マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数4176ファイル
  • 掲載企業数 1149
  • 今週の公開資料数17ファイル
なぜSalesforceが選ばれているのか?|マーケメディア

マーケティング TOP > トキ消費に必須な「オフラインデータ」がわかる!貯める+整理する+連携できる安全なデータ活用ターゲティング精度をさらに高める「位置情報データ」とは

現在の自社データとの連携でターゲティングの精度をぐんと上げる!!
データを活用し尽くしたいなら”今”絶対に知っておくべき「位置情報データ」をご紹介

こんな方におすすめ!

  • オフラインの行動履歴を計測したデータがほしい
  • Cookie規制に向けてデータ活用の知見を広げたい
  • 広告成果が伸び悩んでいるので、データの見直しがしたい

Cookie規制をきっかけとして、多くの企業から関心が高まっている"データ活用"。

このデータ活用の中でも、消費者行動が"トキ消費"への変化しつつあることも相まって、
屋外広告や、実店舗でのキャンペーンなどのオフライン施策に必要な
「オフラインデータ」の活用に注目が高まっています。

しかし実際のところ、オフラインにおけるユーザーの行動履歴を正確に計測することは容易ではなく、
多くの企業がオフラインデータ不足に悩まされている、というのが実情です。

そこで本資料では、オフライン施策に特に役立つプライバシー保護にも配慮した「位置情報データ」
について、<5つの活用事例>をもとにわかりやすく解説しております。

また、この「位置情報データ」活用をはじめ、現在の自社データとの連携でターゲティングの精度をぐんと高める
データ活用ツール「Profile Passport DMP」ついてもご紹介しておりますので、

とくに、現在のデータ活用見直しから、新たなデータ活用まで
データ活用の最新事情について知見を広げたい
とお考えのご担当者様は、

ぜひ一度ご覧ください!

  • 頁数:17P
  • ファイル形式:PDFデータ

【資料内容】

  • 01 「位置情報データ」でできること
  • 02 「位置情報データ」 5つの活用事例
  • 事例①商圏分析
  • 事例②市況・競合分析
  • 事例③人流分析
  • 事例④屋外メディアの効果測定
  • 事例⑤行動履歴データを用いたペルソナ分析
  • 03 データ活用ツール「Profile Passport DMP」のご紹介
  • 「Profile Passport DMP」が選ばれる3つの理由

<資料提供元企業>

株式会社ブログウォッチャー

住所  :東京都中央区日本橋新川1−3−17 新川三幸ビル9階
電話番号:03-6705-9205