マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数4316ファイル
  • 掲載企業数 1203
  • 今週の公開資料数24ファイル

マーケティング TOP > 人気資料まとめ > 映像の威力を集客に活かそう!『動画マーケティングの手法を学ぶ』 > 協立広告株式会社 【今後流行の可能性あり?】デジタルサイネージ/スマホ普及のタイミングから見る、「縦長動画広告」の可能性

企業DATA

会社名 協立広告株式会社

【今後流行の可能性あり?】デジタルサイネージ/スマホ普及のタイミングから見る、「縦長動画広告」の可能性

「動画広告といえば、縦長16:9が常識!」と思っている人はいないはず。
一方で、スマートフォンで動画を見る時は、縦向きに持ったままではないでしょうか。

本資料では、市場分析から、ウェブ動画広告、駅デジタルサイネージまで領域を広げて、
【縦長動画広告】の今後について考えます。

<背景と目的>
駅のデジタルサイネージは、そのほとんどが縦長ディスプレイです。
媒体開発にあたって、縦長のディスプレイは、言わば妥協の産物という面も否めなかったのですが、現在では多くの広告主様のご理解を得て、縦長動画の制作が一般化しつつあります。
しかしながら、拡大トレンドとはいえ駅デジタルサイネージの市場は限られており、他のメディアへの活用も少ないまま、縦長動画の制作コストが発生しているのが現状です。
果たして、この流れが駅デジタルサイネージの世界にとどまるのか、もしくは、インターネットの動画広告の世界にまで広がるのか、広告代理店のみならず、広告主様・制作会社様も含めて考えるきっかけにしたいと思い、本資料を作成いたしました。

<概要>
・動画広告市場や周辺環境の分析
・スマートフォン/駅デジタルサイネージの縦長動画広告としての媒体環境
・縦長動画広告/コンテンツの制作を、駅デジタルサイネージから学ぶ
・駅デジタルサイネージとは?その歴史と特長
・縦長動画広告で、ウェブとリアルの広告媒体がつながる可能性

ダウンロードリストを見る

下記ホワイトペーパーも
同時にダウンロード

確実に効果を出すためのFacebook広告のはじめ方

(株式会社WOWOWコミュニケーションズ)