マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数4328ファイル
  • 掲載企業数 1203
  • 今週の公開資料数10ファイル

マーケティング TOP > 人気資料まとめ > 入力フォーム最適化(EFO)ツールまとめ > 株式会社リーディング・ソリューション  WEBサイトフォームの作り方次第でCV率が変わる

企業DATA

会社名 株式会社リーディング・ソリューション

WEBサイトフォームの作り方次第でCV率が変わる

企業のリードを増やす窓口となるWEBサイトフォーム。
このWEBサイトフォームは作り方によってCV率に大きな影響を及ぼします。
一見ただの送信システムですが、最終的な収益を生み出す第一歩となるWEBサイトフォームの最適な在り方についてご紹介します。

テーマ:
WEBサイトフォームの作り方次第でCV率が変わる

目次:
■WEBサイトフォームはなぜ重要か
一見、ただの送信システムのように見えるWEBサイトフォームの重要性についてご説明します。

■CV率を高めるためにWEBサイトフォームを最適化する手法3つ
①入力項目数の妥当性
入力項目を5つ、7つ、9つとした場合、どれだけCV率に差が出るのか、データをご覧いただけます。
このデータより、入力項目数の妥当性について言及します。

②空白項目を減らす仕掛け
入力項目の空白欄を減らす、以前入力された項目はあらかじめ表示させない、といった”仕掛け”について解説します。

③ソーシャル共有ボタンの設置
WEBサイトフォームを設置したページ内の目立つ位置に、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアで共有できるボタンを設置することのメリット、設置時の注意点について解説します。

上記の内容を事例やデータを踏まえて、徹底解説いたします。
ぜひ、ご一読ください。