トレンド記事&レポート

通販・ECビジネスで成功する為に知っておくべきトレンドや情報記事を編集部が厳選し、
ホワイトペーパーにまとめてご紹介、気になった記事は無料でダウンロード可能です。

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:15分

    【スマホ×ECトレンドデータまとめ】2015年下半期速報- 伸びは鈍化するもユーザーの71%、売上の49%がスマホ経由に

    昨年2015年10月時点での、携帯電話所有者の中のスマートフォン保有率は63.9%(MMD研究所調べ)となり、スマートフォン保有者の65%(博報堂DYホールディングス調べ)がスマートフォンでECを利用していると言われている。また2015年上半期の弊社調べのデータに おいてもECサイトにおけるスマートフォンユーザーの割合は65%を越えるなど、もはやEC運営において最も重要なデバイスとなったスマートフォン。今回も2015年下半期(7月~12月末)のスマートフォンのEC活用のトレンドデータを速報値として、 弊社EC向けアクセス解析~自動課題判定~施策提案ASPサービスSHOPNOTEから確認していく。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:12分

    乱立する来店ポイントアプリはECサイトのオムニチャネルを活性化することができるのか

    EC業界ではここ数年“O2O”や“オムニチャネル”といったキーワードで、オンラインと店頭を連携させる取り組みが増えてきている。これはECサイトでの集客や売上アップを目指すだけでなく、実店舗も含めたユーザーとのタッチポイント全てでユーザーとの関係性を深め、企業価値を高めようとするものだ。一方で実店舗への集客も、スマホの浸透に伴い新しいアプローチが可能となってきた。実店舗へ来店するだけでポイントを獲得することができる“来店ポイントアプリ”が乱立してきているのだ。今回は来店ポイントアプリを見ていき、ECサイトのオムニチャネル施策にどのように活用することができるのか探っていく。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:15分

    中国越境ECで2大SNSのWeibo・WeChatでどのように消費者にアプローチし、初期認知を獲得してブランディングしていくのか

    ここ1年程度で急激にEC業界のバズワードに躍り出た“越境EC”。既に一部の企業では越境ECに本格的に取り組んでおり、昨年の独身の日(11月11日=ダブルイレブン)にはユニクロがTmall内全体でも4位となる115億円の売上を1日で作るなど、日本企業も徐々に中国国内でのプレゼンスを高めつつある。また中国サイドから見てもEC全体の売上の40%が越境ECだというデータもあるほど、中国国内でも海外から商品を購入することは日常と化してきているのだ。しかし、そのような中でもやはりまだ越境ECに本格的に着手できない日本企業が多いのが現状だ。そこで今回は、中国国内で企業も商品も全く知られていない状態から、Weibo・WeChatという2大SNSを活用してどのように売上を作っていくのか、初期認知の獲得とブランディングについて考えていく。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:12分

    生体認証決済サービスはどこまで浸透が進むのか- ECでの生体認証の活用本格化の足音

    インターネット上に数多くのサービスやサイトが存在する今、それらのサービスへログインするためのIDとパスワードの管理は非常に手間となってきている。またクレジットカード番号を入力することの抵抗感も依然として存在する。そこで注目されているのが、生体認証を用いた本人確認・決済サービスだ。今回は、次々に開発される生体認証を利用した決済サービスについて見ていき、オンラインでの生体認証の組み込みの可能性について考えていく。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:10分

    ECサイトの商品画像をカイゼンせよ-どれだけ手軽に消費者の心に刺さる商品画像を提供できるか

    ECでの購入と、店頭での購入の最も大きな違いは、商品を目で見ることが出来るのか、商品を実際に触れることが出来るのか、と言う点だ。そして、商品を実際に手にとれない状況下にある消費者にとっては、商品画像が購買するか否かの重要な判断材料となる。実際、商品画像を変えたらCVR(コンバージョンレート)が大幅に改善したという事例は多く、特に型番商品ではない、雑貨・アパレル・食品などのジャンルでは商品画像の重要性は年々高まっている。今回は、魅力的な商品画像を手軽に作成・掲載するサービスについて紹介し、消費者の心に刺さる商品画像を提供していく取り組みについて見ていきたい。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:10分

    人工知能(AI)でECサイトのマーケティングオートメーションはどのように変わっていくのか

    ここ数年、人工知能はかなりホットな話題の一つであり、急ピッチで様々な分野に進出している。そして、例外に漏れずマーケティングの分野においても人工知能はキーとなりつつある。ECサイトでは「顧客とのコミュニケーション」「多様化する顧客のニーズへの対応」が未だに発展途上領域として挙げられるが、これらはECサイトのさらなる発展のためには克服が不可欠である。人工知能はこれらのポイントを改善するための中核となり得るのか。今回はそんな人工知能によるECサイトのマーケティングオートメーションサービスの今を紹介し、来るべき未来について考えていきたい。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:12分

    【ECビッグデータ分析】イベント商戦時期の売上ピークと有名店の施策を見る

    ECサイトを運営していると、競合店舗はどのような売上推移をしているのだろうか、どのような施策を行っているのだろうか、など非常に気になることが多いだろう。今回はそのようなデータをビッグデータ的に解析することで詳細の売上推計や施策まで分析する秀逸なサービスを用いて、イベント商戦における売上推計と有名店のオンライン施策を見ていきたい。

    続きを読む方はこちら

  • ダウンロードリストに追加する

    購読時間:12分

    加速するEC専業企業の実店舗展開が意味する「実店舗とECサイトの役割」

    ECサイトで成功したEC専業企業が実店舗への展開を行うケースは以前から見られた。2010年に展開を開始したオイシックスを皮切りに、2014年には多くの企業が実店舗への展開を果たしている。オイシックスは既に首都圏近郊に25店舗に拡大、楽天の楽天カフェ、オーマイグラスは直営5店舗、@コスメも@コスメストア9店舗を運営中だ。そしてここにきて実店舗への展開の動きが再度加速してきているようだ。今回はここ最近に実店舗を展開した事例を見ていく。

    続きを読む方はこちら

こんにちは ゲスト様

ログイン

ID・バスワードをお忘れの方

会員登録していただくと簡単に通販支援、EC支援に関する資料をダウンロードできます!

無料会員登録はこちら

新着資料(無料ダウンロード)

ダウンロードランキング

集計期間:2024-03-14~2024-04-13