マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数4132ファイル
  • 掲載企業数 1141
  • 今週の公開資料数12ファイル

マーケティング TOP > 店舗企業向け「LINE」「メルマガ」アプローチの最適化術

複数チャネルの横断施策で必ず発生する「2つの大きな課題」とは!?
課題からひも解いた『実践時に必要な8つの要素』を徹底解説

突然ですが、店舗企業様のマーケティング活動においてSNS活用が当たり前となっていますが、
中でも"今"LINE公式アカウント活用が注目されていることはご存じでしょうか。

LINEでは、「店舗集客」「来店促進」「店舗予約窓口の開設」などが出来ることから、
店舗の収益性を上げることに効果的な施策として認知度が高まりつつあり、
LINE運用の本格化をご検討している/したいというお声もよく聞きます。

一方で、運用開始後に「事前に考えておけば良かった…」といった状態に陥るような
「複数チャネルの横断施策で必ず発生する課題」がある、というのも実情です。

そこで本資料では、まずSNS活用が活発となった背景を「各メディア利用率の推移」から押さえた上で、
とくにLINE公式アカウントへの注目度が高まり続けている理由についてわかりやすくご説明します。

さらに、複数チャネルの横断施策で発生しがちな課題からひも解いた
アプローチに「時間」や「コスト」を掛け過ぎず、最大の収益を得るための8つの要素
についても、「年間コスト数百万円以上」差がついた事例とともにご紹介します。

これから取り組まれる方はもちろん、LINE・メールマーケティングなど複数施策を実践中のご担当者様は、

ぜひ一度ご覧ください!

こんな方におすすめ!

  • LINE公式アカウントの運用・メルマガ施策についての情報を収集したい
  • 複数チャネルで集めた顧客データ活用の成果を最大化する方法を知りたい
  • 販促キャンペーン実施について、アイデアの少なさや工数について悩んでいる
  • 既存の販促ツール・顧客管理ツールの「使い勝手」に懸念点がある

  • 頁数:47P
  • ファイル形式:PDFデータ

【資料内容】

  • 01 SNSマーケティングの流行とLINE公式アカウントの増加
  • ● 直近5年間における情報収集源の変化
  • ● 各SNSにおける国内ユーザーの利用率の差
  • ● LINE公式アカウントの直近の開設状況
  • 02 店舗企業様がLINEやメール、ECなど複数チャネルを横断する施策を実践後、課題になったこと
  • ● 実践時に必ず発生する大きな「2つの課題」
  • ● 始めてみないと見えてこない「想定外リソース」
  • ● 活用の幅をスケールさせたい時の「アプローチの最適化」
  • 03 「同じ悩み」にぶつからないために必要な8つの要素
  • ● 課題からひも解く、実践時に必要な8つの要素
    └ 想定外リソースに対応する要素
    └ アプローチの最適化に対応する要素
  • ● 成功事例紹介:8つの要素で「年間コスト数百万円以上」差がつく可能性も
  • 04 8要素を実現する機能が一つに詰まったノーコードツール
  • ● 会員登録機能、キャンペーン設定、AIによる予測分析がこれ一つで実現

<資料提供元企業>

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

住所  :東京都品川区東品川4-12-3 品川シーサイドTSタワー