通販会社が成功するマーケティング施策の資料まとめ

  • 総資料数4240ファイル
  • 掲載企業数 1181
  • 今週の公開資料数18ファイル

マーケティング TOP > 人気資料まとめ > 通販会社・EC事業者が注目「成功している通販・ECが取り組んでいるマーケティング施策とは?」

Check!

今週の編集部おすすめホワイトペーパー

【DMの改善点が分かる】高レスポンスを獲得するDMクリエイティブのコツ!

共同印刷株式会社

編集部からのコメント!

DMの企画を考えるときや、DMを改善したいときなどに、
より効果の高いDMづくりのヒントをつかむことのできる
「リバース・エンジニアリング」という手法があります。

元々、「リバース・エンジニアリング」とは、
ソフトウェアやハードウェア製品、機械などを分解したり、
動作を観察・解析したりすることで構造を解析することで、
製造方法や原理、仕様、ソースコードなどを調査することです。

これをDMにも応用することができるのです。
DMで「リバース・エンジニアリング」を活用する場合は、
以下のようなポイントでDMを改善していきます。
 
---<DMリバース・エンジニアリングに基づくDM改善チェックシート>---------------
 [1]どのような戦略・コンセプトに基づいて作られているか?
 [2]提案する商品は、競合に対しどのように差別化されているか?
 [3]送り手の目的は何か?あなたに何をして欲しいのか?
 [4]どんなリストを利用しているか?そして、「誰に」送っているのか?
 [5]どんな特典(オファー)が用意されているか?
 [6]あなたにどのようなベネフィットを提示しているか?
 [7]体裁はどうか?(サイズ・色・デザイン・質感・ギミックetc.)
 [8]どのようにあなたを呼び止め、続きを読む気にさせているか?
 [9]それはあなたに「後ではなく今」行動する気にさせたか?
  ↓
 [10]1~9を踏まえて、受け取る顧客視点での伝わる「ストーリーづくり」
------------------------------------------------------------------------------
 
レスポンスの向上を常にお考えのDMご担当者様であれば
いくつか、体と頭にしみこんでいる改善点かと思いますが、
すべて頭に入っていて、毎回ベストなクリエイティブでDMを作れる!
という方は少ないかと思います。

本資料内では、上記checkシートも含め
DMの「リバース・エンジニアリング」について
詳しく解説しています。

DMの高レスポンスを安定させたい方はぜひお読みくださいませ。