マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数4157ファイル
  • 掲載企業数 1172
  • 今週の公開資料数9ファイル
他社はどんな風に選んでる?1,101人への調査から見えたMAツール選定のポイント|マーケメディア

マーケティング TOP > SNS・動画時代のユーザーニーズにマッチした「ライブショッピング」とは

コロナ禍で変化したユーザーニーズにマッチする新しいEC戦略を解説!
1対Nの接客と双方向コミュニケーションが可能となる「ライブショッピング」とは?

コロナ禍で変化したユーザーニーズに対応するために、企業がこぞって新たなEC戦略を模索している昨今。

「これまでと同様の取り組みだけでは、自社の強みを十分に伝えきれず、他社との差別化も難しい」
「SNS・動画などのユーザー側の流行に合わせた販売手法を押さえておきたい」

というマーケティング部門・EC部門の方のお声をよく聞きます。

このような状況下で、ユーザーの購買行動の変化に対応した販売チャネルとして注目されているのが「ライブショッピング」です。

「ライブショッピング」では、1対Nでの実店舗のようなリアルタイム接客と、チャットを通したユーザーとの双方向コミュニケーション
可能となるため、従来ECで伝えることが難しかった商品の細かな使用感や質感などのユーザーが本当に欲しい情報を提供できます。

そこで本資料では、「おこもり美容」などで情報収集~購買までの形が大きく変化している「美容・コスメ業界」を例に、
“今”のユーザーニーズにマッチした新しいEC戦略「ライブショッピング」についてわかりやすく解説しております。

また、商品知識が豊富な販売部員や商品開発担当者を配信者に起用することで、他社ECとの差別化を図り、
アフターコロナにおいても成果を上げるための「ライブショッピング」活用術
についてもお伝えいたしますので、
ぜひ自社の新たなEC戦略にお役立てください!

こんな方におすすめ!

  • ECの成果が伸び悩んでいる方
  • 流行に合わせた新たなEC戦略を模索中の方
  • 頁数:16P
  • ファイル形式:PDFデータ

【収録内容】

  • 【1章】 コロナ禍で変化する美容・コスメEC
  • 外出自粛の影響で「おこもり美容」が増加
  • コロナ禍でEC競争はますます激化
  • 購買行動の変化に対応した情報提供のカタチが求められている
  • 【2章】 美容部員・商品開発担当者が主役となるライブショッピングとは
  • コロナ禍のユーザーニーズにマッチしたライブショッピングとは
  • ポイント① 商品情報の「リアルタイム共有」
  • ポイント② ブランドストーリーの提供
  • 商品知識豊富な美容部員や商品開発担当者が主役となるECで差別化
  • 【3章】 初めての方でも安心。ライブコマース支援ツール「 HandsUP 」
  • HandsUP とは
  • HandsUP が選ばれる理由
  • HandsUP の導入事例(一部)

<資料提供元企業>

17LIVE株式会社

住所:東京都港区北青山2-12-28 SEIZAN青山ビル2F
メールアドレス: japan_contact@handsup.shop