SNS運用の代行とは?基礎知識と費用相場を知る!

※この記事にはプロモーションが含まれています。

m027SNSマーケティング
SNSマーケティング

SNSの運用代行とは、動画投稿や定期投稿を代わりにしてもらうことです。現代はwebを通して全ての人が繋がることができる社会です。SNSは企業でも運用することが課題ですが、専門的なノウハウも必要な為、代行会社に依頼することで効果的な活用が期待できます。SNS運用の代行とは?分かりやすくまとめてみました。

SNS運用の代行は、企業が運営しているSNSのアカウントを本来運用しなければならない企業からの依頼を受けて代わりに運用していくサービスとなります。

近年、急速な勢いでSNSの普及が進み、SNS運用を公式に行う企業が増加しています。ですが、知識と手間が必要な為、人手や知識不足等の事情からSNS運用を継続していくことは意外と困難です。

また1種類のSNSではなく、複数のSNSを使い分けて運用している企業もあります。そうすれば更に時間を要する為、代行してくれるサービスを利用するというケースが多いのです。

ここでは、SNS運用の代行についての基礎知識から費用相場までを解説します!

mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
  1. ■SNS運用の代行について簡単基礎知識
    1. SNS運用の代行会社の業務内容
    2. SNS運用の代行会社の業務内容(説明編)
  2. ■SNS運用の代行会社を選ぶ
    1. SNS運用の代行会社を選ぶポイント
    2. SNS運用の代行会社を選ぶポイント①方針・イメージ
    3. SNS運用の代行会社を選ぶポイント②実績を出す
    4. SNS運用の代行会社を選ぶポイント③料金設定
  3. ■SNS運用の代行会社を利用するメリット
    1. SNS運用の代行会社を利用するメリット①継続した投稿
    2. SNS運用の代行会社を利用するメリット②時間の代行
    3. SNS運用の代行会社を利用するメリット③比較・解析・戦略
    4. SNS運用の代行会社を利用するメリット④リスク回避
  4. ■SNS運用の代行会社を利用するデメリット
    1. SNS運用の代行会社を利用するデメリット①費用
    2. SNS運用の代行会社を利用するデメリット②代行会社が多い
    3. SNS運用の代行会社を利用するデメリット③スキルが上がらない
  5. ■SNS運用の代行会社を選定する
    1. SNS運用の代行会社の選定①得意な業種の見極め
    2. SNS運用の代行会社の選定②施策の方法
    3. SNS運用の代行会社の選定③レポートの内容
    4. SNS運用の代行会社の選定④費用と相場
  6. ■SNS運用の代行会社でかかる費用
    1. SNS運用の代行会社の費用相場①月額10万円以下
    2. SNS運用の代行会社の費用相場②月額20万円~30万円
    3. SNS運用の代行会社の費用相場③月額50万円以上

■SNS運用の代行について簡単基礎知識

SNS運用で対象となる代行できる媒体は、twitter・facebook・Instagramを代表とするSNSで、アカウントの取得からSNS開設後の運用までお任せすることができます。SNS開設後の運用とは、コメントへの返信・監視や新たなコンテンツの企画・制作・投稿、依頼した企業側が目標としている設定値の進捗状況の報告も含まれます。

また、youtube・tiktokでの動画を主とするものや利用者が圧倒的に多いLINEでの運用を希望することも可能です。

「SNS運用を代行してもらう」と一言でまとめると簡単ですが、実際に代行を依頼するとどのようなSNS運用のサポートを得られるのでしょうか?

SNS運用の代行を専門とする会社は、SNS運用についての詳細な知識や豊富なノウハウを持ち合わせています。SNS運用の為に、費用をかけて代行をしてもらうのですから、自社のSNSでは何が必要なのかを精査して依頼し、効果を見込みたいところです。

SNS運用の代行会社の業務内容

代行会社では、企業の戦略に合わせてSNS運用を行うことが可能です。

下記は代表的な事例となりますが、SNSを新規に立ち上げて運用を開始部分から、成果を出すところまで代行してもらうことが可能です。

  • SNSのアカウントの新規取得
  • SNSへの投稿を代行
  • SNS運用で実現可能な戦略を考えて提案する
  • SNSへのコメントを確認・返信代行
  • SNSに掲載する画像
  • SNSへの投稿を代行
  • SNSへのコメントを確認・返信代行
  • SNSに掲載する画像・動画の撮影・制作・編集作業
  • 自社のSNSへのターゲットとなっている年齢層を分析する
  • SNSのアクセス解析を行う
  • SNS上で開催するコンテンツ・キャンペーン等の企画を立案する
  • SNSでの広告を選定・運用代行
  • インフルエンサーマーケティングの実施
  • SNSでの誹謗・中傷、その他禁止コメントの発見・削除対応

SNS運用の代行会社の業務内容(説明編)

前章で挙げた業務内容の事例の内、幾つか説明をいたします。

・SNS運用で実現可能な戦略を考えて提案する

SNS運用をする目的を明確にし、ユーザーのどのような行動が成果としてカウントするのかを設定します。設定した成果を獲得する為の戦略は、どのSNSの媒体を使用するか、代行してもらう業務は幾つか、期間等を具体的に考えて決定します。

・SNS上で開催するコンテンツ・キャンペーン等の企画を立案する

SNSでキャンペーン等を行う時やコンテンツを投稿する時、画像・原稿等があれば編集作業だけを依頼することができます。何を投稿すればいいのか分からないという時、投稿する内容から編集作業までの全てを代行会社へ依頼することも可能です。

・インフルエンサーマーケティングの実施

「インフルエンサー」はSNSやweb媒体での発言や行動が多くの人に影響を与える存在です。この人物に新しいキャンペーンや新商品の発表等、企業が情報を広めたい時に発信者となってもらうことをいいます。

■SNS運用の代行会社を選ぶ

SNS運用の代行を業務として行う会社は現在では多数あり、いざSNS運用を依頼する為に代行してもらえる会社を探そうとすると、選択が困難になるほどです。

企業によってSNS運用の代行サービスへ求める内容には違いがあると思います。ただ、目的は認知度を高めたり、集客をしたりすることであるはずですので、その目的に向かって成果を出せるSNS運用を実現できる代行会社を選ぶことになります。

SNS運用の代行会社を選ぶポイント

SNS運用を代行する会社を選択する時のポイントは複数ありますが、ここでは3つに大きく分けます。

①企業方針・商品ブランドのイメージに合ったSNS運用の代行が可能か?

②SNS運用を行うことで目的としている実績を出す代行会社であるか?

③SNS運用の作業に見合った料金設定をしている代行会社であるか?

これらのポイントを念頭に置き、SNS運用を安心して任せることができる代行会社を選びます。

SNS運用の代行会社を選ぶポイント①方針・イメージ

まずは、企業方針・商品ブランドのイメージに合ったSNS運用を代行してもらえるか?というポイントを確認しましょう。

SNSでは、これまで自社や自社が扱う商品を知らなかった人も訪れます。そのような人が自社のSNSを見ることで企業や商品を知ってもらうことができます。その為には代行会社が依頼された企業のイメージに寄り添ったSNS運用をすることが求められます。

SNS運用を代行する時、代行会社へ企業の方針や主力ブランドのイメージなどを細かく正確に伝えておくことも必要です。

SNS運用の代行会社を選ぶポイント②実績を出す

次に、SNS運用を行うことで目的としている実績を出す代行会社であるか?も大切なポイントです。

SNS運営を代行会社に依頼することで、目的に到達するまでの期間が事前に予測されていることが望ましいです。企業では目的を持ってSNS運営を開始していることが多いので、成果が出るのかは気になるポイントです。

実績を出す為にどのような手法で運用するのか、明確に説明があると安心です。

SNS運用の代行会社を選ぶポイント③料金設定

最後に、SNS運用の作業に見合った料金設定をしている代行会社であるか?というポイントも忘れずに確認しましょう。

SNS運用の代行会社は数多くあり、規模や業務内容もそれぞれに違いがあります。企業が代行会社へ依頼をする時には予算がありますので、予算内でSNS運営が叶うのが理想的です。

代行会社へ依頼する作業内容が多いほど費用は高くなる傾向があります。

ですが、詳しい分析や丁寧な対応をしていないのに不当に割高な料金設定になっていないかは確認しておくべきポイントです。

■SNS運用の代行会社を利用するメリット

SNS運用について考える時、代行会社を利用してSNS運用を行おうとするには、かける費用に合ったメリットが必要です。

SNS運用を代行会社へ依頼する最大のメリットは「時間節約」と「SNSの専門知識を持った運用」です。SNSそのものやSNS運用の知識があまりなく、SNSの開設当初から代行会社に依頼する必要性を感じている場合もあります。

また、SNS開設当初は社内でチームを組んで行っていたSNS運用でも、思うようにサイトを構築できず、おすすめの代行会社があれば利用したいという場合もあります。

SNS運用を考える時、代行会社を利用することで、どのようなメリットがあるのかをまとめてみます。

SNS運用の代行会社を利用するメリット①継続した投稿

SNS運用の作業の1つに、投稿やコンテンツの提供を定期的に行うことがあります。

特にフォロワー登録数が増加してきたSNSなら、そのようなSNSへのサイトの投稿やコンテンツの更新を楽しみに待っているユーザーも増えてきます。自社では初期のうちプランを立てて継続したSNSへの投稿を行っていても、徐々に他の業務の煩雑さに紛れてしまい、更新が滞ることもあります。

SNS運用を代行することで、投稿業務を定期的に継続して行うことが可能となります。

SNS運用の代行会社を利用するメリット②時間の代行

企業において、SNS運用は近年生じた新たな業務であり、SNS運用の為に専門部署や専任の人員を配置していないことが多いです。

そうなるとSNS運用の担当者は、本来の業務と並行しながらSNS運用の業務に携わることになります。本来の業務を妨げて、慣れないSNSの知識に時間をかけて運用するよりも、SNS運用の代行会社へ依頼すればその時間も代行してもらうことができます。

SNS運用の代行会社を利用するメリット③比較・解析・戦略

SNSには、twitter・facebook・Instagram等の代表的なものを始めとして、複数の媒体があります。

それぞれに特徴がありますので、企業の業務形態やマーケティング戦略によって、最適なタイプの媒体へ参入することが望まれます。それらのSNSの媒体の導入時に比較して選定したり、アカウント作成の後も他社サイトとの解析を行ったりする必要があります。

このような分析作業は、SNS運用のノウハウを持っていないと膨大な時間を要してしまいます。ですが、これらのSNS運用の改善を実績を持った代行会社が行うことにより、自社で手がけるよりも短期間で成果が上がります。

フォロワーの更なる獲得へと繋がり、SNSの効果を最大限に活かすことになります。

SNS運用の代行会社を利用するメリット④リスク回避

SNS運用を開始してみると、開設初期の意気込みに反して、想定していなかった角度からのコメントが入ることがあります。

好意的なコメントばかりなら良いのですが、多少でも悪意のあるコメントが入ってくると、それが広がるスピードが早いのがSNSの特徴でもあります。企業にとってマイナスイメージになりかねないリスクのあるコメントは代行会社が監視を続けることで早期発見し、対策を行うことで、大きな炎上を回避することができます。

また、代行会社が情報を適切に管理することで、情報漏洩を防ぐことができ、SNS運用の安心を得ることができるのも大きなメリットです。

■SNS運用の代行会社を利用するデメリット

SNS運用では、代行会社を利用すれば、時間や手間が省かれることはメリットとして理解できました。

では、SNS運用で代行会社を利用するデメリットにはどのようなことがあるでしょうか?

デメリットの項目で心配になる部分があれば、代行会社へ依頼する内容を選別したり、SNS運用の手順の詳しい手順を確認したりしてみるのはどうでしょうか?

これにより、メリットはもちろんデメリットも前提としたうえで、デメリット対策をしたSNS運用の代行会社への依頼ができるかもしれません。

SNS運用の代行会社を利用するデメリット①費用

SNS運用を代行会社に依頼する時、まず考えられるのは費用がかかることです。

SNSはどの媒体でも無料で始めることができるのが基本的な特徴で、参入もしやすくなっています。ただ、SNSを効果を感じられるように運用していくとなると、手間や時間がかかってしまうことは仕方がないことです。

SNS運用では、代行会社に費用を出して依頼することで、その手間や時間をなくすことができます。月額でかかる費用の予算を立て、どこまでを代行会社に依頼するのかを選別すれば費用は調整が可能です。

SNS運用の代行会社を利用するデメリット②代行会社が多い

SNS運用を業務としている代行会社が増加している為、依頼を検討する際の選択肢も増加しますが、まず代行会社の絞り込みをするのが大変です。

簡単なSNS運用の作業なら大きな代行会社ではなくても、個人で活動しているフリーランスへでも代行可能です。SNS運用の代行会社にも大小数多くあり、ノウハウや実績に違いがある為、これまで行ってきたサービスについて成果も合わせて確認したいところです。

SNS運用の代行会社を利用するデメリット③スキルが上がらない

SNS運用を代行会社に任せることで、本業に充てる時間ができ、成果も短期間で上げることができます。

それはSNS運用でのプロモーションが成功したといえますが、SNS運用のスキルは上がらないままです。代行会社より定期的にレポートで報告を受け、結果を確認するのみとなれば、SNS運用の知識がないままSNSだけが成長していくことになります。

継続的なSNS運用の代行ではなく、自社でもSNS運用を可能にしたいという希望がある場合、SNS運用の方法を支援してくれる代行会社がおすすめです。

■SNS運用の代行会社を選定する

SNS運用を検討する時、多くの企業がまずは自社内でSNS運用のチームを組んで運営する方法を試してみることが多いようです。

しかし、コンテンツの制作や魅力的な広告等は専門的な知識がなければ継続して結果を出すことが難しく、そこで代行会社を検討することになります。

SNS運用を行う代行会社は数多くありますので、どのようなポイントで選定を行うべきなのかをまとめました。

SNS運用の代行会社の選定①得意な業種の見極め

SNS運用を行う代行会社では、さまざまな業種の企業でコンサルティングを行っていますが、その代行会社で特に得意とする業界がある場合もあります。

代行会社側でSNSの取り扱い事例が多い業界・業種の情報は豊富で、SNSの設定や比較しての改善の効果がより見込めることになります。代行会社を選定する時には、これまでの実績を確認し、自社の業界・業種の資料をより多く提示してもらえると安心してSNS運用を任せることができます。

SNS運用の代行会社の選定②施策の方法

企業がSNS運用を利用する時、新規顧客拡大やリピーター獲得などの効果を狙っていると思われます。

その企業のSNS運用の目的に合わせて、どのような施策を立ててもらえる代行会社なのかは重要な確認ポイントです。それまで他社でどのような施策を実施してきたのかは、過去の資料を参考にします。

もし効果が思うように上がらない時には、どのような方法で成功を実現してきたのか、明確に解説できる代行会社を選定したいものです。

SNS運用の代行会社の選定③レポートの内容

SNS運用を代行するようになれば、代行会社から定期的にレポートが提出され、詳しい実績や今後の課題等が明らかになります。

企業側からSNS運用の代行会社へ依頼している目標をクリアしているかは、まず確認しておきたいポイントです。更に、新たな機能を活用すれば見込まれる数値は具体的であるか等、レポートが適切な内容であるかも代行会社を選定するポイントとなります。

SNS運用の代行会社の選定④費用と相場

SNS運用を自社で行う場合に比べると、代行会社へ依頼する方が費用はかかることになります。

多くのSNS運用の代行会社では月額で費用を設定しているので、まずは代行会社を比較して相場を確認してから、表示されている費用が適切かを確認することができます。もちろん費用の安さだけではなく、自社のSNS運用に合ったプランで設計されているか、オプション費用の相談等は可能であるかも確認ポイントです。

■SNS運用の代行会社でかかる費用

SNS運用を代行会社へ依頼する時には、費用を比較して検討することが必要ですが、代行会社が複数あればそれも大変な作業です。

同じようなサポートの内容に思えても、サービス詳細を確認してみることがとても大切です。また、SNS運用の業務を組み合わせたりコース設定されたものを選択すると個別依頼するよりも費用を抑えることができ、効果も上がります。

費用対効果に合わせて選択し、自社のSNS運用に合っている代行会社を選びたいものです。

SNS運用の代行会社の費用相場①月額10万円以下

SNS運用の代行会社へ依頼する時、最も手軽で依頼しやすいのがこの価格帯で、月額数万円からの利用も可能なコースもあります。

・作業内容 SNSへの投稿内容の制作・投稿の代行

・対象者 費用を低く抑えたい・ある程度のSNSの知識は持っている

作業内容は継続した投稿が主なサービスとなります。

SNS運用の知識はあるけれども、時間と人手をかけることができない場合、最低限の費用でそこだけを代行してもらうことが可能です。

SNS運用の代行会社の費用相場②月額20万円~30万円

SNS運用で代行会社へ依頼するコースとして多い価格帯となります。

・作業内容 SNSへの投稿内容の制作・投稿の代行・コメントへの返信

・対象者 SNSユーザーとやりとりを交えつつ運用を実現したい

月額10万円以下のコースではSNSへ発信することがメインとなりますが、この月額20万円〜30万円のコースではSNSへ受信された対応も入り、ユーザーとのコミュニケーションが可能です。

SNS運用の代行会社の費用相場③月額50万円以上

SNS運用の月額としては高額に思えるかもしれませんが、このコースではフルサポートを受けることが可能です。

つまり、全てを代行会社へお任せにして大規模なSNS運用を実現できます。

・作業内容 SNSへの投稿内容の制作・投稿の代行・コメントへの確認と返信

      広告の選定と運用・定期的なキャンペーンの実施

      レポート提出・ミーティング等

・対象者 SNS運用の知識が乏しい・効果がある本格的なSNS運用を継続したい

BIZMAPSはBtoBに完全特化した営業支援サービスを手掛けている国内最大の企業データプラットフォームです。

170万を超える企業データを保有しています。無料の会員登録ですべてのデータの閲覧が可能で、さらに月100件までの企業データを無料でダウンロード可能です。

営業リスト作成の効率化にもおすすめです。

■3つの特徴

・月100件まで無料でリストダウンロード可能

・5,000項目以上のオリジナル検索項目

・国内最大級3,000名以上のデータ更新体制

企業のSNS運用とは?基本知識から成功事例までを徹底解説!

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

BtoB関連の資料ダウンロード
マーケメディアでは、SNSマーケティングに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました