ホワイトペーパーを制作代行に依頼する流れとは?費用相場や依頼時の注意点も解説

※この記事にはプロモーションが含まれています。

whitepaper-019ホワイトペーパー
ホワイトペーパー

リード獲得や育成に効果を発揮するホワイトペーパー。しかし作成する時間がなくて、なかなか導入できないと悩む企業もあるのではないでしょうか。そのような時は制作代行に依頼するのも一つの方法です。

代行に依頼することで、本業に支障をきたすことなくホワイトペーパーをマーケティングに取り入れられますよ。今回はホワイトペーパーを制作代行に依頼するメリットやデメリット、依頼の流れをわかりやすく解説します。

依頼時の注意点にも触れているので、ホワイトペーパー作成の時間がなくて悩んでいる担当者の方は、ぜひ参考にしてください。

本記事では、ホワイトペーパーの制作代行について、以下のような内容を解説します。

  1. ホワイトペーパーを制作代行に依頼するメリットとデメリット
  2. ホワイトペーパーを制作代行に依頼する流れ
  3. ホワイトペーパーを制作代行の費用相場
  4. ホワイトペーパーを制作代行に依頼する際の注意点
  5. まとめ

1
2
3
4
5
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
4
5
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

■ホワイトペーパーを制作代行に依頼するメリットとデメリット

ホワイトペーパーを制作代行に依頼するメリットとデメリット

最初にホワイトペーパーを制作代行に依頼するメリットとデメリットについて解説します。どちらも理解したうえで、依頼するか判断するとよいでしょう。

制作代行に依頼するメリット

制作代行に依頼するメリットは、大きく分けて2つあります。1つ目は、本業に集中できることです。作成するホワイトペーパーの種類にもよりますが、成果を出すホワイトペーパー作りには時間と手間がかかります。

ノウハウだけをまとめればよいわけではなくターゲット選定も必要ですし、ターゲットが抱えているニーズも把握しなければなりません。そのためマンパワーが足りない場合は、本業に支障をきたす可能性もあるでしょう。

代行に依頼してしまえば、そのようなリスクを軽減できます。もちろん打合せなどの手間はありますが、要望を伝えれば、あとは本業に集中できるでしょう。

2つ目は、クオリティの高いホワイトペーパーが作れることです。初めての作成となると、どのようにして作ればよいのかイメージが湧かず、満足できるホワイトペーパーが作れない可能性もあります。

しかしすでに作成ノウハウを持つ代行に依頼すれば、初めてでもクオリティの高いホワイトペーパーを作ることが可能です。

制作代行に依頼するデメリット

代行に依頼すれば、スムーズにクオリティの高いホワイトペーパーを作れます。しかしメリットばかりではありません。いくつかデメリットもあります。

まず外部に依頼するということは、当然費用がかかります。相場に関しては後述しますが、社内で作るよりも負担は大きくなると考えておきましょう。さらにプロに依頼することでクオリティの高いホワイトペーパーを作れますが、そのノウハウは社内には残りません。

ホワイトペーパーは定期的に複数作るのがおすすめです。なぜならそれにより、ニーズの把握や効果の検証ができるからです。しかし社内にノウハウがなければ、作るたびに代行に依頼しなければなりません。

その分、費用負担も大きくなります。継続的にホワイトペーパーを作りたいと考えているならば、最終的に自社だけで完結できるように、作成ノウハウを学べるよう工夫するとよいでしょう。

■ホワイトペーパーを制作代行に依頼する流れ

作成代行によって異なる場合もありますが、ここでは一般的な制作の流れを解説します。大まかな流れは以下の通りです。

  1. 打合せ・ヒアリング
  2. テーマの設定・リサーチ
  3. 構成・レイアウト作成
  4. デザイン・ライティング
  5. 納品・アフターフォロー

それぞれ具体的に解説します。

初回打合せ・ヒアリング

最初に制作の目的や、どのようなホワイトペーパーを作りたいのかを代行側に伝えます。伝えたいテーマ、強調したい自社の強みなど、なるべく具体的に伝えましょう。

このあたりまで丸投げしてしまうと、思っていたのと全然違うホワイトペーパーが完成してしまう可能性もあります。わからない部分、イメージがつかない部分は放置せず、質問しながら進めていくとよいでしょう。ホワイトペーパーのターゲットもここで決めます。

テーマの設定・リサーチ

初回の打合せが終わったら、具体的なテーマ設定とリサーチをします。もう一度会って打合せする場合もあります。ホワイトペーパー作成にあたって、必要な情報や入れてほしい情報があれば代行側に提供しましょう。

構成・レイアウト作成

決定した内容を元に、代行側で構成とレイアウトを決めていきます。ホワイトペーパーのボリュームにもよりますが、チェックや最終調整も含めて1〜2週間程度の時間を見ておくとよいでしょう。

デザイン・ライティング

構成とレイアウトが決まったら、実際の制作です。ただ文字を並べるだけでなく、代行側のほうで効果的なレイアウトや図の挿入などもしていきます。

確認のタイミングは制作代行にもよりますが、基本的に「制作→確認→修正」を繰り返して、クオリティの高いホワイトペーパーの完成を目指します。気になる個所など要望があれば、その都度伝えましょう。

納品・アフターフォロー

すべての作業が終わったら納品です。完成したホワイトペーパーを公開して、リード獲得や育成に役立てましょう。なかには実際の資料作成だけでなく、公開後の効果測定やダウンロード後の戦略の相談を引き受けてくれるところもあります。

■ホワイトペーパーを制作代行の費用相場

ホワイトペーパー制作を依頼するにあたって、気になるのが費用相場ではないでしょうか。どこまでの範囲を依頼するのか、どのくらいのボリュームのホワイトペーパーを依頼するかによっても変わりますが、ここでは一般的な費用相場を解説します。

一般的な費用相場

ホワイトペーパーの一般的な相場は以下の通りです。

ホワイトペーパーの枚数一般的な費用相場
5~10枚10~30万
10~15枚30~50万

かなり幅があるのは同じページ数でも専門性の高さや、イラストやグラフの作成までお願いするかなど条件によって異なるからです。

例えば一般的な構成に当てはめて作るような場合は、テンプレートを用意しているケースも多く、早く作れることから安い費用で提供している制作代行も多いでしょう。しかし他とは違う独自の構成を作りたいとなれば、その分リサーチが必要となるので費用も大きくなる傾向にあります。

製作者のレベルでも費用は変わる

依頼内容はもちろんですが、依頼する制作者によっても費用は異なります。例えばホワイトペーパーに挿入するイラスト制作も頼む場合、プロのイラストレーターを使うとなると、それなりに費用がかかるでしょう。しかし制作代行が新人のイラストレーターを起用している場合は、費用が安い場合があります。

また最近では、個人で制作代行を請け負うケースも増えてきました。業者よりも個人のほうが安く請け負っているケースが多いため、予算が少ない場合はクラウドソーシングサイトで探してみるのもよいでしょう。ただし個人の場合はレベルの差が激しいため、クオリティにこだわるのであれば、実績をよく確認してから依頼することをおすすめします。

複数の代行業者に見積もりを依頼するのがおすすめ

上記のことから、一概にこれくらいの値段で作れるとはいいがたいため、検討する際は複数の代行業者に見積もりを依頼するのがおすすめです。

同じ条件で複数の業者に見積もりを依頼すれば、適正価格が見えてくるでしょう。安いだけで決めてしまうのはおすすめしません。クオリティが低い、他社との差別化が図れないなど、満足できるホワイトペーパーが作れない可能性もあります。どこを重視するのか明確にし、費用とクオリティのバランスを考えながら判断しましょう。

■ホワイトペーパーを制作代行に依頼する際の注意点

ホワイトペーパーを制作代行に依頼する際の注意点

最後にホワイトペーパーを制作代行に依頼する際の注意点を解説します。「こんなはずじゃなかった」とならないように、事前準備や調査を怠らないようにしておきましょう。

  • 依頼する範囲と目的を明確にしておく
  • スケジュールと作成フローを確認しておく
  • 制作体制や評判を確認しておく

それぞれ詳しく解説します。

依頼する範囲と目的を明確にしておく

依頼する前にお願いしたい範囲と、作成の目的を明確にしておきましょう。制作代行によって依頼できる範囲は異なります。制作だけ対応している業者もあれば、公開後の分析や戦略まで対応してくれる業者もあります。

どこまで依頼したいのか、どこまでは自社で作業するのか明確にしておくことで、スムーズに代行先を選べるでしょう。

また効果的なホワイトペーパーを作成するために「リード獲得のため」「新しいサービスの認知拡大のため」など、作成の目的をハッキリさせておくことも大切です。

スケジュールと作成フローを確認しておく

初回の打合せで制作の流れ、どのタイミングで確認作業するのか、どのくらいの日数で完成するのかも確認しておきましょう。依頼後に何も連絡がないと、進んでいるのか不安ですよね。

確認作業が少ないと、要望とズレたホワイトペーパーになっている可能性もあります。こまめに確認作業してくれる業者だと安心できるでしょう。完成までの大まかなスケジュールが把握できれば、その後の計画も立てやすくなります。

制作体制や評判を確認しておく

制作代行の体制や、評判の確認も忘れずにしておきたいところです。比較的規模の大きい業者だと、ヒアリングする人と実際の作業者が異なる場合もあります。このような場合は、依頼内容がブレて伝わる可能性もあるので注意が必要です。

ミスマッチを起こさないように制作体制や実績、評判なども判断材料にしましょう。疑問や不安なことがあれば、あらかじめ問い合わせして確認しておくことをおすすめします。その際には、対応の丁寧さも確認しておきましょう。コミュニケーションがスムーズに取れるかどうかも代行先を決める際の重要なポイントです。

■まとめ

ホワイトペーパーを制作代行に依頼する流れとは?費用相場や依頼時の注意点も解説まとめ

成果を出すホワイトペーパーを作るためには、時間と手間をかける必要があります。なかには他の業務が忙しくて、導入したくてもできない企業もあるでしょう。そのようなときは制作代行に依頼するのがおすすめです。

費用はかかりますが、プロの手でスムーズにクオリティの高いホワイトペーパーを作れます。決める際は複数の制作代行から見積もりをとって、適正価格を確認しましょう。作業フローや評判などの確認も大切です。

インターネットで検索すると、多くの制作代行のサイトがヒットします。いろいろリサーチして、自社に合った制作代行を見つけましょう。

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

新着ホワイトペーパーの資料ダウンロード
マーケメディアでは、ホワイトペーパーに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました