マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数3800ファイル
  • 掲載企業数 1113
  • 今週の公開資料数22ファイル

マーケティング TOP > 顧客のニーズはどこにあるのか?

なぜ顧客はそれを選択したのか?

「なぜ」を掘り下げてはじめて見える、顧客自身も気づいていない
選択理由やニーズ!? そして、その活用法とは?

「なぜその製品を購入したのですか?」「なぜこの会社のサービスに決めたのですか?」と訊いたら、どのぐらいの割合で明確な回答が返ってくるでしょうか?

実は、購入者が購買の際の行動のうち意識しているのはほんの数%で、残りの大半の購入者の行動は無意識に行われているという調査結果もあります。さまざまな情報に触れる機会が増えた昨今、顧客自身も気づいていない理由で購買行動が行われていることは少なくありません。

では、いったいどうすれば、顧客自身も気づいていない購買理由を把握でき、効果的なマーケティング・販売戦略に活かすことができるのでしょうか?

その答えが「インサイト」です。インサイトとは、「潜在レベルの顧客理解」を指します。顧客のインサイトを知ることで、効果的なマーケティング・販売戦略が可能になります。では、その「インサイト」はどのように把握すればいいのでしょうか。

この資料では、顧客のインサイトを把握するメリットや重要性、そして実際にどのようにすればいいかをご紹介しています。効果的なマーケティング・販売戦略に課題をお持ちの方は、ぜひこの資料をお読みください。

詳細を知りたい方は資料をダウンロードしてご覧ください!

当資料でご覧いただける内容

なぜ定性調査なのか

  • 「顧客が気づいておらず」「自社もまだ気づいていない」新しい仮説(インサイト)がより重要に
  • 定量調査の限界 ~「どれ」はわかるが「なぜ」はわからない

これまでの定性調査における課題とは

  • 「手軽」とは言えない価格
  • 「準備→実施→分析」にかかる長い時間
  • そして、本当に真の「インサイト」が探れるのかという不安

定性調査の新しい可能性を提案する「Sprint」で解決!

  • 5分でペルソナモニタに出会える”ライブスクリーニング”
  • リアルタイムだから深堀りができる”1on1“ライブ
  • Sprintがもたらす効果とは
    • ー 新しい仮説の創出
    • ー 市場における真のニーズの把握
    • ー ニーズ × 利用場面 × 属性 で正確な分析

詳細を知りたい方は資料をダウンロードしてご覧ください!

資料提供企業

会社名
:株式会社ジャストシステム
設立
:1981年6月2日
資本金
:101億4,651万円
事業内容
「Fastask」「Sprint」の開発・提供 ほか