「カスタマーエクスペリエンス」向上ノウハウ・施策

  • 総資料数4304ファイル
  • 掲載企業数 1200
  • 今週の公開資料数14ファイル

マーケティング TOP > 人気資料まとめ > 御社ブランド向上の為の「カスタマーエクスペリエンス」向上ノウハウ・施策

顧客の「意識」「無意識」下に生まれる、
御社ブランドイメージをプラスにせよ。

御社ブランドイメージ向上・顧客関係を強化する

「カスタマーエクスペリエンス」向上ノウハウ・施策

編集部注目の

7

カスタマーエクスペリエンスは、「顧客ライフサイクル」の中で、
顧客が企業・商材ブランドに対して触れる、全てのタッチポイント(広告・Webサイト・リアル店舗など)を経て、
形成されるブランドに対する顧客の認識(イメージ)を指します。

このカスタマーエクスペリエンスは、勝手に上がることは無く、
むしろ何もしなければ顧客から見て、何度関わっても変化が見えず、
企業・商材のイメージは横ばい、または悪い方向に繋がっていく
ことがほとんどです。

そこで今回は、このカスタマーエクスペリエンスのヒントになる、
ノウハウ・事例や、向上できる施策をいくつかまとめてみました。

Check!

今週の編集部おすすめホワイトペーパー

【広告主様・クライアント様限定】【なぜSDGsの取り組みが重要なのか】「FRaU」と共に創るSDGs

株式会社講談社

編集部からのコメント!

 本資料では、企業のブランド力強化・PR活動して
 最も注目されているワード「SDGs」について
 女性誌「FRaU」の取り組み例を元に、その必要性を解説しています。


 SDGsに関連する活動を通して、
 様々なステークホルダーが企業評価を下している昨今、
 各企業では、今まさにその取り組みが強化されています。

 そんな中、「FRaU」は女性誌で初めて1冊丸ごとSDGsについて
 特集を組んだメディアです。雑誌をはじめとした多面的な展開により、
 SDGsの認知・関心を醸成し、自ら社会に働きかける女性たちの
 ムーブメントを生み出しています。

 SDGsの取り組み事例や、SDGsの必要性について
 情報収集されたい企業様は、ぜひご活用くださいませ。