【MAをさらに活用したい中級、上級者向け】『【ウェビナー】マーケティングオートメーションで取得したデータをどう活かす?データドリブン組織の成否を握るダッシュボード構築法』を、4月28日開催 | マーケティング セミナー

  • 総資料数4304ファイル
  • 掲載企業数 1200
  • 今週の公開資料数14ファイル

マーケメディア TOP > セミナー > 【MAをさらに活用したい中級、上級者向け】『【ウェビナー】マーケティングオートメーションで取得したデータをどう活かす?データドリブン組織の成否を握るダッシュボード構築法』を、4月28日開催

【MAをさらに活用したい中級、上級者向け】『【ウェビナー】マーケティングオートメーションで取得したデータをどう活かす?データドリブン組織の成否を握るダッシュボード構築法』を、4月28日開催

デジタルマーケティングの専門コンサルティング会社、株式会社パワー・インタラクティブは、マーケティングオートメーションで取得したデータを活かして、役立つダッシュボードをつくりたい方、BIを導入しているが、うまく活用しきれていないと感じている方を対象に、ウェビナー『マーケティングオートメーションで取得したデータをどう活かす?データドリブン組織の成否を握るダッシュボード構築法』を4月28日に開催します。

 セミナー内容

【第1部】次のアクションを生み出すためのダッシュボード設計
講師:株式会社パワー・インタラクティブ マーケティングコンサルタント 山下 智
マルケト認定エキスパート(MCE)保有
1.マーケティングオートメーション標準レポートでできること、できないこと
2.マーケティングオートメーションの分析の目的
3.プロセス把握とステージによる見える化
4.セグメント中心設計から個人プロファイル中心設計へ

【第2部】3つの異なるダッシュボード(Googleポータル、Tableau、MotionBoard)によるレポート比較
講師:株式会社パワー・インタラクティブ マーケティングコンサルタント 中嶋 正生
1.月別のリードの累積状況を把握したい
2.セグメント毎(プログラムチャネル別、新規・既存顧客別、Marketoユーザー別、リード獲得年度別)にグラフを切り替えることが可能か見極めたい
3.月別に獲得したリード件数と獲得チャネルを把握したい
4.月別に獲得したリード件数とWebアクセス(PV、U/U)の関連性を見たい
5.どのチャネルからリードを獲得し、獲得したリードがどのステージにどのぐらい滞留しているのか把握したい
7.どのチャネルから獲得リードがどのぐらい売り上げに繋がったのか、件数と金額を把握したい
8.年度毎の受注件数と金額を地域別に把握したい

講演者プロフィール

山下 智

マーケティングコンサルタント
マルケト認定エキスパート(MCE)保有

中嶋 正生

事業開発顧問/マーケティングコンサルタント

セミナー概要

開催日時

2020年04月28日(火)時間:15:00~16:10

会場

ウェビナー

定員

100名

費用

無料

主催

株式会社パワー・インタラクティブ

備考

下記のような企業様向けのセミナーです。

・マーケティングオートメーションに標準で付いているレポート機能では物足りない方
・マーケティングオートメーションで取得したデータを活かして、役立つダッシュボードをつくりたい方
・アクセス解析とマーケティングオートメーションや営業活動データを集約してダッシュボード化したい方
・BIを導入しているが、うまく活用しきれていないと感じている方

資料請求リストを見る

セミナー情報を
掲載希望の方へ

「確実に定員数を集めたい」「数名でもいいので集客したい」という企業様をサポートいたします。

■特長

・WEB申込みベースの成果報酬型の料金体系
・複数のビジネスメディアにも同時掲載

掲載に関するお問い合わせはこちら