休眠顧客掘り起こしを“仕組み化”! 「リードナーチャリング」の秘訣

  • 総資料数4305ファイル
  • 掲載企業数 1201
  • 今週の公開資料数14ファイル

マーケティング TOP > 人気資料まとめ > リードナーチャリングの秘訣 ~休眠顧客の掘り起こしを仕組み化~

一度身につければもう顧客を“眠らせない”

休眠顧客掘り起こしを“仕組み化”!
継続的「リードナーチャリング」の秘訣

編集部注目の

13

Check!

今週の編集部おすすめホワイトペーパー

【Google Analytics×MA】Web集客をより効率化する手法

株式会社Sharing innovations

編集部からのコメント!

 こちらでご紹介する資料では、
 MA(マーケティングオートメーション)を導入中の企業様へ向け、
 Googleアナリティクス上での分析データを
 どのように有効活用するか?という考え方をご紹介しています。
 
 MA導入中もしくはこれからMAを導入され、
 かつGoogleアナリティクスも活用されている方へオススメの資料です。


 Googleアナリティクスで分析できるユーザーのステージ(状態)を
 俗に「ビジター」といい、MAで分析・アプローチできるステージを
 「プロスペクト」「ホットリード」と呼びます。

 さらにSFAで対応できるステージを「商談」と一般的には定義され、
 これによってユーザーのステージファネルを構築し、それぞれに合った
 ツール・施策で分析とアプローチを繰り返します。
 これが、BtoB企業の商談創出までの一般的な流れです。
 
 本資料では、上記のようにGoogleアナリティクス・MAで対応可能な
 ユーザーのステージを明らかにし、そこからどう分析・アプローチすればよいか、
 具体例を出して、MA導入中の企業様がGoogleアナリティクスの分析データを
 フル活用できる方法を解説させていただきます。