マーケティングの進化とAISAS:時代に対応するフレームワークとは?

※この記事にはプロモーションが含まれています。

マーケティングの進化とAISAS:時代に対応するフレームワークホワイトペーパー
ホワイトペーパー

現代のビジネス環境は急速に変化しており、テクノロジーの進歩やデジタル化の浸透により、マーケティングの手法も大きく変化しています。これに伴い、企業はより効果的なマーケティング戦略を立案し、顧客とのつながりを強化していかなければなりません。そこで2005年に登場したのが「AISAS」というフレームワークです。

本記事では、マーケティングの進化とAISASの関係、時代の変化に対応するための有用なフレームワークとしてのAISASの意義について解説します。またAISASと他のフレームワークとの比較についても紹介しているので、マーケティングに携わる方は、ぜひ参考にしてください。

  • マーケティングの進化と変化する消費者行動
  • AISASの意味とは?消費者購買行動モデルの解説
  • 「AISAS」と「AIDMA」の比較
  • 「AISAS」と「AISCEAS」の比較
  • 「AISAS」と「AIDCAS」の比較
  • マーケティング戦略におけるAISASの活用
  • マーケティング戦略でAISASを活用するポイント
  • マーケティング戦略でAISASを活用する注意点
  • 時代の変化に対応するAISASの意義
  • まとめ

1
2
3
4
5
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
4
5
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
  1. マーケティングの進化と変化する消費者行動
  2. AISASの意味とは?消費者購買行動モデルの解説
  3. 「AISAS」と「AIDMA」の比較
    1. 1.フレームワークの構造
    2. 2.心理的な側面の強調
    3. 3.情報収集の位置づけ
  4. 「AISAS」と「AISCEAS」の比較
    1. Attention(注意)
    2. Interest(興味・関心)
    3. Search(検索)
    4. Comparison(比較)
    5. Examination(検討)
    6. Action(行動)
    7. Share(共有)
  5. 「AISAS」と「AIDCAS」の比較
    1. 1.フレームワークの構造
    2. 2.マーケティングの視点
    3. 3.プロセスの重点
    4. 適用範囲
  6. マーケティング戦略におけるAISASの活用
  7. マーケティング戦略でAISASを活用するポイント
    1. マーケティング戦略でAISASを活用するポイント①カスタマージャーニーの理解
    2. マーケティング戦略でAISASを活用するポイント②パーソナライズとターゲティング
    3. マーケティング戦略でAISASを活用するポイント③オムニチャネル戦略の構築
    4. マーケティング戦略でAISASを活用するポイント④リアルタイムなコミュニケーション
    5. マーケティング戦略でAISASを活用するポイント⑤データと分析の活用
  8. マーケティング戦略でAISASを活用する注意点
    1. マーケティング戦略でAISASを活用する際の注意点①プライバシーと倫理の尊重
    2. マーケティング戦略でAISASを活用する際の注意点②一貫性とブランド価値の維持
    3. マーケティング戦略でAISASを活用する際の注意点③柔軟性と適応力の持ち合わせ
    4. マーケティング戦略でAISASを活用する際の注意点④顧客との関与とフィードバック
  9. 時代の変化に対応するAISASの意義
    1. マーケティングにおけるAISASの意義①デジタル化への対応
    2. マーケティングにおけるAISASの意義②カスタマージャーニーの理解
    3. マーケティングにおけるAISASの意義③データ駆動のマーケティング
    4. マーケティングにおけるAISASの意義④エンゲージメントと共有の促進
  10. まとめ|時代の変化に対応できるAISASを上手に活用しよう!

マーケティングの進化と変化する消費者行動

マーケティング aisas

顧客行動の変化は、マーケティングにとって重要な要素であり、それに対応するためにマーケティング戦略を適応させる必要があります。以下に、マーケティングの進化と変化する顧客行動の詳細を解説します。

マーケティングの進化と変化する消費者行動①インターネットの普及と情報へのアクセス性の向上

インターネットの普及により、顧客は情報に容易にアクセスできるようになりました。検索エンジンやウェブサイトを通じて商品やサービスに関する情報を入手できるため、購買前に詳細な情報収集をおこなう傾向があります。顧客は価格や機能、レビューや評価などの情報を比較検討し、より良い選択をすることが可能になったのです。

マーケティングの進化と変化する消費者行動②ソーシャルメディアの影響力の増大

ソーシャルメディアの普及により、顧客は他のユーザーとのつながりを通じて商品やサービスについての意見や情報を共有しあうことができるようになりました。ソーシャルメディア上での口コミや評判は、購買意思決定に大きな影響を与えるでしょう。顧客は友人やフォロワーの意見や推薦を参考にし、信頼性の高い情報を求める傾向があります。

マーケティングの進化と変化する消費者行動③モバイルテクノロジーの進化

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの普及により、顧客はいつでもどこでもインターネットにアクセスできるようになりました。モバイルデバイスを介して商品やサービスの情報を検索し、購買行動を起こすことが容易になったのです。さらに、位置情報やプッシュ通知などの機能を活用して、顧客にタイムリーでパーソナライズされた情報や特典を提供することが可能になりました。

マーケティングの進化と変化する消費者行動④マルチチャネル体験の重要性

顧客は複数のチャネルを通じて、商品やサービスと接触することがあります。オンラインショッピング、実店舗での購買、ソーシャルメディア上での情報収集など、様々なチャネルを行き来しながら購買行動を進めるのが一般的です。顧客はシームレスなマルチチャネル体験を求めており、それに応えるためには各チャネル間の一貫性や連携が重要になります。

マーケティングの進化と変化する消費者行動⑤カスタマーエンゲージメントの重視

顧客は単なる受け手ではなく、ブランドや企業とのエンゲージメントを求めています。顧客がブランドとのつながりを感じ、参加したり寄与したりできる機会を提供するのが重要です。コンテンツマーケティングやソーシャルメディア上での対話を通じて、顧客の参加を促し、長期的な関係を築くことが求められます。

以上が、マーケティングの進化と変化する顧客行動の一部です。これらの変化に敏感に対応し、顧客のニーズや期待に応えるマーケティング戦略を展開することが成功への鍵となります。

AISASの意味とは?消費者購買行動モデルの解説

変化する時代にのなかで登場したのが「AISAS」という消費者購買行動モデルです。AISASとは「Attention(注意)」「Interest(関心)」「Search(検索)」「Action(行動)」「Share(共有)」の頭文字をとったもので、日本最大の広告代理店である電通が2005年に提唱した概念です。消費者がインターネットを通じて商品やサービスを発見し、実際に購入するまでのプロセスを説明したモデルになります。

このフレームワークは、顧客が商品やサービスを購入するまでの一連のステップを理解し、それに基づいてマーケティング戦略を計画するために使用されます。

それぞれの要素は次の通りです。

Attention(注意)

Attention段階では、顧客の注意を引くためのマーケティング活動が重要です。広告、メディア露出、ソーシャルメディアプレゼンス、コンテンツマーケティングなどを活用して、顧客の目を引くことが目的です。商品やブランドの存在を認識させ、興味を持たせるための情報やストーリーテリングを提供します。

Interest(関心)

Interest段階は、顧客が商品やサービスに関心を持つようになる段階です。顧客は製品の特徴や利点について、より詳しく知りたいと思うでしょう。マーケティング活動は、関心を引き付けるための情報やコンテンツを提供することに焦点を当てます。価値提案やカスタマーエンゲージメントを通じて、顧客の関心を高めます。

Search(検索)

Search段階では、関心を持った顧客が商品やサービスについてより詳しく知るために調査や比較をおこないます。顧客は、インターネット検索エンジンやウェブサイト上のレビューサイトなどを使用して情報を収集することが一般的です。マーケティング活動では、SEO対策やコンテンツ最適化、情報提供などを通じて、顧客の検索活動をサポートします。

Action(行動)

Action段階は、顧客が購入を決定し、実際に商品やサービスを購入する段階です。この段階では、購入プロセスがスムーズで簡単であることが重要です。オンラインストアや物理店舗での販売促進や、支払いオプションの提供などがおこなわれます。顧客の意思決定を促進し、購入アクションを促します。

Share(共有)

Share段階では、顧客が自身の体験や意見を他の人と共有する可能性があります。顧客の共有は、口コミやソーシャルメディア上での情報拡散につながります。良い体験や満足度を提供することで、顧客が積極的に共有するきっかけを作り出すことが重要です。

AISASフレームワークは、顧客の購買プロセスを段階的に理解し、各段階に合わせた適切なマーケティングアプローチを展開するためのガイドとなります。このフレームワークを活用することで、顧客の関与度を高め、購買意欲を促進する戦略が立てられるでしょう。

「AISAS」と「AIDMA」の比較

マーケティング aisas

AISASが登場する前、消費者購買行動モデルとして多くの企業で活用されていたのが「AIDMA」です。

AISASとAIDMAは、どちらも顧客の購買プロセスを理解し、マーケティング戦略を構築するためのフレームワークになります。

以下にAISASとAIDMAの主な違いを説明します。

1.フレームワークの構造

AIDMAは Attention(注意)、 Interest(関心)、 Desire(欲求)、 Memory(記憶)、 Action(行動)の5つのステージからなるフレームワークです。AIDMAは、顧客の購買プロセスにおいて、顧客の心の中で起こる段階的な変化を表現しています。AIDMAでは、顧客が商品やサービスに注意を向け、関心を持ち、欲望を抱き、記憶に留め、最終的に行動に移るというプロセスを表現しています。

2.心理的な側面の強調

AISAS: AISASは、顧客の心理的な状態やニーズに焦点を当てています。顧客が注意を向け、関心を持ち、情報収集を行う際の心理的な要素を重視しているのです。顧客の購買プロセスにおける心理的な変化を把握し、それに合わせたマーケティングアプローチを構築するのが目的になります。

AIDMA: AIDMAは顧客の欲求や動機に焦点を当てていて、顧客が商品やサービスを欲しいと思い、それに対する欲求を抱くプロセスを重視しています。顧客の欲求を刺激し、顧客の心に留めるためのアプローチを構築することが目的です。

3.情報収集の位置づけ

AISASでは、情報収集はSearch(情報収集)のステージでおこなわれます。顧客が商品やサービスに関する情報を収集し、比較検討を行う段階を重視しています。

AIDMAでは、情報収集はDesire(欲望)の前段階でおこなわれます。顧客が商品やサービスに対する欲求を抱く前に情報収集をして、商品やサービスの魅力や利点を理解することが重視されているのです。

AISASとAIDMAはそれぞれ異なる観点から顧客の購買プロセスを捉え、マーケティング戦略の構築に活用されています。どちらのフレームワークを選択するかは、目的や業界の特性、顧客の行動パターンなどに応じて決定しましょう。

「AISAS」と「AISCEAS」の比較

AISASの進化モデルともいえるのがAISCEASになります。AISCEASとは顧客の購買行動を促進するためのマーケティング手法です。「Attention(注意)」「Interest(興味・関心)」「Search(検索)」「Comparison(比較)」「Examination(検討)」「Action(行動)」「Share(共有)」の頭文字を取っています。

「AISAS」と「AISCEAS」、それぞれの要素を比較してみましょう。

Attention(注意)

AISASとAISCEASの両方で、顧客の注意を引くことが重要です。鮮明なメッセージや視覚的な要素、インパクトのある広告などを活用して、顧客の目を引きます。

Interest(興味・関心)

両方の手法で、顧客の興味と関心を喚起することが重要です。興味を引く情報やストーリーテリングを通じて、顧客が商品やサービスに興味を持つように導きます。

Search(検索)

AISASとAISCEASの両方で、顧客が情報を検索することが想定されています。顧客はウェブサイトやソーシャルメディアなどで詳細な情報を検索し、商品やサービスについてさらに理解を深めます。

Comparison(比較)

AISCEASには、Comparison(比較)という要素が追加されています。顧客が複数の選択肢を比較し、最適な選択をおこなう段階です。商品やサービスの特徴や価格などを比較検討し、最適な選択をおこなうための情報が提供されます。

Examination(検討)

AISCEASでは、Examination(検討)という要素が追加されています。顧客は商品やサービスの詳細を検討し、利点や欠点、利用シーンなどを考慮する要素です。商品の詳細な比較と検討を通じて、顧客が自身に最適な選択をおこなうことが期待されます。

Action(行動)

AISASとAISCEASの両方で、顧客の具体的な行動を促すことが重要です。顧客が購入や契約、登録などの行動を起こすことで、購買行動が完了します。

Share(共有)

最後に、AISASとAISCEASの両方で、顧客が自身の経験や満足を共有することが重要となっています。ソーシャルメディアや口コミなどを通じて、顧客の共有が広がるのです。

AISCEASは、Comparison(比較)とExamination(検討)の要素を追加することで、顧客の意思決定プロセスをより詳細に捉え、最適な選択を支援することを目指しています。

「AISAS」と「AIDCAS」の比較

AISASよりもあとに登場したのが「AIDCAS」というフレームワークです。以下では、AISASとAIDCASの違いをさらに詳しく解説します。

1.フレームワークの構造

AIDCASは「Attention(注意)」「Interest(興味)」「Desire(欲望)」「Conviction(確信)」「Action(行動)」「Satisfaction(満足)」の6つのステップで構成されています。消費者行動の理論であるAIDA(Attention、 Interest、 Desire、 Action)モデルに基づいており、その後にSatisfaction(満足)を加えたものです。AIDCASは顧客の心理的な側面や感情的な要素を重視し、顧客の欲求や満足度に焦点を当てています。

2.マーケティングの視点

AISAS: AISASはデジタルマーケティングにおいて特に有用です。顧客がデジタルチャネルを通じて関心を引き付けられ、情報を収集し、購買行動に移行するプロセスを最適化することに焦点を当てています。デジタル広告やオンラインプレゼンスの重要性を反映しています。

AIDCAS: AIDCASはより総合的なマーケティング視点を持ち、顧客の心理的な側面や感情的な要素を重視します。顧客の欲求や感情に訴え、顧客の満足度を高めることに焦点を当てており、ブランドの認知度や顧客との関係構築を重視する場合に有用です。

3.プロセスの重点

AISASは顧客の関心を引き付け、情報収集、購買行動への移行を促すことに重点を置いています。特にデジタルチャネルやオンラインプレゼンスを活用し、顧客のデジタル体験を最適化することが焦点です。

AIDCASは、顧客の心理的な側面や感情的な要素に焦点を当てています。顧客の欲求や感情を喚起し、顧客の満足度を高めることを重視しているのです。それにより、顧客の関与やブランドロイヤリティの向上を目指します。

適用範囲

AISAS:AISASは特に、デジタルマーケティングやオンラインビジネスに適しています。顧客のデジタル体験を最適化し、オンラインプレゼンスを強化するための戦略に活用されます。

AIDCAS:AIDCASはオフラインおよびオンラインの両方の環境において適用可能です。顧客の心理的な側面や感情的な要素を考慮し、総合的な購買体験を提供するための戦略に活用されます。

AISASとAIDCASは、それぞれ異なる視点とアプローチを持ち、異なる状況や目標に応じて選択されます。ビジネスの特性やマーケティング目標に合わせて適切なフレームワークを選択し、顧客のニーズを理解し、効果的なマーケティング戦略を展開することが重要です。

マーケティング戦略におけるAISASの活用

AISASフレームワークは、マーケティング戦略の計画と実行において以下のように活用できます。

マーケティング戦略におけるAISASの活用①ターゲットオーディエンスの理解

AISASフレームワークを活用する最初のステップは、ターゲットオーディエンスを詳しく理解することです。それぞれのステージでの顧客の行動やニーズ、好みを把握しましょう。市場調査、顧客インタビュー、データ分析などを通じて、顧客のプロファイルを作成し、各ステージでの要求に合わせた戦略が立てられます。

マーケティング戦略におけるAISASの活用②メッセージとコンテンツの最適化

AISASフレームワークでは、各ステージにおける適切なメッセージとコンテンツの開発が重要です。

Attention段階では、目を引く情報やストーリーテリングを活用し、興味を引くことに焦点を当てます。Interest段階では、商品やサービスの特徴や利点を強調し、関心を深めます。Search段階では、情報を提供し、比較検討をサポートすることが重要です。Action段階では、購入を促進する具体的な情報や特典を提供します。

各ステージでのメッセージとコンテンツを最適化することで、顧客の関与度が高められるでしょう。

マーケティング戦略におけるAISASの活用③チャネル戦略の立案

AISASフレームワークを活用することで、各ステージで最も効果的なマーケティングチャネルを特定しましょう。

注意を引くためには、広告やソーシャルメディアが有効です。関心を深めるには、コンテンツマーケティングやメールマーケティングが適しているかもしれません。検索をサポートするためにはSEO対策やインフルエンサーマーケティングが効果的でしょう。

それぞれのステージに合わせた適切なチャネル戦略を立案し、顧客の接点を最大限に活用します。

マーケティング戦略におけるAISASの活用④ユーザーエクスペリエンスの最適化

AISASフレームワークを活用して、顧客のユーザーエクスペリエンスを最適化しましょう。Action段階では、購入プロセスがスムーズかつ簡単であることが重要です。オンラインストアのユーザーインターフェースやチェックアウトプロセスを最適化し、ユーザーのストレスや障害を最小限に抑えます。

実店舗の場合も、購買体験を向上させるための改善策を実施します。顧客が円滑に購入を完了できるようにすることで、顧客満足度が高められるでしょう。

マーケティング戦略におけるAISASの活用⑤成果の評価と改善

AISASフレームワークを活用することで、各ステージでのマーケティング活動の成果を評価し、改善に向けた取り組みができます。設定したKPIをベースにデータを分析し、各ステージでの成果を評価しましょう。

顧客の行動データやフィードバックを活用すれば、戦略やタクティクスを改善するための洞察が得られます。実験やA/Bテストを行い、最も効果的なアプローチを特定しましょう。

AISASフレームワークを繰り返し活用することで、マーケティング戦略を洗練させ、顧客の関与度と購買意欲が高められます。適切なタイミングと適切なメッセージを提供し、顧客のニーズに応えることが重要です。

マーケティング戦略でAISASを活用するポイント

マーケティング aisas

マーケティング戦略において、AISASを活用する際のポイントについて解説します。

マーケティング戦略でAISASを活用するポイント①カスタマージャーニーの理解

AISASを活用するためには、顧客のカスタマージャーニーを詳細に理解することが重要です。各段階で顧客が抱える課題やニーズ、情報の求め方などを把握しましょう。顧客の視点に立った戦略を展開することで、より効果的な関与が可能となります。

マーケティング戦略でAISASを活用するポイント②パーソナライズとターゲティング

AISASの活用においては、パーソナライズされたコミュニケーションとターゲティングが重要になります。顧客の属性や行動データを活用し、各段階で最適なメッセージやオファーを提供しましょう。顧客が関心を持ち、行動に移しやすくなります。

マーケティング戦略でAISASを活用するポイント③オムニチャネル戦略の構築

AISASを活用する際には、オムニチャネル戦略を構築することが有効です。顧客が複数のチャネルを利用することを考慮し、各段階での接点を最適化しましょう。オンラインとオフラインの統合や、複数のデジタルプラットフォームの活用など、幅広いチャネルを組み合わせることで顧客との関与を強化できます。

マーケティング戦略でAISASを活用するポイント④リアルタイムなコミュニケーション

AISASでは、リアルタイムなコミュニケーションが重要です。顧客の行動やインタラクションに応じて、適切なタイミングでメッセージを配信しましょう。顧客の関心やニーズが高まっている時に的確な情報を提供することで、関与度を向上させられます。

マーケティング戦略でAISASを活用するポイント⑤データと分析の活用

AISASの活用には、データと分析の活用が欠かせません。各段階での顧客の行動データや反応データを収集し、分析することで洞察を得ましょう。顧客のパターンや傾向を把握し、戦略の改善や最適化に活かしましょう。データ駆動型のマーケティング戦略が成功につながります。

マーケティング戦略に重要なアーリーアダプターとは?その詳細とイノベーター理論を解説

マーケティングにおけるインサイトとは?ニーズとの違いやメリットについて解説

マーケティングにおける競合分析とは?具体的な手法とフレームワークを紹介!

マーケティングのフレームワークとは?本当に使えるフレームワークを目的別にご紹介!

マーケティング戦略でAISASを活用する注意点

次に、マーケティング戦略で気を付けるべき注意点について解説します。

マーケティング戦略でAISASを活用する際の注意点①プライバシーと倫理の尊重

AISASの活用においては、顧客のプライバシーと個人データの保護に配慮しましょう。適切なデータの収集・保管・利用に関する法的規制や倫理的なガイドラインに準拠し、顧客の信頼を損なわないように注意が必要です。

マーケティング戦略でAISASを活用する際の注意点②一貫性とブランド価値の維持

AISASの活用においては、一貫性を保つことが重要です。各段階でのメッセージや体験がブランドの価値と一致し、顧客に一貫した印象を与えるようにしましょう。ブランドの維持とブランドロイヤルティの構築につながります。

マーケティング戦略でAISASを活用する際の注意点③柔軟性と適応力の持ち合わせ

AISASの活用においては、市場の変化や顧客行動の変化に対して柔軟に対応することが必要です。状況の変化に敏感であり、戦略の適応と改善をおこないましょう。常にマーケットのトレンドを把握し、競争力を維持するために努力が求められます。

マーケティング戦略でAISASを活用する際の注意点④顧客との関与とフィードバック

AISASの活用においては、顧客との関与を重視し、フィードバックを積極的に収集するのがポイントです。顧客の声や意見を取り入れ、戦略の改善やサービスの最適化に役立てましょう。顧客中心のアプローチを維持することが重要です。

AISASの活用にはこれらのポイントと注意点を考慮することが重要です。柔軟性、顧客中心のアプローチ、データ駆動型の意思決定などを組み合わせて、効果的なマーケティング戦略を展開しましょう。

時代の変化に対応するAISASの意義

AISASは、マーケティング戦略において有効なフレームワークのひとつです。時代の変化に対応するAISASの意義は、マーケティングプロフェッショナルに対して以下のような重要な価値を提供します。

マーケティングにおけるAISASの意義①デジタル化への対応

AISASはデジタル化が進む現代のマーケティング環境において、顧客のデジタル体験を最適化するための手法です。

インターネットの普及やソーシャルメディアの影響力の増大などの変化に対応するため、デジタル広告やオンラインプレゼンスの重要性を反映しています。AISASを活用することで、顧客がデジタルチャネルを通じて関心を引き、情報を収集し、購買行動に移行するプロセスが最適化できるでしょう。

マーケティングにおけるAISASの意義②カスタマージャーニーの理解

AISASは顧客の購買プロセスを明確に定義しています。そのため顧客がどのステージにいるのかを把握し、適切なコミュニケーションやアプローチが可能です。

時代の変化により、顧客の行動やニーズも変化しています。AISASを活用することで、顧客の変化する行動パターンや購買意図を把握し、それに合わせたマーケティング戦略が立案できるでしょう。

マーケティングにおけるAISASの意義③データ駆動のマーケティング

AISASはデータ駆動のマーケティングにも適しています。各ステージでの顧客の行動や反応を計測し、効果的な施策を見つけ出すことが可能です。

デジタルチャネルを通じて得られるデータを分析し、顧客のニーズや傾向を把握することで、より精緻なターゲティングやパーソナライズされたコミュニケーションを実現できます。データの活用により、マーケティング活動の効果が最大化できるでしょう。

マーケティングにおけるAISASの意義④エンゲージメントと共有の促進

AISASは顧客の関心を引き付け、エンゲージメントを促進することにも役立つでしょう。顧客が興味を持ち、商品やサービスに関心を抱くことで、ブランドとの関係性が構築されます。

また、AISASの最後のステージであるShare(共有)は、顧客が自身の体験や意見を他の人々と共有することを促すものです。顧客がブランドを支持し、積極的に共有することで、口コミや影響力のあるユーザーの存在が広がります。

AISASは時代の変化に対応するために設計されたフレームワークであり、デジタル化やデータ駆動のマーケティングにおいて重要な役割を果たします。顧客行動の変化や新たなテクノロジーの進歩に合わせて、AISASを活用することで、より効果的なマーケティング戦略を展開し、顧客との関係強化が実現できるでしょう。

まとめ|時代の変化に対応できるAISASを上手に活用しよう!

マーケティング aisas

時代の変化に合わせて消費者が購買に至るまでの行動も変化するため、マーケティング戦略も時代に合わせた対応が必要になります。

しかし時代が変わったからといって、それまでのフレームワークが役に立たなくなるわけではありません。AISASも時代の変化に対応できるものなので、取り扱う製品・サービスや自社の状況に合わせて適切に活用可能です。

弊社ではホワイトペーパーをダウンロードすることができるので、ぜひご活用下さい。

▼マーケティング戦略に役立つ資料のダウンロードはこちら!

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

新着ホワイトペーパーの資料ダウンロード
マーケメディアでは、ホワイトペーパーに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました