初心者必見!SNS集客がうまくできないのはなぜ?原因とポイントを解説

※この記事にはプロモーションが含まれています。

m050SNSマーケティング
SNSマーケティング マーケティングニュース

SNSを活用した集客は、現代のビジネスにおいて非常に重要な要素になっています。しかし、中にはSNSでの集客がうまくいかず、効果を得られないと感じている方も。今回はSNS集客がうまくいかないと感じる原因や、SNS集客で使えるアイデアをご紹介していきます。

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を活用した集客は、現代のビジネスにおいて非常に重要な要素になっています。しかし、中にはSNSでの集客がうまくできず、効果を得られないと感じている方もいます。

今回はSNS集客がうまくできないと感じる原因や、SNS集客で使えるアイデアをご紹介していきます。SNS集客のポイントを理解して、適切な戦略を展開できるようにしていきましょう。

mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

SNS集客が必要とされる背景とは

現代のデジタル時代において、SNSは個人や企業にとって重要なツールです。SNSの普及によって、情報の拡散が容易になったり、多くの人がオンライン上でつながりを持てるようになったりと日常生活にさまざまな変化が起きています。

ここでは、ビジネスにおいてSNSを活用した集客が必要とされる背景について詳しく解説していきます。

SNSのユーザー・利用時間の増加

スマホで簡単にアクセスできるようになったことで、SNSのユーザー数は年々増加しており、一人ひとりの利用時間も増えてきています。

友人や家族とのコミュニケーション手段としてSNSを利用している方も多く、人々にとって日常生活の中のひとつとなりました。なかには、調べものをするときにはネット検索以上にSNSを利用するという方も。

つまり、SNSをビジネスに活用すれば、たくさんいるユーザーに情報発信できる可能性が高くなるのです。

情報拡散のしやすさ

SNSは情報拡散の点において、テレビや新聞などの他のメディアと比べて圧倒的な早さを持っているのが特徴です。ユーザーにとって関心の高い情報や有益な情報は共有され、短時間で多くの人に届けられます。

そのため、SNSを活用すれば他の方法に比べてコストをかけずに効果的な広告活動ができ、集客につながるでしょう。

ターゲットに直接情報を届けられる

SNSでは、ユーザーがそれぞれ興味関心のある情報を選択して受け取れるのが特徴です。

SNS上でのターゲットが明確であれば、ターゲットに合わせて直接情報を届けることが可能になります。

ターゲットユーザーのプロフィールや行動履歴を分析すれば、より効果的なマーケティング活動を展開できるようになるでしょう。

ユーザーとコミュニケーションがとれる

SNSでは一方的な情報発信だけでなく、ユーザーとのコミュニケーションが取りやすいのも特徴です。

ユーザーの投稿への反応やコメントを参考に、自社商品やサービスをより良いものにするための改善につなげていけます。

また、丁寧なやりとりが評価されれば、信頼関係の構築にもつながります。

インフルエンサーマーケティングが活用できる

インフルエンサーとは、SNS上で強い影響力を持つ人たちです。インフルエンサーに自社の商品やサービスを紹介してもらうインフルエンサーマーケティングが活発に行われているのもSNSの特徴です。

インフルエンサーを起用すれば、発信内容に関心を持っているインフルエンサーのファンに対して効果的に広告を展開することができるでしょう。

SNS集客がうまくできないときに見直すべきポイント

SNSで集客がうまくできていない時には、うまくできない原因を特定して改善策を出していく必要があります。原因がわからないままでは、効果的な改善策を出すのは難しいでしょう。

ここでは、SNS集客がうまくできないときに一度見直してみて欲しいポイントについてご紹介していきます。

アカウントのコンセプトは明確か

企業アカウントを運用している場合、SNSアカウントのコンセプトが明確になっているかどうかを確認するようにしましょう。コンセプトが曖昧な状態では、何を伝えたいアカウントなのかユーザーに伝わりづらく、集客につながりません。

 

どのような価値を提供するのかコンセプトを明確にしたうえで、投稿内容には一貫性を持たせるのがおすすめです。

投稿の更新頻度は適切か

SNSで集客をする際は、投稿の更新頻度が適切かどうかも重要なポイントです。一般的には、1日1回は投稿するのがSNS旧客には望ましいとされています。

SNSの投稿頻度が低いと、最新情報を得たいアクティブユーザーが離れてしまったり、新しくフォロワーを獲得するのが難しかったりします。また、次々と来る新しい情報に埋もれてしまうとその中から改めて投稿を探し出すのには労力がいります。

フォロワーに関心を持ち続けてもらうためにも、継続して更新をしていく必要があるのです。

機能は使いこなせているか

SNSで集客をするのであれば、現在利用しているSNSの機能を使いこなせているかどうかも改めて振り返ってみましょう。多くのSNSにはただ投稿するだけでなく、ハッシュタグやライブ配信などの機能が備わっています。

機能を十分に活かしたSNS運用ができていれば、より多くのユーザーの目に留まりやすくなり、集客につながるでしょう。

投稿内容はターゲット層に合っているか

SNSで集客ができない時には、投稿内容がターゲット層に合ったものになっているかを確認しましょう。ターゲット層に合っていない投稿をしてしまっていては、クオリティの高いコンテンツを作っても集客にはつながらない可能性が高いです。

自社の商品やサービスを求める人々がどんな属性でどんな関心を持っているのかを把握し、ニーズに合わせたコンテンツを提供していくことが重要になります。

魅力的なコンテンツが提供できているか

SNSで集客をするためには、思わずユーザーが手を止めたくなってしまうような魅力的なコンテンツ作りが欠かせません。単なる広告ではなく、ユーザーにとって共感できて有益な情報が求められます。

また分かりやすくて鮮やかなビジュアルや、エンターテイメント性の高いものも好まれる傾向にあります。ユーザーが求めている情報が提供できるようなコンテンツ作りを意識するようにしましょう。

広告やプロモーションは最適か

集客をするためにはSNS広告の活用も大切になります。SNS広告とは、SNSプラットフォームに表示できる広告で、配信するターゲットを絞ることができるのが特徴です。

効果的な広告やプロモーションを展開するためには、ターゲットを見直して適切な広告を届ける必要があります。ユーザーの関心を引くような広告コンテンツをSNSで届けられれば、高い集客効果が期待できるでしょう。

データ分析は正しくできているか

SNSでの集客を期待するためには、投稿して終わりではなくデータ分析をしてその後の改善点を見つけることが重要です。分析結果をもとに戦略やコンテンツを改善していけば、より効果的な集客を実現できるようになるでしょう。

どんな投稿への反応が多いのか、コメントにはどんな内容が書かれているのかなど、さまざまな視点からその理由を分析していく必要があります。また、競合ですでに人気アカウントが存在している場合、そのアカウントの研究を行うのも効果的です。

今すぐ使えるSNS集客のアイデア

SNSで集客をするためには、さまざまな手法があります。

ただ投稿をするだけでなく、これらのポイントを押さえるようにすることでSNSでの集客がより効果的に行えるようになるでしょう。

ここでは、今すぐ使えるSNS集客のためのアイデアをご紹介していきます。

ぜひ参考にして、SNS集客に活かしてください。

投稿の更新頻度を上げる

SNS集客のためには、投稿の更新頻度を上げるようにするのがおすすめです。投稿が頻繁に行われていると、それだけユーザーの目に留まりやすくなるため新たなフォロワーの獲得につながる可能性があります。

また更新頻度を上げることで、アカウント運用に慣れやすいというメリットもあります。

ターゲットに合わせて投稿する時間も意識するようにすると、より集客につながりやすくなるでしょう。

プロフィールを充実させる

アカウントのプロフィールを充実させるのも集客に効果的です。

投稿内容に興味を持ったユーザーは、フォローするかどうか判断するためにホーム画面のプロフィールを閲覧します。そこで、説明が不十分であったり、長すぎる紹介文が掲載されていたりする場合ユーザーが離脱しやすくなってしまいます。

ターゲットユーザーに向けて、自社の魅力を分かりやすく伝える文章や、詳細のわかるURLを掲載することでユーザーに信用してもらいやすくなるでしょう。

ユーザーとのコミュニケーションを積極的にとる

SNS集客においては一方的な投稿だけでなく、ユーザーと積極的にコミュニケーションを取ることも大切になります。コメントに素早く丁寧に対応すれば信頼関係が構築でき、積極的に情報を拡散してもらいやすくなったり、自社ブランドのファンになってくれたりする場合も。

またユーザーの声には、自社の商品の品質やサービスの向上につながるヒントが隠されている場合があります。

投稿の世界観・雰囲気を統一する

SNSで集客をするのであれば、アカウントの世界観や雰囲気を統一させることも重要です。雰囲気が統一されていないと、同一アカウントだと認識してもらえなかったり、関心のない投稿が原因でユーザーが離れたりしてしまいます。

統一された世界観・雰囲気のコンテンツを作成すれば、投稿内容に興味関心を持つユーザーが集まりやすくなり、集客効果が期待できるでしょう。

ハッシュタグを活用する

ターゲットにより効果的にアプローチして集客につなげるために、ハッシュタグを活用するようにしましょう。

ハッシュタグとは、特定の話題についての投稿であることを表示するための機能です。

このハッシュタグを付けていると、タグのキーワードに関心のあるユーザーに検索されやすくなります。

InstagramやTwitterなどユーザー数の多いSNSには、ハッシュタグ機能がついている場合が多いです。ハッシュタグの活用によって、ターゲット層に検索されやすくなり集客につながる可能性が高くなります。

どんなハッシュタグがよく検索されているのか、競合がどのようなハッシュタグを付けているのかを分析できるとより高い効果が期待できるでしょう。

次のアクションが起こしやすいよう誘導する

SNSの投稿では、見ているユーザーが次のアクションを起こしやすいよう誘導することも大切になります。

投稿を見たユーザーが購入に至るまでの導線を明確にしておきましょう。たとえば、商品の魅力を伝えるような投稿であればECサイトへのリンクを貼っておくとユーザーの購入ハードルが低くなります。

ただし、投稿の情報が多すぎるのもユーザー離脱につながる場合があるので、反応をみながら最適な情報量を調整していくのがおすすめです。

複数のSNSを活用する

SNS集客ではひとつのプラットフォームにこだわらず、複数のSNSを運用するのも手段のひとつです。SNSにはそれぞれ異なった特徴やユーザー層が存在し、利用傾向やトレンドに合わせて使い分けるようにすると幅広い層への集客効果が見込めるでしょう。

ただし、複数のSNS運用によってコンテンツの質が落ちてしまっては意味がないので、事前に使い方の理解やリソースを十分に確保できるかなどを確認しておくことが大切になります。

代表的なSNSの特徴

たくさんあるSNSは、それぞれ特徴やユーザー層が異なることをご紹介しました。

では、実際に各SNSにはどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、ビジネスの集客でよく利用される代表的なSNSの特徴についてご紹介していきます。特徴を理解して、自社の商品やサービスにとって最適なSNSを選べるようにしていきましょう。

Instagram

Instagramはビジュアルコンテンツに特化したSNSで、写真や動画での情報発信がメインとなります。

若年層やビジュアル情報に敏感なユーザーが多く利用しています。

商品やサービスを視覚的にアピールしたい際に活用したいSNSです。

また、インフルエンサーマーケティングが特に活発に行われているのも特徴です。

Facebook

Facebookは、2023年現在世界で最もユーザー数の多いSNSであると言われており、海外へ向けた集客をする際はぜひ活用したいプラットフォームです。日本では、ビジネスパーソンや30代以降のユーザーが多い傾向にあります。

ユーザー間での交流やコメントへの返信が盛んに行われており、コミュニケーションを重視した運用が求められるでしょう。

Twitter

Twitterは、テキストによる情報発信がメインとなるSNSで幅広い世代に利用されています。

拡散力やリアルタイム性に優れ、話題のトピックに迅速に反応した情報発信が求められます。

ハッシュタグの活用によって、特定の情報をまとめて閲覧することができるので関連キーワードに関心を持つユーザーへ向けた集客や、ハッシュタグを利用しているユーザー層の分析に役立つでしょう。

SNSで集客する際の注意点

実際にSNSで集客をする際には、気を付けておくべき注意点がいくつかあります。

これらのポイントが押さえられていないと、せっかくSNS運用をしても効果的な集客にはつながりにくくなってしまうでしょう。

具体的には、目的を明確にする、適切なSNSを選択する、フォロワーの質を重視するなどがあげられます。

ひとつずつご紹介していきます。

SNSで集客をする目的を明確にする

SNSで集客を行う際には、目的を明確にすることが重要です。

ただSNSを運用していれば集客ができるというものではなく、どんなターゲットにどんな情報を届けたいかを具体的に決めておく必要があります。

それによって、投稿の方向性や更新の時間帯、キャンペーンの実施などの具体的な戦略を立てやすくなるでしょう。具体的な数字を使って目標を立てるのも効果的です。

ターゲットに適したSNSを選択する

SNSで集客したいターゲットが明確になったら、ターゲットに適したSNSを選択するのもポイントです。

SNSはそれぞれユーザー層が異なっており、特徴を理解して強みとなる点を考慮して選択するようにすることで、高い集客効果が発揮できるようになるでしょう。例えば、若年層がメインならInstagram、比較的高い年齢層がメインならFacebookなどがあります。

フォロワーの質を重視する

SNSで集客を目指すのであれば、フォロワーの質も意識するようにしましょう。フォロワーが多い方が発信した情報を見てもらえる可能性が高くなるため、フォロワーを増やすための努力は必要ですがむやみに増やそうとしないことが大切です。

フォローバックを目的とした不特定多数のフォローや、フォロワー購入は自社の発信に関心のないユーザーが多い可能性が高く、そのほとんどが見込み客にはならないでしょう。フォロワーが多くても関心のないユーザーの多いアカウントよりも、フォロワーが少なくても関心の高いユーザーの集まっているアカウントの方が集客効果は高くなります。

誠実なコミュニケーションを心掛ける

ユーザーと距離の近いコミュニケーションを取ることができるのもSNSの特徴のひとつですが、集客を目的にするのであればユーザーへの対応は誠実なものになるよう心掛けましょう。

投稿に対してついたコメントなどの対応が適切でないと、かえってマイナスイメージにつながる可能性があります。すべてに反応するのは難しくても質問が来たら答える、丁寧な受け答えをするというのを意識しましょう。

SNSのアルゴリズムを理解する

SNSには、どんな内容の投稿なのか、誰に向けて表示させるかなどのルールとなるアルゴリズムが存在しています。

例えば、インスタグラムでは画像だけでなく動画もアップするようにするとより多くのユーザーに表示されやすくなるように設定されています。各SNSのアルゴリズムを理解して、運用をすることで多くのユーザーに情報が届きやすくなり集客につながるでしょう。

継続して情報収集を行う

SNSを取り巻く環境やマーケティングのトレンドは常に変化しています。先ほどご紹介したアルゴリズムも、時代に合わせてどんどん変わっていくものです。

SNSで効果的な集客をし続けるためには、継続して学習や情報収集をする必要があります。SNSの最新機能や業界の成功事例などを学び、SNS集客の戦略に取り入れられるようにしていきましょう。

まとめ:SNSで集客できないときはすぐに結果を求めない

効果的なSNS集客のためには柔軟な対応と継続的な改善を繰り返していく必要があります。

最初のうちはなかなか結果が出ず諦めたくなってしまうかもしれませんが、時間を掛けるからこそ信頼度の高いアカウントに育つ場合もあります。

今回ご紹介したポイントを押さえつつ、自社の特性を活かした戦略でSNS集客を成功させましょう。

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

BtoB関連の資料ダウンロード
ChatGPT関連の資料ダウンロード
マーケメディアでは、SNSマーケティングに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました