マーケティング・広告・営業担当者の仕事をサポートする資料ダウンロードサイト
  • 総資料数3379ファイル
  • 掲載企業数997
  • 今週の公開資料数41ファイル

マーケティング TOP > マーケティングリサーチ・ネットリサーチ > 市場調査・マーケティングリサーチ > 「2016年版 プリペイド決済市場の実態と展望」のご案内

「2016年版 プリペイド決済市場の実態と展望」のご案内

企業名:株式会社矢野経済研究所

ペイメント業界は、2020年に向けたキャッシュレス化への取組みを強化している。プリペイド決済市場においては、ブランドプリペイドの普及拡大、ハウス型プリペイドカードの急速な拡大、汎用型プリペイドカードの台頭などがトピックとなっており、市場は確実に拡大している。また、2020年に向けて、訪日外国人の増加が予想されており、決済における訪日外国人の利便性の向上がテーマとなっている。それに向けて、プリペイドをどのような形で利用してもらうかが求められている。今後はプリペイドカードを活用したギフトサービスの拡大も期待されている。本調査レポートでは、プリペイド決済サービス提供事業者や導入支援事業者の動向や取組みを網羅的に把握することで、2020年に向けたキャッシュレス化の推進に対する課題を分析し、決済インフラのあり方を展望した。

資料詳細説明

■本資料の概要

第Ⅰ章 総論
  1.資金決済法における前払式支払手段の定義
  2.市場概況
  3.プリペイド決済市場規模推移(2012~2016年度見込み)
  4.市場動向
  5.資金決済法における前払式支払手段の概要
  6.プリペイド決済市場の将来展望
第Ⅱ章 タイプ別プリペイド決済サービスの実態
  1.非接触IC型電子マネーの動向と展望
  2.サーバー管理型電子マネー市場の動向と展望
  3.ハウスカード型プリペイドカードの動向と展望
  4.ブランドプリペイド市場の動向と可能性
    4.1.ブランドプリペイドの市場概況
    4.2.主要発行事業者の動向
    4.3.ブランドプリペイド市場規模推移(2012年度~2016年度見込み)
    4.4.ブランドプリペイド発行事業者の事業強化に向けた取組み
    4.5.ブランドプリペイド導入支援事業者の取組み動向
    4.6.国際ブランドにおけるブランドプリペイドに関する取組み
    4.7.ブランドプリペイド市場予測(2016年度~2021年度)
  5.ギフトカードモール市場の実態と将来予測
  6.ネットワーク型電子マネー市場の動向と展望
  7.商品券・ギフト券市場の動向
第Ⅲ章 個社別の取組み、戦略

発刊日:2016年5月31日  資料体裁:A4 / 251頁

販売価格:
書籍:定価 150,000円 (税別)
PDFレギュラー(事業所内利用限定版):定価 150,000円 (税別)
セット(書籍とPDFレギュラー):定価 180,000円 (税別)
PDFコーポレート(法人内共同利用版):定価 300,000円 (税別)
セット(書籍とPDFコーポレート) :定価 330,000円 (税別)

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

この資料は掲載終了いたしました。

【株式会社矢野経済研究所のその他の資料】

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードできるほか様々な特別な機能をご利用いただけます。

最新のマーケティング資料を
メールで配信中!

マーケメールとは?

※gmail、hotmail、携帯メールアドレスなど、法人メールアドレス以外のアドレスはご使用出来ませんのでご了承下さい。

厳選ホワイトペーパー

資料別ダウンロードランキング

マーケティングFacebook

マーケメディアを運営する事で発生するCO2はカーボンオフセットされています

「2016年版 プリペイド決済市場の実態と展望」のご案内|資料・事例【マーケメディア】注目の広告媒体資料・マーケティング資料・事例集・新規顧客獲得ソリューション、各種ダイレクトマーケティング・販促の企画書などが一括無料ダウンロードできるWEBサイトです。情報収集や企画・提案業務にお役立て下さい。ターゲットメディア運営。

マーケメディアは、マーケティングに役立つホワイトペーパーや資料を
無料でダウンロードできるサイトです。

閉じる