YouTubeの動画広告とは?種類や特徴、広告の出し方を解説します!

※この記事にはプロモーションが含まれています。

m016SNSマーケティング
SNSマーケティング 広告メディア

YouTube動画広告は、ユーザーに強い視覚的インパクトを与えられる手法です。動画プラットフォームの需要拡大によって、今後も幅広い活用が期待されています。YouTube動画広告のメリットや種類、効果を上げる運用のコツをご紹介します。

動画プラットフォームの流行にともない、多くの企業がYouTubeの動画広告出稿に乗り出しています。動画広告は音声と映像を駆使して商材のアピールができるため、短い広告でも強いインパクトを残せるのが強みです。

今後も存在感が大きくなると予想されている、YouTube動画広告の基本知識や種類、出稿前の確認事項、実際の広告出稿の流れなどをご紹介します。時代に合わせた宣伝方法を採用し、企業の売り上げアップやブランドイメージの構築に役立てましょう。

mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
previous arrow
next arrow
mery_menu-snsmarketing_page-0001
mery_menu-snsmarketing_page-0003
mery_menu-snsmarketing_page-0004
mery_menu-snsmarketing_page-0002
previous arrow
next arrow
1
2
3
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
1
2
3
slide-test-001 (5)
previous arrow
next arrow
マーケメディアにホワイトペーパーを掲載する(バナー)

■YouTube動画広告とは

YouTube動画広告とは

YouTube動画広告とは、コンテンツの視聴前や間に挿入される動画タイプの広告です。テレビCMと比べると広告の挿入時間は短く、ユーザーは目当ての動画を見ようと待機している状態であるため、集中して視聴してもらえるのがメリットです。

YouTube動画広告の種類によっては、ユーザーが視聴中にスキップできず、設定された秒数を強制的に表示されるタイプのものもあります。近年需要が高まっている動画プラットフォームを介して広告を流すことで、幅広いターゲット層にアプローチできるようになりました。

▼動画広告のマーケティングに関して詳しくまとめた資料はこちら

【動画マーケティング】専門チームが企画制作・拡散・分析改善までワンストップで支援

【YouTube広告のススメ】Web動画CMとYouTube広告の基礎知識について

■YouTube動画広告のメリット3つ

YouTube動画広告を活用することの主なメリットは、次の3つです。

  • 幅広いユーザーに訴求できる
  • 詳しいターゲティングができる
  • 効果の分析がしやすい

YouTube動画広告ならではのメリットを正しく把握し、効果的な運用を心掛けましょう。

幅広いユーザーに訴求できる

YouTube動画広告の1つ目のメリットは、幅広く多くのユーザーに向けて情報発信ができることです。YouTubeは世界的にも利用者が多い動画プラットフォームで、日本国内だけでも6,500万人以上のユーザーを誇ります。

外出先でもスマホやタブレットを使って気軽に接続できるため、今やテレビよりも身近な存在だと感じているユーザーも多いでしょう。テレビCMも広く認知度を上げるために有効な手段ですが、広告を出稿するにはかなりのコストがかかります。

対してYouTube動画広告であれば、テレビCMよりは費用を抑えたうえで広いターゲットにアプローチできます。

詳しいターゲティングができる

YouTube動画広告では商材に合ったターゲット層に向けて、戦略的に広告を流すことができます。プラットフォームを利用するユーザーの情報を利用して、年齢や地域・性別・興味関心などに合わせた広告を表示させる仕組みです。

企業や商材の知名度を上げるためには幅広いターゲットに向けた広告も有効ですが、実際に成約や購入につながる割合は高くありません。広告の費用対効果を上げるためには、詳しいターゲティングが可能なYouTube動画広告のような媒体を使うのがおすすめです。

▼YouTube動画広告のターゲティングに関して詳しくまとめた資料はこちら

やっぱり動画広告がアツい! YouTubeで出来る特徴的なターゲティング

効果の分析がしやすい

YouTube動画広告は出稿後の管理がしやすいのもメリットです。広告の運用は効果を分析し、改善を続けることが欠かせません。

YouTube動画広告であれば、管理画面から広告の表示回数や再生時間、クリック回数などをリアルタイムで確認できます。データとして明確に効果を把握できるため、次の施策を展開しやすくなるでしょう。

■YouTube動画広告の種類は全部で6つ

YouTube動画広告の種類は、フォーマットごとに次の6つに分けられます。

  • インストリーム広告
  • インフィード動画広告
  • アウトストリーム広告
  • バンパー広告
  • オーバーレイ広告
  • マストヘッド広告

YouTube動画広告の種類ごとの特徴を把握し、目的に応じて使い分けられるようにしましょう。

インストリーム広告

動画コンテンツの最初や最後、中間に挿入されるのがインストリーム広告です。ユーザーが動画を視聴しようと待機しているタイミングで表示することができるため、集中して見てもらえるでしょう。

インストリーム広告には、スキップ可能なものと不可能なものがあります。ユーザーが5秒でスキップ可能なタイプでは、前半に興味をひく内容を提示することが大事です。

一方のスキップができないインストリーム広告では、15秒の間ユーザーに広告を表示させられるため伝えたいメッセージを十分に届けられるでしょう。

インフィード動画広告

インフィード動画広告とは、YouTubeでの検索結果ページや関連動画情報の部分に表示される動画広告です。サムネイルを見て興味をひかれたユーザーが、動画をクリックして視聴をする仕組みです。

インストリーム広告と違ってユーザーが広告の視聴を強制されることがないため、ストレスを与えにくいのがメリットです。

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告とは、Google広告と連動したサービス上に表示される広告です。YouTubeのプラットフォーム内では表示されない点には、注意しましょう。

アウトストリーム広告が適用されるのは、モバイルのみです。音声がミュートの状態で再生される場合も多いため、音声に頼らずに情報を伝える工夫が求められます。

比較的コストを抑えて動画広告を出稿したい場合におすすめです。

バンパー広告

コンテンツの前後や途中に挿入される、6秒間のショートタイプ広告がバンパー広告です。スキップはできないため最後まで視聴してもらえますが、短い間に情報を上手く詰め込む必要があります。インパクトの強いキャッチコピーなどを利用して、瞬間的にユーザーの心に響く広告に仕上げるのが大事です。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告とは、視聴中のYouTubeの動画の下部分に表示される広告です。バナーとテキストの2種類あります。

動画を視聴中でもしっかりと目に付く大きさで表示ができるため、効果的に情報を伝達できるでしょう。ユーザーが広告をクリックした場合は、設定しておいたWebページに誘導できます。

マストヘッド広告

マストヘッド広告とは、ユーザーの視界に入りやすいYouTubeのホーム画面に表示される広告です。主に新商品の紹介やプロモーションの手段として、多く用いられています。

マストヘッド広告を出稿するには、Googleの営業担当者を介して予約枠を押さえてもらう必要があります。ユーザーが頻繁にチェックするホーム画面に表示することで、興味をもってもらえる確率が高まります。

■YouTube動画広告を出す前の確認事項

YouTube動画広告を出す前に、次の点を確認しておきましょう。

  • 広告を出す目的と目標
  • ターゲット層

ご紹介したとおり、YouTube動画は種類ごとに特徴が異なるため、目的や目標に応じたフォーマットを選ぶことが重要です。実際に広告運営に取り組む前に、YouTube動画広告の出稿で達成したい目的や目標を必ず確認しましょう。

具体的に数値を設定しておくと、運用中の効果分析や施策検討に役立ちます。また、ターゲット層を明確にしておくことも大事です。

動画広告は短い時間でユーザーの関心を集める必要があり、コンセプトがマッチしていないとなかなか集中して視聴してもらえません。ターゲットを細かく設定し、効果的なアプローチを検討しましょう。

■YouTube動画広告の出し方

YouTube動画広告の具体的な広告出稿の流れは、次のとおりです。

  1. Google広告へログインする
  2. 新しいキャンペーンを作成する
  3. キャンペーンの目的を設定する
  4. キャンペーンタイプで「動画」を選択する
  5. キャンペーンのサブタイプを選択する
  6. キャンペーン名を入力する
  7. 入札戦略を選択する
  8. 予算と日程を設定する
  9. 開始日と終了日を設定する
  10. ターゲティングを設定する
  11. 入札単価を設定する
  12. 動画広告を選定する
  13. リンク先を設定する
  14. キャンペーンの作成を完了する

Google広告の画面に沿って操作をおこなえば、特に問題なくYouTube動画広告のアップロードが完了できるはずです。

■YouTube動画広告の効果を上げるポイント

YouTube動画広告の運用効果を上げるコツをご紹介します。

  • クオリティの高い動画を準備する
  • 定期的に効果の分析をおこなう

YouTube動画広告は現在注目が集まっている分野であるため、ライバル企業がすでに多く参入しているのも事実です。適切な広告運用を心掛けて、設定した目標や成果の達成につなげられるようにしましょう。

クオリティの高い動画を準備する

広告で成果を上げるには、ユーザーが日々目にする多くの広告と比べて、魅力的な何かをもっていることが大事です。同じような商品を取り扱っている場合でも、広告のコンセプトや雰囲気によって伝わる印象は大きく異なります。

せっかくYouTube動画広告を利用するのであれば、動画のクオリティにはこだわるようにしましょう。特に動画の前半は多くのユーザーに見てもらえる可能性が高い区間であるため、こだわって仕上げる必要があります。

定期的に効果の分析をおこなう

YouTube動画広告は、一度広告を出稿して終わりではありません。継続して効果をチェックして改善を続けることが大切です。

広告動画の表示回数や視聴回数、最終的な購入や申し込みにつながった件数などを分析し、現状を把握しておくようにしましょう。広告の視聴回数だけではなく、ターゲティングした層をメインに情報が届けられているかどうかも定期的に確認が必要です。

▼YouTube動画広告の効果分析に関して詳しくまとめた資料はこちら

 YouTube動画広告 プレースメントを設定した際の効果検証とは? 

■YouTube動画広告を上手く活用して効果を上げよう!

動画プラットフォームの人気が高まっていることで、YouTube動画広告を活用するメリットは大きくなっています。目的に応じたフォーマットで広告を表示させられるため、予算に合わせて広告運営ができるのもyoutube動画広告の強みです。

ご紹介した種類ごとの特徴をチェックして、商材やターゲットにマッチした動画広告の運用をしてみてください。今回のようなマーケティングに関するさまざまな情報を発信している便利なサイトがマーケメディアです。

マーケティング担当者であれば知っておきたい情報が満載で、資料は無料でダウンロードできます。気になる資料があれば、今すぐチェックしてみましょう。

「動画マーケ」「YouTube動画配信」など動画支援市場の方向けDSP広告

【YouTube広告のススメ】Web動画CMとYouTube広告の基礎知識について

【マーケティング担当者の方必見!】YouTube広告成果報酬サービス

【企業担当者必見】今更聞けないYouTubeの活用方法とは?

企業はYouTubeで集客しよう – YouTube集客ガイドブック –

マーケティング力を強化するためには、他社企業の情報にも精通している必要があります。そこで活用したいのが、170万を超える企業データが無料で検索できるBIZMAPSです。

質の高い情報が揃っているので、企業情報の収集や営業リスト作りに安心してご利用いただけます。リストの作成は、簡単に済ませられる無料の会員登録のみでOK!気になる方は是非一度BIZMAPSのサイトをチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました