TikTokのアルゴリズムってなに?バズる動画を作るには知っておくべきアルゴリズムを解説

※この記事にはプロモーションが含まれています。

SNSマーケティング
SNSマーケティング

TikTokのアルゴリズムを知るだけで、アカウントの伸びや、再生回数が大幅に変わることをご存知ですか。TikTokは、ただ面白い動画を提供するだけではありません。それぞれのユーザーに合わせて最適な動画を推薦する高度なアルゴリズムが働いています。

この記事では、代表的なSNSであるTikTokのアルゴリズムがどのように動作するのか、そしてなぜユーザーの興味を引きつけ続けることができるのかについて詳しく解説していきます。

次のような悩みを持ってる方は多いのではないでしょうか。

「tiktokで有名になりたい!」
「動画が伸び悩んでいる……」
「TikTokでバズりたい……」

TikTokのアルゴリズムを理解すれば、再生回数、いいね、フォロワーの増加も夢ではありません。

参考記事:TikTokのバズる時間帯は4つ!おすすめの投稿タイミングを解説

今回はそんなアルゴリズムの簡単な解説と動画を投稿する際のポイントを紹介します。

mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

アルゴリズムってなに? – TikTokの場合

アルゴリズムってなに? - TikTokの場合

アルゴリズムとは簡単にいえば、何か目的がある時それを達成するための作業手順や解決策のことです。今回はTikTokを伸ばしたいという目的があり、達成する方法がTikTokのアルゴリズムです。

TikTokでは、アプリ内の動画の反応を伸ばすための方法や拡散される仕組みでアルゴリズムが活用されています。動画をバズらせる第一歩として、TikTokのアルゴリズムを知っていきましよう。

 TikTokの評価はここで決まる

TikTokのアルゴリズム

TikTokには二つのアルゴリズムがあります。

  • 動画において高評価がもらえる加点式アルゴリズム
  • 低評価になる減点式アルゴリズム

その二つについて、見ていきましょう。

加算式アルゴリズム

加点式アルゴリズムは以下の指標の回数が多ければ多いほど、高得点につながり動画が表示されやすくなります。この事を意識することで、より拡散されやすくなり沢山の人の目に触れられるでしょう。

  • いいね
  • 再生回数
  • フォロワー数
  • フォロー率
  • シェア率
  • コメント
  • 複数回再生数
  • プロフィール閲覧率
  • ダウンロード数

指標はその他にもありますが、これらを見ると簡単な動画を沢山上げるよりも、一つひとつのコンテンツの質を上げて制作することが必要だとわかります。より多くの人の目に留まるよう工夫し、反応を増やすことを目指しましょう。

減算式アルゴリズム

減算式アルゴリズムは、加算式アルゴリズムとは反対に気を付けていないと、低評価につながり表示されにくくなってしまうことがあります。投稿する際には下記のことに注意しましょう。

  • 「興味がありません」を押されている
  • 視聴維持率が低い
  • InstagramやTwitterなど、他のSNSへの誘導

このどれかに当てはまってしまうと、おすすめに表示されにくくなり、動画が中々伸びにくくなってしまいます。コンテンツ内容に自信があっても、いまいち再生回数が伸びないのは、これらに該当していると判断されているのが原因かもしれません。 投稿する際は、上記の3つを考慮しておきましょう。

視聴維持率とは、動画全体の何%程度、視聴を続けてもらえているかという指標です。1分の動画を30秒見てもらえていれば、視聴維持率50%ということになります。視聴維持率が60%を超えるとおすすめに表示されやすくなるといわれているので、視聴維持率が高ければ高いほど再生数アップに有利となるでしょう。 動画制作の際には、できるだけ最後までみてもらえるような工夫をしましょう。

とはいえ、要点や結論を後半にもっていきすぎると、すぐに離脱されてしまうかもしれません。視聴者は最初の3秒で視聴するかしないかを判断しているといわれます。「つかみ」と「オチ」の割合に気をつけましょう。

TikTokに動画投稿するときのポイント

TikTokに動画投稿するときのポイント

TikTokに動画投稿する際のポイントをご紹介します。動画投稿する際のポイントやコツを理解できていると、再生回数の向上やフォロワーの増加が期待できます。

それでは、具体的な動画投稿のポイントを紹介します。

動画のジャンルを決める

特定のジャンルに沿った動画を投稿することで、どのようなアカウントなのか視聴者が理解しやすいため、覚えてくれる可能性が高くなるでしょう。

ジャンルを決めると、動画をみる年齢層や何をしている人が多いのかなど、詳細なターゲット分析が可能になります。「動画を投稿して完了」とするのではなく、実際の視聴者像の情報を得て、ターゲットへの理解度を上げていきましょう。

 投稿する時間帯を定める

投稿する時間を工夫することでより多くの人の目に止まる可能性が高くなります。

基本的に、TikTokで再生回数が回る時間帯は、通学時間や通勤時間の時間帯と寝る前の時間帯です。あなたの視聴者層がどのような時間帯にTikTokを見てるのか把握して、投稿するのがおすすめです。

流行に合わせた音源を使う

TikTokでは時期やタイミングで流行りの音源があります。人気の音源を使うことで見てもらいやすくなったり、おすすめに表示されやすくもなります。常に、今何の音源が流行っているかをチェックしましょう。

TikTokでの流行は、最新の楽曲にとどまりません。2024年の今、昭和・平成のヒット曲がバズることもあります。 TikTok上で確認したり、楽曲情報をまとめたサイトを参考にしたりして、どのような音源を使うか考えてみましょう。

トレンドハッシュタグを調べて動画に使う

トレンドのハッシュタグを使うことで表示されやすくなります。ハッシュタグで検索したユーザーに、投稿した動画が閲覧される可能性があがるので、ハッシュタグチャレンジをすることで、再生回数を伸ばせる可能性が高まるでしょう。

何度も再生される動画をつくる

加算式アルゴリズムにもあったように再生回数はとても大事です。そのため、何度も見返したくなる内容だと繰り返し再生され、いいねもされやすくなり、再生回数が伸びやすくなるでしょう。

オリジナリティーを出す

最後に忘れてはならないのは、自分だけのオリジナリティーや個性を出すことです。特別感があれば人の記憶により残りやすくなるでしょう。他のアカウントとの差別化が図れれば、応援してくれる人も増えていきます。

最初は人気のコンテンツを真似するところから初めたとしても、なるべく自分の好きなことや専門分野・関係分野などを強みにした動画でオリジナリティーを出して、より興味をひきやすい動画を作成しましょう。

TikTokのアルゴリズムってなに?|まとめ

本記事では、TikTokのアルゴリズムについて解説しました。

一見すると難しそうと思っていても、アルゴリズムを理解し、ポイントを抑えて投稿すればバズる動画に着実に近づくでしょう。加算式アルゴリズム・減算式アルゴリズムを頭に入れておくことでより動画が表示されやすくなり、収益化の可能性も広がります。

これらのポイントを攻略法として、よりよいコンテンツ作成を目指し、動画づくりを進めましょう。

あわせて読みたい

TikTok広告の費用は?料金体系や代理店相場などを解説します!
TikTokのバズる時間帯は4つ!おすすめの投稿タイミングを解説
TikTokプロモートとは?機能の特徴やメリット・開始方法などを解説!
【TikTokでバズる方法】すぐ試せる10の方法を徹底解説!
TikTokの動画サイズは? 投稿時に知っておくべきTikTokの動画サイズ解説【5選】

TikTokマーケティングに興味のある方は、「TikTokマーケティングの始め方・やり方をわかりやすく解説」が参考になります。
TikTokマーケティングの成功事例はこちら>マーケメディア

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

BtoB関連の資料ダウンロード
マーケメディアでは、SNSマーケティングに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました