マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数4277ファイル
  • 掲載企業数 1188
  • 今週の公開資料数29ファイル

マーケティング TOP > フィールドセールスの量と質を最大化するための勘所

売上を上げたいフィールドセールスマネージャー必見!

ルートセールス

ラウンダー営業

リテールセールス

訪問営業

フィールドセールスの生産性が高い企業に学ぶ

フィールドセールス
最大化するための勘所

~ 紹介する事例企業 ~

ダイハツ工業株式会社 様 株式会社パークジャパン 様 プレミアファイナンシャルサービス株式会社 様
日天株式会社 様 アサヒフィールドマーケティング株式会社 様 ラッキーコーヒーマシン株式会社 様
江崎グリコ株式会社 様 株式会社エクシング 様 株式会社アップルパーク 様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィールドセールスの生産性が高い企業は、
なぜ売上を拡大できているのか?

「訪問営業」「ルートセールス」「ラウンダー営業」「リテールセールス」など、1日に何社も企業訪問を行うフィールドセールス。

フィールドセールスの生産性は、1営業マン当たりの訪問の「量」×「質」で決まり、売上もこの生産性の高さに大きく影響されます。

しかし、少子高齢化が進んで労働人口が減少している現代日本では、従来の営業マンの人数を増やして訪問の「量」を増やす戦略が通用しなくなってきており、人材採用によるコストがかさんでしまうというデメリットもあります。

そこで今求められているのが、営業マン1人当たりの訪問の「量」と「質」を上げ生産性を高める新たな方法です。本資料では、フィールドセールスの生産性が高い有名企業9社の事例を交えながら、「量」と「質」を高めていける具体的な手法をご紹介します。

こんな事例もご紹介!
  • たったの1年間で売上を5.5倍に拡大
  • 競合の激しい業界で昨年比130%の成長達成!
  • 訪問ルート作成時間が1/12に短縮!訪問件数も大幅に増加
  • 全国からのメンテナンス依頼を一元管理。改善効果は約1億円にも!
  • 訪問の効率化によりセールスマンの対応力も向上。売上は2.5倍に。

などなど、某有名企業の事例を多数ご紹介!

詳細を知りたい方は資料をダウンロードしてご覧ください!

当資料でご覧いただける内容

フィールドセールスの生産性が高い企業に学ぶ
フィールドセールスの量と質を最大化するための勘所

  • 目次

    01. フィールドセールスのパフォーマンスを妨げる2つの課題

    ・課題抽出のための整理

    ・訪問の 「量」 における課題

    ・訪問の 「質」 における課題

    02. 課題解決のための3つのポイント

    ・一元化された「顧客管理」環境

    ・適切な「訪問タイミング」の見極め

    ・効率的な「訪問計画」の作成

    03. フィールドセールスの生産性が高い企業に学ぶ

    ~ 紹介事例 ~

    ・ダイハツ工業株式会社様 (製造)

    ・株式会社パークジャパン様 (不動産)

    ・プレミアファイナンシャルサービス株式会社様 (保険・金融)

    ・日天株式会社様 (卸売)

    ・アサヒフィールドマーケティング株式会社様 (製造)

    ・ラッキーコーヒーマシン株式会社様 (製造)

    ・江崎グリコ株式会社様 (製造)

    ・株式会社エクシング様 (卸売)

    ・株式会社アップルパーク様 (不動産)

詳細を知りたい方は資料をダウンロードしてご覧ください!

<資料提供企業>

社名
UPWARD株式会社
住所
東京都中央区日本橋小網町11-9ザ・パークレックス小網町第二ビル3F
設立
2002年3月
事業内容
地図連携クラウドサービス提供