マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数3800ファイル
  • 掲載企業数 1113
  • 今週の公開資料数22ファイル

マーケティング TOP > 広告の費用対効果向上の要!“フォンバージョン”の解析に基づく新たな広告戦略とは?

電話経由の広告効果(電話コンバージョン)=“フォンバージョン”の見える化を起点とした新たな広告戦略とは?

“Webの効果は測定できるが、電話の効果は測定できない”
という恐らく多くの方が感じている思い込み。

このような思い込みをお持ちの方の中には「Web広告に電話で問い合わせる人はそんなにいない」という見立てでいる方も決して少なくないはず。 それは本当でしょうか?

実は、出稿先によっては「Web上では効果が見えないが、電話では効果が出ている」というケースも珍しくはありません。
すなわち、電話コンバージョン=“フォンバージョン”の計測は、真の広告効果を測るために絶対に忘れてはいけないポイントなのです。
本資料では、“フォンバージョン”の解析に基づく新たな広告戦略の進め方を解説いたします。

「広告のムダ打ちをやめたい」とお考えの方はぜひご覧ください。

詳細を知りたい方は資料をダウンロードしてご覧ください!

本資料でご覧いただける内容

1章 企業の広告投資の現状と課題…見落としているポイントとは?

  • 多くの企業が広告投資を行う一方、広告効果が測れていない…?!
  • 真の広告効果を測る際に見落としがちな重要コンバージョンポイントとは?
  • 電話コンバージョン=“フォンバージョン”を解析することが広告の費用対効果向上の第一歩

2章 “フォンバージョン”の解析に基づく新たな広告戦略とは?

  • なぜ“フォンバージョン”が重要なのか?
  • “フォンバージョン”の解析に基づく新たな広告戦略の進め方
    • -電話を含めた全ての問い合わせをもれなく測れるようにする
    • -媒体・施策ごとに問い合わせ数とCPAを明らかにする
    • -広告の最適化を行う
  • +α 媒体・施策ごとの最終的な売上額と、経路別の売上額を算出する

  • モデルケースからシミュレーション!広告の費用対効果がどこまで上がるか?

詳細を知りたい方は資料をダウンロードしてご覧ください!

<資料提供企業>

社名  :楽天コミュニケーションズ株式会社
    (英文名: Rakuten Communications Corp.)
設立  :2000年3月13日
事業内容:電気通信事業