マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数4257ファイル
  • 掲載企業数 1182
  • 今週の公開資料数19ファイル

マーケティング TOP > 日本企業が気づいていないデータドリブンなリードナーチャリングの重要性

米国で70%のマーケターが期待するBtoBマーケティングのセオリー

日本企業が気づいていない
データドリブンなリードナーチャリングの重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:Sansan株式会社

BtoB企業が顧客と接点を持つ際の代表的なチャネルといえば、展示会やセミナー、メール、Webサイトなどが挙げられます。リードナーチャリングの手段としては、メールによるアプローチを行っている企業は多いでしょう。

しかし、日本では多くの企業がメールを活用したナーチャリングの実践に苦戦しているのが状況です。
(日経BPコンサルティングAIDA調査2017年5月実施)

米国でも同様に苦戦している状況ですが、興味深いのは、そんな中でも米国のマーケターの70%が「顧客のセグメンテーション」「メッセージの創出」「文脈(コンテキスト)に応じた配信」を重視し、メールマーケティングに対して充てる投資額を増やすと回答しています。 その理由はメール配信の「量から質への転換(メール配信のパーソナライゼーション)」を見据えているからです。
(米国調査機関Forrester Research)

日本でもこうした米国の動向を踏まえ、パーソナライゼーションによる効果的なリードナーチャリングの実践に向けて、企業側が顧客データをしっかりと把握し、活用することが求められてくるでしょう。

つまり、データドリブンなリードナーチャリングが出来るかどうかが、マーケティング活動において大きな成果を得ることが出来るかどうかを左右することになるでしょう。

本資料ではデータドリブンなリードナーチャリングを実践していくために知っておくべき、市場データやノウハウ、ソリューションをまとめておりますので、是非ご覧くださいませ。

資料ダウンロード期間は終了いたしました。
多数のダウンロードをいただきありがとうございました。

当資料でご覧いただける内容

CONTENTS

  • 1 BtoB企業におけるリードナーチャリングの現状
  • 2 「量から質への転換」メール配信のパーソナライゼーション
  • 3 データドリブンで進めるリードナーチャリング
  • 4 名刺を企業の資産に変える

<資料提供企業>

社名
Sansan株式会社
住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 13F
設立
2007年6月11日
事業内容
クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売
(取得済特許: 第4408302号、第5109184号、第5224556号、第5263759号、第5312701号)