YouTube広告会社を活用するための8つのポイント

※この記事にはプロモーションが含まれています。

m045SNSマーケティング
SNSマーケティング 広告メディア

YouTubeは世界中で利用される巨大な動画共有サイトであり、多くの企業が自社製品やサービスを広告宣伝するために活用しています。しかし、広告制作や配信には専門的な知識や経験が必要であり、そのためにはYouTube広告会社の活用が有効です。本記事では、YouTube広告会社を活用するためのポイントを8つ解説します。

mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
previous arrow
next arrow
mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
previous arrow
next arrow
1
2
3
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

目的を明確にする

広告会社を活用する前に、まず自社の広告目的を明確にすることが大切です。例えば、ブランド認知度を高めたい、商品やサービスの販売促進をしたい、特定のターゲット層に訴求したいなど、目的に応じて広告の種類や配信方法が異なります。

広告会社の選定

YouTube広告会社は多数存在しますが、自社に適した会社を選定することが重要です。口コミや実績、料金体系などを比較検討して、信頼できる会社を選びましょう。

予算の設定

広告費用は予算内で運用することが大切です。広告会社との契約前に、予算の設定と配信期間を決定し、コストパフォーマンスを考慮した広告制作を依頼しましょう。

ターゲット層の設定

広告を配信するターゲット層を設定することが重要です。性別、年齢、居住地、趣味などの属性や、YouTube内での視聴履歴などを考慮し、より効果的な広告配信を行いましょう。

広告の種類を選択する

YouTube広告には、インストリーム広告、バンパー広告、ディスカバリー広告など複数の種類があります。目的やターゲット層に応じて、適した広告種類を選択しましょう。

広告制作の依頼

広告制作には、映像制作やコピー制作などがあります。広告会社に依頼する場合は、自社の特徴や魅力を的確に伝えるコンテンツ制作を依頼し、広告配信に必要な情報やフォーマットについても確認しておきましょう。

広告効果の測定

広告配信後は、効果測定を行い、改善点を把握することが重要です。CTR(クリックスルーレート)やコンバージョン率、再生回数などの指標を用いて、広告効果を定量的に評価し、次回の広告配信に生かしていきましょう。

継続的な対応と改善

広告会社との契約は一時的なものではなく、継続的な対応が求められます。広告効果の測定や改善点の把握を踏まえて、広告制作や配信方法を改善していくことが重要です。

YouTube広告会社を行っている主要な会社

YouTube広告会社は多数ありますが、ここでは国内外の主要な会社を3社ご紹介します。

グーグル株式会社

・世界中で利用されている最大手の検索エンジンである「Google」を運営しており、YouTube広告においても多数の広告商品を提供しています。

 ・YouTubeの検索や視聴履歴、興味や嗜好などを元に、ターゲットユーザーに最適な広告を配信することが可能です。

 ・会社ホームページ:https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/

アドビシステムズ株式会社

・グラフィックデザイン、マルチメディア、印刷などのソフトウェア製品を提供しているアメリカのIT企業です。

 ・YouTube広告を制作する上で必要となるビデオ編集ソフト「Adobe Premiere Pro」やグラフィックデザインソフト「Adobe Photoshop」などの製品を提供しています。

 ・会社ホームページ:https://www.adobe.com/jp

マイクロソフト株式会社

・世界中で利用されている最大手のオペレーティングシステム「Windows」や「Office」などのソフトウェア製品を提供しているアメリカのIT企業です。

 ・YouTube広告においても、ビデオ広告を配信するための広告プラットフォーム「Microsoft Advertising」を提供しています。

 ・会社ホームページ:https://www.microsoft.com/ja-jp/

まとめ

YouTube広告を活用するためには、専門的な知識や経験が必要です。そのためには、信頼できる広告会社の活用が有効です。目的やターゲット層に応じて、適した広告種類や配信方法を選択し、効果測定と改善を繰り返すことで、より効果的な広告活用が可能になります。

集客を行う場合には、Youtube広告だけではなく、SNSの広告なども検討し、自社にあったマーケティング方法を見つけていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました