トレンド記事&レポート

通販・ECビジネスで成功する為に知っておくべきトレンドや情報記事を編集部が厳選し、
ホワイトペーパーにまとめてご紹介、気になった記事は無料でダウンロード可能です。

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    「動画」はECのマーケティングをどのように変えていくのか - 分散型動画 vs 生放送動画

    ソーシャルメディアの浸透が進む中、昨年頃からタイムラインに短い動画が一気に増えてきていることに気が付いている方も多いのではないだろうか。今、マーケティング業界ではこのような短編動画を用いた動画マーケティングやインフルエンサーを活用した動画インフルエンサーマーケティングが夜明け間近となっている。今回は、動画マーケティングの大きなトレンドとなっている分散型動画と生放送動画を軸に、EC業界への影響を考えていく。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    チャットボットはECの未来にどのように影響を及ぼしていくのか - AIの進化と人間の暖かみの狭間で

    女子高生AI「りんな」をご存知だろうか。2015年7月にMicrosoftが開発、LINEのサービスに登場した人工知能である。リアルな女子高生感が反映されたマシンガントークとレスポンスの早さが話題を集め、トータルユーザー数380万人超を誇っている。りんなはユーザーとAIとのトークを主な目的としたサービスだが、ビジネスの世界ではAIがお客様とのトークを通してサポート業務を行う「チャットボット」が脚光を浴びつつある。今回はそんなチャットボットの現状と、ECの未来に与えていく影響ついて考えていく。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    【米国】AIがセールスとマーケティングにもたらす変革とは

    米国B to Bマーケティング会社Demandbaseは今週、「人工知能(以下AI)は今後5年間でマーケティングに革命を起こす」との調査結果を発表した。 米国のリサーチ会社Wakefield Researchが先月行ったオンライン調査によると、参加したB to Bマーケター500人のうち80%が、AIによるマーケティングの革命を期待していると回答。しかしAIをどうマーケティングに利用できるか確実に理解している人はたったの26%、AIを既に利用していると答えたのは10%にとどまった。Demandbase社の技術上席副社長Aman Naimat氏は、AIが可能にする「超個別化された顧客体験が、マーケティングとセールス分野にとって大きな救いになる可能性」を示唆。AIにより「ある見込み客と、その人物に関する必要な予備知識を持ったマーケターの1対1の会話を可能にする」と米国媒体CRM Buyerに語っている。CRMのクラウディングサービス会社Salesforce社が今週初めに発表した新サービス「LiveMessage」が良い例。「現実的に、セールスとマーケティング部門においてAIの持つ能力を最大限活用できる企業は1~2%に過ぎない」とNaimat氏は見ている。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    【中国】中国のオンライン生放送の現状と未来

    2015年から急激に盛り上がった中国でのオンライン生放送のトレンドは、2016年には国民にしっかり根付いてきている。2016年前半だけで中国ではのべ3.2億人がオンライン生放送を視聴した。人気が高まってきたと共に、コンテンツ面で様々な問題(倫理・セクシャル・暴力)も発生した。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    【世界】2016年、世界で最も稼いだYouTuberの年収は1,500万ドル

    「フォーブス」誌は今年6月までの1年間で、最も稼いだYouTuberのリストを公開した。パロディビデオとゲームビデオの制作で人気を得たYouTuber「PewDiePie(ピューディーパイ)」が一位となった。アメリカのマーケティングリサーチ会社ACニールセン、オンラインデータベースIMDb(Internet Movie Database)及びYouTuberへのインタビューなどによると、PewDiePie は5,000万人のファンを持ち、1年間の収入は1,500万ドル(約17億円)である。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:10分

    ネットショップ・ECサイトの頑張りを表彰するEC業界の表彰制度

    今やECサイト・ネットショップは国内だけでも100万店舗近くあるといわれており、競争は熾烈になる一方だ。ショップを運営していてもなかなか日の目を見ることもなく、粛々と運営している店舗は非常に多い。そのような店舗の頑張りや成果を表彰して業界全体を盛り上げる取り組みとして、ショップを表彰する制度をモールや、カートASPサービスを提供している企業が主催している。今回はそのような各ショップを表彰する賞やイベントを見ていこう。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:7分

    チャットボットはECの未来にどのように影響を及ぼしていくのか-AIの進化と人間の暖かみの狭間で

    ●そもそもチャットボットとはチャットボットとは、人工知能(AI)を活用して自動対応する会話型プログラムのことを指す。高度なチャットボットになると人間はチャットボットと通常の会話をしているような感覚になるくらい自然な応答が可能となっている。チャットボットの仕組みはアプリのそれと非常に似ている。両方のケースにおいて各企業はインフラとして公開されているフォーマットを利用することにより、自社のサービスを消費者に提供することができる。もちろんインフラとしてのフォーマットを使用せず、独自のチャットボットを開発する企業も存在する。しかしアプリの場合、そもそもインフラとしてフォーマットを提供できる主体がデバイスごとに限定されているのに対し、チャットボットの場合はそうした制限がないため多様な種類のフォーマットが存在する点が異なる。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:3分

    【中国】越境ECアプリ豌豆公主(ワンドゥ)はBilibiliと協力、商品の開封ビデオをアップロード

    日本発の越境ECアプリ豌豆公主(ワンドゥ)は3月7日にコスメ専門のオンラインインフルエンサー(KOL/網紅)と連携し、動画プラットフォームBilibili(ニコニコ動画そっくりの動画プラットフォーム)に宣伝のための動画コンテンツの提供を開始した。

    続きを読む方はこちら

こんにちは ゲスト様

ログイン

ID・バスワードをお忘れの方

会員登録していただくと簡単に通販支援、EC支援に関する資料をダウンロードできます!

無料会員登録はこちら

新着資料(無料ダウンロード)

ダウンロードランキング

集計期間:2024-03-14~2024-04-13