マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数4327ファイル
  • 掲載企業数 1204
  • 今週の公開資料数16ファイル

マーケティング TOP > 人気資料まとめ > 「さらに収益に繋がるデータ」が欲しいマーケター・リサーチャーへ“競合より一歩先を行く“ための データ分析モデル・分析ノウハウ特集 > 株式会社グルーブワークス 同じ対象者への継続調査によるマーケティング施策の効果測定【パネルデータ分析】

企業DATA

会社名 株式会社グルーブワークス

同じ対象者への継続調査によるマーケティング施策の効果測定【パネルデータ分析】

この資料は掲載終了いたしました。

同一の対象者に対して、基本的に同じ質問を、一定期間継続的に実施する「パネル調査」という手法があります。
パネル調査を実施して、パネルデータ分析を行うことにより、販促やマーケティング施策による変化の要因や施策の長期的な蓄積効果を量的に把握できるようになります。

定期的に実施している調査でも、対象者が異なれば、誰が変化したのか、なぜ変化したのかに迫ることが難しくなります。
同一の対象者に対して一定期間継続的に実施するパネル調査では、個々の対象者レベルでの変化をとらえることができ、キャンペーンなどのマーケティング活動の接触状況などの情報から、変化要因に迫ることができます。

<目次>
■ パネル調査と補充サンプル
■ パネルデータ分析のメリット
  ① 高い推定精度を期待できる
  ② 観察不可能な要因をコントロールできる
  ③ 個人レベルでの変化を分析できる
■ パネル調査の活用

この資料は掲載終了いたしました。

ダウンロードリストを見る

下記ホワイトペーパーも
同時にダウンロード