Twitterのフォロワーの増やし方を徹底解説!すぐにできる対策や注意点も

※この記事にはプロモーションが含まれています。

m021SNSマーケティング
SNSマーケティング 広告メディア
Twitterのフォロワーの増やし方を徹底解説!すぐにできる対策や注意点も

Twitter(X)は日本でも多くのユーザーを抱えているSNSとして、ビジネスへの活用にも期待が高まっています。拡散性が高いのが特徴で、上手くバズらせることができれば一気に認知度を向上させられるのがメリットです。

Twitter(X)のフォロワーを増やすために知っておきたいことや、メリット・デメリット、おすすめの対策方法、注意点などを解説します。

▼Twitterの運用についてはこちらの記事でもご紹介しています。
企業のTwitter運用を成功させるには?成功事例やコツをご紹介します!

▼SNSマーケティング(Instagram)についてこちらの記事でご紹介しています。
インスタで集客を成功させるコツとは?やりがちな失敗も紹介

mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

Twitterのフォロワーを増やすために知っておきたいこと

Twitterのフォロワーを増やすために知っておきたいこと

Twitterの企業アカウントでフォロワーを増やそうと考えている場合には、まずは以下の知識を付けておきましょう。

  • アクティブフォロワーの獲得が重要
  • フォロワーを増やすにはリツイートが必須
  • ビジネスシーンでの活用が活発化

せっかく対策を行うのであれば、ポイントを押さえて効率的に進められるようにしましょう。

アクティブフォロワーの獲得が重要

Twitterのフォロワーを増やすためには、積極的に活動をしているアクティブフォロワーの獲得が欠かせません。Twitterは日本国内でも多くのユーザーに利用されているSNSです。

匿名性が高いため、1人のユーザーが複数のアカウントを所有している場合も多いでしょう。簡単にアカウントが増やせてしまう分、アカウントがあってもあまり利用をしていない「捨てアカウント」が発生してしまう可能性が高いのも事実です。

企業としてブランドの知名度を上げるためには、捨てアカウントではなく、アクティブなアカウントにフォローしてもらう必要があります。活発にTwitterを利用しているフォロワーが多ければ、情報の拡散や商品の購入など前向きな成果につながるチャンスが増えるでしょう。

フォロワーを増やすにはリツイートが必須

フォロワーを増やすためには、 Twitterの機能で「いいね」を押してもらうだけでは影響力が弱いといえます。Twitterの機能のなかでも「リツイート(引用)」を意識して上手く活用する必要があります。リツイートとは、フォロワーが気になったツイートを自分をフォローしているユーザーに向けて拡散してくれる機能です。

自社のアカウントをフォローしていないユーザーに対しても広く情報を届けられるため、リツイートをしてもらえるようなコンテンツづくりが求められます。フォロワーが周りに共有したいと思うような、興味深く学びのあるコンテンツが必要です。

ビジネスシーンでの活用が活発化

かつてはプライベートなつぶやきをするために主に使われていたTwitterですが、近年ではビジネスシーンでの活用も進んでいます。ホームページだけでは伝えられなかった企業やブランドのイメージを知ってもらうために、テキストを中心として気軽に投稿できるTwitterは相性の良いツールです。

実際にユーザーの半数程度は企業アカウントをフォローしているともいわれ、商品やサービス購入の検討材料としてTwitterが利用されていることが伺えます。ユーザーとのコミュニケーションもTwitterであれば円滑に行えるため、新しい形で企業と消費者がつながりやすくエンゲージメントを高めるプラットフォームとなっています。

Twitterのフォロワー数|メリットとデメリット

Twitterのフォロワー数を増やす メリットとデメリット

企業のマーケティングを強化するうえでぜひ検討したいTwitterですが、活用にはメリットとデメリットがあります。良い面だけを見て適切でない使い方をしてしまうと、思ったような効果が得られないだけではなく、マイナスな影響が出てしまうかもしれません。

Twitterを活用し、フォロワーを増やすことのメリットとデメリットの両面を把握し、自社に合った使い方を検討しましょう。

Twitterのフォロワーを増やすメリット

Twitterのフォロワーを増やす主なメリットは、次のとおりです。

  • 知名度が上がりブランディングができる
  • 消費者とコミュニケーションが取れる
  • ファンを増やせる
  • 宣伝の場として利用できる

Twitterのフォロワーが増えれば、宣伝広告費用をかけなくても多くのユーザーに情報を見てもらえるようになります。伝えたいキャンペーンや新商品の情報も、拡散力のある場所で公開できるのです。

消費者とのコミュニケーションツールとしても活用できるため、消費者心理を探るための良い材料となるでしょう。心地の良いコミュニケーションが築ければ、長くブランドを応援してくれるファンを獲得できるはずです。

Twitterのフォロワーを増やすデメリット

Twitterのフォロワーを増やすことで、次のデメリットが発生する可能性がある点には注意しましょう。

  • 運用・対応に時間を費やすことになる
  • 炎上する可能性がある
  • 発言に対する責任が重くなる

Twitterのフォロワー数が増えるほど、コメントやDM返信の負担が重くなってしまうのは避けられないでしょう。スムーズに対応できないと企業としてマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。そのため、専任のチームをつくる、担当者個人の業務負担を考慮するなどの注意が必要です。

また、フォロワーが多くツイートが拡散されやすいほど、1つの発言が大きな問題になり炎上してしまうリスクも高まります。炎上が起きると一気に信頼が失われてしまう原因となりかねないため、いざというときのための対処法を事前に検討しておくとよいでしょう。

Twitterのフォロワーを増やす「バズる」とは?

Twitterのフォロワーが急に増える際には、「バズる」という現象が関係しているケースが多いです。バズるとは英語の「Buzz(ざわめき・うわさ)」に由来している言葉で、Twitterを含めたSNSなどで急激に話題性が高まり、多くの人が注目するようになる状態を意味しています。

かつてはIT業界で利用されていた用語ですが、現在では一般的によく知られる言葉の1つとなっています。ツイートがバズると、ものすごい速さで拡散されるため数日の間に100万~1000万のインプレッション(ユーザーのタイムラン上での表示回数)を獲得できる可能性があります。

バズったことで注目度が高まれば、アカウント自体に興味を持ってくれるユーザーが増えたり、トレンドに表示されたりすることで結果的にフォロワーを増やす効果が期待できます。大きくフォロワー数を増やすためには、バズるコンテンツを生み出す努力も大切です。

▼Twitterのバズるコンテンツに関する詳しい情報はこちら
Twitterで『バズる』仕掛けを徹底解説!ニコニコ起点の話題創出プロモーション

Twitterのフォロワーの増やし方・事前準備編

Twitterのフォロワー数を増やすためには、アカウント開設の時点から気を付けておきたいポイントがいくつかあります。実際の運用に乗り出す前に、まずは次の事前準備に関するチェックポイントを押さえておきましょう。

  • ターゲット設定をする
  • アカウントの目標やコンセプトを設定する
  • 魅力的なアカウントページを完成させる
  • 更新頻度や運用ルールを定める

ターゲット設定をする

むやみにTwitterのフォロワー数を増やしても、狙ったターゲット層に情報が届き認知してもらえなければマーケティング戦略としては意味がありません。まずは商品やサービスをどのような人々に紹介したいのかをじっくり検討し、企業アカウントをフォローしてもらいたいターゲット層を定めていきます。

ターゲット設定は、できるだけ具体的に想定しておくとその後の運用や戦略の判断に有効です。興味関心を持っている分野や、Twitterを活発に利用する時間帯の傾向なども分析しておくとよいでしょう。

アカウントの目標やコンセプトを設定する

Twitterのフォロワー数を増やすのは、最終的に提供している商品やサービスの知名度を高めたり、売り上げにつなげたりする目標があるからです。その部分がブレてしまっていると、どのようにTwitterアカウントを運用すべきかがはっきりしなくなってしまうでしょう。

「ECサイトに誘導する」「ファンを増やす」「ブランディングをする」など、Twitterでフォロワー数を増やすための具体的な目標を立ててみてください。目標が定まると、アカウントのコンセプトを設定しやすくなります。

ファンを増やすためのTwitterアカウントであれば、積極的に他のユーザーと交流し、Twitter以外では見せることができない姿を見せて親近感をアピールするなど、目標達成のために必要な施策が実行できるでしょう。

魅力的なアカウントページを完成させる

Twitterでフォロワー数が増える一般的な仕組みは、定期的なツイートを通して注目度を高め、気になってアカウントページを訪れてくれたユーザーがフォローをしてくれる流れです。ユーザーの興味をひき、フォローを後押しするためには、アカウントページを魅力的に仕上げておく必要があります。

企業アカウントであるのにあまりにも粗末な説明文やプロフィール画像を使っていると、逆にイメージダウンにつながってしまう恐れがあるでしょう。画像の選択や自己紹介文には工夫を凝らし、見たユーザーに自社のことを正しく理解してもらえるページになるよう心掛けてください。

アカウント名や背景バナーなども、プロフィール画面を見るたびに目に入ってくる部分です。細部まで手を抜かずに、オリジナリティあるプロフィールに仕上げます。

更新頻度や運用ルールを定める

アカウントの運用を開始する前に、更新頻度や他のユーザーとの関わり方などに関するルールを決めておくのをおすすめします。Twitterの定期更新は意外と根気のいる作業です。

ターゲット層に合わせた時間に投稿を行うのはもちろん、リアルタイムで流れてしまうタイムラインへ頻繁にツイートを登場させられるように、定期的に投稿をする必要があります。

担当者任せになってしまっていると、他の業務に追われてTwitterが活用できない時間が出てしまう可能性があります。ルールとして設定しておけば、チームアプリで通知する、時間を設定して投稿予約するなど業務効率化を図りやすくなるでしょう。形が出来れば、Twitterプロモーションを利用するもの良いかと思います。

また、ユーザーとどの程度SNS上で交流するかも決めておくと安心です。企業アカウントが全てのユーザーの質問に答えるには、かなりの時間と手間がかかります。無言フォローに対して返信をするのかなどさまざまな場面を想定し、必要であれば定型文を用意するなどしておきます。

やり取りに関しても不公平感が出ないように、「必ず問い合わせフォームに誘導する」「2往復以上は担当部署へつなぐ」などの方針を立て、対策しておくとよいでしょう。

Twitterのフォロワーの増やし方・運用編

Twitterのフォロワーの増やし方・運用編

実際のTwitter運用に関しては、次のポイントを把握することでフォロワーを増やしやすくなります。

  • 定期的にツイートする
  • コンテンツの質を高める
  • 積極的にユーザーと交流する
  • 写真や動画を効果的に使う
  • 影響力のあるアカウントを利用する

Twitterを使ったマーケティング戦略は、成果が出るまでに時間がかかります。途中で諦めることなく、根気よく運用する気持ちが大切です。

定期的にツイートする

定期的な更新は、TwitterのみならずSNSマーケティングの基本です。タイムラインは常に旬な情報で埋め尽くされていくため、更新頻度が低いとユーザーの目に留まる確立も下がってしまいます。

できるだけ頻繁に投稿をおこない、存在感のあるアカウントとして運用をおこなうようにしましょう。ターゲットユーザーが多くTwitterを見ている時間を狙って、時間を決めて登校するのもおすすめです。

定期的に更新を続けることで、Twitterのアカウント自体、コンテンツの一覧化された企業の財産となり役立つでしょう。

コンテンツの質を高める

やみくもにコンテンツ数を増やしても、内容がともなっていなければフォロワーが去ってしまう可能性があります。投稿する際にはコンテンツのクオリティを複数人でチェックし、十分にユーザーにアピールできるものであるか確認しましょう。

企業アカウントの場合は、一般ユーザーよりもコンテンツの質の高さが求められます。クオリティが低いと感じるとユーザーはフォローを断念するケースも多く、コンテンツ選びには戦略が必要です。

逆にコンテンツの質が高ければ、他に特別な対策をしなくてもユーザーがリツイートをしてくれ、認知度向上やフォロワー数増加の効果が得られるでしょう。

積極的にユーザーと交流する

ユーザーの交流の場として上手くTwitterを活用できれば、フォロワー数を増やすことにもつながります。自社商品に関する内容をツイートしているユーザーをチェックし、必要であればアフターフォローをするのもよいでしょう。

ただし、あまりにも一方的にリプライをしたりフォローをしてしまったりすると、相手側が監視されているような居心地の悪さやプレッシャーを感じてしまう恐れがあるため注意が必要です。お互いに気持ちの良いコミュニケーションを取れる場として、Twitterを活用するよう心掛けます。

写真や動画を効果的に使う

写真や動画など視覚的なアピールができるコンテンツは、数多くのツイートが流れているタイムラインでユーザーの視線を集めるために有効です。ついつい気になってクリックしてしまうような写真や動画を用いてコンテンツを作れば、注目を持ってもらえる可能性が高まるでしょう。

タイムラインはスクロールしてチェックするため、シンプルで目に付きやすいデザインの画像や動画を準備するのがポイントです。フォロワーの目線に立って、目をひくコンテンツをつくり上げましょう。

影響力のあるアカウントを利用する

すでに多くのリツイートを獲得している投稿にリプライやリツイートをすることで、自社アカウントをアピールするのも手です。これまで接点がなかったユーザー層に対しても、自社を知ってもらえるきっかけとなるでしょう。

一方バズっている投稿やアカウントの扱い方を間違えてしまうと、炎上につながってしまうリスクがある点も忘れてはいけません。リプライやリツイートをする場合は該当のツイート内容を吟味し、自社アカウントにとってマイナスにならないかを確認しましょう。

Twitterのフォロワーの増やし方・分析/改善編

Twitterは運用を開始した後に、分析と改善を続けることでフォロワーを増やせます。分析と改善に関するチェック項目は、以下のとおりです。

  • Twitterアナリティクスを活用する
  • 投稿時間による変化を確認する
  • 反応の良いツイートを研究する

せっかくTwitterを活用するのであれば、少しでも効率よく成果を出せるようにしましょう。

▼Twitterの分析・改善に関する詳しい資料はこちら
【Twitter】アカウント運用の戦略・運用・分析をトータルでサポート

Twitterアナリティクスを活用する

Twitterアナリティクスとは、Twitterアカウントさえあれば誰でも無料で利用できる公式の分析ツールです。基本的なツイートの表示回数やリツイート回数を確認できるのはもちろん、月ごとの効果確認なども可能です。

Twitterを利用してマーケティングを行う場合には、必須のツールだといっても過言ではないでしょう。Twitterアカウントの開設と合わせて、Twitterアナリティクスの登録も済ませておくのがおすすめです。

投稿時間による変化を確認する

Twitterのフォロワーを効率的に増やしていくには、投稿時間の見直しも重要です。ターゲット層のユーザーが活発に活動する時間であれば、多くのユーザーのタイムランにツイートを表示させられます。

1日のなかで何回か時間を決めてツイートを行い、どの時間帯の投稿が効果的かを分析しましょう。適切な投稿時間が見つけられれば、同じ時間をメインに重要なコンテンツを投下するなどの施策が取れます。

反応の良いツイートを研究する

これまでの自社アカウントのツイート内容からも、ターゲット層となるユーザーの好みが伺えます。リツイート数やリプライ数が多かったツイート、共通するキーワードや記載したハッシュタグを分析し、今後のコンテンツづくりに活かすようにしましょう。

また、自社のツイートだけではなく、同業他社の投稿やTwitterマーケティングに成功している企業アカウントの投稿も参考になるはずです。Twitterはリアルタイムの世情を反映するツールであるため、最新のユーザーの心理を理解できれば、アピール力が高まり自然とフォロワー数も増えていくでしょう。

Twitterのフォロワーを増やす場合の注意事項

Twitterのフォロワー数を増やすためとはいっても、ルールを守った使い方をしないとむしろマイナスの影響が出てしまうこともあるでしょう。企業アカウントの運営では、以下の注意点を守るようにしてみてください。

■フォロワーをお金で買わない
これまで解説してきた施策を行ったとしても、フォロワー数は一朝一夕に伸びるわけではありません。フォロワーがなかなか増えない場合、ビジネスとしての活用が難しく悩んでしまう担当者も多いでしょう。しかし、「フォロワーを1000人買う」などお金で解決するのはルール違反です。
一時的にフォロワー数が増えたとしても、自社アカウントに興味を持っているユーザーではないため結局は狙ったサービス・商品の売上向上にはつながりません。それどころか、SNSをお金儲けの場としているグレーなユーザーが稼ぐことを推奨してしまう行為であり、問題が発覚すればペナルティを受けるリスクもあります。
Twitterのフォロワー数を増やす道は簡単ではなく時間がかかるものだと心得て、しっかりと準備を整えてから始めるようにしましょう。

■節度を守った態度を貫く
近年では「中の人」と呼ばれる企業アカウントの担当者が人気を博しているケースも多く、普段は見れない企業のイメージを伝えるためにTwitterは有効な手段とされています。しかし、気軽に投稿ができてしまうツールだからこそ、節度を守った書き方・使い方が求められるのです。
フォロワーと親密度が上がり居心地が良い空間になっていったとしても、いち企業と消費者またはユーザーという立場を忘れずに、常に節度を守った態度を取るようにしましょう。Twitter運営上の1つのミスが、企業のイメージを崩してしまうきっかけとなりかねません。

Twitterフォロワーの増やし方でPR効果アップ

拡散性が高くビジネスとの相性も良いTwitterを活用したマーケティングが、近年多くの企業の注目を集めています。Twitterは無料で利用できるツールであるため、根気よくアカウントを育てていけば自社を効果的にアピールする場を作れる可能性があります。

Twitterのフォロワー数の増やし方を知り、自社に合った方法で継続的に運用・分析・改善をおこなってみてください。今回のようなマーケティングに関するさまざまな情報を発信している便利なサイトがマーケメディアです。

マーケティング担当者であれば知っておきたい情報が満載で、資料は無料でダウンロードできます。気になる資料があれば、今すぐチェックしてみましょう。

【SNSマーケ支援2,500社以上】コミュニティマーケティング戦略でやるべきこと
情報発信と集約に!grape Twitterモーメント タイアップ投稿パッケージ
【事例あり】Twitterで完結!レシート応募キャンペーンで販売促進&売上拡大!
【企業別!成功事例大公開!】Twitterキャンペーンの成功へ導く4つのコツ
SNS担当者と代理店必見!集客を効率的にするTwitter×LINEキャンペーン

マーケティング力を強化するためには、他社企業の情報にも精通している必要があります。そこで活用したいのが、170万を超える企業データが無料で検索できるBIZMAPSです。

質の高い情報が揃っているので、企業情報の収集や営業リスト作りに安心してご利用いただけます。リストの作成は、簡単に済ませられる無料の会員登録のみでOK!気になる方は是非一度BIZMAPSのサイトをチェックしてみてください。

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

BtoB関連の資料ダウンロード
広告メディアの資料ダウンロード
マーケメディアでは、SNSマーケティングに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました