SNS集客はもう古いって本当?効果的で新しい集客方法とは!?

※この記事にはプロモーションが含まれています。

m046SNSマーケティング
SNSマーケティング

「SNS集客はもう古い」といった声があるのをご存じでしょうか。その背景には、ユーザーの行動パターンの変化などいくつかの要因があります。本記事では、SNS集客が時代おくれとされる理由と、新しい集客方法などを解説していきます!

最近、「SNS集客はもう古い」「時代おくれ」との声が聞かれるようになっています。確かにSNSが登場して広く普及した当初は、SNSを活用した集客は非常に効果的でした。しかし、SNSプラットフォームやユーザーの行動パターンの変化などにより、SNS集客の効果は低下しており、今現在その存在はやや古くなっているのが実情です。

とはいえ、SNS集客はもう古いというのは本当なのでしょうか?また、SNS集客に代わる新しい集客方法は存在するのでしょうか?今回は、SNS集客が古いといわれる理由と、SNS集客に代わる新しい集客方法などについて解説していきます!

mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

SNS集客はもう古いといわれる理由

近年、多くの企業や個人がSNSを利用して顧客獲得を目指していますが、「SNS集客はもう古い」という見方が出てきています。

SNS集客が古いといわれる理由として下記の背景が挙げられます。

SNS集客はもう古いといわれる理由

それぞれ詳しくみていきましょう。

情報の洪水によるユーザーの時間・精神的な余裕不足

SNS集客が古いといわれる理由の1つ目は、ユーザーが情報の洪水によって時間・精神的余裕の不足に悩まされていることです。

SNS上には無数の企業や個人が情報を発信し、ユーザーの注意を引き付けようとしています。しかし、この情報過多の状況では、ユーザーが情報の品質や真偽性を判断するのには多大な時間と労力が必要です。

また、多くの人々はSNS上の投稿をスクロールし、短時間で情報を消化することが主流となっています。そのため、ユーザーが画面を見る時間とメンタル的なゆとりがなければ、SNS集客は困難になっているといえます。企業側はユーザーが情報をスムーズに受け取ることができる、より効果的な方法を模索する必要があるでしょう。

アルゴリズムの変化による届きにくさ

SNS集客が古いといわれる理由の2つ目は、アルゴリズムの変化による届きにくさです。SNSは一般的に、ユーザーによってシェアされたものと似通ったジャンルの投稿を表示するというアルゴリズムでより多くのユーザーにリーチできるようになっています。しかし、SNSのアルゴリズムは常に変化しているため、集客が一筋縄ではいきません。 アルゴリズムの変化に対応した分析ツールもありますが、それらを選定したり登録したりするにも手間がかかり、その分即時性が失われていきます。

特にアルゴリズムの変化の影響で、最近はFacebookやInstagramにおけるリーチ率が低下しています。それに伴い企業が有料広告を出稿する必要が増えているのが現状です。これによりSNS集客はコストが高くなり、小規模な企業にとっては厳しい状況といわざるを得ません。

広告費の高騰と効果低下

SNS集客が古いといわれるもう1つの理由は、広告費の高騰と効果の低下です。SNSプラットフォームの広告費は年々増加しており、競合が激しくなるにつれて広告費は高騰しています。しかし、広告表示回数が増えたとしても、クリック率やコンバージョン率が低下している場合、コストパフォーマンスは上がりません。

また、SNSプラットフォーム自体が広告表示を制限したり、アルゴリズムの変更により広告が届かなくなる可能性も無視できません。そのため、広告費を増やしても集客効果が得られない場合もあるのです。

SNS集客をする場合は、広告費の使い方や配信タイミング、広告のクオリティなどを見直し、コストパフォーマンスの最適化を行うことが重要といえます。

コミュニケーションの難しさと信頼性の低下

コミュニケーションの難しさと信頼性の低下も、SNS集客がもう古いと言われる理由に挙げられます。

SNSは、膨大な人が利用するプラットフォームです。そのため、企業が伝えたいメッセージがユーザーに伝わっているかどうか不透明であり、その分信頼性が低くなりがちです。

さらに、SNS上での情報の拡散により、誤解を招いたり、情報が改ざんされたりするリスクもあります。

これらの問題を避けるためには、企業とユーザー間での直接的なコミュニケーション、信頼性の高い情報の伝達が必要です。したがって、SNS集客だけに頼るのではなく、多様な集客手法の検討が不可欠となります。

間違ったSNS集客

SNS集客が古いといわれる背景には、間違ったSNS集客で効果が出ていない場合もあります。適切な戦略を立てずに適当なコンテンツを配信し、フォロワーを増やすことに重点を置いたり、SNSプラットフォームでの短期的な成果に焦点を当てたりしていては、効果的な集客につながりません。

その結果、フォロワー数は増えてもエンゲージメントが低く、SNSプラットフォーム上での認知度や信頼性が低下するという問題が生じます。

また、SNSプラットフォームの特性やターゲット層のニーズを無視した戦略、不適切な発信頻度やタイミングを設定することも間違ったSNS集客の例です。

こうした間違ったSNS集客を行うと自社ブランドの信頼性が損なわれ、集客効果も低下してしまいます。結果、思ったほどの成果を上げられず「SNSは古い」というイメージに偏りがちです。そこで、効果的な集客を行うためには、正しい戦略の立て方が重要となります。

SNS集客の戦略の立て方

SNS集客の戦略を立てるためには、以下のステップを踏むことが大切です。

  1. 目的の明確化
  2. ターゲット分析
  3. コンテンツの作成
  4. 発信タイミングと頻度の設定
  5. 効果測定と改善

一つずつ解説していきます。

1.目的の明確化

まずは、何を達成したいのかを明確にしましょう。SNS集客の戦略を立てるためには、ゴールを明確にすることが大切です。

例えば、新規顧客の獲得、ブランド認知の向上、ファンやリピーターの獲得など、具体的な目標を設定します。

目的を明確化することで、どのようなコンテンツを発信すべきか、どのSNSプラットフォームを利用すべきかなど、具体的な戦略を立てられるでしょう。

2.ターゲット分析

次に、SNS上にいるターゲット顧客を分析しましょう。どのような人たちがSNSを利用しているのか、ターゲットの嗜好やニーズ、興味を持つコンテンツなどを調査するのです。

それにより、コンテンツ内容やデザイン、配信時間、エンゲージメントの獲得の仕方などが明確になります。ターゲットは、年齢、性別、地域、職業、趣味など、目的に合わせて設定しましょう。

3.コンテンツの作成

SNS集客の戦略において、次に重要なのがコンテンツの作成です。ターゲットのニーズや興味に合わせた魅力的で価値のあるコンテンツの作成が必要となります。

例えば、ターゲットが若年層であればポップでカジュアルなデザインや、トレンドに合わせたコンテンツが効果的です。

コンテンツの種類は、画像、動画、テキストなど多様なため、SNSプラットフォームに合わせた適切な形式で発信しましょう。また、コンテンツの定期的な更新や改善を行うと、フォロワーの獲得やエンゲージメントの向上が期待できます。

4.発信タイミングと頻度の設定

コンテンツ発信のタイミングや頻度も考慮する必要があります。ターゲットの行動パターンやSNSプラットフォームの特性に合わせて、適切なタイミングでコンテンツを発信しましょう。

例えば、ターゲットが学生であれば放課後や週末の投稿のほうが効果的にアプローチできます。

適度なペースでのコンテンツ配信が大切です。過剰な投稿はフォロワーの獲得に逆効果になることもあるため、フォロワーの状況に合わせた適切な頻度を設定しましょう。

5.効果測定と改善

SNS集客の戦略において、最後に重要なのが効果測定と改善です。具体的には、集客効果を測定するための指標の設定、継続的な分析と改善の実施が重要です。

例えば、リーチ数やエンゲージメント率など目標に合わせた指標を設定し、定期的に改善点を洗い出しましょう。

その上で、戦略の軌道修正を行うことが必要です。効果測定や改善はSNS集客で持続的な成果を上げるために欠かせないステップなのでしっかりと行いましょう。

以上が、SNS集客の戦略立案の基本的なステップになります。ただし、各企業や個人の目的・ニーズに合わせた戦略のカスタマイズが大切です。また、SNSの仕様が変更されることもあるため、最新の情報を把握し戦略の見直しも定期的に実施しましょう。

SNSはウェブ集客の一部と認識する

SNS集客は、ウェブ集客の中でも重要な一部であるといえます。しかし、集客をSNSだけに頼るのは適切ではありません。SNSプラットフォームは変化しやすく、アルゴリズムやプラットフォームの規約変更によって、集客効果が急激に低下するリスクがあります。そのため、「SNSは古い」といわれる結果になってしまいがちです。

また、SNSを利用した集客をするには、ウェブサイトへの導線が不可欠です。SNS集客で集めたフォロワーをウェブサイトに誘導することで集客効果が高まります。

つまり、SNS集客はあくまでウェブ集客の一部であるという認識が必要であり、ウェブサイトとの連携や独自のコンテンツの提供が不可欠なのです。SNS集客を含めた総合的なウェブ集客戦略の構築が、持続的な集客効果を生み出すためのポイントといえるでしょう。

SNS集客に代わる新しい集客

SNS集客で効果を上げるのが困難になり「SNSはもう古い」と言われる一方で、注目されているのがそれに代わる新たな集客ルートです。実際、SNS集客だけではない多様な集客方法を駆使すれば、より多くの顧客を獲得し、ビジネスの成長につなげられます。

SNS集客に代わる新しいものとしては、下記の方法が挙げられます。

  • ARやVRなどの技術を活用した集客
  • AIによる集客

ARやVRなどの技術を活用した集客

AR(拡張現実)やVR(仮想現実)といった技術は、近年の発展によってマーケティングにも応用されるようになってきました。これらの技術を活用したマーケティングにより、さらに効果的に商品やサービスを紹介し、集客することが可能になります。

例えば、ARを使えば商品を疑似的に体験することができ、顧客の購買意欲を高めることができます。また、VRを使ってリアルな店舗の雰囲気を再現したり、遠隔地の展示会に参加できるようにすることも可能です。

さらに、ARやVRの技術を使ったインタラクティブな広告やコンテンツはユーザーの興味を引きやすく、記憶にも残りやすいという利点があります。これらの技術をうまく活用すれば、より効果的な集客が実現できるといえます。

AIによる集客

AI(人工知能)によるマーケティングも、SNS集客に代わる新しい集客手段として注目されています。AIの活用で顧客の行動や嗜好の分析、それに合わせたマーケティングが容易です。

また、AIの活用により顧客とのコミュニケーションの質も向上できます。自動応答システムの導入で、24時間体制での問い合わせ対応や質問に対する即時的な回答が可能になります。

ただし、これらの手法が全ての企業や個人にとって有効なわけではありません。目的やニーズに合わせて最適な集客手法を選択することが重要です。

まとめ

「SNS集客はもう古い」と言われる理由には、ユーザーの情報過多やアルゴリズム変化による届きにくさ、広告費の高騰と効果低下、コミュニケーションの難しさや信頼性の低下などが挙げられます。そのため、新たな集客ルートとして注目されているのが、ARやVRなどの技術を活用したマーケティングです。

ただし、古いとは言われつつもSNS自体の人気はそれほど衰えていません。SNS集客はまだまだ効果がある方法の一つであり、新しい方法を組み合わせた活用により効果の増大が見込めます。

最も重要なのはターゲット層に合った適切な集客方法の選択と戦略的な実施にあります。それらを認識して適宜実行することこそ大切だといえるでしょう。

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

BtoB関連の資料ダウンロード
マーケメディアでは、SNSマーケティングに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました