自分でMEO対策やるには?

※この記事にはプロモーションが含まれています。

meo対策を自分でやるにはSEO/MEO
SEO/MEO 店舗集客支援

seo_article_page-0001
seo_article_page-0002
seo_article_page-0003
seo_article_page-0004
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
seo_article_page-0001
seo_article_page-0002
seo_article_page-0003
seo_article_page-0004
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
230608-ec-importantpoint_page-0001
230608-ec-importantpoint_page-0002
230608-ec-importantpoint_page-0003
230608-ec-importantpoint_page-0004
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
230608-ec-importantpoint_page-0001
230608-ec-importantpoint_page-0002
230608-ec-importantpoint_page-0003
230608-ec-importantpoint_page-0004
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

MEO対策とは

MEO対策とは、Map Engine Optimizationの略であり、検索エンジン最適化(SEO)の一種であり、Googleの地図検索で上位表示するための施策のことです。地図検索サービスを利用して、特定の地域のユーザーに対して、特定のサービスや商品を提供するためにMEO対策を行います。ユーザーが特定の店舗を地図上で探したい場合によく活用されます。

MEO対策が特に必要なビジネス形態は、店舗を構えている飲食店や美容室です。路面店を探す場合には、頻繁に地図検索が利用されます。

MEO対策を自分でやる方法

MEO対策は、特定の地域のユーザーが検索エンジンを使用して、特定の店舗や商品名を検索する際に、GoogleMapで特定のサービスの検索結果を上位表示させることを目的としています。MEO対策は、SEO対策に比べてとても簡単ですので、MEO対策を自分で行うことで、特定の地域のユーザーが特定のサービスや商品を検索した際に、そのサービスや商品を検索結果の上位に表示させることができます。

自分でMEO対策をするにはどうすれば良いのでしょうか。本記事では、MEO対策を行う手順を解説します。

  1. Googleビジネスプロフィールに登録をする
  2. 本人確認(ハガキ郵送&コード入力)
  3. 各種登録(店舗名や営業時間や住所)
  4. WebサイトをGoogleビジネスプロフィールに登録する
  5. 自社の商品を投稿する
  6. 口コミを活用する

Googleビジネスプロフィールに登録をする

MEO対策を自分でやるために、まずはGoogleビジネスプロフィールに登録を行いましょう。「ビジネスプロフィールの登録とは、Googleマップに自社情報を登録するサービスです。

  1. Googleアカウントを作成します。
  2. マイビジネスアカウントの作成

本人確認(ハガキ郵送&コード入力)

  1. 本人確認 ※オーナー確認
  2. 管理ページへログインし基本情報の詳細や写真を登録

ハガキは2週間以内に届きます。届いたハガキのコードを入力して、本人確認を進めましょう。

各種登録(店舗名や営業時間や住所)

各種登録を行いますが、ここでは正式な店舗名や営業時間のほか住所などを入力します。入力できる内容のものはすべて入力を行うことによって、Google検索上位に表示される確率が上がります。また、MEO対策のために登録する会社の住所を「1丁目1番1号」と記載を行い、自社サイトの住所を「1丁目1-1」と異なる記載をするのはNGです。Googleが違う住所として認識してしまう可能性が高いです。

  • キーワードを選定する(正式な店舗名を入力)
  • 住所が異なるのはNG

WebサイトをGoogleビジネスプロフィールに登録する

WebサイトをGoogleビジネスプロフィールに登録しましょう。連携させる事でGoogle検索上位に表示される可能性が高くなります。自社のHPに記載されている住所とGoogleビジネスプロギールに登録されている住所は全く同じ表記を行いましょう。

自社の商品を投稿する

登録が終われば、自社の商品を投稿しましょう。飲食店であれば、自分で取った仕上がりの良い写真など上げてPRしましょう。MEO対策で必要なのは写真を見てすぐにどんなお店か分かる内容のものが良いでしょう。居酒屋であれば、個室付きの雰囲気の良いお店もあれば、大人数で貸し切り可能な居酒屋など、自社の良さが写真で伝わるように心がけましょう。

口コミを活用する

MEO対策のために、口コミを活用しましょう。口コミには返信を行い、評価が落ちないような営業を心がけましょう。もし悪評がついたとしても、真摯な態度で謝罪を行い、また来店して頂けるような環境を整えましょう。

MEO対策で上位表示する方法

meo上位表示

MEO対策で上位表示するには、幾つかの手順を踏む必要があります。MEO対策を行い、あなたのWEBサイトを上位表示する方法を詳しく説明します。

  • 写真を工夫する
  • より多くの口コミを獲得する
  • 投稿頻度を高くする
  • 最新情報に定期的に更新する(営業時間など)

MEO対策で行った方が良いものは、上記のように複数あります。今回は、その中でも重要な内容について解説します。

写真を工夫する

写真を工夫し、店舗の雰囲気や扱っている商品が一目でわかるような内容にしましょう。ユーザーは1秒~2秒ほど見てお店を決めることが想定されます。写真1つの工夫で来店率もかなり異なることが考えられますので、清潔感が大切な店舗であれば清潔感溢れる写真を撮ったり、信頼が必要な店舗などは、自社の店舗に相応しい写真を用意しましょう。

より多くの口コミを獲得する

より多くの口コミを獲得する事も大切です。中にはどうしても仕方のないクレームや悪質なコメントも含まれると思います。もし、お客様から苦情が入った場合には真摯に対応を行いましょう。利用して良かったと思える店舗運営を行うことで、苦情の数より、良い口コミの数が増えてきます。また、口コミにはすぐに返信しましょう。

投稿頻度を高くする

投稿頻度を高くすることで、Googleは最新情報に更新されている店舗であると判断します。また、興味を持ったユーザーが写真を見たときに、どのような商品を目的として来店したいか明確となります。認知から興味、そして行動へと感情を変化させ、来店数を増やしましょう。

最新情報に定期的に更新する(営業時間など)

MEO対策を自分でやる場合に一番忘れがちなのが、営業時間の変更です。Webサイトや看板などで営業時間の変更を記載している店舗はありますが、MEO対策で設定したはずの営業時間を変更しない方が多くいるのが現状です。営業時間を変更した場合には、必ずMEO対策として自分で設定した営業時間も変更を行いましょう。

MEOとSEOの違いとは

MEOは、Google地図検索で利用され、SEOはGoogle検索で利用されます。MEO対策を行う事が必須である店舗型のビジネスとは異なり、SEO対策はメディア運営を行う上で必要です。結果的には等しく重要ではありますが、重要度が異なります。

項目MEO(Map Engine Search)SEO(Search Engine Optimization)
目的 店舗型ビジネスを展開している会社のウェブサイトの訪問者数の増加が目的検索エンジンからのアクセス数の増加、ウェブサイトの検索順位の向上など、オーガニック検索におけるビジビリティ向上につなげることを目的
対象Google地図検索で店舗を探す人が対象悩み解決のためGoogle検索した人や、興味のあるキーワードを検索する人が対象

MEO対策において重要なこと

MEO対策において重要なことは、虚偽の内容を書かない事です。意図的に書いていないとしても、住所の記載ミスや営業時間の記載ミスは利用者から苦情が入る原因です。悪い口コミが寄せられないよう細心の注意を払うようにしましょう。

MEO対策をしないとどうなりますか

MEO対策を行っている店舗とMEO対策を行っていない店舗だと、月間の来店者数が火を見るより明らかです。実際にMEO対策を実施して、来店者数が3倍になった会社もあるそうですので、ぜひ自分でMEO対策を行い、コストをかけずに設定を行いましょう。

MEO対策を無料で行うには

MEO対策を無料で行うには、自身でMEO対策をする必要があります。MEO対策は、SEO対策に比べるととても簡単ですので、Googleビジネスアカウントに登録を行い、ハガキを受け取り、必要項目を入力しましょう。

MEO対策を自分でやる場合

MEO対策を自分でやる場合には、次の手順を踏む必要があります。

  • Googleビジネスプロフィールに登録
  • ハガキの受け取りを行い、オーナー確認をする。
  • 必要項目の入力、情報の充実、Webサイトとの紐づけ

上位検索をする方法は、本記事内で解説しています。まずは、Googleビジネスプロフィールに登録を行い、自社の店舗をアピールしましょう。

MEO対策を業者に依頼する場合

MEO対策を業者に依頼する場合には、費用がかかりますが、とてもリーズナブルな価格で依頼する事ができます。SEO対策であれば、数十万~数百万円の費用が発生する事もありますが、MEO対策であれ1~2万円/月程度で対応してくれる会社が多数あります。

MEO対策を業者に依頼する場合の初期費用

MEO対策を自分でやらずに、業者に依頼する場合には初期費用が発生します。ただ、初期費用といっても数十万円発生するわけではなく、中には初期費用が1万円の業者もあります。

MEO対策を業者に依頼する場合のランニングコスト

MEO対策を業者に依頼する場合のランニングコストについて気になる人も多いでしょう。定期的に情報更新を行い、写真の投稿や営業時間の更新などを行わなければなりません。月額のコストは2万円で行っている業者が多い印象です。本業に時間がかかり、PCでの設定が難しいという方はMEO対策業者に依頼を行いましょう。

MEO対策を行っている業者一覧

MEO対策は、店舗集客ビジネスにおいて必須であるため、MEO対策業者に依頼する方も多い印象です。MEO対策は自分でも行う事ができますが、業者に依頼したい場合には下記のMEO対策業者などに依頼するのが良いでしょう。

  • 株式会社CIN GROUP
  • 株式会社マイビジ

料金設定が高く、検索順位を追ってくれる業者も多数ありますので、自身に合う業者を選ぶ事が大切です。

まとめ

本記事では、MEO対策を自分でやる方法について解説を行いました。特に店舗型のビジネスを展開し、集客を行っている飲食店や美容室などはMEO対策を行わなければなりません。MEO対策は自分で無料で設定する事ができ、定期的に更新することによって、Googleから良い評価をもらい、良い宣伝写真、口コミを得る事で来店者数の増加を見込めます。

設定も簡単で、ハガキが到着するまで1週間ほどはかかることがネックですが、設定を行い運営されている店舗をGoogle地図検索に表示されるようにMEO対策を行いましょう。また、別の記事では、MEO対策と同様にSEO対策についても解説しているので、そちらの記事もご覧ください。

株式会社マーケメディア|ロゴ

マーケメディア編集部

株式会社マーケメディアが運営するマーケティング資料ダウンロードサイトの「マーケメディア」です。 マーケメディア

マーケメディアのFacebookです。 @markemedia2022

マーケメディアのTwitterです。 @Marke_media

おすすめ資料(ホワイトペーパー)を朝8:00に毎日配信中

\メールアドレスだけ!/

SEO関連の資料ダウンロード
店舗集客支援の資料ダウンロード
マーケメディアでは、SEO/MEOに関するお役立ち情報を発信しています。
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)
ホワイトペーパー|マーケMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました