トレンド記事&レポート

通販・ECビジネスで成功する為に知っておくべきトレンドや情報記事を編集部が厳選し、
ホワイトペーパーにまとめてご紹介、気になった記事は無料でダウンロード可能です。

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    KOLの影響力とビジネス構造を読み解く - 中国でのオンラインマーケティングに欠かせない役割

    KOLとは“Key Opinion Leader”の頭文字をとった略称。中国でのオンラインマーケティングにおいて重要な役割を持っている、SNS上で影響力の高いアカウントのことを指す。近年、広告配信だけに頼らず、KOLを活用したプロモーションは中国では一般的になってきており、ネットユーザーもより新しくより専門的な情報を得るために、KOLアカウントをフォローしていることが多くなっている。「2016中国eコマース・KOLビッグデータ報告」によると、今年のKOLの生産額は約580億元(約9,000億円)と予測されている。今回は、そのような影響力を持つ中国のKOLを取り巻くバリューチェーンとKOLのビジネス構造を事例を元に紹介していく。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:10分

    オウンドメディアを用いたコンテンツマーケティングを成功に導く3つの鍵

    EC市場の活性化に伴い、競合や代替可能な商品が多いジャンルではショップでの売上を作るための集客に苦労するケースが増えてきている。またユーザーの“EC慣れ”もあり、そう簡単にはサイトでモノを購入をしてくれなくなってきている。その結果、国内だけで30万店舗とも50万店舗ともいわれる大量のECサイトの波に埋もれ存在を認知してもらえず、たとえ認知してもらえてもなかなか購入まで至らないという問題が徐々に大きくなってきている。このような状況の中で、お客様にサイト認知してもらい、選んでもらうためのブランディングを掛け合わせた手法としてコンテンツマーケティングが注目を集めている。今回はその中でもオウンドメディアを用いた具体的な実践方法について考えていく。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    根強く浸透するハンドメイドマーケットEC - Etsy、Creema、minne、Pinkoiの見据える未来

    ハンドメイドマーケットECはC2Cコマースの走りとして2013年頃から国内のEC市場を賑わせている。米国ではEtsyが2005年にサービスをリリースしているので、既に10年以上も経過していることになる。今やC2Cコマースはメルカリなどのフリマアプリが全盛を迎えているが、ハンドメイドマーケットECは今どのような動きを見せているのだろうか。ここ最近の目だった動きを取り上げて、今後の展開を考えていく。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:10分

    eコマース業界カオスマップ2016 - 物流サービス編

    eコマース業界カオスマップは、日本のeコマース業界に関わるサービスを網羅的にマッピングしたサービスマップだ。eコマース業界初心者やEC関連の業界から見ても分かりやすく整理することを目的としている。このeコマース業界カオスマップはeコマースコンバージョンラボと日本ネット経済新聞の共同企画で作成。可能な限りeコマース業界の今を中立的に整理し、網羅的に全サービスを掲載している。今回は物流サービス版となる。※マップに不足等があった場合は適宜修正し最新化していく。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:約5分

    美容・化粧品通販大手の取り組み - DHC、ファンケル、ドクターシーラボに見る3つの商材特性

    従来の美容・化粧品通販大手各社は、幅広い商品ラインナップと多くのオールドメディアを使った接点でブランドイメージを構築し、売上を上げていた。しかし、ソーシャルメディアの浸透により、消費者が口コミから受ける影響に変化が見え始めた。幅広い商品ラインナップより、昨今ではある1つのエッジの効いた商品がバカ売れするような現象が多くなってきた。ソーシャルメディアを上手に活用することで、今までは勝機の少なかった小さな企業にもチャンスが生まれたのだ。そのような中、オンライン美容・化粧品大手各社はどのような取り組みを行っているのかを見ていく。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:約7分

    eコマース業界カオスマップ2016 - EC集客サービス編

    e コマースの浸透に伴いeコマースの運営を支援するテクノロジーも大幅に拡大してきており、提供されているサービスは膨大な数にのぼる。そのためeコマース 業界に深く携わっていても全てのサービスとその特性を理解することは非常に難しくなってきている。また、eコマース業界初心者や少し離れたテクノロジー関 連の業界から見ても非常に分かりにくい部分が増えてきている。そこでeコマース業界の“今”を分かりやすく、そして網羅的にマップ化した「eコマース業界カオスマップ」をeコマースコンバージョンラボと日本ネット経済新聞の共同企画で作成。可能な限りeコマース業界の今を中立的に整理し、網羅的に全サービスを掲載することを大目的としている。今回はEC集客サービス版となる。※マップに不足等があった場合は適宜修正し最新化していく。<参考>【EC支援サービスマップシリーズ「集客」特集】広がり見せる集客支援サービス | 日本ネット経済新聞eコマース業界カオスマップ2016 - ショッピングカート編eコマース業界カオスマップ2016 - 運営業務管理編eコマース業界カオスマップ2016 - 越境EC編eコマース業界カオスマップ2016 - ECサイト構築システム編

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    「コンバージョン」とは?今さら聞けないコマース基本用語

    本サイトのタイトルにもなっている“コンバージョン”という言葉は、EC(ネットショップ)を運営している人であればきっと誰もが耳にしたことのあるキーワードです。コマース基本用語解説の第2回目は、その“コンバージョン”について解説していきます。第1回目の“eコマース”に続き、この“コンバージョン”も、色々な使われ方をされ、様々な表現があり、とても曖昧なキーワードと言えます。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:5分

    「eコマース」とは? 今さら聞けないコマース基本用語

    コマース基本用語解説の初回は、基本の基本「eコマース」です。このサイトのタイトルに使っている、業界用語の中心のキーワードです。しかし、「eコマース」と言われたり、「EC」と言われたり、場合によっては「ネットショップ」や「ネット通販」と言われたり、正式には「電子商取引」となり、最も基本的なキーワードにも関わらず、このように色々な表現が乱立しています。そのため、使う相手によって、どのキーワードを用いるか考えなければならない、非常に面倒な言葉なんです。普段何気なく、周りの友人にECの売上を上げる方法を考えていてさぁ……なんていう話をして、何ECって?と聞き返された経験ってありませんか?また、そういった質問に対して明確に答えられなかったという経験はありませんか?そういう時はECって、ネットショップのことなんだけど、、等と言うと大体は理解してもらえますが、「EC」って思ったよりも一般には普及していないキーワードなんですよね。「IT」や「CRM」と言うと比較的一般の方でも浸透しているように思うのですが、早くこの「EC」も浸透していってくれると良いですね。

    続きを読む方はこちら

こんにちは ゲスト様

ログイン

ID・バスワードをお忘れの方

会員登録していただくと簡単に通販支援、EC支援に関する資料をダウンロードできます!

無料会員登録はこちら

新着資料(無料ダウンロード)

ダウンロードランキング

集計期間:2024-03-14~2024-04-13