デジタルサイネージ広告の総合ガイド!事例、料金、デザイン、効果を徹底解説!

※この記事にはプロモーションが含まれています。

サイネージ広告についての総合ガイド!事例、料金、デザイン、効果を徹底解説!広告メディア
広告メディア

駅などの構内を歩いていると目にするデジタルディスプレイですが、これらのディスプレイに映し出される広告や情報の表示方法が、サイネージ広告と呼ばれるものです。

サイネージ広告の基本から、その魅力や活用方法、さらには料金やデザインのポイントについて詳しく解説していきます。

本記事は、デジタルサイネージ広告についてあらゆる疑問をもっている方向けに執筆されました。

1
2
3
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

デジタルサイネージ広告の料金相場

代表的な例として、駅構内のデジタルサイネージ広告の料金は1週間で約3万円~220万円です。

  • J・ADビジョン ステーションネットワーク(18駅):220万円
  • J・ADビジョン ステーションネットワーク(単駅):3~20万円

場所や駅によっては、3万円から掲載できる箇所もありますが、上記の広告料金は、各駅6分ロールうち、計2分30秒15秒あたり1枠あたりの金額です。

駅構内のデジタルサイネージのロール内訳

駅構内のデジタルサイネージのロールは6分です。放映時間は5:00~24:00です。

6分間の内訳は下記のとおりです。

J・ADビジョン ステーションネットワーク

J・ADビジョン ステーションネットワーク
掲載元:J・ADビジョン ステーションネットワーク|2023_1_DS_07JADビジョン_1

J・ADビジョン ステーションネットワーク 単駅

J・ADビジョン ステーションネットワーク 単駅
掲載元:J・ADビジョン ステーションネットワーク(単駅)|2023_1_DS_07JADビジョン_1

あわせて読みたい マーケメディア

料金の決まり方と要因

デジタルサイネージ広告の料金は、ディスプレイのサイズや解像度、使用する技術、設置場所、広告の放映時間などの要因によって決まります。

例えば、交通量の多い都心部の駅に設置する大型ディスプレイの広告は、郊外の小さな店舗のディスプレイよりも高額になる可能性があります。

コストパフォーマンスを考慮した料金選びのポイント

デジタルサイネージ広告の導入を検討する際、単に料金の安さだけで選ぶのではなく、コストパフォーマンスを重視することが重要です。

多くの人が目にするような位置では、高額なケースが多いので、広告の到達範囲や視聴者の反応、広告の更新頻度などを考慮し、最も効果的な広告展開ができるプランを選択することがおすすめです。

例えば、渋谷に店舗を構えている場合には、渋谷駅での広告だけに限った方がコスパは良いかもしれません。渋谷のスクランブル交差点にあるQFRONTビル壁面の大型ディスプレイは、1時間に15秒×4回の配信で、100万円の料金が発生します。

また、初期投資と継続的な運用コストをバランスよく考慮することで、長期的に効果的な広告活動を展開することが可能となります。

デジタルサイネージ広告とは?

デジタルサイネージ広告は、ディスプレイやプロジェクタなどに映像や文字を表示する情報・広告媒体です。

■デジタルサイネージ広告の基本概念
伝統的な広告手法と比べ、デジタル技術を活用することで動的なコンテンツの表示やターゲットに合わせた内容の変更が容易になるため、多くの企業が導入を検討しています。
例として、駅やショッピングモールの通路に設置されている大型のディスプレイで流れる広告や、レストランのメニューボードとして利用されるタッチスクリーンディスプレイなどがあります。

■サイネージ広告の歴史と発展
サイネージ広告の歴史は、デジタル技術の発展と密接に関連しています。
デジタルディスプレイ技術の進化に伴い、より魅力的で効果的な広告配信が可能になったため、多くの企業がこの新しい広告手法を取り入れるようになりました。
初期のサイネージ広告は、単なるスライドショーのような形式で情報を伝えるものでしたが、現在ではタッチ操作が可能なインタラクティブなコンテンツや、顔認識技術を利用したターゲティング広告など、さまざまな進化を遂げています。
今後もテクノロジーの進化とともに、サイネージ広告はさらなる発展を遂げることが期待されています。

参考:The History Of Digital Signage|Skykit
参考:The History Of Digital Signage|Digitalsignagepress

サイネージ広告の事例

サイネージ広告がどのように活用されているのか、具体的な事例を通じてご紹介します。

サイネージ広告の事例
出典:Digital Signage at Haneda Airport & Updates on Anniversary Website |新国立劇場

面白いデジタルサイネージ広告の事例紹介

デジタルサイネージ広告は、その動的な特性を活かして多種多様な表現が可能です。特に、インタラクティブな要素を取り入れた広告は、視聴者の注目を引き付ける効果があります。例えば、通行人の動きや反応に合わせて広告内容が変化するものや、視聴者が直接操作できるタッチスクリーンを用いた広告など、面白いと感じる広告が多数存在します。

成功したサイネージ広告の共通点

成功したサイネージ広告には、いくつかの共通点があります。その一つは、ターゲットとなる視聴者の関心を引き付けるコンテンツであることです。

また、広告の配置場所やディスプレイのサイズ、視認性など、物理的な要因も成功の鍵となります。さらに、時期や季節、時間帯に合わせて内容を変えることで、視聴者の関心を持続的に保つことができます。

単にサイネージ広告をするだけではなく、SNSなどで「〇〇駅のディスプレイに表示されました!」などSNS投稿したり、バズりをねらっても良いかもしれません。

■意外と知らないデジタルサイネージ広告の輝度
デジタルサイネージ広告は、CIE150規格で輝度が決まっていますが、日本の屋外広告のデジタルサイネージでは、最大輝度値が1,000cd/㎡を超えているものがほとんどです。

日本でも屋外広告用に高輝度デジタルサイネージの導入が始まっています。CIE150 規格では最大輝度値 1000 cd/m 2が定められていますが、日本の屋外広告ではほとんど規制されていません。今回の調査では、まずデジタルサイネージの明るさ機能を調査したところ、環境の明るさに合わせて調整する調光機能を備えていないものがほとんどであることがわかりました。また、東京の渋谷、銀座、新宿界隈において、屋外広告の輝度と大きさ、垂直照度を測定しました。標識の多くは 1000 cd/m 2を超えているため、早急に規制する必要があります。本研究の成果が我が国の明るさ規制の出発点となることを期待しています。

デジタルサイネージを含む夜間屋外広告物の実態調査

デジタルサイネージ広告のデザインのポイント

デジタルサイネージ広告のデザインのポイント
出典:デジタルサイネージの活用と課題|総務省

デジタルサイネージ広告は、視覚的に魅力的であることが求められます。そのため、デザインは非常に重要な要素となります。

ここでは、サイネージ広告のデザインにおける基本的な要素や、効果的なデザインの事例についてご紹介します。

デザインの基本要素

デジタルサイネージ(デザインの基本要素)

サイネージ広告のデザインにおいて重要なのは、視認性、情報の伝達効果、そしてブランドイメージの一貫性です。

効果的なデザインの事例紹介

効果的なデザインの事例紹介
出典:デジタルサイネージを活用した新事業 「多言語タッチパネル観光案内」の開発で売上10倍| よろず支援拠点全国本部

デジタルサイネージを活用した「多言語タッチパネル観光案内」の成功事例を紹介します。このアイデアは観光業界をターゲットにしたもので、ビジネスプランのブラッシュアップにより売り上げが10倍に増加しました。

特に地元観光地での実証実験や連携が成功し、ビジネスコンテストでも優秀な成績を収め、知名度が向上しました。デジタルサイネージ広告のポテンシャルが確かめられ、新たなビジネス展開の可能性が示唆されているといえるでしょう。

サイネージ広告の効果とは

サイネージ広告を導入する目的は、もちろんその効果にあります。

サイネージ広告がもたらす具体的な効果とは何でしょうか?また、その効果を最大限に引き出すための戦略や測定方法についても解説します。

広告の効果測定方法

サイネージ広告の効果を正確に知るためには、適切な測定方法が必要です。以下は、一般的な効果測定方法の一部です。

  • 視聴者数の計測: カメラやセンサーを使用して、広告を視聴した人数を計測します。
  • 視聴時間の計測: 広告をどれくらいの時間視聴したか、視聴者の関心度を反映する指標として利用できます。
  • インタラクションの計測: タッチスクリーンなどのインタラクティブな要素の使用状況を計測し、広告への関与度を把握します。
  • 売上や問い合わせの増加: 広告の放映後の売上や問い合わせ数の増加を通じて、間接的な効果を測定します。

参考文献:情報発信や広告宣伝の効果を高めるデジタルサイネージ|独立行政法人 中小企業基盤整備機構

効果的な広告戦略の考え方

サイネージ広告の効果を最大化するためには、以下のポイントを考慮するとよいでしょう。

  • ターゲットの明確化: どのような視聴者をターゲットとするのかを明確にし、そのニーズや関心に合わせた広告内容を作成します。
  • 配置場所の選定: 広告の設置場所は、ターゲットとなる視聴者の動線や滞在時間を考慮して選定します。
  • 更新頻度の適切な設定: 広告の内容を定期的に更新することで、常に新鮮な情報を提供し、視聴者の関心を維持します。

参考:デジタルサイネージの活用方法について教えてください。| J-Net21

デジタルサイネージの仕組み

デジタルサイネージ広告がどのように動作しているのか、その背後にある仕組みや技術について詳しく解説します。また、導入する際のメリットやデメリットについても触れていきます。

テクノロジーとシステムの概要

デジタルサイネージは、ディスプレイ、コンピュータ、ネットワークなどの要素から成り立っています。

  • ディスプレイ: 広告や情報を表示する主要な部分。LEDやLCD、OLEDなどの技術が使用されます。
  • コンピュータ: 広告の内容を制御・管理する部分。専用のハードウェアやクラウドベースのサービスが利用されることもあります。
  • ネットワーク: 複数のデジタルサイネージを一元的に管理するための通信手段。有線や無線、クラウドを介した接続などが考えられます。

導入のメリットとデメリット

デジタルサイネージの導入には、以下のようなメリットとデメリットが存在します。

■メリット

  • 動的な表示: 静止画だけでなく、動画やアニメーション、音声や音楽などをつけて、迫力のある演出が可能である
  • 商品価値の向上: YoutubeやSNSだけの広告だけではなく、屋外広告(OOH)をしていること自体が商品価値の向上と信頼性に繋がります。

■デメリット

  • 場所によっては非常に高額である: 駅や交差点前の大型ディスプレイは、非常に高額です。単なる広告ではなく、他の媒体と併用してみましょう。
  • 必ず流せるわけではない: 緊急事態の場合には、広告が一時的に止まることがあります。たった数十秒で高額な金額が発生するので、気になる点は事前に確認しましょう。

デジタルサイネージ広告 導入のメリットとデメリット

サイネージ広告に関するよくある質問

デジタルサイネージ広告に関するよくある質問は、以下のとおりです。

  1. デジタルサイネージ広告とは何ですか?

    デジタルサイネージ広告とは、デジタルディスプレイを使用して放映される広告のことを指します。

  2. サイネージ広告の制作費用はいくらですか?

    サイネージ広告の制作費用は、内容やデザインの複雑さにより異なりますが、屋内は約30万程度であり屋外は10万円~1,000万円までピンキリです。

  3. サイネージ広告の強みは?

    動的なコンテンツの表示やターゲットに合わせた即時の更新が可能で、視覚的なインパクトが大きい点が強みです。

  4. デジタルサイネージの保守費用はいくらですか?

    保守費用は、機器の種類やサービス内容により異なりますが、月数千円から数万円が一般的です。

  5. デジタルサイネージの欠点は何ですか?

    初期投資が高額であることや、継続的なメンテナンスが必要となる点が欠点として挙げられます。

  6. サイネージのメリットは何ですか?

    リアルタイムでの情報更新やターゲティング、動的なコンテンツ表示が可能で、視覴的な魅力が高い点がメリットです。

  7. 広告の平均費用はいくらですか?

    広告の種類や放映時間、場所により異なりますが、一般的には数千円から数十万円の範囲です。

  8. サイネージの初期費用はいくらですか?

    広告の種類や放映時間、場所により異なりますが、一般的には数千円から数十万円の範囲です。

  9. デジタルサイネージは何でつくる?

    デジタルサイネージは、デジタルディスプレイ、コンピュータ、専用のソフトウェアやシステムを使用して作成されます。

  10. オフィスサイネージの目的は何ですか?

    オフィスサイネージの目的は、社内情報の共有やブランドイメージの強化、従業員のモチベーション向上などがあります。

  11. サイネージ広告にはどんな種類がありますか?

    インタラクティブサイネージ、動画広告、静止画広告、タッチスクリーンメニューなど、多岐にわたる種類が存在します。

  12. サイネージ広告の市場規模は?

    市場規模は年々増加傾向にあり、地域や業種により異なりますが、数十億円から数百億円の範囲となっています。
    参考記事:デジタルサイネージ広告市場調査を実施|株式会社CARTA HOLDINGS

まとめ|サイネージ広告で効率的な訴求を!

デジタルサイネージ広告は、新たな広告として急速に人気を集めています。商業施設の店内などミニマムな場所から街頭の大型広告などさまざまな掲出に適したかたちがあり、店舗を訪れた人や街を行きかう人、駅構内や車内の交通広告では電車やタクシーの利用者などに直接訴求できます。

デジタルサイネージ広告は従来のポスターや看板と比べて視覚効果が高いため注目されています。 また、データに基づいた効果測定や効率的な広告戦略の考え方を組み合わせ、目標に向けた高い訴求率を実現できます。

すでに多くの成功事例があるので、経験豊富な制作会社に相談したり提供会社のコンサルティングを受けたりして、予算に合わせて活用していきましょう。

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

広告メディアの資料ダウンロード
マーケメディアでは、広告メディアに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました