的に発信することをいいます。

投稿内容には、商品・サービスの基本情報のほか、知って得する豆知識や利用時の注意点など、ユーザーニーズを押さえたコンテンツが挙げられます。

企業がSNSを通じてユーザーとコミュニケーションを図ることで得られる効果は、以下のとおりです。

  • 商品・サービスの認知拡大
  • ブランディングの強化
  • イメージの向上
  • ファンの獲得  など

SNS運用の担当者には、写真・動画・文章などのコンテンツ準備や投稿、コメント・DMへの返信、データ分析といった多くの業務が生じるため、継続的な発信には思いのほかパワーがかかるかもしれません。しかし、商品・サービスをより効果的に拡散できる点で、大手企業から中小・個人事業主に至るまでの多くの人が、SNSを活用して情報発信を行っています。

「SNSマーケティング」との違い

SNS運用と混同しがちなのが「SNSマーケティング」です。

SNSマーケティングとは、SNSを活用したマーケティング手法を表す言葉で、以下5つの方法の総称となります。

  • インフルエンサーマーケティング
  • ソーシャルリスニング
  • SNSアカウント運用
  • SNSキャンペーン
  • SNS広告運用

上記を踏まえると「SNS運用」は、SNSマーケティングの手法の一つと考えられます。運用活動をスタートする前に、マーケティングの全体像を把握しておけるとスムーズです。

「SNS広告運用」との違い

SNS運用と混同しがちな用語には「SNS広告運用」もあります。しかし、これらには明確に違いがあり、具体的には以下のとおりです。

用語詳細
SNS運用投稿による情報発信が基本。
ユーザーと公式アカウント間でコミュニケーションをとり、信頼獲得を図る。
SNS広告運用ユーザーのSNS画面上へ商品・サービスの広告を配信する。
認知獲得・Webサイトへの流入を図る。

SNS運用は不特定多数のユーザーへ配信するのに対し、広告運用は分析ターゲティングによって実施する特徴があります。これら2つの手法を組み合わせれば、商品・サービスのさらなる認知拡大へつながると考えてよいでしょう。

マネタイズにつながる!SNS運用の全体像

マネタイズにつながる!SNS運用の全体像

企業がSNS運用をおこなうなら、運用から商品購入までの全体像を把握する必要があります。ここでは、マーケティング担当者が最初に知っておくべきマネタイズの流れを3ステップで解説します。

SNS運用の全体像
  • STEP1
    継続的な情報発信

    SNS運用の基本は継続です。まずは毎日投稿を心がけ、フォロワー数・いいねの増加を図りましょう。

    コツコツ投稿していくと、次第にアカウントの認知度も高まります。最初は日常の何気ない様子や、ターゲット好みの話題を取り上げて発信するのもおすすめです。

  • STEP2
    ユーザーとの接点づくり

    SNS運用で認知度拡大を図ったら、次におこなうべきはリストの獲得です。

    企業や商品に興味・関心を抱いたユーザーに向けて、メルマガ・LINE登録などを働きかけましょう。登録によって、顧客情報の獲得にもつながります。

  • STEP3
    セールス

    SNSからメルマガ・LINEへ誘導できたユーザーは、商品に対する興味・関心度の高い人です。そのため、これらのリードに対しては、SNSと異なる内容を発信していきます。

    発信内容の一例は以下のとおり。

    • 詳細な商品情報
    • 新商品の案内
    • セミナー案内
    • 無料体験の実施
    • 初回限定・お試し価格などの特典 など

    とにかく、ユーザーが手を出しやすいものからセールスしていくと、商品販売につながります。

このように、マネタイズの3ステップを把握しておくと、SNS運用からの収益化を図れるでしょう。

SNS運用を成功させるコツ10選!

SNS運用を成功させるコツ10選!

企業のSNS運用を成功させるためには、さまざまなコツがあります。ここでは、マーケティング担当者が押さえておきたい10のポイントを解説します。

公式アカウントの運用を成功させるためにも、チェックしておきましょう。

SNS運用の目的を定める

企業がSNS運用をおこなう場合、まずはどのような目的で発信するのかを明確にしましょう。たとえば、以下のような目標を掲げると、SNS運用の方向性がブレにくくなります。

  • ファンの育成(知名度・好意度の向上)
  • 潜在顧客からの認知獲得
  • 来店・購入意欲の向上
  • 関係性の強化 など

また、KPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)と呼ばれるゴールを達成するための指標を定めるのも大切です。そうすれば、プロセスの進行状況を把握しやすくなり、目標に届いていない場合でも早期の軌道修正が可能になります。

SNS運用のターゲットを明確にする

企業がSNS運用をおこなうなら「誰に対して発信するのか」という、ターゲットを明確にするのが大切です。たとえば、以下の項目をそれぞれ検討できると、徐々にターゲットが絞れてきます。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 居住地
  • 家族構成
  • 趣味や嗜好 など

これらの設定により、ユーザーへピンポイントでささる投稿が可能になります。その他、ファンとコミュニケーションしやすくなったり、アカウントの統一感がアップしたりするなど、多くのメリットを得られるはずです。

効果的なSNS運用を目指すためにも、まずはターゲットを詳細まで絞っておきましょう。どのように設定しようか悩む場合は、実在する人物をイメージしながら特徴を書き出してみるのもおすすめです。

商品・サービスに適したSNSを選ぶ

SNS運用では、目的とターゲット層を決める以外に、商品・サービスに合ったSNSを選ぶことも大切です。SNSは種類によって特徴が異なり、ユーザーの年齢層や利用する目的も違ってきます。

たとえば、50~60代向けのメンズアパレル商品を10~30代女性からの人気が高いInstagramで紹介しても、高い効果は期待できません。

各SNSを使っているユーザーの年代特性に合わせて、情報発信するフィールをを選ぶのが運用を成功させるコツといえるでしょう。

アカウントは個人名を感じられるものにする

企業がSNSアカウントを作成する際は、 個人名で企業のスタッフアカウントとして開設するのがおすすめです。 そうすることで、企業とユーザー間に壁ができるのを防ぎやすくなります

そもそも企業によるSNS運用では、アカウント名=企業名にしてあるケースが多く見受けられます。しかし、SNSは楽しむために利用するユーザーが大半のため、SNS上で商品を売り込むと嫌がられる可能性があるのです。

ユーザーから不信感を抱かれてしまうと、いくら運用に力を入れてもうまくいきません。ユーザーにとって親しみやすいアカウントを作成するためにも、アカウント名は個人名にしておくのがよいでしょう。どうしても企業名も入れたい場合は、紹介欄に掲載する程度で留めるのがおすすめです。

ユーザーニーズを踏まえた投稿を意識する

SNS運用では、ユーザーニーズを踏まえた投稿が重要です。ターゲット層がどのような悩みを抱えているのか、何を求めているのかを考え、ニーズをピンポイントでついた投稿をおこなうと、共感されやすくなります。

また、共感を得られた投稿はユーザー間で拡散される可能性が高く、ヒットすれば放っておいてもいいね数や記事への流入数フォロワー数がどんどん増えていきます。

このようなバズる状態が一回でもあれば、多くのユーザーの注目を浴びて話題になり、収益化につなげやすくなるでしょう。バズを発生させるためにも、ユーザーニーズを押さえた投稿を意識し、利用者にとって有益な情報を掲載するのがおすすめです。

お役立ち情報を投稿する

前述のユーザーニーズを踏まえた投稿と同様に、お役立ち情報も重宝されやすく、拡散につながる傾向があります。たとえば、以下のような投稿はユーザーの興味関心度が高いため、共感を得やすいかもしれません。

  • 日常生活ですぐ取り入れられる裏技
  • 少しの工夫で効率化につなげる方法
  • 利用者の声や口コミ など

上記以外に、商材へのこだわり人気商品などは一般的に知られていないため、 ユーザーから人気があるのも事実です。あまり知られていないお役立ち情報は、ユーザーに興味を抱いてもらえる点でSNS運用に欠かせないものといえるでしょう。

定期的なエゴサーチでユーザーとの交流を図る

SNS運用では、フォロワー数をどれだけ増やせるかも重要なポイントです。そのためには、定期的なエゴサーチで積極的にユーザーと交流するのも大切といえます。

エゴサーチする際は自社名や商材名などを検索したうえで、関連した投稿にいいねコメントを繰り返しましょう。ときにはマイナスな意見も見られるかもしれませんが、ユーザの投稿へ反応していると、自社に対して親近感を抱いてもらいやすくなります。

結果的にフォロワー数の増加や企業のイメージをアップにつなげられるでしょう。

炎上対策を固めておく

企業のSNS運用では、万が一に備えた炎上対策も欠かせません。SNSはいつ・どの投稿が炎上するのか予想しにくく、一度火がつくと運用失敗のリスクが高まります。

たとえば、以下のようなルールは、あらかじめ定めておくと安心です。

  • 投稿は2名以上の内容チェックを経ておこなう
  • 炎上しそうなワード(政治・宗教・テロなど)を使わない など

その他、炎上した場合の対応者を決めたり、対策マニュアルを作成したりするのも大切です。SNS運用をおこなうなら、実施前にネットリテラシーに関する知識を深めるなど、運用体制を整えられるようにしましょう。

アナリティクスを活用して適宜改善する

SNS運用を成功させたいなら、各SNSに搭載されたアナリティクスを活用して日々分析するのも大切です。たとえばInstagramの場合、インサイトを見ればどの投稿に人気が集中しているのかが一目でわかるため、そこからユーザーニーズの傾向を読み取れる可能性があります。

このような分析は定期的に実施し、結果次第では適宜改善をしていく必要もあるでしょう。SNSはトレンドが移り変わりやすいため、こまめに分析するのが運用成功のコツとなります。

継続的に運用する

SNS運用は、投稿してすぐに結果が出るものではありません。継続して投稿を続けることで、やっと結果に結びつくのです。そのため、最初はいくら投稿してもなかなか成果が出ず、モチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。

しかし、SNS運用はコツコツ投稿していくことこそが重要なコツです。最初から長期戦になると理解し、気長に一つひとつ投稿していくよう心がけましょう。

もし、一人の力で運用するのが難しい場合は、チーム内で投稿を分担したり、マニュアルを作成したりするのもよいかもしれません。マニュアルの事例は、以下のとおりです。

  • 投稿頻度(毎日、平日のみ、偶数日など)
  • 投稿時間(出勤、昼休み、退勤に合わせた時間帯など)
  • 投稿原稿の作成者
  • 写真準備の担当者
  • 動画編集・投稿の担当者 など

これらの項目がきちんと割り振られていれば、投稿内容を考える手間も減るでしょう。運用の負担も軽減でき、継続的な投稿を目指せるようになります。

企業でSNS運用をするメリット

企業でSNS運用をするメリット

企業がSNS運用を実施するメリットは、3つあります。詳細をチェックしておきましょう。

初期投資がほぼ不要

SNS運用は初期投資がほぼ不要で、気軽にスタートできるのがメリットです。インターネットが使えるデバイスさえあれば、基本的に無料で始められます。

企業がマーケティング戦略をおこなう場合、商品・サービスの広告を出すとなれば、作成や掲載に莫大な費用がかかるケースも珍しくありません。その点、SNS運用は無料の投稿がメインになるため、低コストで商品・サービスを宣伝できると考えれば利用する価値はあるでしょう。

認知度アップを図れる

SNSには拡散力があるため、有益な情報の発信によって多くのユーザーへアプローチできるのがメリットです。

たとえば、InstagramやFacebookの「シェア」、X(旧Twitter)の「リツイート」では、通常のマーケティング活動だけでは得られない潜在顧客からのアクションも期待できます。さまざまなユーザーへのアプローチにより、認知度の向上はもちろん、新規顧客開拓も図れるでしょう。

顧客から身近に感じてもらえる

SNSは、双方向のコミュニケーションが可能な点もメリットです。企業からの一方的な発信になる広告と異なり、企業とユーザーの一人ひとりをつないでアプローチできます。

たとえば、1ユーザーの投稿に対して、公式アカウントから「いいね」「コメント」「シェア」「リツイート」などのアクションをおこなえば、行動を受けたユーザーは企業を身近に感じてくれるでしょう。ユーザーからの個別相談・質問なども直接返信によって解決できるため、交流による顧客満足度の向上も図れます

企業でSNS運用をするデメリット

企業でSNS運用をするデメリット

企業がSNS運用をおこなうと多くのメリットを得られますが、実際にはデメリットがあるのも事実です。自社ならではの対策を立て、デメリットを回避するためにも、詳細を確認しておきましょう。

運用に手間・時間がかかる

気軽に利用できるSNSですが、その運用は楽な作業ではありません。投稿作業はもちろん、ユーザーに対する「いいね」「コメント」などをおこなう作業、分析作業も必要となります。

とくに、企業の看板を背負って発信する内容については、表現が正しいかどうか、誤認を与える文章になっていないかなどを慎重に確認する必要があります。

また、SNSは運用してからすぐに効果が出るものではないため、コツコツと時間をかけなければならない点もデメリットとなるでしょう。

炎上の可能性がある

SNSを運用するなら、炎上のリスクを念頭に置いておかなければなりません。投稿に対して批判が殺到すれば、企業の信頼度が下がってしまう可能性もあります。 たとえ炎上した投稿を削除しても、ユーザーがスクリーンショットで保存していれば、その画像が拡散されるケースもあります。

万が一、 炎上の収拾がつかない場合は、それまで運用してきたアカウントをクローズする必要も出てくるでしょう。SNS運用は想定外のユーザーにもアプローチしてしまうため、投稿内容は慎重に検討し、確認しなければいけません。

SNSの種類と特徴

SNSの種類と特徴

ひとこと「SNS運用」といっても、そのタイプはさまざまで自社製品にマッチするものを選ぶ必要があります。以下は、各SNSのメインユーザーや特徴を一覧にしたものです。

SNSメインユーザー特徴
Facebook30~40代・投稿の多くがビジネスシーンでの利用
・実名登録が必須
・炎上が少ない
Instagram10~30代・画像や動画、イラストでの訴求に特化
・情報収集に用いる人が多い
・ハッシュタグ検索が可能
X(Twitter)20代・短いテキストでの投稿がメイン
・ハッシュタグ検索が可能
・リアルタイム性がある
・拡散力が強い
LINE幅広い年齢層・利用者数が非常に多い
・1対1のコミュニケ-ションが可能
YouTube10~30代
チャンネル次第で50代までの視聴もあり
・動画コンテンツが基本
・文字で説明しにくい内容も理解を促せる
・顧客育成にも活用可能
TikTok10~20代・若年層に人気
・YouTubeよりも動画編集が容易

それぞれの概要と特徴を理解し、会社や商材によって適切なSNSを活用しましょう。

Facebook

Facebookは、世界における利用者が一番多いSNSです。日本でのメインユーザーは30~40代なり、ビジネス要素の強い投稿が多く見受けられます。

また、実名登録が原則になっているせいか、投稿に対する誹謗中傷・デマが少なく、炎上のリスクも低めです。拡散力はあまり高くありませんが、世界中にユーザーがいることから海外展開を考えている企業におすすめのSNSとなっています。

なお、Facebookは決裁権のある人物が多く利用している特徴があるため、BtoB企業での運用も比較的しやすいといえるでしょう。

Instagram

Instagramは、10~30代が多く利用しているSNSです。とくに女性からの人気が根強く、文字と画像または、文字と動画といった組み合わせでの投稿がメインになっています。

また、過去には「インスタ映え」という言葉が出回ったこともあり、視覚的な訴求が必要なSNSともいえます。インパクトのある写真・動画を投稿できれば、ユーザーからの支持を得やすくなるといえるでしょう。

また、Instagramではハッシュタグ検索も可能なため、情報収集源として活用されるケースも多く見受けられます。アパレルや美容、健康関連などのBtoC商材では、Instagramの運用がおすすめといえるでしょう。

X(Twitter)

20~40代のユーザーが多いX(旧Twitter)は、拡散力の高さに定評があるSNSです。投稿できるのは140文字以内の短い文章や画像ですが、リツイートによって爆発的な情報拡散を生み出す場合があります。

また、X(旧Twitter)は、リアルタイム性のある投稿が多いのも特徴です。「今」起きていることを投稿することで話題にもなりやすく、トレンドとして注目されるケースも。ユーザーは投稿に対して気軽に「いいね」できるため、さまざまな商材を扱う企業が活用しているSNSといえます。

LINE

日常的な連絡手段として王道となっているLINEは、全世代に渡って広く活用されているSNSです。1対1のコミュニケーションがメインになるため拡散力に欠けますが、顧客と密な関係性を築きたい場合に適しています。

また、InstagramやX(旧Twitter)などのSNSで集客した顧客をリスト化し、LINEで個別にアプローチしていくのもよいかもしれません。ヘアサロン飲食店などで利用されるケースが多く、リピーターの獲得にも効果が期待できるでしょう。

LINEリッチメッセージ画像を作成(テンプレートあり)

canva-リッチメッセージのテンプレート

LINEでは、リッチメッセージの画像を作成するためのツールとして、Canvaがあります。Canvaを使うと、LINEリッチメッセージのテンプレートを作成できます。手順は次のとおりです。

  1. CanvaでLineリッチメッセージのテンプレートを選択し、編集後ダウンロードする
  2. Lineのビジネスアカウントを開く
  3. リッチメッセージを開く

以降の具体的な手順を解説します。

LINEリッチメッセージの作り方
  • STEP1
    リッチメッセージの作成

    LINEのビジネスアカウントを開くと、次のような画面に遷移します。 以下のように「リッチメッセージ」を選択しましょう。

    lineリッチメッセージ

    以下のように「リッチメッセージを作成」をクリックします。

    line-リッチメッセージを作成
  • STEP2
    テンプレートの選択

    以下のように「テンプレートを選択」をクリックします。

    画像比率などさまざまなデザインがあるため、好みや公式LINEのイメージに応じて設定しましょう。

  • STEP3
    画像設定

    公式LINEの画像も設定しておきましょう。最後にURLとアクションラベルを入力して「保存」を押したら完了です。

これらの手順に沿って公式LINEを開設しておくと、顧客獲得・ユーザーとの信頼関係の構築を目指せるでしょう。

TikTok

10~20代をメインに人気となっているTikTokは、ショート動画の投稿がメインのSNSです。投稿画面では動画を簡単に編集できる仕組みになっており、誰でも手間なく動画を発信できます。

TikTokはエンターテイメント性の強いSNSで、音楽に合わせた動画を投稿するのが特徴です。 拡散力も高く、短い動画のなかでいかにユーザーの興味を引けるかが、成功を左右するといっても過言ではありません。

食品やアパレル業界などを中心に、さまざまな企業がTikTokを運用しています。

YouTube

全世代が利用しているともいわれるYoutubeは、動画投稿ライブ配信を中心としたSNSです。長時間の動画も投稿できるため、商材の魅力や使い方をユーザーへわかりやすく丁寧に伝えられます。

また、Youtubeでは、チャンネル登録者数が多いほど運用しやすくなるのが特徴です。定期的な動画投稿でファンの獲得を図る企業も多く、化粧品や販売のほか、英会話などの無形商材にも適したSNSといえるでしょう。

よくあるSNS運用での間違いとは?

よくあるSNS運用での間違いとは?

企業のSNSアカウントをユーザーの立場で見ると、単純投稿を繰りかえしているだけで簡単に運用できそうだと感じる場合もあるでしょう。しかし、SNS運用は、商品やキャンペーン紹介の投稿をするだけで売上アップにつながるわけではありません。

SNS運用に成功している企業は、投稿以前の段階で分析戦略企画をおこない、入念な準備を経てアカウント運用に至っています。なかには独自のノウハウを所有していたり、SNS運用を専門におこなう業者へ外注したりする企業があるのも事実です。

SNS運用は、そのような工程を踏むのが成功の秘訣であり、一番の近道ともいえます。定期的な投稿とフォロワーの増加が集客につながると考えがちですが、いくつものノウハウコツを伴う作業だと理解しておきましょう。

まとめ|SNS運用のノウハウを知りたい方へ

まとめ

企業のSNS運用は、現代における集客方法の一つとして当たり前になりつつあります。しかし、成功させるためには運用のノウハウ・コツが不可欠と考えてよいでしょう。

もし、SNS運用を成功させたい場合は、各SNSの成功のノウハウ集を無料でダウンロードできるマーケメディア」の活用がおすすめです。マーケメディアが提供する資料は、広告媒体マーケティング関連集のほか、各成功事例集新規顧客獲得ソリューション販促企画のコツなど多岐にわたるため、多くの選択肢からWebマーケティング担当者のほしい情報をピンポイントで探せます。

また、SNS運用の代行業者を紹介するサービスもあり、運用に時間をかけられない・思うような成果が出ない企業の救世主となってくれるはずです。資料のなかにはダウンロード数や掲載期間が限られているものもあるため、気になる方は早めにアクセスしてみましょう。

確かなノウハウを取得し、企業のSNSアカウントを成功につなげたい方は、まずマーケメディアの無料資料をダウンロードして活用してみてください。

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

BtoB関連の資料ダウンロード
マーケメディアでは、SNSマーケティングに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました