SNS集客における企業の成功事例とは?具体例も交えて解説します!

※この記事にはプロモーションが含まれています。

SNS集客の成功事例についてSNSマーケティング
SNSマーケティング

SNS集客における成功事例について詳しく解説を行います。本記事では、SNS集客に成功した企業を具体例について紹介します。

SNSは現代社会において、ビジネスを展開する上で欠かせないプラットフォームの1つとなっています。10代~30代の若い世代においては、SNS上での情報収集やコミュニケーションが当たり前となっており、企業にとってもSNSを活用することが必要不可欠となっています。そこで、SNS集客において成功するための事例をいくつか紹介します。

SNSには、幾つかの種類がありますが、ターゲットにアプローチできる層が異なるため、戦略を練った上で検討しましょう。若年層にアプローチする場合は、インスタやTikTokが有効ですが、中高年層にアプローチする場合は、Facebookや X( Twitter ) などが適しています。また、プラットフォームごとに適切なコンテンツや投稿頻度なども異なるため、どのSNSを選択するかが重要です。

SNSでは、インプレッションを獲得し、エンゲージメントを促進するためには、あなたにしか発信できない内容であったり、顧客のためになる情報を発信する必要があります。企業アカウントであれば、商品やサービスの特徴を伝える動画や画像を積極的に使い、漫画形式でオリジナルのキャラクターの投稿をするとより効果的でしょう。誰にでも発信できる情報ではなく、企業や個人を問わず、魅力的なコンテンツを発信していくことポイントです。ユーザーの興味を引き、フォロワー数やエンゲージメント数を増やすことができます。

本記事では、以下のような内容を解説します。

  1. SNS集客の成功事例(企業)
  2. 集客におけるSNSの重要性
  3. 集客しやすいSNSとは?
  4. SNS集客のメリットとデメリット
  5. 企業がSNS集客で成功するためのまとめ

mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

SNS集客の成功事例(企業)

日本企業の成功事例とは

SNSで成功するには、ターゲットとのコミュニケーションがとても重要です。何かの話題について、ツイート・投稿を行った場合には、ハッシュタグをつけて投稿を行ったりすることで、フォロワー以外からのコメントも期待できるでしょう。コメントが来た場合にはすぐに返信を行い、質問に答えたり、交流を積極的に行うことで、より多くの方に興味を持ってもらいましょう。

SNS集客に成功した日本企業の成功事例は次のとおりです。

  • 株式会社アレフ
  • 株式会社ユニクロ
  • 株式会社マツモトキヨシグループ
  • 株式会社セブン&アイ・ホールディングス
  • 株式会社ZOZO
  • アサヒビール株式会社
  • 日清食品ホールディングス株式会社
  • 日本マクドナルド株式会社

表形式でも、詳しく解説を行います。具体的な成功事例は次のとおりです。

会社名SNS成功事例
株式会社アレフインスタびっくりドンキーを経営している株式会社アレフでは、インスタグラムで自社商品の紹介を行い、最近では「旨辛バーグ対決」の紹介を行っています。
株式会社ユニクロインスタインフルエンサーとのコラボを行うことで、SNS上で話題性のあるコンテンツを投稿し、フォロワー数を急増させることに成功しました。その他のSNSでもYoutuberなどに案件を依頼する事で、安価な商品でも、服の組み合わせでオシャレになる事をアピールしています。
株式会社マツモトキヨシグループYouTube美容・健康に関する情報を発信するチャンネルを開設し、情報提供に力を入れ、チャンネル登録者数を急増させることに成功しました。
株式会社セブン&アイ・ホールディングスFacebook新商品の宣伝において、商品の画像を投稿し、いいね数を増やすことに注力しています。新商品が出た場合には、クーポンを配布し、興味を引き、店舗での売り上げを伸ばしています。
株式会社ZOZOX( Twitter )新サービスの発表にあたり、特別なハッシュタグを作成し、そのハッシュタグをつけて投稿されたツイートの中から抽選でプレゼントを実施することで、話題性を高め、注目度を上げました。プレゼントキャンペーンは記憶に新しいと思います。
アサヒビール株式会社インスタイベントの情報やアサヒビールとマッチする食事などを投稿し、ユーザーの興味を引き、フォロワー数を増やすことに成功しました。
日清食品ホールディングス株式会社YouTube商品の魅力を伝える動画を投稿することで、商品の理解度を高め、ブランド認知度を向上させることに成功しました。
日本マクドナルド株式会社 X( Twitter )公式アカウントを使って、クイズ形式のツイートを投稿し、リツイートやいいね数を増やすことで、話題性を高め、フォロワー数を増やすことに成功しました。

株式会社アレフの成功事例

びっくりドンキーを経営している株式会社アレフでは、 X( Twitter ) 、インスタ、Facebookなど複数のSNSを活用しています。特に X( Twitter ) では、店舗限定のキャンペーン情報や、新商品情報などをリアルタイムで発信することでファンを増やしています。また、ユーザーからのメッセージにも積極的に返信するなど、コミュニケーションを大切にしています。SNSを活用した限定メニューの発売や、フォロワー数に応じた特典の提供など、SNS限定のキャンペーンも展開しています。これらの取り組みにより、SNSを通じてファンを増やすことに成功しています。

株式会社ユニクロの成功事例

SNSでのファッション情報発信の積極的な取り組みを行ったユニクロは、SNSを利用して、ファッション情報を積極的に発信しています。インスタや X( Twitter ) などのプラットフォームを活用し、ファッションアイテムのコーディネートや、新商品の紹介、キャンペーン情報などを定期的に発信しています。また、有名人やファッションブロガーとのコラボレーションも行い、話題性を高めています。

ユーザーとのコミュニケーションの活性化を行ったユニクロは、SNSを利用して、ユーザーとのコミュニケーションを活性化させています。たとえば、インスタのストーリーズ機能を活用して、ユーザーからの質問やコメントに対して、リアルタイムに回答する取り組みを行っています。また、ファッションアドバイザーが参加する「スタイリング相談会」も開催し、ファンとの交流を深めています。

ハッシュタグキャンペーンの展開を行ったユニクロは、SNS上でのハッシュタグキャンペーンを展開しています。たとえば、「#LifeWear」というハッシュタグを使用し、ユーザーからのコンテンツ投稿を募集する取り組みを行っています。このようなキャンペーンは、ユーザーとのエンゲージメントを促し、ブランドの認知度を高める効果があります。

SNS上での新商品の先行発売や限定販売の実施を行ったユニクロは、SNS上での新商品の先行発売や限定販売を実施することで、話題性を高めています。たとえば、 X( Twitter ) 上で「#GUの今日のセット」をつけて投稿することで、新商品を先行して購入することができるキャンペーンを実施したことがあります。また、限定商品をSNS上で販売することもあり、ユーザーからの注目を集めています。

株式会社マツモトキヨシグループの成功事例

マツモトキヨシは、SNSを活用することで、多くのユーザーから支持され、成功を収めています。以下では、その理由を詳しく解説します。

SNSを活用した情報発信の徹底 マツモトキヨシは、SNSを活用して、店舗情報や新商品情報などを定期的に発信しており、 X( Twitter ) やインスタを中心に活用しました。ファンからの反応もよく、情報発信に力を入れてています。

また、マツモトキヨシの X( Twitter ) アカウントでは、24時間365日いつでもDMでの質問・相談に対応しており、ユーザーのニーズに合わせた情報を提供している点が大きな魅力となっています。

SNSを活用したキャンペーンの展開を行ったマツモトキヨシは、SNSを活用したキャンペーンを展開することで、ファンとのエンゲージメントを高めています。たとえば、 X( Twitter ) 上で「#マツモトキヨシ誕生日」というハッシュタグを使用し、誕生日におすすめの商品を紹介するキャンペーンを実施したことがあります。

また、インスタで「#マツモトキヨシ写真コンテスト」というハッシュタグを使用し、店舗の写真を投稿するキャンペーンを実施したこともあり、多くのユーザーからの投稿が寄せられました。

SNS上でのコミュニケーションの活性化を行ったマツモトキヨシは、SNSを活用して、ユーザーとのコミュニケーションを活性化させています。たとえば、 X( Twitter ) 上での質問に対して、迅速かつ丁寧に回答する取り組みを行っています。

また、インスタのストーリーズ機能を活用して、店舗の裏側やスタッフのプライベートなどを紹介することで、ユーザーとの距離感を縮め、ファンとの信頼関係を築いています。

SNS上での企業イメージの向上を試みているマツモトキヨシは、SNS上での企業イメージの向上にも力を入れています。たとえば、 X( Twitter ) 上で「#スキンケアの質問箱」というハッシュタグを使用して、専門の先生が回答することによって、イメージの向上を図っています。

株式会社セブン&アイ・ホールディングス

セブンイレブンなどを展開する株式会社セブン&アイ・ホールディングスは、SNSを活用した情報発信の徹底が成功の要因となっています。

具体的には、 X( Twitter ) やインスタなどを活用して、新商品の情報や店舗情報などを定期的に発信しています。また、コンビニ業界においては、地域密着型の店舗展開が重要であるため、各地域の特色に合わせた情報発信を行っており、ファンからの反応も良好です。

株式会社ZOZO

株式会社ZOZOは、SNSを活用した情報発信とコミュニケーションの活性化が成功の要因となっています。具体的には、 X( Twitter ) やインスタなどを活用して、新商品の情報やキャンペーン情報などを発信するとともに、ユーザーからの質問や要望に対して迅速かつ丁寧に回答しています。また、ZOZOTOWNをはじめとするECサイトの利用者に向けて、商品やサービスに関する情報を積極的に発信することで、顧客満足度の向上につながっています。

アサヒビール株式会社

アサヒビール株式会社は、SNSを活用したキャンペーンの展開とコミュニケーションの活性化が成功の要因となっています。

具体的には、 X( Twitter ) やインスタを活用して、ビールやチューハイなどの新商品の情報を発信するとともに、季節に合わせたキャンペーンを実施しています。また、SNS上での質問や要望に対して迅速かつ丁寧に回答する取り組みを行っており、ユーザーからの信頼を築いています。

日清食品ホールディングス株式会社

日清食品ホールディングス株式会社は、SNSを活用したキャンペーンの展開とユーザーとのコミュニケーションの活性化が成功の要因となっています。

具体的には、 X( Twitter ) やインスタを活用して、新商品やキャンペーン情報を発信するとともに、ユーザーからの質問や要望に対して迅速かつ丁寧に対応を行っています。

日本マクドナルド株式会社

全国展開しているマクドナルドでは、公式アカウントを使って、クイズ形式のツイートを投稿しています。リツイートやいいね数を増やし、話題性を集めています。結果的にフォロワー数を増やすことに成功しました。

集客におけるSNSの重要性

SNSには、様々な世代や地域に属する人々が利用しています。特に若い世代においては、SNSを利用して情報収集やコミュニケーションを行うことが当たり前となっています。したがって、SNSを利用することで、多様なターゲットにアプローチすることができ、広範囲に情報を発信することができます。

SNSでの集客は、従来のマーケティング手法に比べ、コスト効率が非常に良いというメリットがあります。テレビCMや新聞広告などの広告費用がかかる従来の広告手法に比べ、SNSでの集客は、プラットフォームの利用料金やコンテンツ制作費用などがかかる場合がありますが、それらは比較的低コストで済みます。

SNSは、リアルタイムな情報発信が可能なプラットフォームです。たとえば、商品の新発売やキャンペーンの開催など、即座に情報を発信することができます。また、フォロワーからのコメントや質問に対して、リアルタイムに返信をすることができ、タイムリーなコミュニケーションを行うことができます。

ユーザーとのコミュニケーションを活性化させることができ、エンゲージメントの増加が期待できます。たとえば、フォロワーからのコメントやシェア、いいね!などの反応を得ることができるため、ユーザーとの交流が深まり、ファンの獲得やリピート購入などの成果につながります。

SNSを利用することで、ブランド認知度の向上が期待できます。SNSには、多数のユーザーが集まっており、SNS上で商品やサービスをPRすることにより、サービスの利用を促進させることができます。

集客しやすいSNSとは?

集客しやすいSNSについて

集客しやすいSNSは、 X( Twitter ) です。全てのSNSの中で拡散力が高く、話題になる事で一気に集客することができるでしょう。その他のSNSは閉鎖的なSNSも多く、ブランディングを意識した上で定期的に投稿する事がとても重要です。目的によっては、インスタやTiktokの方が集客しやすいケースもあるので、認知度が一番上がる方法について考え、結果がでそうな戦略を練ることが大切です。

  • FaceBook
  • インスタ
  • X( Twitter )
  • Youtube
  • TikTok
  • LINE

SNS戦国時代である現代では、企業がターゲットとする顧客にアプローチするために、ソーシャルメディアは重要なツールとなっています。SNSを上手く活用することによって、成功する企業と失敗する企業がでてしまうのは明白です。個人事業主や中小企業でも集客しやすいSNSの事例や特徴をご紹介します。

FaceBookは、世界最大のSNSの1つで、広告のターゲティングに優れており、企業は地理的な場所、年齢、趣味、言語、興味などに基づいて、ターゲットの顧客層を選択することができます。Facebookページは企業がブランドイメージを向上させ、製品やサービスを宣伝することができる場所でもあります。

インスタは、特に若年層の利用率が高く、ビジュアル系のコンテンツに強い特徴を持ちます。企業は美しい写真や動画を使用し、商品やブランドをアピールすることができます。インスタは、ハッシュタグの活用やインフルエンサーとのコラボレーション、ストーリーズ機能の利用などで、多くのフォロワーを獲得することができます。

X( Twitter ) は、140文字以内の短いテキストメッセージで、ビジネスやマーケティングの世界で使用されます。 X( Twitter ) は、最新のニュースやトピックをリアルタイムで取得するために使用されることが多く、企業は短いメッセージを通じて顧客とのコミュニケーションを強化することができます。

YouTubeは、動画の共有と視聴に特化しており、企業は製品のデモンストレーションやチュートリアル、ビハインド・ザ・シーンの映像、広告などを公開することができます。企業はYouTubeでの成功により、SEOの向上、オンライン上での認知度の向上、売上の増加などを得ることができます。

これらのSNSは、ビジネスの規模、業界、ターゲット市場に関係なく、企業がターゲットとする顧客層に直接アプローチするためにとても効果的であり、SNSを成功させる事が事業成功への近道となります。SNS集客の成功事例を知る事がとても大切です。

SNS集客のメリットとデメリット

SNS集客のメリットとデメリットについて

SNS集客には多くの成功事例がありますが、メリットとデメリットが存在します。どのような内容が該当するのか詳しく説明します。

SNS集客のメリット

SNS集客には以下のようなメリットがあります。

  • 多くの人にリーチできる
  • コストを削減できる
  • ターゲット層にリーチしやすい
  • 顧客とのコミュニケーションが容易である
  • 情報収集にも使える
  • ブランドイメージを高める
SNS集客のメリット詳細
多くの人にリーチできるSNSは若年層から中年層が多く利用しています。世界的にも、ユーザー数は増加しており、話題性のある内容を投稿することで、多くの人に見てもらうことができます。
コスト削減SNSの集客に成功すると、広告費を抑えることができます。SNSの投稿やアカウント開設は無料で行える場合が多いので、初期費用が発生しません。プロに運用代行を依頼すると費用が発生しますが、自社商品によほどの優位性がない限りは、自社でアカウントの運用を行うのがおすすめです。
求めるターゲットにアプローチできるSNSでは、求めるターゲットにアプローチができます。興味のあるアカウントしかフォローしないはずですので、費用をかけてフォロワーを獲得しない限りは、基本的には全てあなたに興味のあるアカウントです。
顧客とのコミュニケーションが容易SNSを通じて、顧客とコミュニケーションを取る事が容易であり、リプを送ったり、逆に関連性のあるアカウントにリプを送るのもおすすめです。
情報収集にも使えるSNSには多くの情報が流れており、最近のトレンド情報なども入手する事ができ、競合他社がどのような施策を行っているのか確認できます。
ブランドイメージを高めるSNSを活用することで、自社のブランドイメージを高めることができます。インスタグラムとYoutubeをセットで活用すれば、設定したブランディングを実現できます。

日本でも、今では多くの人がSNS利用しています。特に X( Twitter ) やTikTokは拡散機能が用意されているため、多くの人にアピールすることができます。SNSでの集客が上手くいけば、Googleのリスティング広告などに費用をかけることもなく、結果的に広告にかける費用を抑えることができます。SNSは無料でアカウントを解説し、興味のあるアカウントをフォローできます。SNSを通じて顧客とコミュニケーションを取ることも可能なので、個人のアカウントが比較的伸びやすい傾向があります。すぐにリプを返す事で、顧客と円滑にコミュニケーションを取る事が可能ですので、SNSを活用して、顧客と良好な関係を築きましょう。

SNS集客のデメリット

  • 時間と手間が発生する
  • 成果が出ずらい
  • 口コミに左右される
  • 情報漏洩のリスクがある
  • ネットリテラシーが低い顧客にアプローチしずらい
SNS集客のデメリット詳細
時間と手間がかかるSNS集客には、定期的な投稿や返信、フォロワーの増加など、時間と手間がかかります。特にフォロワーが多くなってきた段階でのユーザーへの返信や、フォロワーの管理などにはとても時間がかかります。
成果が出にくいSNSでの集客は、広告のように直接成果が出るわけではなく、コミュニケーションや情報提供などを通じて長期的に信頼関係を築く必要があります。そのため、成果が出にくいというデメリットがあります。
炎上しやすいSNSで炎上するには一瞬です。正確性がない情報であっても、すぐに炎上してしまうそのため、適切な対応が必要です。
情報漏洩のリスクがあるSNSはオープンな場であるため、情報漏洩のリスクがあります。情報管理には十分な注意が必要です。
顧客がSNSを使わないターゲットの場合は効果が薄い比較的、SNSを使わない顧客である場合には、効果が薄い可能性があります。

SNS集客におけるデメリットは、時間と手間がかかり、成果が出にくいという問題があります。さらに、ネガティブな口コミが拡散される可能性があり、情報漏洩のリスクも考慮しなければなりません。SNSをそもそも利用しない顧客がターゲットである場合には、効果が薄い可能性があります。

企業がSNS集客で成功するためのまとめ

SNSで集客に成功するためには、効果的な戦略をを立てる事が必要です。例えば、戦略的な投稿です。ターゲットとなる顧客に合わせたコンテンツを投稿することが重要です。他社のSNSの成功事例を知り、自社ではどのような成功事例を目標とするのか決めましょう。

SNS集客では、メリットと裏腹にデメリットも存在するため、運用する際には注意が必要です。顧客とのコミュニケーションを積極的に行い、信頼関係を構築することが重要です。特別なキャンペーンやプロモーションを行うことで、顧客の注目を集めることができますし、集めたデータを分析し、改善点を見つけることで、より効果的な戦略を立てることもできます。

戦略的な投稿や積極的なコミュニケーションを行い、顧客との信頼関係を構築することで、SNSでの集客成功に繋がることでしょう。

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

BtoB関連の資料ダウンロード
マーケメディアでは、SNSマーケティングに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました